2021年9月16日 (木)

脇付

 その世界では当たり前のように使われているものの,一般には知られていない慣習というものがある.例えば病院関係で医師が他の医師に宛てて書かれる文書,いわゆる診療情報提供書などの宛名を見ると

〇▲病院 内科 云野誰兵衛先生 御侍史

 なんて風に書かれていることが多い.

 そもそも先生という言葉がすでに尊敬を表した用語であり,それで十分にも思えるが,医者の世界では大学教授から初期研修医までみんな先生と呼ばれるので,先生のインフレ化が激しく,敬意を示すにはさらに一工夫必要であると考えられているらしい.

 こうして先生という宛名をさらに飾り立てるために用いられるのが脇付けと呼ばれるものであり,先に挙げた御侍史(おんじし)もそうした脇付けの一つである.侍史というのは秘書というような意味の言葉であり,「お忙しい先生に直接お手紙を差し上げるのは申し訳ないので秘書の方にお渡しします」という意味がある(もっとも大多数の医師には個秘書などいないので,実際には御侍史と書かれた手紙も普通に直接医師の手元に来るが 笑).

 この”御侍史”が最もよく使われている脇付けだが,そのほかに”御机下(おんきか)””玉案下(ぎょくあんか)”というのもある.机下は文字通り机の下で,「先生はお忙しいでしょうから,机の下にでも置いといてお時間のある時にご覧ください」というニュアンスである.一方の玉案下であるが,玉は宝玉のことで案下は机下と同じで机の下の意である.すなわち「先生の宝玉で飾られた立派な机の下に置かせていただきます」というニュアンスで,先の御机下をさらにグレードアップさせた感じである.なにもそこまで卑屈にならなくても… と感じるのだが,この虚飾こそが医師の世界の醍醐味ともいえそうだ.

 自分のかかりつけ医から大きな総合病院宛ての紹介状を持たされた際にはぜひ表書きの先付にも注目してみてほしい。

PS 今日職場で話題になったのだが、御侍史,御机下は本来侍史,机下のみで御は余計で必要ないという議論が出た.普段使いは御付きなのでどういうことだろうか.

| | コメント (0)

2021年7月30日 (金)

新型コロナウイルスのワクチン

 今も世界中で脅威となっている新型コロナウイルス感染症対策の切り札とされているのがワクチンです.現在日本ではファイザーによるもの(コミナティ筋注)とモデルナによるもの(COVID19ワクチンモデルナ筋注)の2種類による接種が進んでいます(アストラゼネカ製のワクチンも認可はされていますがまだ使用はされていない).

 このワクチンに関して興味深い記事がありました.

 イスラエル、コロナワクチン3回目接種へ 60歳以上 8月1日から

 ただし興味深いというのは3回目の接種を行うところではありません.記事中にある ”これまでに人口930万人の約57%が接種を完了し” という部分です.

 イスラエルは世界でも早い段階で国民への接種が進んでいた国です.春先の3月の段階ですでに国民の50%以上の接種が済んだと話題になっていました.その流れからもう国民の8割くらいは接種しているんじゃないかと思っていたんですが,実はまだ6割にも達していないというのが意外だったのです.これに関して Our World in Data というサイトのデータによると

Isla

 イスラエル国民へのワクチン接種はやはり3月初めの段階で5割を越えたものの,その後伸びが鈍化して今に至っているようです.どうして伸びが鈍ったのかはわかりませんが,今回3回目の接種をと言っているところから供給不足というわけではなく,純粋に打ちたくないという人たちがかなりの数いるということなのかもしれません.

 ちなみに世界で最も早く接種が始まったイギリスは,

British

春以降やや鈍化しているものの順調に伸びていて,7月末の段階で2回接種を済ませた国民が6割弱まできています(イスラエルと同水準).

 一方日本ですが,

Japan

接種開始時期は遅かったものの6月以降急速に伸びていて,7月28日現在1回接種が国民の38.2%,2回接種が27.2%となっています.世の中には日本政府の対応を「遅い」,「失敗だ」と批判している人たちがいますが,接種率の伸びを見る限り決して遅くも失敗でもないように思えます(接種開始が遅かったのは新しいワクチンの認可に慎重な世論があったからで,政府が怠慢だったからとはいえません).

 今後もワクチン接種を粛々と進めていって欲しいです.

| | コメント (0)

2021年7月20日 (火)

羽田空港の自販機

 梅雨が明け,夏本番という言葉がぴったりするような暑い日が続いています.

 先の週末,出張のため西の方へ行ってきました.行きに寄った羽田空港の出発ロビーで一風変わった自販機が目に入りました.

Dsc_1840 基本的にはマスクなどの衛生用品の自販機なんですが,その最上列に新型コロナ検査キットが並んでいます.送付不要その場でわかる、簡単,唾液検査,15分でわかるというフレーズからPCR検査ではなく抗原検査であることは確実です.最近では航空会社も検査付き航空券なんてのも発売しているので,こうした商品も一定の需要はあるんだと思います.

 ただ有症者はともかく,無症状者における抗原検査の感度は低いのでこれで陰性だから大丈夫とはいえず,あくまでも気休めの域を出ないのが悲しいところです.

| | コメント (0)

2021年7月 6日 (火)

高松凌雲

 現在NHKで放送中の大河ドラマ青天を衝け,7月4日の第21回は渋沢が1867年(慶応三年)に開催されるパリ万国博覧会に参加する幕府の随員となる下りが描かれました.わずか4年前の1863年(文久三年)には攘夷を叫び,高崎城乗っ取りを企てていたことを思うと隔世の感がありますが,坂本龍馬もそうだったように幕末の日本はまるで早回しのように時代が大きく動いていたわけです.

 1867年のパリ万博において主催者であるフランス政府は元首級の訪仏を希望していましたが,さすがに当時の政情から将軍慶喜自身の渡仏は考えられず,弟の徳川明武を名代として派遣することになります.当時渋沢栄一は慶喜の将軍就任に伴い幕臣になっており,その事務能力の高さから御勘定格陸軍付調役の肩書で主に一行の庶務や会計業務を担当することになります.ドラマではこの幕府一行に加わる面々も登場しましたが,その中で医師である高松凌雲もいました.

Ryoun(写真)高松凌雲

 高松凌雲は1837年(天保七年)に九州筑後の国に農家の三男として生を受けました.長じて武家の養子になったものの脱藩します.やがて医師を志し江戸や大坂でオランダ医学を学び頭角を現しました.1865年(慶応元年)その才が認められ一橋家に召し抱えられ専属医師となります.そして慶喜の将軍就任に伴い,幕府の奥医師という当時の日本の医師の最高位になるなど,渋沢栄一同様あれよあれよという人生を歩んでいます.パリ万博に際して一行の専属医師として派遣され,一方で滞在中は現地の医療を学ぶ役割も期待されていました.

 そんな高松凌雲がパリで学んだ病院が Hotel Dieu です.Hotelと名がついていますが宿泊施設ではなく,フランス最古ともいわれる歴史のある病院です.ここで凌雲はフランス医学の先進性だけではなく,貧民も無料で医療が受けられる施設が整っていることに強い衝撃を受けたそうです.

 帰国後は榎本武揚らとともに蝦夷地にわたり,そこで病院を開き,五稜郭戦争勃発後は新政府軍,旧幕府軍問わず治療するなど,赤十字運動の先駆けのようなことをしています.

 そんな凌雲の医師としての精神に強い影響を与えた Hotel Dieu、私も2008年にフランスに行った際に見てきました.入口に掲げられた看板の下に,フランス革命の基本精神であるLiberté, Égalité, Fraternité(自由,平等,友愛)の言葉が記されています.本日ツイッターでこの話を出したところ,この看板は当時からあったのだろうかという声をいただきました.調べたところ,19世紀後半の写真家シャルル・マルヴィルの写真にも同じ看板がしっかり写っているのを発見し感慨深く思いました.

E5mmsabvgaisxi7 Hoteldieuold (左)2008年春,(右)19世紀後半の同じ場所

| | コメント (0)

2021年5月24日 (月)

第86回日本温泉気候物理医学会

Image2  私の専門は神経内科なんですが、一方でサブ分野として勉強しているのが旅行医学と温泉医学です。それぞれ専門の学会に所属して活動しており、メインの神経内科については日本神経学会がそれです.そして旅行医学については日本旅行医学会,温泉医学については日本温泉気候物理医学会となります.どの学会も基本的に年に1回大きな大会が開催されており、日本神経学会に関しては5月19~22日まで京都で開催されたことはすでに記事にした通りです(緊急事態宣言下の京都でリアル参加をメインにするという強気な設定).

 一方でその神経学会と入れ違いのようにこの週末に第86回温泉気候物理医学会大会が開催されました.こちらは完全web開催です.第86回という数字からもわかるようにこの学会,実はかなり歴のある学会です.設立されたのが昭和9年(1934年)で日本の医学の元締めともいえる日本医学会の加盟団体としてもかなり古い組織です.元々日本には温泉が多く、古くから健康のための湯治文化があったことと,戦前の日本の医学に深い影響を与えたドイツ医学において温泉医学が盛んだった影響と思われます.そんな古い学会が完全webで,歴史が新しくよりアカデミックに思える神経学会がリアルメインというのがなんか興味深いなと思いました.

P5120195 Img_3110 ちなみに日本温泉気候物理医学会の大会は例年温泉地で開かれることが多く,学会に参加するだけで温泉に行けるというのも大きな魅力です.今はコロナ禍で仕方ないですが,落ち着いたらぜひまた温泉地で開催してほしいものです.

Bep2これは別府温泉で開催された際についでに観光に行ったワンショット(もう10年くらい前かな)

| | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

不老不死

 今日職場で話題になった話.

 不老不死は古来多くの人にとってあこがれだった.例えば秦の始皇帝は中国を統一した後,自らの支配を永続させるため不老不死の薬を求め各地に部下を派遣した.東の海あるとされた蓬莱島に行き不老不死の仙薬を持ってくるよう派遣されたものの,見つけられなかったため結局日本に定住した徐福の話は有名である.

 現在の科学では不老不死は不可能とされているが果たして原理的にはどうなのだろうか?

 まずは不老不死の定義であるが,肉体と精神の両方が若く健康な状態で,それが永続するということになろう.このうち肉体に関しては人工臓器を使用することで原理的に可能なように感じられる.現在の科学でも人工心臓やECMO,義肢など完全とはいえないながら人工臓器は存在するため,将来的にはこれらを技術的に高性能化することができるだろう.

 一方で問題なのは精神の方だ.精神というと形而上学的であるが,現実には脳組織の化学反応の集合体である.これを人工臓器(人工頭脳)に置き換えることができれば可能ということになる.近年AIの進歩が著しいとはいえ,未だ人間の脳に置き換えられるには至っていない.そもそも人間の精神は知的機能に加えて感情もあるためそのあたりの再現が難しそうだ.

 このため近い将来なら中枢神経が生きている限りは人工臓器を更新していくことで肉体の不老不死は実現できるかもしれない(これは銀河鉄道999の機械化人のイメージに近い).遠い将来なら中枢神経の仕組みが完全に解明され,元の人間の精神を完全にコピーした人口脳が開発されるならば,その時に不老不死が完成する(万一に備え人口脳はコピーを取っておく).ただそうしたものがすでに人間といえるのか?という素朴な疑問があることも付け加えておく.

 実際の人間の脳が人工知能と異なる点として,学習能力の他に衰え(認知症など)があることが挙げられる.当然だが衰えて認知機能に支障をきたしてしまうと不老不死とはいえなくなる(不死ではあっても不老でない).このため不老不死実現の暁には自分の中枢神経をどの段階で固定,複製するかがポイントとなる.その辺は個人の好みになりそうだが,もし自分ならばある程度知識が充実し,感情的のコントロールも可能となった40歳あたりがいいように思う.

 そんなことを考えた週末だった.

 参考:SFの世界ではサイボーグやアンドロイドという言葉がある.定義に従えばサイボーグとは元々は(おそらくは受精卵から発生した)人間の一部を機械などの人工臓器で置き換えたもので,今回話題にしたものに近い.代表的なものとして仮面ライダー(怪人含む)や新造人間キャシャーン,ミラクル少女リミットちゃんなどがある.一方でアンドロイドは人間そっくりに作られたロボット(生殖を経ないで生産される)でこちらの代表例として人造人間キカイダーやアラレちゃん,キューティーハニーが挙げられる.

81jqymdqnel_ac_sx342_ 91lgq16j48l_ac_sl1500_ (左)サイボーグのキャシャーン,(右)アンドロイドのアラレちゃん

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

第19回日本旅行医学会大会

Img_7379  この週末(4月10~11日)第19回日本旅行医学会大会が行われていました.ただしリアル会場ではなくWeb上での開催です.

 本大会は元々2020年4月11日,12日に東京代々木のオリンピック記念青少年総合センターでの開催が予定されていたものですが,新型コロナ感染症の蔓延に伴い延期になっていたものです.1年後もリアルでの開催は断念しWeb上での開催となりました.テーマは「海外留学と最新コロナ事情」,これは元々2020年に予定されていたテーマが海外留学だったため,それに現在のコロナの話題を併せた大会にするという事情からです.

 旅行医学の定義は「人の移動の安全性と快適性を高める医学」ということになっています.内科・外科といった縦割りの医学体系ではなく,横断的な医学体系,しかも旅行に関わるという,旅行大好き人間である自分のためにあるような学会だと思っています.

 不要不急の外出が憚られるご時世,2日間家にいながらゆっくりと最新の知見を学ぶことができました(こうした学会では必ずあるランチョンセミナーがなかったのが残念 笑).

 

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

緊急事態宣言の解除

 新型コロナウイルス感染症に関連して首都圏の1都3県に出されている緊急事態宣言について,政府は期限となる3月21日をもって解除することを決めたようです.

 1都3県の緊急事態宣言解除へ 諮問委員会が政府方針を了承

 今回の緊急事態宣言は年末年始の感染急拡大を受けて,年明けの1月7日に東京,埼玉,千葉,神奈川の1都3県に出され,その後13日に栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県及び福岡県の2府5県が追加されていたものです.その後感染が縮小傾向を示したものの,当初の期限だった2月7日では解除されたのは栃木県のみで,その他の1都2府7県は1か月の延長が発表されました.このうち東海2県と関西2府2県,福岡県に関しては2月末での解除となりましたが,首都圏の1都3県は期限の3月7日にさらに2週間の延長となっていました.

 昨年3月に都知事がロックダウンという言葉を使ったことが話題になりましたが,日本の法律では国民の移動を禁止あるいは拘束することは不可能で(逮捕状による逮捕や精神疾患に関連する措置入院といった例外を除く),基本的にはすべてお願いに留まります.飲食店に対しては時短要請に応じない事業者に対して知事が命令することはできますが,社会全体を規制するには程遠いものです.これは憲法に謳われている基本的人権の尊重の精神が最大限生かされ,国民の行動を権力が規制できない法体系になっているからです.海外では強制隔離や外出禁止令を出せる国は多く,そうした措置が大々的に行われている国との違いは歴然です.

 そんなユルイ緊急事態宣言なんて意味あるのかという声が聞こえてきそうですが,一方で日本人は同調圧力や空気に弱いので,緊急事態!という言葉にビビッてなんとなく世間全体がおとなしくなるのと,世界の中では国や自治体の言うことに素直に従う国民が非常に多いので,それでも出せば効果が現れるわけです.

 ただ所詮は法的根拠のない空気ですから,時間が長引けば長引くほど慣れてきてしまい,効果が薄くなります.最近ニュースなどで都市部の人出が増えている報道がありますが,そうした慣れを反映しているのでしょう.こうなってくるともう,宣言そのものが意味をなさなくなるのは必然なのでこのタイミングでの解除は必然と思われます.

 一方で東京都などは解除明けの3月22日から3月31日までの期間について,引き続き不要不急の外出は避けること,飲食店には時短要請をすること(ただし宣言中の20時までから1時間延長して21時まで),イベント入場者数の上限等を掲げており,内容的には宣言期間中とあまり変わらないことになっています(宣言が終わっても中身は変わらない).

 国家が感染症を制御するのは不可能で,結局は国民一人一人の予防行動が重要です.日本が世界水準でいえばこんなユルイ緊急事態宣言で欧米に比べて圧倒的に少ない感染者数,死亡者数に留まっているはひとえに国民一人一人の感染症対策が優れていることの証左です.宣言解除後も対策は徹底しながら食事や旅行も楽しんでいきたいものです.

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

ワクチンの接種法

 新型コロナウイルス感染対策としてワクチンの接種が海外で始まっています.発症した場合に使用される治療薬と異なりワクチンは発症そのものの抑制を目指す方法であるため,特に社会に広範な流行をもたらす感染症対策の切り札とされています.

 そんなワクチンの投与法ですが,一部に経口投与(ポリオ)や経皮投与(BCG)される例はありますが,その大部分はいわゆる注射による投与です.そして注射の仕方に関して従来日本と海外では大きく異なっていました.インフルエンザやB型肝炎,DPT(三種混合ワクチン)などは海外では筋注(筋肉内に注射)が一般的ですが,日本ではもっぱら皮下注(皮膚と筋肉の間の皮下組織内に注射)で行われるという点です.

 なぜに日本だけが皮下注なのかというと,実は過去に「大腿四頭筋短縮症」と呼ばれる筋注の合併症が多発したという背景があるからです.

 自分の幼少期(1960年代後半から1970年代前半)がまさにそうだったんですが,当時は注射をありがたがる風潮が(親たちに)あって,子供が熱を出すとすぐに近所のクリニックに連れていかれ,そこで解熱剤や抗生物質の筋注をされるケースがありました.特に解熱剤の筋注はその効果がすぐに現れるため,親たちに歓迎されていました.医師が内服で対応しようとしても,「先生,お願いだから注射してください」とせがむケースも多々あったようです.そうして頻回に多量の筋注を受けた結果,筋組織の破壊,壊死などにより運動機能に障害が出てしまった症例が多発したのです.特に太ももの大腿四頭筋の障害によるものが有名で,これが大腿四頭筋短縮症と呼ばれるものです(もっとも筋肉自体が短くなるわけではないので,現在では大腿四頭筋拘縮症が正式病名です).当時社会的に大きな注目を集める事件となったため,これ以降日本では国や医療機関,製薬会社を含め筋注を避ける風潮となりました.

 もっとも問題となった大腿四頭筋拘縮症の原因薬剤はワクチンとは関係がありません(もっぱら解熱剤や抗菌剤あるいはその混合).注射剤が組織へ与えるダメージに関しては薬剤の量や浸透圧など複数の要因があり,事件後は製薬会社もより組織侵害性の低い薬剤の開発に努力しています.また海外で筋注が一般的なのは,局所の腫れや痛みなどの副反応について,実は皮下注よりも筋注の方が軽いからというのもあります.このため過去のしがらみを脱却して,日本も筋注メインにするべきだという専門家もいます.もっとも日本で流通しているインフルエンザやA型肝炎,B型肝炎のワクチンはほとんどが国産で治験も皮下注で行われてきたため,それらの投与が皮下注で行われるのは理には適ってはいます.

 翻って今回の新型コロナのワクチンは海外と同様筋注で行う模様です.現段階では国産品はまだ商品化されておらず,今後接種が予定されているものはすべて海外製です.治験も当然筋注で行われており,その有効性も筋注で証明されているわけですから,エビデンスのない皮下注という選択はできないのだろうと思われます(実はこうした例として狂犬病ワクチンがあります.従来日本ではkMバイオロジクス社による国産ワクチンを使用していたのですが,2020年初めに供給が終了となり,グラクソ・スミスクライン社の海外製ワクチンに切り替わったのですが,投与法も併せて従来の皮下注から筋注に替わりました).

 ワクチンというと自分自身を守るものというイメージを持っている人もいるかと思います.そのため「若者は重症化しにくいらしいから,自分は打たなくてもいいかな」と考える若者もいるようです.実はワクチンの効能は個人が罹患しにくくなることだけではありません.社会の多くの人が接種し抗体を持つことにより,ウイルスが感染できる宿主を失ってその勢力を弱める効果が期待できます.種痘による天然痘の撲滅や麻疹ウイルスワクチンの普及による多くの先進国での患者数激減もこうした大勢の人が接種したことで得られた成果です(日本では残念ながら過去に麻疹ウイルス接種が不十分だったため,今でも散発的に流行が見られます).人々の中にはアレルギー等でワクチンを接種できない人が一定数います.そうした人たちを守るためにもなるべく多くの人が接種することが望まれます.

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

風邪の日

 今日1月9日は風邪の日なんだそうです.

 その由来は江戸時代後期の大横綱,2代目谷風(谷風梶之助)が寛政七年(1795年)のこの日に流感(流行性感冒,おそらくはインフルエンザ)のために亡くなった故事に由来するのだそうです.

 1月9日は風邪の日(medical tribune)

Tanikaze_2  谷風梶之助といえば,雷電為衛門や小野川喜三郎と並ぶ,江戸時代の大横綱です.特に安永七年(1778年)から天明二年(1782年)にかけての江戸本場所63連勝は,150年後に双葉山の69連勝が出てくるまでは大相撲の最多連勝記録でした.

 そんな強い横綱だった谷風ですが,寛政七年当時流行っていた流感に罹り,あっけなく亡くなってしまったのです.まだ現役の横綱だった時です(享年44).人並み外れた体力があるはずの横綱でさえも命を落とす風邪,おそらくはインフルエンザだったと思われますが,甘く見るととんでもないことになる病気であるのは現代でも変わりません.ここ1年ほどは新型コロナの陰に隠れてしまった感があるインフルエンザですが,奇しくも人々がコロナを恐れて手洗いやマスクの徹底,インフルエンザの予防接種をしっかり受けて準備した甲斐があったのか,今シーズンのインフルエンザの発生は近年稀なほどの少なさです.改めて感染予防の重要さを認識した2021年風邪の日でした.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧