2020年11月24日 (火)

越前がに

 海外旅行が封印されてしまった2020年ですが,9月に小笠原旅行に行き,その後は時々週末を利用した小旅行に出ています.この三連休もどこかに行きたいなと思っていました.

 が,世間はコロナの第三派ということで,特にこの三連休は「人との接触を避けるように」と言っていた医師会の先生もいます.そこでなるべく人とは接しないところに行こうということで向かった先は福井県の南越前町,同地域の冬の味覚”越前がに”を食べさせてくれる,水仙旅館さんです.

Img_6848

(写真1)水仙旅館さん

 東京から越前地方に向かう場合は北陸新幹線金沢回りと東海道新幹線米原回りでほぼ一緒なんですが,小田原から行く場合は断然米原回りになります(東京を通らないのでさらに人と接しない).今回は敦賀からレンタカーを使いました.

 水仙旅館さんは宿泊は1日1組限定とのことで広々と利用させていただきました.夕食はもちろん越前がにのコースです.まずは茹でがにが登場です.

Img_6834 Img_6835

(左写真2)茹でた越前がに,(右同3)黄色いタグが越前がにの証です

 この甲羅の黒いブツブツが輸入モノにはない趣です.身がぷりぷりして絶品でした.2人で1杯かなと思ってたんですが,一人1杯でした(喜).かにの解体→味わいの間はひたすら沈黙していたのは当然です(笑).

Dsc_1376 (写真4)茹でがには1人1杯です

 その後,焼きがにやかにグラタンが登場,焼いたズワイガニは茹でとは違う濃厚な甘みが出るのが特徴です.レモンも添えられていましたが,何もつけずに食べるのが一番だなと思いました.お食事のお供はもちろんお酒🍶です.この日は福井県の地酒をいただきました(料理としては他にお刺身ともずく酢).

Img_6840 Img_6842 (左写真5)濃厚な焼きガニ,(右同6)かにグラタン

 本当ならこの次にカニすきが登場するのですが,歳を重ね胃袋が縮小している我々にとって,すでにお腹が満たされてきている状態でカニすきが来ても幸せは感じられないと確信し,かにすきは明日の朝に回してもらうことに(宿の人によると,我々のような世代の客はほぼ全員そうすると・・ 笑).結局この日は炭水化物なしの夕食でした.

 そして一夜明けた朝食に,満を持してカニすきが登場,最後は雑炊で締めて,2日間に渡った越前ガニのコースを満喫したのでした(レンタカー利用のため,朝のカニすきのときにお酒を飲めなかったのが唯一残念 笑).

Img_6846 Dsc_1377 (左写真7)宿から見える日本海,(右同8)かにすき

 こうして越前ガニを満喫し,旅館を後にしたのでした.本当にごちそうさまでした.

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

Go To イート

 食欲の秋です.世間ではGo To トラベルに続き,Go To イートも始まっているということで,出かけることにしました.行先は小田原駅前にあるステーキハウス金井さん.今回は黒毛和牛のコースにしました(お供はもちろんワイン🍷).

Dsc_1332_original  アミューズで登場したのは伊豆産猪のスモーク,ウチの近所にもイノシシは出没しますが,そのうち小田原産として出てきたらどうしようと思いました(さっぱりして美味でした).

 続いては前菜とサラダ,前菜は冷製スープにカルパッチョ,柿と生ハムの組み合わせです.一方のサラダは色鮮やかな盛り付けでしたが,トマトが入ったグラスの上についている赤や黄色の網状のもの,最初プラスチックかと思ったら食べられる飴状のものでした(💦)

Dsc_1334_original Dsc_1340_original  お魚料理は白身のポワレとアワビのステーキです.個人的にはアワビは刺身よりもステーキの方が好みです.

Dsc_1341_original Dsc_1342_original

 そしていよいよメインの黒毛和牛が登場,この日はサーロインではなくフィレを選択しました.菜食主義じゃなくて良かったと思う瞬間です.炭水化物はガーリックライスを選択しました.

Dsc_1345_original Dsc_1347_original  最後はデザートの盛り合わせとコーヒーで締めます.久しぶりに贅沢をした夜でした.

| | コメント (0)

2020年9月29日 (火)

岐阜県に行ってきました

 2020年9月も終盤です.年度としての2020年度もまもなく半分が終了しようとしているわけで,月日の流れの速さを感じます.思えば9月は中旬に父島への旅行があり,そのすぐ後に2月以来休止していた東京21合唱団のリアル練習が行われるなどかなり充実した月になっています.そして本来ならばしながわ宿場まつりの江戸風俗行列が行われていたはずのこの週末は,思い立って岐阜県に行ってきました.現在放送されている大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公明智光秀ゆかりの土地ですが,今回はメインはそれとは直接関係のない郡上八幡です.

 学生時代以来全国あちこちに出かけている私です.岐阜県も県都岐阜市を始め,下呂温泉,飛騨高山,奥飛騨地方,白川郷など主だった場所は訪問済みなんですが,なぜか郡上八幡は未訪でした(理由は不明,本当に縁がなかったとしか言いようがない).このため今回なんとなく行ってみようとなったのです.

P9260211 (写真1)養老の滝

 9月26日の朝自宅を出て2時間に1本ある小田原に泊まる東海道新幹線ひかり号で一路西へ.自分は月初に学会で岡山に行ってますが,ウチのKの西上は去年の1月の伊勢志摩以来のようでした.このひかりは小田原の次が名古屋まで停まらないの魅力です.1時間ちょっとで名古屋駅に,そこで数分停車したのち(後続ののぞみを先に行かせるため,ここですぐ出発しないところがひかりの限界)出発,15分ほどで岐阜羽島駅に到着し下車します.駅前でレンタカーを借りてさっそく観光開始,まずは付近にある養老町にある養老の滝へ.同名の居酒屋チェーンがありますが,もちろんオリジナルはこちらです(笑).ここは日本の滝100選に含まれる名瀑で,孝行者の息子が病気の父のことを思っていたところ滝の水がお酒になったという伝説で知られます.

Img_6714 (写真2)関ヶ原駅前の施設にあった参戦武将の家紋入りロッカー

 続いては滋賀県との県境である関ヶ原へ.1600年(慶長5年)の関ケ原の戦いの舞台となった土地で,完全に合戦で町興しをやっています.今回は当時石田三成の陣があった決戦の地,小西行長の陣跡にほど近い開戦の地さらには宇喜多秀家の陣跡(なぜか西軍諸将の陣跡ばかりですが偶然です 笑)を訪問しました.

Img_6712 P9260256 (左写真3)石田三成陣跡、(右同4)宇喜多秀家陣跡

P9260250 P9260246 (左写真5)小西行長陣跡,(右同6)小西陣から笹尾山の石田陣が見えます.

P9260276 (写真7)郡上八幡城の模擬天守 

関ヶ原からいよいよ今回のメイン訪問地郡上八幡へ.関ヶ原インターから高速に乗って向かいます.途中のサービスエリアで昼食を摂って現地には15時ごろ到着しました.郡上八幡インターを降りて国道から市街地方面に入ると対向車とのすれ違いが難しいような細道です.このまま山奥の峠に向かうんじゃないかと心配になりますが,まもなく町の中心へ.”郡上八幡城”,”駐車場”の文字が見えたのでそのまま駐車(有料)し,案内に従って郡上八幡城に向かいます.郡上八幡城は続日本100名城に指定された名城ですが,市街地を見下ろす山上に築かれた山城です.本丸に向かう坂道をあえぎながら登っていくと,なんと山上に駐車場があるじゃないですか!しかも無料💦,まあ上る苦労も含めての城郭観光だと自分に言い聞かせました(笑).

 お城観光後は下山してこの日の宿泊先である吉田屋さんへ.チェックインをして部屋に入り,大浴場で汗を流した後夕食会場へ.この日は当地の郷土料理で,鮎の塩焼きや姿造り,鰻のかば焼きから飛騨牛のステーキまでたくさんの御馳走を堪能しました.

Dsc_1254 Dsc_1256 (左写真8)松茸の土瓶蒸し,(右同9)鮎の姿造りと鯉の洗い

Dsc_1260 Dsc_1266 (左写真10)鮎の塩焼き,(右同11)飛騨牛のステーキ

Dsc_1271 (写真12)朝食の朴葉味噌

 翌朝はゆっくり起きて朝食会場へ.野菜中心のシンプルな朝食ですが,こちら名物の朴葉味噌が美味でした.たっぷり英気を養ったところで町の観光です.郡上八幡は基本的な町割りが江戸時代から変わっていないその風情が人気です.きれいな川や水路が豊富な所としても知られています.そうした街並みや水場を散策しました.当地で有名なものに郡上踊りがあります.夏には一晩中踊る巨大盆踊りとして有名ですが,多分に漏れず残念ながら今年は中止だったそう.町の郡上八幡博覧館で解説と実演が行われています(ちょうど10時の回を見学,ぜひ夏の徹夜踊りを見てみたい).

P9270359 P9270363

(左写真13)昔風の街並み,(右同14)宗祇水

 この町でもうひとつ有名なのが食品サンプルです.食堂なんかに飾ってあるあれですが,実は全国の食品サンプル生産の半分以上を占めるのが当地とか.街中には工房や専門のお店があり,見ているだけで楽しい気分になります.

P9270386 P9270385 P9270384 (写真15~17)本物そっくりなサンプルたち

 午前中いっぱい街を散策して続いては北の白鳥町にある阿弥陀が滝へ.ここも日本の滝100選に選定されているところです.県道から山道に入ったところの駐車場に車を置いて徒歩で散策,約15分ほどで滝に到着しました.高さ60メートル,幅7メートルの細い滝ですが裏見もできる滝として知られ,多少濡れることを覚悟すれば他では見られない雰囲気を味わえます(休日ということと,有名な滝ということで結構人が来ていました).滝鑑賞後は近くにある阿弥陀ヶ滝荘で流しそうめんをいただきます.ただ新型コロナの感染対策のため対面禁止,時間制限アリとなっていました(ひんやりして美味しかったです).

Img_6727 P9270462 (左写真18)阿弥陀が滝,(右同19)当地の流しそうめん

 食後は高速に乗って南下,大垣市にある大垣城へ.関ヶ原の戦い直前に石田三成が布陣していた城として知られます.明治後も天守が残っていた城郭でしたが戦災で焼失,現在あるのは戦後外観復元されたものです.ここも続日本100名城のひとつということで観光することになったのでした.

P9270473 (写真20)大垣城復元天守

 大垣城観光後は岐阜羽島駅に戻ってレンタカーを返却,その辺で一杯やりたいなと思ってたんですが,店がなく😢仕方なく駅のコンビニで買ったビールを飲みながら電車を待ったのでした(まあ岐阜羽島は水沢江刺みたいな立ち位置の駅だからなぁ).

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

ぶっかけふるいち

Dsc_0764  おととい学会で岡山に行った帰りの夕方,駅新幹線上りホームにあるうどん店”ぶっかけふるいち”さんに立ち寄りました.駅のホームにあるうどん店ということで,一般的な立ち食いうどん店がイメージされますが,ここは一般のそうした店とは明らかに違ったレベルのお店です.私も当地に寄った際には時々お邪魔しています(かつてケンミンショーでも紹介されたことがあるらしい).

Dsc_0760  メニューはその名の通り「ぶっかけうどん」で,やや甘めのタレが特徴です.基本のぶっかけは天かすと刻みのり,ネギ,ウズラのたまごですが,この日注文したのは梅と大根おろしがのった梅おろしぶっかけ,夏はやっぱりこれだろうという一品です.美味しくいただきました.

| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

ブログ開設記念日

Imagehtml_20200721215101  今日7月21日は当ブログ「ビザンチン皇帝の日常」が開設された記念の日です.2001年に開設された私のホームページ「ビザンチン皇帝の部屋」を補完する存在として2006年のこの日に始まりました.ココログをプラットホームにしたのは,当時契約していたプロバイダーがniftyだったからです.ブログのデザインも”Kimono ラブリング”というもので,実はこれも2006年の開設以来一度も変えていません(笑).

 それから14年,総記事数2100弱,基本的に飽きっぽい自分がよくまあ続けてこられたものだと感心しています.世の中の趨勢がSNSになってブログというコンテンツ自身がマイナー化している現状ではありますが,文字数にとらわれることなく,また後から当時の自分を振り返る時など,SNSにはない良さはまだまだあります.これからも続けていきたいと決意しているのでした.

Pa060066_20200721220301 Pa101485 (写真)ウズベキスタン料理

 そんな2020年7月21日は実は土用の丑の日です.この日は「う」の付くものを食べればいいということで,梅干しでもウイロウでも,はたまたウズベキスタン料理でも何でもいいのですが,職場の検食は土用の丑の日といえば,世間で一番イメージされる食品でした.ウチの栄養科の気合を感じます(笑).

109352032_3182576548506355_8271684477359

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

2週間ぶりの外食

 金曜日は翌日が休みであることが多いせいか,昔から外食する機会が多い曜日です(世間でも花金というし).緊急事態宣言下のStay Homeの頃はさすがに出かけませんでしたが,5月下旬以降は時々外食に出るようになっています.そして最近では2週間おきの金曜日に出かけていることに気が付きました(先々週は銀座ライオン,その2週間前は天史朗寿司).

 そして昨夜は小田原駅前にある鳥ぎんというお店に行ってきました.このお店は焼き鳥と釜飯が売りで,駅前に本店と駅前店があります(本店も駅前なんですが,駅前店の方がさらに駅に近い).この日は駅前店さんにしました.店内のカウンターは基本お二人様で,10人用のカウンターがソーシャルディスタンスの仕切りによって2人×3に区分されていました.

 この日注文したのはカニサラダ,串数本,川海老の唐揚げ,釜飯(私は葱あさり)でした.日本酒もいただいたのは言うまでもありません(この日は神奈川県内のお酒).さあ,この週末は特に予定のない週末,引き続きホームページの作成でもしようかと思ったのでした.

Edl6wxzuwaavbyl Edl6wxbueaaeakl Edl6wa2u8aara2a Edl6wbcuwaezjwq 

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

スパゲッティイタリアン

 大学が地元でなかった私は,学生時代一人暮らしをしていました.そうなってくると問題になるのは食事です.マメな人は自炊をするのでしょうが,元来無精者の私は基本的に自炊とは縁遠い存在でした.しかもサークルやらバイトやらに精を出していたこともあって,もっぱら外食が多かったように記憶しています.

Italian_003  とはいえたまには家で何かを作ることもありました(主に経済的な理由で).そんな時に愛用していたのが,本日の表題”スパゲッティイタリアン”,これはマ・マーから出ている茹でパスタの一種です.本来なら乾麺を茹でる方が割安なんですが,当時の私にとって麺を茹でることすら億劫だったということです(笑).しかもこのイタリアンは1食分,ほぼインスタントラーメン1袋と同程度で売っていて,貧乏学生にもやさしいシロモノでした.

 さてこのスパゲッティイタリアン,袋の写真を見ると普通のナポリタンにも見えますが… 

 しか~し これはあくまでイタリアンなのです.じゃあ,どこがどうイタリアンなのかというと,その秘密はズバリ,ソースにあります.

Italian_005  なんとこのスパゲッティのソースは粉末なんです.仲間内でバーベキューをやる時に登場する3食入り焼きそばのソースと同じノリですね.炒めた麺にこの粉ソースを絡めると完成という非常に安易なこのスパゲッティ,一口食べると安っぽいB級風味が口の中に広がります.あの粉っぽい風味が私好みの食品でした(笑).

 先日ウチのKがスーパーでこの懐かしイタリアンを発見し購入してきてくれました(Kはあまりこのイタリアンを知らなかったようなんですが,私がその素晴らしさを力説していたのを覚えていた模様 笑).で,ランチにとうとうイタリアンが登場しました!.

Img_6470  自分の学生時代とは違ってちゃんと具材入りです(笑).久しぶりのB級グルメを堪能したのでした.

 ちなみにマ・マーからは同じシリーズでスパゲッティナポリタンも発売されており,こちらはきちんとペースト状の立派なナポリタンソースが付いてくる高級品なのでした(値段もイタリアンの1.5倍くらいする).

Neapolitan  そんな懐かしB級グルメの話題でした.

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

久しぶりの外食

 3月以降外出の頻度が激減しているわけですが,6月に入ってからは徐々に外食に出るようになっています.7月3日の金曜日の夕方も市内に出かけてきました.

 繰り出したのは駅前の銀座ライオンです.前回訪問したのが2月29日のロッシーニの誕生日だったので,ほぼ4か月ぶりとなりました.店内はソーシャルディスタンスを保つために一部の座席を使用禁止にするなどの対応をしていました.

 この日はスモークサーモン,ステーキ,ピザを中心にいろいろいただきました(飲み物はもちろんワイン🍷).

Img_6466 Img_6468  これからもちょくちょく外食に出たいと思います.

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

源氏パイ

 世の中にお菓子は山のように存在します.甘いものに目がないという人も多いでしょう.ただ自分の場合,子供の頃はともかく、長じてからはチョコレートなどの甘いお菓子にはさほど関心がありません.お酒が好きなせいか、どちらかといえばポテトチップスや裂きイカ,柿の種といったおつまみ系の方を圧倒的に好みます.

 とはいえ例外もあって,たとえば森永ハイチュウなんかは今でも大好きなおやつで,特にすっパイチュウがお気に入りで,コンビニなどに寄った際に購入することも多いです.

 そんな自分が子供の頃から今に至るまで一貫として好きな甘い系のお菓子が表題の源氏パイです.

Img_6459  これは静岡県浜松市にある三立製菓が製造しているパイ菓子です.独特のハート型の形状と源氏パイという名称のギャップから知っている人も多いと思います.発売が1965年なので,ほぼ私と同じくらいこの世に存在しているお菓子です.メーカーのHPによると,お菓子の原型はフランスのパルミエというパイ菓子でパルミエとは椰子の葉の意味で,その名の通りの形状から来ているそうです.三立製菓の開発担当者が現地を視察した際にこのパルミエを味わい,こうしたお菓子を手頃な値段で作れないかと考え,帰国後に開発に着手,様々な問題を解決して発売に至ったとのことです.名前の由来は,元々和風の名前にしようと思っていたところ,翌年の大河ドラマが「源義経」だったため,そこから取ったとのこと.もちろん義経が食べていたとかいう歴史はないようです(笑).

Img_6460 Img_6461  実は自分の職場の売店で売っているため,今でもちょくちょく買っている次第です.16枚入りなんですがあっという間に食べてなくなってしまうのでした.

 追記: 三立製菓からは平家パイというのも発売されていて,こちらはレーズンが乗ったパイ菓子です.

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

倉敷うどん

 本日所用で岡山に行ってきました.新型コロナ関係で出張が激減していたわけですが,国の緊急事態宣言が解除されてぼちぼち再開され始めています.今回沼津よりも西に繰り出したのは約3か月ぶりになりました(ちなみに小田原よりも東は3月25日に大船に行ったのが最後で,東京都内へは3月中旬以降いまだに行ってません).

 岡山に来ると特に帰りに寄るのが同駅新幹線上りホームにあるうどん屋さん「倉敷うどん ぶっかけふるいち」です.駅の立ち食いうどんにしてはやけにレベルが高いので愛用しているお店です(列車内持ち込みもできる).

 この日の夕方もここで食べて帰ろうと思ってたんですが…

Img_6445 Img_6446

 休みでした😖

 感染症騒ぎの中で4月15日以降閉店しているようです.見渡したらホームの売店も閉まってました💦.仕方ないので小瓶のワインをちびちびやりながら列車が来るのを待つ羽目になりました.

 この後新大阪でひかり号に乗り換えたのですが,駅構内の弁当屋さんがまだ7時前だというのに軒並み売り切れ,乗客の数は全然以前の水準に戻っていないので,おそらくは製造数を絞っていると思うのですが,こちらも残念でした(松阪牛100%使用の2000円越え!のプレミアムビーフサンドが凄く惹かれましたが,こちらも売り切れでした).

| | コメント (0)

より以前の記事一覧