2017年5月28日 (日)

第20回ひの新選組まつりレポが完成しました!

 10日近く更新が滞ってしまいました.この間日常業務に追われていたというのもあるんですが,その合間を縫って今年のひのパレレポが完成しました \(^o^)/

 第20回ひの新選組まつり参加記録

20hino112_3  実は去年の第19回のレポがまだ完成していないんですが,記憶が薄れないうちにと今年のを一気に書き上げてしまいました.例によって完全自分目線のレポですが,見ていただけると嬉しいです.

 以前からひのパレはレポの完成を持って終了という考えがあるんですが,それで行くと第13回,第15回,第19回はいまだに終わっていないことになります(笑).ただしこれら3回には思い入れがないのかというと全く逆で,第13回はピンクのくす玉コンテストから鉄コンと前哨戦段階で(自分の中では)過去最高の盛り上がりがあった回ですし,第15回は松本良順になって沖田総司に点滴をした回,第19回は清河八郎で近藤勇と150年ぶりの和解をした回です.これらもボチボチ完成に向けていきたいと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

第20回ひの新選組まつりに参加してきました!

Img153  5月14日に東京の日野市で開催された第20回ひの新選組まつり隊士パレードに参加してきました.2006年の第9回以来毎年参加しているこのお祭り,お祭り自体は土日の2日間開催なんですが,近年は所要が被るケースも多いこともあり日曜日のパレードのみの参加が多くなっています(今年も前日は同窓会の総会だった).

 以前からここでも書いているんですが,今年自分に与えられた役柄は,長州藩士高杉晋作です.

 ある意味新選組まつりと対極に位置する人物なんですが,同じく長州の桂小五郎,土佐の坂本龍馬や薩摩の西郷吉之助と共に,新選組と同時代の人々(以前の名称は新選組と出会った人々)枠の定番となっています.

 で,パレードに参加した感想

 アウェイ感がハンパない ( ;∀;)

 いやぁ,新選組,新選組,会津,会津,新選組とそれに歓声を上げるお客さんの中を行進する長州藩士… 完全アウェイってこういうのをいうんだろうと実感しました💦.元々自分自身が佐幕派で会津&新選組びいきなこともあって,沿道の誠の旗や会津の旗はまともに見られませんでした ( ;∀;).ホント強烈です(笑).

 同時代枠での参加は4回目ですが,かつて扮した松本良順(幕医),井上松五郎(井上源三郎さんの兄)は完全に幕府方の人物だし,昨年の清河八郎(庄内藩)も尊攘派とはいえ,出身は東北の庄内で,しかも新選組の前身浪士組のプロデューサーということもありそれほど違和感はなかったんですが,今年は徹頭徹尾反幕的行動を取っていた革命家の高杉晋作のアウェイっぷりは突出していました.

 とはいえ,そんなことでめげるビザンチン皇帝ではありません.今回は高杉といえばこれだろう!というアイテム,三味線を持参して爪弾きながらパレードに臨みました.詳細は後日,いつ完成するか不明なレポ(まだ第13回,第15回,第19回が未完)になりますが,同じ枠の方々が個性的で素晴らしい方々ばかりだったこともあり,楽しい一日でした.

P5140798 P5140023 (左写真2) 功山寺決起! (右同3) ひのパレのレジェンド神楽教授と

P5140019 C_ywir9uwaejcfvjpg_large (左写真4) 今年のミスター&局長とちゃっかり記念撮影(きゃぁ~撃たないで 笑),(右同5) 沖田総司とのネタ写「労咳コンビ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

記念の日

 今日は5月11日,実は当ブログにとっては非常に大切な日である.

 まずは,ブログ名にもなっているビザンチン帝国の都コンスタンティノープル(現イスタンブール)の開都記念日であることだ.古代ローマ帝国の都はもちろんローマ市だったわけだが,3世紀以降産業の衰退が激しく,街には無産市民や無能な元老院が跋扈しているありさまで,まともな政治が行える環境ではなくなっていた(それどころか下手にこの街にいると政争に巻き込まれて殺される恐れもあり,まともな皇帝はローマに寄り付こうとはしなくなった).一方でこの頃から東方に勃興してきた大国(パルチア王国,ササン朝ペルシャ帝国)に対応するためにも,ローマよりももっと東側に新しい都が望まれていた.

 この時に白羽の矢が立ったのが,ビザンチウム(ビザンチオン)と呼ばれるバルカン半島の南東部,ボスポラス海峡に面した港町である.この街は金角湾という良港を備えるほか,3方を海に囲まれた要害の地でもあり,東方ににらみを利かせる新首都として相応しいと考えられたのからある.折しもディオクレティアヌス帝亡き後の後継者争いに勝利したコンスタンティヌス1世が正式にこの街を新首都とし,その開都式を行ったのが330年5月11日なのである.

Isutanbul22_015 Istanbul1_233 (左写真1) 幼子と聖母マリアに捧げものをするコンスタンティヌス1世(右)とユスティニアヌス1世(左),(右同2) イスタンブールの象徴アヤ・ソフィア(聖ソフィア大聖堂) ともに2009年9月訪問

 続いては同じくビザンチン帝国の話題.ローマ帝国は395年のテオドシウス帝の死後完全に東西に分裂したが,西の帝国の衰退は激しく476年に滅亡する.その旧領はゲルマン人諸部族が群雄割拠する土地となったが,その失われた領土を回復したのが6世紀のビザンチン皇帝ユスティニアヌス1世である.彼の時代帝国は領土的な最盛期を現出した(ただし経済面を含めた全盛期は10世紀末~11世紀初頭のマケドニア朝といわれる).そんなユスティニアヌスが生まれたのが483年5月11日のことである.

 そして3つ目は新選組関係の話題,近藤勇や沖田総司とともに新選組でもっとも有名な人物の1人である土方歳三が函館で戦死した日である.慶応四年(1868年)正月の鳥羽伏見の戦いに始まる戊辰戦争は,その後の上野戦争や会津戦争等を経て,翌明治二年の箱館戦争に至る.この間新選組は佐幕派勢力として常に闘い続けてきたが,土方歳三もまた彼らとともに戦いこの箱館までやってきていた.しかしながら新政府軍の攻勢の前に形勢不利となり,5月11日一本木関門付近の戦いにて戦死したとされている(弁天台場に立てこもっていた新選組は5月14日に,五稜郭の本隊は5月18日に降伏した).

Hiji3 Hiji2 (左写真3) 現在の一本木関門,(右同4) 同地にある土方歳三の碑(ともに2007年4月訪問)

 このように5月11日はビザンチン帝国と新選組を愛好する当ブログにとって非常に重要な日なのである.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

5月になりました

18157862_1304618019635560_1816317_2  いよいよ今日から5月です.数日前までは涼しいというよりも寒いくらいの日もあったんですが,昨日あたりから一気に気温が上がり,30℃超えの真夏日だったところもあったようです.世間的にはゴールデンウィークの開幕で,人によっては9連休などという人もいるようですが,自分は基本的に暦通り,しかも途中に当直が挟まっているために長期の連休とはなりません.

 そんな5月は例年だと公私ともにイベントの多い月です.本業関係だとメインの神経学会の学術大会があるのが5月なんですが,こちらは今年国際学会とのタイアップとなっているために5月ではなく,9月開催のため今月はありません.その他温泉気候物理医学会の学術大会も今年は6月になっており,本業関係は地方会や小規模な学術講演会のみということになります.

 一方で趣味関係だと月末に他団体のコンサートへの賛助出演もあるんですが,なんといってもメインは13~14日に行われる,ひの新選組まつりでしょう.今年で第20回の節目を迎えるお祭りです.初参加の第9回(2006年)以来毎年参加し続けている春のビッグイベントです.その新選組まつりの参加要項が先週届いていました.

Img_2985  今年は昨年に引き続き,新選組と出会った人々枠で参加します.役は以前ここでふれたように長州藩士高杉晋作です.佐幕派で会津&新選組びいきの自分がよりによって討幕派の急先鋒的な高杉晋作なんて!自分でも信じられないんですが(笑),別にこれは希望してなったわけではなく,何の希望も書かずに申し込んだらこうなったというのが正解です(笑).

 今年のパレードの募集にあたっては,出会った人々枠には希望を書く欄に加えて,その役柄に対する思いを作文にする趣向も盛り込まれていました.サンナンさんとか鉄之助といった例年人気の役柄などでは,その思いも選考対象になるんだろうなと思ったんですが,基本めんどくさがりの自分は作文を書くようなガッツはなく,特に希望無しで申し込んだというわけです.ただ裏を返すと,仮に高杉晋作に関して熱い作文を書いて応募した人がいれば,そちらが選ばれていただろうことから,そこまで熱い高杉希望者はいなかったと思われます.その点はさすが新選組まつりという気がします.

Img_2984  その他昨年もそうだったんですが,パレード終了後はすみやかに着替えてくださいという記載も見られます.これも昨年書いたんですが,想像するにパレードで盛り上がってしまい時間が経つのも忘れて写真を撮ったりして過ごす方がいたんだろうと思われます.それだけ盛り上がれるお祭りだということですが,今年も楽しみであります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

第20回ひの新選組まつり参加通知

 この週末は仙台での祈りのコンサート等で走り回っていたんですが,その間に自宅のポストに1枚のハガキが届いていました.そう,5月に開催されるひの新選組まつりの参加通知です.

 2006年の第9回からほぼフル参加しているお祭りです(震災で中止になった2011年5月の代替で同年秋にひっそりと開催された第14回除く).当初はコンテストから参加がデフォだったんですが,震災を挟んだ心境の変化に加えて,世代交代が進んでいること,当初一緒に参加していた仲間たちの大半が卒業してしまったことなどからコンテストへの情熱も失われてしまい,近年はパレードのみの参加,特にここ数年は衣装持ち込みの本隊参加と新選組と出会った人々枠での参加が半々程度という感じになっています.

 今年に関して言えば,参加したいという思いは相変わらずなんですが,前日に同窓会が入ることが確定している都合もあり,自前衣裳を持って移動するのは面倒なので,準備の不要な出会った人々枠で申し込んでいました.例年だとこの枠は,当初募集されている役柄とお祭り当日に登場する役柄が違っているなど,そのファジーさも楽しかったりするんですが,今年に関して言えば,希望する役柄に対する思いをアピールする欄が用意するなど,単なるオマケとはいえない感じになっていました.

 ただ自分的には何が何でもこの役を!というほどのものはなかったこともあり,特に希望はなしで申し込んでいました.そんな私に与えられた役は…

Img_2949  高杉晋作 ( ゚Д゚)

Takasugisugata  長州藩,バリバリの倒幕派です.

 南部藩出身,会津・新選組びいきの自分が長州とは… (^^;).たしかに昨年は尊王攘夷派の清河八郎をやりましたが,彼は新選組の前身浪士組の創設者であり東北の庄内藩出身,一方の高杉晋作は生粋の長州藩士です.かつて「新選組 in 長州」なんていうイベントをやって遊んでいた自分が,長州藩の代表的人物になるとは想像もしていませんでしたが,これもなにかの縁,頑張ってみたいと思います(まあ政治色が強い桂小五郎や薩摩の大久保一蔵よりは抵抗が少ないか 笑).参加さらる皆様今年もよろしくお願いします.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

5月11日

 今日は5月11日,自分のサイトのトップページに張り付けてあるブログパーツによると鵜飼開きの日なんだそうですが,自分的には2つの意味で重要な日です.

Istanbul1_233  ひとつ目は当サイトの根幹であるビザンチン帝国の都,コンスタンチノープル開都の日です.元々ローマ帝国の都はローマでしたが,3世紀以降経済の衰退が著しく,国の重心は次第に東方に移っていました.これは3世紀初めのカラカラ帝の時代にローマ市民権の大安売りが行われた結果,働かずに国家に寄生するだけの自由民が増えていったことにも由来します.一方でローマにいる貴族たちは相変わらず権利ばかりを主張して,歴代ローマ皇帝にとって目の上のたんこぶとなっていたのです.

 ただ,3世紀は政治的に混乱の多い時代で,首都移転を実行できるような強力な皇帝はいませんでした.そんな中久しぶりに国内政治を安定させた皇帝がディオクレティアヌスです.そしてその後継者争いに勝利したコンスタンティヌス1世によって首都の移転が実行され,330年のこの日,ボスポラス海峡に面した一地方都市に過ぎなかったビザンティムがコンスタンチノープルとリニューアルされ帝国の新たな都となったのです.

Tosizou  そしてもう一つの5月11日は,自分も愛好している新選組副長土方歳三が函館で戦死したとされる日です(こちらは厳密に言えば旧暦ですが).この前の日曜日にひの新選組まつりが開催されましたが,これも土方歳三の命日に近い週末に開催されているものです.

 そんなわけで5月11日は当ブログにとっても重要な日なのでした.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

第19回ひの新選組まつりに参加してきました

Img116  以前から予告していたように,5月8日(すなわち今日)開催された第19回ひの新選組まつりに参加してきました.今年は3年ぶりに出会った人々枠での参加,この枠独特のゆる~い雰囲気の中,非常に楽しい時間を過ごしました.他の参加者も素晴らしい方々ばかりで,やっぱり素晴らしいお祭りだとの思いを新たにした一日でした.

 パレードの詳細については恒例のようにホームページ本編にアップする予定です.参加者の皆さん,沿道に見に来ていただいたみなさん本当にありがとうございました.

P5080076_1  本日の私の影絵です(笑).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

総決起集会

Dsc_0891  気が付けば4月の下旬,いよいよ今週末から世間はGWに突入です.そして2週間後にはもう恒例のひの新選組まつりということになります(早いなぁ 笑).

 私も2006年から欠かさず参加している恒例イベントなんですが,昨夜その決起集会(前夜祭というにしては早すぎる)が都内某所で行われ,私も参加してきました.ひのパレの名物キャラ,エルサブの音頭でなんと15人以上の人が集まりました.

 近年は若い参加者も続々増えていて,年々華やいだ雰囲気になっているお祭りですが,それに向けて気勢を上げる飲み会になりました.参加者のみなさん今年もよろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

日野市からの封筒

 久しぶりの記事になります.ブログの更新がないということは決してネタがないということではないんですが,なかなか筆が進まないのが現実です(年齢のせいか? 笑).

P4220033  昨日帰宅して郵便受けを覗いたら日野市観光協会からの封書が届いていました.内容はもちろん,来月8日に開催される第19回ひの新選組まつりについてです.

 以前こちらにも書いたんですが,今年はパレード前後に所用があって,できれば荷物を持ちたくないということもあり,久しぶりに出会った人々枠で参加させていただくことになりました(役は新選組の生みの親(?)清河八郎です).

 で,見てみると例年同様,当日のスケジュールや注意事項が記載されていました.集合時間は朝の7時半,思えば昨年,パレードの前日に同窓会があって痛飲し(笑),パレードの資料一式を忘れてきたために集合時間の記憶もあやふやで恥ずかしい思いをしたのでした(第18回ひの新選組まつり参加記録 ).

P4220035
 で,その他にもいろいろなことが書いてあったんですが,今年は例年午後のパレードの出発点となる第一小学校で様々なイベントが催されるようです.ミニライブや殺陣のパフォーマンス等に加えて,隊士とのふれあいタイム(笑)なんてのもあるらしいです(第12回の閉会式後に唐突に「ただいまからふれあいタイムを始めます」とアナウンスされたのを思い出す).11時50分からということなので,隊士たちの昼食後なのか,昼食前なのかは不明です.ちなみに出会った人々は12時20分にバスで第一小学校に移動となっており,このふれあいタイムには参加しない模様です.

P4220034  あとは例年のことなんですが,やってはいけない系の注意事項もあります.許可された場所以外での抜刀厳禁や行進中の酒・たばこの禁止,だらだら歩かないなどですが,今年新たに登場したのが

パレード終了後、速やかに着替えをお願いします

です.

だいたいこういう注意事項って,実際にそういうことをしてしまった人がいたことに由来するのがほとんど(特に新規は)だと思うので,思うに昨年のパレード終了後,テンションが上がったままあちこちで遊んでいて,着替えが大幅に遅くなった人がいたものと想像されます(特に貸出衣装の場合).

P4220036  その一方で,ここ2、3年の定番だった,

「薄桜鬼や刀剣乱舞等、キャラクターのコスプレや奇抜な衣装での参加は禁止しております」

という記載は無くなっていました.思うに昨年あたりから,その辺の周知が徹底されて,その手の参加者がいなくなったのかもしれません(ブームが去ったのかどうかはわかりませんが).

 とまあ,今年もいろんな裏事情が推察されるひのパレの注意事項でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

ハガキが…

 昨日久しぶりに家に帰ったら,一通のはがきが届いていました.今年の年賀状の余りを使ったこのハガキ,第19回ひの新選組まつり参加申し込みの際に同封したものです.

 今月4日が締め切りだったわけですが,それから2週間ちょっとで返事が来たわけです.

 今年は久しぶりに出会った人々枠での参加となりました(2013年の第16回以来).役柄はというと,新選組の前身,浪士組の生みの親ともいうべき,庄内藩士清河八郎です.一般には策士のイメージが強い清河ですが,剣術の方は北辰一刀流免許皆伝,学問の方は幕府の学問所である昌平黌で学ぶなど文武両道の傑物でした.彼の生涯を扱った小説としては藤沢周平の回天の門が有名です.

Kaiten_3  なお,彼の故郷である現・山形県東田川郡庄内町には清河八郎記念館があります(自分も2008年3月に訪問したことがあります 参考記事).

 この機会に再び清河八郎について勉強してみたいなと思ったのでした. 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧