2018年5月30日 (水)

第21回ひの新選組まつりレポ第2部完成!

 第21回ひのパレが終わって2週間強,途中学会による中断等がありましたが,どうにか第21回ひのパレレポ「パレード編」が完成しました.

第21回ひの新選組まつり~パレード編~

Img189  完全に自分目線のレポですが,見てやってくださいまし.過去のひのパレレポ,これでいまだ未完なのは第13回,第15回,第19回の3つとなりました.もっともこの3つの回,記憶が薄いのかというとさにあらず.第13回は伝説の鉄コンの回,第15回は松本良順で”沖田総司に点滴ネタ”の回,第19回は清河八郎で,近藤勇と和解の回といずれも思い出は深い回なのです.気分がひのパレモードのうちに書き上げようかなぁなどとも思っています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

第21回ひの新選組まつりレポ第1部完成!

 ひの新選組まつりが終わって2日,人によってはお祭り後の鬱状態(ひのパレロスとかひのパレブルーとかいう)に嵌っている人もいるようですが,自分の場合来週から学会シーズンに突入するため,そうそう感慨に浸ってもいられません.今年は8年ぶりにコンテストにも出場したということで,絶対にレポをまとめようと思っているんですが,来週にはそんな状況ではなくなるため,今週中が勝負です.そんなわけで記憶が薄れないうちに書き始め,まずは第1部の隊士コンテスト編が完成しました.2部構成は久しぶりです.無駄に長い気もするんですが,見てやってくださいませ(PCやタブレットは問題ないですが,スマホだとちょっと見にくいです 汗).

第21回ひの新選組まつり 第1部隊士コンテスト編

 21hinopare016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

第21回ひの新選組まつりに参加してきました

Img189  この週末に開催されていた、第21回ひの新選組まつりに参加してきました。肝心のパレードは強雨のために半分ほどで中止になってしまったんですが、8年ぶりにコンテストにも出場するなど充実した2日間でした。これから月末、来月にかけていろんな用事が立て込んでくるため、記憶がどんどん薄れていくことが予想されます。このため早いうちに集中してレポ作成に取り組みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

5月になりました

 さて,気が付いたらすでに5月に突入している.世間ではゴールデンウィークということで,人によっては9連休なんていう人もいるようだが,基本的にこの時期はどこに行っても混んでるし高いので,自分的にはあまり行楽には出かけない季節である(その代わり当直はバシバシ入っている 笑).

 そんなGWが終わればいよいよひの新選組まつりの週末だ.今年は8年ぶりにコンテストに参加する予定でもあるのでぼちぼち準備を始めているところではある.先月末には日野市観光協会から関連資料が送られてきていた.

Img_0350  中には例年同様のパレード参加にあたっての注意事項と,コンテスト参加者用の案内書の2種類の資料が入っていた(そのほか各種チラシも).

 パレードの参加事項に関しては例年同様,当日の流れが記されている.それによると潤徳小学校で着替えをして高幡不動尊に集合,同地区でのパフォーマンスを行い不動尊で昼食となっていた.実は近年では前半の方の隊はあらかじめ午後の会場に移動して,そこで昼食という流れらしいので,この段階で自分は後半の隊に振り分けられることが確定したわけだ.

 そしてパレードにあたっての注意事項,これまで近年すっかり定番になった

Img_0352

 薄桜鬼や刀剣乱舞等、キャラクターのコスプレや奇抜な衣装での参加は禁止しております

という文言も健在だった.実は2012年(第15回)にはこうしたキャラクター扮装の人達を集めた歴装隊というのも存在したのだが,その後の議論(?)の中でこの路線はお終いになっている.ただひの新選組まつり(というか日野市観光協会)がこうしたキャラものを排除しようとしているのかというと,さにあらず,売店などではこうしたキャラクター商品も扱っていたりするので,売り上げに貢献してくれる存在として,こうしたキャラものを捨てさることもできない,微妙な立ち位置になっているように感じている.

 さて一方でコンテストの方であるが,8年ぶりのコンテスト資料ということで興味深く拝見したのだが,パフォーマンス時間1分というのは以前と変わらないものの,例外は認めません的な文言や,パフォーマンスを手伝う人間の存在は認めません的な文言が出ていたのが興味深かった.だいたいこういった注意事項があるということは,過去にそうした人が存在したということであり,もしかしたら「自分は特別だから1分以上パフォーマンスさせろ」とごねた人や,仲間数人でパフォーマンスをした人がいたのかもしれない(震災以降そもそもコンテスト自体見に行ってなかったしなぁ).

 なんにせよ非常に楽しみな第21回ひの新選組まつりである.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

第21回ひの新選組まつり参加決定!

 今日の夕方帰宅してみたら郵便物の中に,自分で自分に宛名を書いたハガキが混ざっていました.これはもちろんひの新選組まつりに応募した際に提出した返信用のハガキです.

 予定通り今年も参加することが公式に決定いたしました(少なくとも出禁な存在ではないことが確認された 笑).

 で,今回ビザンチン皇帝は8年ぶりにコンテストに参加することを宣言いたします!!

Dscn1209as

(写真) 8年前のコンテスト

 もう10年以上参加している楽しいお祭りですが,近年はアニメやゲーム等から入って来た若い参加者が多くて,なかなか自分の様なオールドスタイルの居場所がなくなってきているように感じたりもします.そんな自分にとって大きな悔いとなっているのが8年前のコンテストでした.不完全燃焼に終わったあのくす玉ネタを完成しないことには,ひのパレを引退したくてもできない状態でした.ただ近年はコンテストに出る気合も抜けていたのが実情で情けない限りなんですが,昨年このお祭りのレジェンドの南雲さんや神楽教授がコンテストに出たという話を伺い,ならば自分もという気持ちになったのも今年出る理由です.

 コンテストネタはもちろん8年前と同じくす玉割りです.正直コンテストの合否は二の次で,くす玉をカッコ良く割り,会場から盛大な拍手をいただくことが自分にとっての目標です.5月12日はビザンチン皇帝乾坤一擲のネタを見に高幡不動尊に来てください(笑).

 というのは大げさですが,参加のみなさま方今年もよろしくお願いします.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

立春とひのパレ

 今日は立春,春が立つという字面からわかるように,冬の寒さが緩み始め春に向かっていく時期ということになります(解析学的に言えば変曲点という感じか?).実際に1年で一番寒いのが1月下旬から2月初めなのでそういうイメージでいいかもしれません.暦上は冬至と春分のちょうど中間地点に位置し,この立春から春分までの間に初めて吹く強い南風を春一番などと呼んでいます.

 そんな立春ですが,自分にとって春といえば新選組まつり(笑),2006年以来ほぼ毎年参加している恒例イベントです.今年は5月12~13日に開催されることが発表されているようです.

 第21回ひの新選組まつり 新選組隊士パレード参加者募集

 で,ここに至るまで話題を出していなかったのは,実は5月のどこかの週末に医師会合唱団の合宿が入る可能性が急浮上して,もしかしたら日程が被ってしまうかもと焦っていたからです(先日正式に日程が被らないことが確定した).

 参加形態は例年通り,①衣装貸出し参加,②衣装持ち込み参加,③同時代の人々参加 の3パターン,自分の場合①はあり得ないので②と③の二択となります.③についての役柄はその年の大河ドラマの影響を強く受けるパターンが多いので,今年は薩摩藩が多いんじゃないかと思ってたんですがさにあらず,昨年メンバーに西郷隆盛が加わった程度で,はっきり言えばマイナーチェンジのレベルです.過去には会津目線の「八重の桜」はもちろんのこと,「篤姫」や「花燃ゆ」の年でさえ,関連の人物が多数登場していました.にもかかわらず今年は,西郷のみ… 大久保一蔵も島津斉彬も影も形もありません.しかも昨年は,同時代の人々を希望する際にはその役にかける思いを作文にして提出する,という企画もあったんですが,今年の要綱を見る限りその辺も無くなっているようです.

 そんな大河ドラマ色の極めて薄い同時代の人々,ただしひのパレは発表後も次々に内容が変わっていくという側面もあります.なので今後同時代枠も随時変更が加えられていく可能性がありますので要注目です. ちなみに俗に維新の三傑といわれる西郷・大久保・木戸(桂)のうち西郷と桂はほぼ毎年ひのパレに登場しますが,大久保は過去登場したのを見たことがありません.思うに大久保は西郷・桂と違って活躍したのが主として維新後で,維新前は西郷の陰に隠れて陰謀を施していたイメージがあるからかもしれません.

20hino65 (写真) 昨年第20回の出会った人々

 で,自分なんですが,参加する気は満々なんですが,果たしてどうするか… 今年こそ痛恨のくす玉ネタに区切りをつけるべきか(準備できればですが),悩んでいるのでした(締め切りが3月2日(金)必着だそうなので,2月いっぱい悩みたいと思います(笑).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

日野に行ってきました

Dsc_1742  8月最後の日曜日,東京日野市にある日野宿本陣に行ってきました.5月のひの新選組まつりのパレードではいつもその前を通過するのですが,なかなか入る機会がない場所です.自分も最後に訪問したのは2010年くらいだったと思います.今回用があって関西方面から歴史関係の友人がやって来るということで,繰り出すことにしたのでした.

 JR日野駅にて当地でガイドなどの活動されている方と合流します.まずは腹ごしらえと,甲州街道裏の住宅地にあるお蕎麦屋さん「ちばい」さんへ.ここの庭にはかつて近藤勇が愛したという紅梅の木があります(この梅の枝を切ると血がにじんでいるかのように赤いことから血梅と呼ばれ,これがお店の名前となっている).道路に旗は出ているんですが,一見すると普通の民家にしか見えないので,知らないで来ると大変かもしれません.

 ここで美味しいお蕎麦をいただいてからいよいよ本陣へ(食べるのとしゃべるのに夢中で写真はありません <(_ _)>).

Xf0yisxm (写真2) 本陣前を歩く私(この日は和装でした).

 考えてみたら本陣前っていつも車道ばかり歩いているので,歩道を歩くのは本当に久しぶりです.

 ふと本陣前に出ている看板を見たんですが,

 なんか旅館みたい (^.^)(日野市指定も一瞬日観連指定と空目してしまうし… って,当時は本当に旅館だったわけですが)

Dsc_1743_2(写真3) 日野宿本陣の看板

 お祭りのときはもちろん,自分がかつて来た時もいつもたくさんの人で賑わっていた本陣ですが,この日は日曜日だというのに人が少なくて,貸し切り状態で堪能できました.昔の建物なのに,天井が結構高いのが驚きでした.

Dsc_1736Dsc_1741_2 (左写真4) 本陣の内部,(右同5) 記念撮影

 日野宿は甲州街道の宿場のひとつで,規模としてはそれほど大きなものではなかったようですが,多摩川の渡しがあることから交通上の重要性が高い宿場だったようです.東京都下の本陣の建物は時代の流れや戦災等でほとんど失われてしまい,現在当時の建物が残っているのはこの日野宿の本陣だけなのだそうです.

Uaskrubl Ufpukifc (左写真6) 縁側にて(光加減で分かりにくいですが,庭が見事です),(右同7) この日の和装の人達,部屋との親和性は完璧です(笑).

 本陣を後にして,向かいの交流館に2階の展示物を見た後は再び先ほどのちばいさんへ.ここからはまったりとしたトークタイム,お酒をチビチビやりながら,ご主人も交えていろんな話題に花が咲いたのでした.

 前日は猛暑日でたまらなかったんですが,この日は気温も20℃台とちょうどよく,和装での散策にはピッタリでした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

第20回ひの新選組まつりレポが完成しました!

 10日近く更新が滞ってしまいました.この間日常業務に追われていたというのもあるんですが,その合間を縫って今年のひのパレレポが完成しました \(^o^)/

 第20回ひの新選組まつり参加記録

20hino112_3  実は去年の第19回のレポがまだ完成していないんですが,記憶が薄れないうちにと今年のを一気に書き上げてしまいました.例によって完全自分目線のレポですが,見ていただけると嬉しいです.

 以前からひのパレはレポの完成を持って終了という考えがあるんですが,それで行くと第13回,第15回,第19回はいまだに終わっていないことになります(笑).ただしこれら3回には思い入れがないのかというと全く逆で,第13回はピンクのくす玉コンテストから鉄コンと前哨戦段階で(自分の中では)過去最高の盛り上がりがあった回ですし,第15回は松本良順になって沖田総司に点滴をした回,第19回は清河八郎で近藤勇と150年ぶりの和解をした回です.これらもボチボチ完成に向けていきたいと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

第20回ひの新選組まつりに参加してきました!

Img153  5月14日に東京の日野市で開催された第20回ひの新選組まつり隊士パレードに参加してきました.2006年の第9回以来毎年参加しているこのお祭り,お祭り自体は土日の2日間開催なんですが,近年は所要が被るケースも多いこともあり日曜日のパレードのみの参加が多くなっています(今年も前日は同窓会の総会だった).

 以前からここでも書いているんですが,今年自分に与えられた役柄は,長州藩士高杉晋作です.

 ある意味新選組まつりと対極に位置する人物なんですが,同じく長州の桂小五郎,土佐の坂本龍馬や薩摩の西郷吉之助と共に,新選組と同時代の人々(以前の名称は新選組と出会った人々)枠の定番となっています.

 で,パレードに参加した感想

 アウェイ感がハンパない ( ;∀;)

 いやぁ,新選組,新選組,会津,会津,新選組とそれに歓声を上げるお客さんの中を行進する長州藩士… 完全アウェイってこういうのをいうんだろうと実感しました💦.元々自分自身が佐幕派で会津&新選組びいきなこともあって,沿道の誠の旗や会津の旗はまともに見られませんでした ( ;∀;).ホント強烈です(笑).

 同時代枠での参加は4回目ですが,かつて扮した松本良順(幕医),井上松五郎(井上源三郎さんの兄)は完全に幕府方の人物だし,昨年の清河八郎(庄内藩)も尊攘派とはいえ,出身は東北の庄内で,しかも新選組の前身浪士組のプロデューサーということもありそれほど違和感はなかったんですが,今年は徹頭徹尾反幕的行動を取っていた革命家の高杉晋作のアウェイっぷりは突出していました.

 とはいえ,そんなことでめげるビザンチン皇帝ではありません.今回は高杉といえばこれだろう!というアイテム,三味線を持参して爪弾きながらパレードに臨みました.詳細は後日,いつ完成するか不明なレポ(まだ第13回,第15回,第19回が未完)になりますが,同じ枠の方々が個性的で素晴らしい方々ばかりだったこともあり,楽しい一日でした.

P5140798 P5140023 (左写真2) 功山寺決起! (右同3) ひのパレのレジェンド神楽教授と

P5140019 C_ywir9uwaejcfvjpg_large (左写真4) 今年のミスター&局長とちゃっかり記念撮影(きゃぁ~撃たないで 笑),(右同5) 沖田総司とのネタ写「労咳コンビ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

記念の日

 今日は5月11日,実は当ブログにとっては非常に大切な日である.

 まずは,ブログ名にもなっているビザンチン帝国の都コンスタンティノープル(現イスタンブール)の開都記念日であることだ.古代ローマ帝国の都はもちろんローマ市だったわけだが,3世紀以降産業の衰退が激しく,街には無産市民や無能な元老院が跋扈しているありさまで,まともな政治が行える環境ではなくなっていた(それどころか下手にこの街にいると政争に巻き込まれて殺される恐れもあり,まともな皇帝はローマに寄り付こうとはしなくなった).一方でこの頃から東方に勃興してきた大国(パルチア王国,ササン朝ペルシャ帝国)に対応するためにも,ローマよりももっと東側に新しい都が望まれていた.

 この時に白羽の矢が立ったのが,ビザンチウム(ビザンチオン)と呼ばれるバルカン半島の南東部,ボスポラス海峡に面した港町である.この街は金角湾という良港を備えるほか,3方を海に囲まれた要害の地でもあり,東方ににらみを利かせる新首都として相応しいと考えられたのからある.折しもディオクレティアヌス帝亡き後の後継者争いに勝利したコンスタンティヌス1世が正式にこの街を新首都とし,その開都式を行ったのが330年5月11日なのである.

Isutanbul22_015 Istanbul1_233 (左写真1) 幼子と聖母マリアに捧げものをするコンスタンティヌス1世(右)とユスティニアヌス1世(左),(右同2) イスタンブールの象徴アヤ・ソフィア(聖ソフィア大聖堂) ともに2009年9月訪問

 続いては同じくビザンチン帝国の話題.ローマ帝国は395年のテオドシウス帝の死後完全に東西に分裂したが,西の帝国の衰退は激しく476年に滅亡する.その旧領はゲルマン人諸部族が群雄割拠する土地となったが,その失われた領土を回復したのが6世紀のビザンチン皇帝ユスティニアヌス1世である.彼の時代帝国は領土的な最盛期を現出した(ただし経済面を含めた全盛期は10世紀末~11世紀初頭のマケドニア朝といわれる).そんなユスティニアヌスが生まれたのが483年5月11日のことである.

 そして3つ目は新選組関係の話題,近藤勇や沖田総司とともに新選組でもっとも有名な人物の1人である土方歳三が函館で戦死した日である.慶応四年(1868年)正月の鳥羽伏見の戦いに始まる戊辰戦争は,その後の上野戦争や会津戦争等を経て,翌明治二年の箱館戦争に至る.この間新選組は佐幕派勢力として常に闘い続けてきたが,土方歳三もまた彼らとともに戦いこの箱館までやってきていた.しかしながら新政府軍の攻勢の前に形勢不利となり,5月11日一本木関門付近の戦いにて戦死したとされている(弁天台場に立てこもっていた新選組は5月14日に,五稜郭の本隊は5月18日に降伏した).

Hiji3 Hiji2 (左写真3) 現在の一本木関門,(右同4) 同地にある土方歳三の碑(ともに2007年4月訪問)

 このように5月11日はビザンチン帝国と新選組を愛好する当ブログにとって非常に重要な日なのである.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧