2022年5月11日 (水)

5月11日

 今日は5月11日,実は当ブログにとっては非常に大切な日です.

 まずはブログ名にもなっているビザンチン帝国の都コンスタンティノープル(現イスタンブール)の開都記念日であることです.古代ローマ帝国の都はもちろんローマ市だったわけですが,3世紀以降産業の衰退が激しく,街には無産市民や無能な元老院が跋扈している状態で,まともな政治が行える環境ではなくなっていました.それどころか下手にこの街にいると政争に巻き込まれて殺される恐れもあり,まともな皇帝はローマには寄り付かなくなっていたのです.またこの頃から東方にはパルチア王国やササン朝ペルシャ帝国といった大国が勃興し,ローマ帝国の東の国境がきな臭くなっていました.ローマ皇帝の第一の仕事が外敵から国を守ることです.東部国境の防衛をスムーズに行うためにも,ローマではなく,より東側に新しい都が置かれることが望まれていました.

 この時に白羽の矢が立ったのが,ビザンチウム(ビザンチオン)と呼ばれるバルカン半島の南東部,ボスポラス海峡に面した港町でした.この街は3方を海に囲まれた要害の地であり,金角湾は天然の良港でした.東方ににらみを利かせる新首都としては絶好の場所だったのです.ディオクレティアヌス帝亡き後の後継者争いに勝利したコンスタンティヌス1世は正式にこの街を新首都としましたが,その開都式が行われたのが330年5月11日なのです.

Istanbul1_233 Isutanbul22_015(左写真1)6世紀に建造された聖ソフィア大聖堂,(右同2)聖堂内にある聖母子とコンスタンティヌス大帝,ユスティニアヌス大帝のモザイク

 続いても同じくビザンチン帝国の話題です.ローマ帝国は395年のテオドシウス帝の死後完全に東西に分裂しましたが,人口や産業の面で劣っていた西の帝国の衰退は激しく,476年にゲルマン人の傭兵隊長によって滅ぼされました.その後旧領はゲルマン人諸部族が群雄割拠する状態になってしまったのですが,その領土を回復しローマ帝国の栄光を取り戻そうとしたのが6世紀の東ローマ皇帝ユスティニアヌス1世です.彼の時代に地中海は再び帝国の内海となり,東ローマ帝国は領土的な最盛期を現出したのです(ただし経済面を含めた全盛期は10世紀末~11世紀初頭のマケドニア朝といわれる).そんなユスティニアヌスが生まれたのが483年5月11日のことでした.

 そして3つ目は新選組関係の話題,近藤勇や沖田総司とともに新選組でもっとも有名な隊士である土方歳三が函館で戦死した日であす.慶応四年(1868年)正月の鳥羽伏見の戦いに始まる戊辰戦争は,その後の上野戦争や会津戦争等を経て,翌明治二年の箱館戦争に至ります.この間新選組は佐幕派勢力として常に闘い続けてきましたが,土方歳三もまた旧幕府軍とともに戦いこの箱館までやってきていたのです.しかし新政府軍の攻勢の前に形勢不利となり,5月11日一本木関門付近の戦いにてついに戦死したとされています(弁天台場に立てこもっていた新選組は5月14日に,五稜郭の本隊は5月18日に降伏した).

Hiji3 Hiji2(左写真3)現在の六本木関門,(右同4)同地にある土方歳三の碑

 このように5月11日はビザンチン帝国と新選組を愛好する当ブログにとって非常に重要な日となっています.

| | コメント (0)

2022年4月 6日 (水)

隊士パレードが中止

 春の恒例イベントであるひの新選組まつり,コロナ禍の影響で2020年は中止,2021年もオンラインのみでの開催となっていました。そして今年2022年については5月7~8日の日程で,7日に隊士コンテストが,8日にパレードが行われるとアナウンスされていました(規模は例年よりも縮小).

 しかし,昨日実行委員会の方から8日のパレードは中止とする旨の発表があり,観光協会のホームページにも出ていました.

「第25回ひの新選組まつり」開催内容の変更のお知らせ

 理由としては ”新型コロナウィルス感染症拡大の収束が見えず、東京都発表の「リバウンド警戒期間の取り組み」などの状況を鑑みて" とのことです.以前の記事でも書いたのですが,コロナ禍とはいえパレードを行うことのみを目指すのならやりようはあると思います.屋外イベントですから,参加者間の感覚をある程度確保したうえで,マスク着用,大声は禁止を徹底すればいいのです.ただ行われるのは新選組の隊士パレードです.大声で勝鬨,歓声を挙げてナンボというイベントです.マスクをして黙々と行進するなどという形態はありえないだろうと考えます.実行委員会内部でもいろんな議論があったとは思いますが,本来の形でのパレードが難しい以上,中止の判断はやむを得なかったと理解しています.

 一方で7日のコンテストは開催され,関係者およびパレード参加申込者のみが現地観戦,その他はネット配信となるようです.せめてコンテストだけでもということですが,本来このコンテストはパレードで隊を率いる隊長を選ぶコンテストです.パレードがないことが分かっているコンテストというのも参加者は切ないだろうなと感じます.

 それにしても3年連続パレード中止というのは… 仕方ないことですが本当に残念です.

| | コメント (0)

2022年3月17日 (木)

第25回ひの新選組まつりその後

 例年春の恒例イベントとなっているひの新選組まつり,2006年の第9回から参加をはじめ,以来東日本大震災を受けて中止されたものの同年秋にひっそりと行われた(らしい 笑)第14回を除き毎回参加していました.コロナ禍に入った2020年の第23回は中止,2021年の第24回はオンラインのみでの開催でしたが,今年の第25回は規模を縮小するもののメインである隊士パレードを開催する旨が告知されていました.当初は3月1日が参加の締め切りでしたが,東京都にまん延防止等重点措置が出されている状況に鑑み,締め切りが3月15日に延長されていました.

 で,自分なのですが,熟慮の結果今年の参加を見送ることにしました.理由としては自分が医療従事者であり,感染リスクを避けなければならないというのはもちろんですが,何よりも「感染対策に留意したパレード」というものが想像できなかったからです.

Kachidoki(写真)第8回パレードのワンシーン

 新選組パレードといえば,甲州街道を埋め尽くした観客の中で大勢の隊士が隊列を組んで行進し,要所要所で勝鬨を挙げるというのがキモです.そして行進はともかく勝鬨を挙げる行為は当然飛沫が飛びまくります.感染予防とは真逆の行為です.これを防ごうと思えばマスクを着用しての勝鬨となるでしょう.あるいは勝鬨無しで粛々と行進するスタイルでしょうか.観客に関しても制限が課せられる公算が高いように思います.

 自分の中ではひのパレは大声で勝鬨を挙げてナンボの世界だと思っているので,だんだら羽織を羽織って不織布マスクをしてのパレードというのがどうしても想像できませんでした.もちろん当日例年通りのパレードができるようになっている可能性もゼロではないかもしれませんが,あと2か月でそこまで行くような感じがしません.ほかの行事と違ってこれだけは,不完全な形での開催というのがイメージできないのです.もちろん主催者側の新選組まつりの灯を絶やしてはならないという思いは当然ですが…

 というわけでビザンチン皇帝は今年のパレードはお休みさせていただきます(状況が好転していたらもちろん見物に行きたいです).参加される方々のパフォーマンスはもちろん応援します.

| | コメント (0)

2022年2月 1日 (火)

第25回ひの新選組まつり

 今日から2月に入りました.世の中は相変わらずですが,自分なりに日常生活を送っています.

 さて,本日日野市観光協会のホームページ上に第25回ひの新選組まつりに関する告知がなされていました.

 『第25回ひの新選組まつり』新選組隊士パレード参加者募集

 春の恒例イベントであるひの新選組まつりですが,新型コロナウイルス感染症のパンデミックを受けて2020年は中止,2021年はまつり関連動画のオンライン公開のみとなり,メインであるパレードは2年連続行われませんでした.今年は果たしてどうなるのかと注目していましたが,実行委員会ではパレードを開催する方向で準備するようです.

 案内によると募集定員は最大150人,主催者が行う新型コロナウイルス感染症対策に協力できる方,応募後、開催内容の変更や中止などの可能性について了承できる方という条件が付いています.恒例の隊士コンテストは行われるようですが,同時代の人々枠は設けないとのことです.

 募集定員に関しては2019年までは衣装貸し出しが100人、衣装持ち込みは制限なしでした。ただ例年の参加者の状況を見ると持ち込み参加者の方が少数なので両者合わせて150人というのは例年に比べて極端に少ないとはいえないように思えます.主催者が行う新型コロナウイルス感染症対策に協力できる方というのも世間の常識があれば大丈夫でしょう(感染対策としてマスクしてパレードするかは不明).同時代の人々枠がないのは、予算の問題なのか着付け会場の密を避けるためなのかはわかりません.一方で例年あったゆかりの地の人々(会津や本庄、行方の同好会の方々)の参加があるのかも不明です.

 今後の状況により規模の縮小や中止もありえるわけですが、さて自分はどうするか… もちろん参加したい気持ちは強いのですが、締め切りが3月1日だそうなのでゆっくり考えたいと思います.

22hino28 写真は2019年第22回のもの、あの年勝安房だった自分は3年後の今もひのパレ最後の勝安房なのでした.

 

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

新選組の日

 今日3月13日は新選組の日なんだそうです.

 新選組の母体は文久二年(1862年)に清河八郎の建策によって江戸で集められた浪士組です.翌文久三年(1863年)に浪士組は将軍警護を目的に上洛を果たしました.しかし浪士組を尊王攘夷運動の先兵にしようと密かに計画していた清河の行動により直ちに江戸に帰還することになります.多くの隊士はこれに従いましたが,あくまでも将軍警護という当初の目的を果たすべきだと主張する近藤勇ら試衛館一派や芹沢鴨を中心とする水戸派が浪士組から離脱し京都に残ることになりました.これが壬生浪士組です.ただ京都で活動するためには後ろ盾が欠かせないことから,当時京都守護職だった会津藩主松平容保の預かりとなり,市中警護の任に着くことになりました.この壬生浪士組が会津藩預かりとなったのが文久三年3月13日なので,この日が新選組の日となった次第です(浪士組が結成された2月27日を新選組の日とするものもある).

 新選組といえば毎年5月東京日野市で行われているひの新選組まつりがあります。昨年と今年は新型コロナの影響でパレードは中止になってしまいましたが,2006年からほぼ欠かさず参加しているお祭りです.これに限らずかつては新選組装束で遊ぶことに凝っていた時代があり,代表作としてパリのシテ島にあるノートルダム大聖堂前で黄昏る新選組隊士というのがあります.奇しくも現在放送中の大河ドラマ「青天を衝け」の主人公渋沢栄一は慶応三年(1867年)のパリ万国博覧会に幕府の随員として参加しています.渋沢栄一も見たであろうノートルダム寺院の風景を新選組装束で眺めるのは格別な思いでした(その後2019年4月に寺院は火災で大きな痛手を受けてしまいました).

Eww8rhuviamnj56 M14lbti5h420210313212359 (写真左)2006年の第9回ひの新選組まつりにて,井上源三郎に扮した私,(同右)ノートルダム大聖堂前で黄昏る新選組隊士(2008年春撮影)

| | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

2月になりました

 いよいよ今日から2月です.節分から立春を経て,関東以西では梅が咲き始めるなど徐々に春めいてくる季節です.思い起こせば昨年2020年のこの日は北海道陸別町のしばれフェスティバルに参加していました.また一昨年2019年のこの日はザルツブルクのモーツァルト週間に参加しエジプト王タモスの舞台を鑑賞していました.ここ数年活動的な時期だったわけですが,今年は特に遠出の予定はありません(国の緊急事態宣言も継続しそうだし).

83654125_2789622161135131_88639786911730 Img_1652

(左写真1)2020年2月1日しばれフェスティバル命の火,(右同2)2019年2月1日モーツァルト週間にてエジプト王タモス

 そんな2021年2月1日,東京日野市の観光協会からひとつの発表がありました.

 第24回ひの新選組まつり 開催内容変更のお知らせ

 記事によると今年の5月に開催予定の第24回ひの新選組まつりにおいて,隊士パレードは行わないことが決定したそうです.祭りそのものは開催の方向で進んでいるようで,どういう内容になるか今後検討していくとのことです.

22hino05 (写真3)第22回ひのパレのひとコマ

 屋外とはいえ集団が集まって勝鬨を挙げるイベントですから,未だ感染症の先行きが見えない状況ではやむを得ない判断だと思います(まさか隊士全員マスクして無言で黙々とパレードなんてありえないですし💦).

 そんなわけでパレードは2年続けて中止,かくして自分にとってのひのパレは今後さらに1年以上2019年第22回の勝海舟のままアップデートされない模様です.

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

松本良順ゆかりの医療機関

 先日所用があって,小田原市内の丹羽病院さんに行ってきました.

 廊下を歩いていたら,ふと松本良順の名を見つけたためガン見してしまいました.

Dsc_0747

 松本良順は幕末,新選組愛好者の間では非常に有名な人物です.天保三年(1832年)江戸に生まれ,父であり蘭方医の佐藤泰然の助手を務める傍ら,安政四年(1857年)には長崎の海軍伝習所に赴き,当地に来ていたオランダ軍医ポンぺに学びます.その後文久年間には幕府の奥医師となり,将軍家茂の主治医を務めたほか,新選組局長の近藤勇とも親交があったことから上洛の際には屯所を訪れ,隊士の診察や衛生環境整備の指導などを行ったとされています(案内文には「近藤勇,土方歳三、沖田総司の主治医」と書かれていて,愛好にとってはたまりません 笑).

 戊辰戦争時には幕府陸軍の軍医,ついで奥羽越列藩同盟の軍医として傷病兵の手当てに当たりました.会津藩降伏後に一時投獄されたものの許され,明治四年(1871年)に山県有朋の勧めによって兵部省に出仕し,陸軍の初代軍医総監となりました.

Dsc_0748  件の病院は創始者がこの松本良順の教え子だった縁で,開業に際し贈られた書を後に医療法人名としたのだそうです.

 ここには何度も来ているハズなんですが,こんなゆかりがあったとは!と感慨深く思ったのでした.

 同業ということで,2012年の第15回ひのパレではこの松本良順役をやらせていただきました.

P_mryoujun P5130023  (左)松本良順,(右)第15回ひのパレにて

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

エアひの新選組まつり

 昨日の日曜日(2020年5月10日)は本来,第23回ひの新選組まつりパレードの日でした.しかし新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月25日に早々に中止が決定しました.その後4月に入り政府から緊急事態宣言が出され,世間もコロナ一色の空気になっていきました.GWもいわゆる"Stay Home”で終始し,気が付いたら5月第2週末,すなわち本来ひのパレが行われる(ハズ)の時期となっていました.

 ですが,このまま何もなく終わってしまうのは寂しすぎるのではないかということで,一部よりツイッター上で”エアひの新選組まつり”が盛り上がりました.この辺は少し前に会った”エアコミケ”の影響もあるのかもしれません.”エアひのパレ”の開催日となった5月9日&10日はたくさんの人たちが関連のツイートを流しタイムライン上を賑わせてくれました.自分もいくつか呟きましたが,一方でしょれに触発され,一年間放置されていた昨年のレポを一気に仕上げました.当初はエアひのパレが開催されているうちに完成させようともくろんでたんですが,若干伸びてしまい,結局一部完成してHP上にアップしたのが5月11日未明,完成したのが11日夜になりました.1日遅れですが,5月11日といえば土方歳三の命日ですから,これはこれで許されるんじゃないかと思っています.相変わらず自分中心,しかも1年経って記憶が薄れている中で仕上げたレポですので,分量の割には内容が薄いです.よろしければ見てやってくださいまし.

 第22回ひの新選組まつりレポ

22hino97  ひのパレレポは毎年お祭り後に作成していますが,年によってはお幅に遅れたり,いまだ未完な回があったりします.第9回から第22回までで参加した13回のうちレポが完成しているのは10回分,未完なのは第13回,第15回,第19回の3回です.これだけ未完なのは,この3回に思い入れが少ないからかと感じるかもしれませんがさにあらず.第13回は自分にとって頂点ともいえる回で,史上唯一の3部構成になるはずだった回です.第15回は松本良順,第19回は清河八郎とどちらも自分でやりたくて役を選び参加した回と思い入れはむしろ他の回以上と思います.にもかかわらずここだけ放置されているのは,この思い入れが仇になっているからかもしれません.来年のひのパレまでにこの3つ,何とか完成させたいと決意を新たにしたのでした.

 追記:5月11日は実はコンスタンティノープルの開都の日でもあり,自分にとっては二重の意味で感慨深い日です.

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

ひの新選組まつりの記念品

 今日帰宅してポストを覗いたらひの新選組まつりの実行委員会さんからの封書が届いていました.中を開けてみたら

Img_6350 Ewxp6c9ucaehik4_20200425110301  記念品でした.

 今年のひのパレは2月から参加募集が始まったんですが,新型コロナウイルスの感染拡大の情勢を受けて3月25日に開催の中止が決定しました.その後参加申込書が返送され,そこに後日記念品的なものを送りますということがかかれていたんですが,今日届いたのがそれなようです.

 考えてみたら今年は参加費すら払っていない状況だったわけで,にもかかわらずこうした記念品を贈ってくださった実行委員会の方々に深く感謝するとともに,このウイルス禍が収束したら必ず当地を訪れたいな(もちろん和装で 笑)と強く思ったのでした.

Img_1953_20200424221301  こちらの写真は昨年のワンショット,近藤&土方に甲府行きの切符を渡す勝安房守

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

第23回ひの新選組まつり中止😢

 今日日野市観光協会さんから,5月9~10日に行われる予定だった第23回ひの新選組まつり中止のアナウンスがでました.

 「第23回ひの新選組まつり」を中止します

 2006年からほぼ毎年参加ししているこのお祭り,年に一度ここでしかお会いしない方も多く,私にとっても毎年重要なイベントです.理由はもちろん今話題のウイルスの問題,パレード自体は屋外ではありますが沿道には大勢の人が集まりますし,隊士も隊列を組んで固まって行進,大声で勝鬨を挙げるなど微妙なところがあります.実行委員会で熟慮の結果中止が決まったもののようです.

 ちなみにこのお祭りが事前に中止になったのは2011年に東日本大震災が起こった直後の第14回以来です.この時は地震があったから中止になったというよりは,震災の影響で地元の警察官が大量に出払ってしまい,パレード開催どころじゃなくなったからです(パレードでは道路を封鎖すため大量の警察官が必要).

 仕方がないといえばそれまでですが,これまた残念な話題です.

Shutsujin2_20200331165101  写真は私が初めて参加した第9回のものです(ちょっと若いな).

 ところで2011年は秋にひっそりと第14回が行われた結果,翌2012年は第15回になったんですが,今回中止になった23回はどうなるのか,そっちの方にも興味があるのでした.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧