2022年8月28日 (日)

第62回日本寮歌祭のハズだった日

 今日は第62回日本寮歌祭のハズだった日です.

 日本寮歌祭は日本寮歌振興会の主催で1961年に第1回が開催され,以後年1回開催で行われていましたが,旧制高校を現役で知る方々の高齢化もあり2010年の第50回をもって一旦終了となりました.しかし寮歌を愛好する方々の強い希望もあり,2011年からは中央寮歌祭という名称で継続が図られ,2019年に日本寮歌振興会と中央寮歌祭実行委員会が合同する形で第59回日本寮歌祭として復活した経緯があります.50回の次が59回に飛んでいるのは,この間の中央寮歌祭が51回から58回に当たるとの判断からです.

 寮歌とは主に旧制高校の寮で歌われていたものですが,当然のこととして旧制高校を現役で過ごした方々は超高齢化しており,最も若い人でも今年で91歳になります.現役で知る人は減る一方なわけですが,他方こうした寮歌が好きだという若い世代(?)もいて,そうした人たちが始めたのが中央寮歌祭だったわけです.日本寮歌祭も復活して順調かと思われた矢先,2020年初めにコロナ禍が発生,そのあおりを受けて記念すべき第60回は中止になってしまいました.このブログでも何度も書いているように寮歌祭は「大勢の(400人規模)」「高齢者が(90歳以上もザラ)」「閉鎖された会場に」「密集して」「長時間に渡って(約半日)」「大声で歌い騒ぐ」という新型コロナ感染症対策で”やってはいけない”とされていることをことごとくやるイベントです.ほかのイベントが開催される状況になったとしても,これだけはなかなかハードルが高いだろうと思われます.

 ただそうしている間にも現役の旧制高校生は次々に鬼籍に入っています.実行委員会としてはどういう形であれ開催したいという強い思いがありました.そこで編み出されたのがコロナ禍での寮歌祭というもので,「参加するのは各校の代表のみ」「一斉高唱はしない」「各校寮歌は音源を流しながら代表者がマスクを着用して歌う(従来の応援登壇は禁止)」というスタイルでした.5~6月に感染が一時落ち着いていた頃にはこのスタイルでの実施を決定し,関係者への参加確認も行われました.はたしてどんな寮歌祭になるのか興味があった私も参加に〇をして申し込んだのは言うまでもありません.

 しかし,7月に第7波になると状況は一変,とてもできそうな雰囲気ではなくなり結局8月初めに中止が決まってしまいました.ただ実行委員会では2023年11月26日の日程で会場を抑えており,来年こそは第63回日本寮歌祭として開催したいと強く願っているようです(寮歌祭は中止になってもその回を飛ばして次の番号になるというオリンピックみたいな回数の数え方をします).本当にそうあって欲しいものです.

Img_5163_20220830112401 Img_5115 写真は2019年8月4日に開催された第59回日本寮歌祭のワンシーンとプログラム.

| | コメント (0)

2022年8月12日 (金)

第62回日本寮歌祭中止…

 今日自宅のポストを覗いたら一通のハガキが入っていました.差出元は日本寮歌祭実行委員会事務局,今月末に迫った第62回日本寮歌祭についてであることは確実です.早速裏を見ると…

Img_8638-1

 第62回日本寮歌祭8月28日(日)は中止いたします。

 とのことです。

 日本寮歌祭は日本寮歌振興会の主催で1961年に第1回が開催され,以後年1回開催で行われていましたが,旧制高校を現役で知る方々の高齢化もあり2010年の第50回をもって一旦終了となりました.しかし寮歌を愛好する方々の強い希望もあり,2011年からは中央寮歌祭という名称で継続が図られました.そして2019年に日本寮歌振興会と中央寮歌祭実行委員会が合同する形で第59回日本寮歌祭として復活した経緯があります.50回の次が59回に飛んでいるのは,この間の中央寮歌祭が51回から58回に当たるとの判断からでしょう.

 そして2020年には記念すべき第60回となるハズでしたが,新型コロナのパンデミックを受けて中止となりました(翌2021年も中止).このブログでも何度も書いているように寮歌祭は「大勢の(400人規模)」「高齢者が(90歳以上もザラ)」「閉鎖された会場に」「密集して」「長時間に渡って(約半日)」「大声で歌い騒ぐ」という新型コロナ感染症対策で”やってはいけない”とされていることをことごとくやるイベントです.ほかのイベントが開催される状況になったとしても,これだけはなかなかハードルが高いだろうと思われます.元々超高齢者が多い寮歌関係者,寮歌祭が開けなかった2年以上の間に鬼籍に入られた方も多く,実行委員会としてはどんな形であれ開催したいという思いが強くありました.その結果生み出されたのが,参加者を数十人規模(通常は数百人)に限定し,マスク着用の上登壇して歌うのは学校関係者のみ(通常は誰でも応援と称して自由に登壇し歌える)という最大限感染対策に留意した形での開催でした.これが今年6月の状況でした.

 しかしその後7月に入ってからオミクロン株BA5による第7波の感染拡大の状況を受け,今回の中止の判断となったようです.実行委員会では来年2023年11月26日の会場を抑えており,来年こそは第63回日本寮歌祭として開催したいと強く願っているようです(寮歌祭は中止になってもその回を飛ばして次の番号になるというオリンピックみたいな回数の数え方をします).本当にそうあって欲しいものです.

| | コメント (0)

2022年6月 9日 (木)

第62回日本寮歌祭

 今日帰宅してポストを覗いたら一通の封書がありました.どこからだろうと思ってみると日本寮歌祭実行委員会からでした.8月28日に予定されている第62回日本寮歌祭に関する内容であることは間違いありません.

Img_8357(写真1)日本寮歌祭実行委員会からの封書

 寮歌祭は「大勢の(400人規模)」「高齢者が(90歳以上もザラ)」「閉鎖された会場に」「密集して」「長時間に渡って(約半日)」「大声で歌い騒ぐ」という新型コロナ感染症対策で”やってはいけない”とされていることをことごとくやるイベントです.おそらく世界中探してもこれほど高リスクなイベントはないんじゃないかと思われます.スポーツ観戦やコンサートが普通に開催されるようになったとはいえ,寮歌祭の開催は厳しいだろうと思っています.これは中止の案内かな、と思って中身を確認すると…

 「第62回日本寮歌祭」開催のご案内

 な、なんと開催する模様です! 感染対策はどうするのかと思ってみると,「参加人数を制限する(通常は400人くらい集まるところを50~80人)」、「マスク着用や検温、アクリル板」、「一斉高唱はしない」、「各校寮歌は音源のCDを流しその学校関係者のみがステージで歌う(応援は禁止)」ということらしいです.これが実現したら普段とは相当趣の異なる寮歌祭になることは間違いありません.

 制限された参加者に関しては各校に人数を割り当てるという案も出たらしいのですが,おそらく人選でもめるだろうことから,今回は日本寮歌祭幹事と日本寮歌振興会の幹事のみが参加できるとのことです.事務局としては今後のためにも,ともかく開催できたという実績が必要なんだろうなと思いました.

Img_8358(写真2)案内書と参加申し込みはがき(通常は同伴者OKなんですが,今回は1人のみです 泣)

 いったいどんな寮歌祭になるのか,非常に興味深いので参加してみようと思います.それにしても,一斉高唱なしはともかく,CD音源とともに学校関係者のみが歌うっていうのは、私の関連校に関しては参加者は私だけ(多分)なので,なんか公開処刑みたいなだな(笑)と思ったのでした.

 寮歌祭というのは無断欠席のほかに無断出席する人(参加申し込み無しで当日ふらっとやって来るという幹事泣かせの人)がいることで知られています.今回も開催のウワサを聞きつけて無断出席する人が出るんじゃないか今から心配しています.

| | コメント (0)

2022年5月21日 (土)

東大水泳部部歌

 オペラとともに旧制高等学校の寮歌にも興味がある私です.先日新国立劇場に歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」を観劇に行ってきたのですが,実は旧制第一高等学校水泳部の部歌(現在は東京大学水泳部の部歌)「狭霧はれゆく」の元歌がグルックの歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」であるというウワサを聞いていました.寮歌とオペラ,あんまり結びつかなそうな話題ですが,先日新国立の公演を鑑賞して「なるほど」と思う場面がありました.同オペラ第3幕第3場でエウリディーチェが蘇った直後の部分がまさにそれだと確信したのです.

・旧制第一高等学校水泳部部歌「狭霧はれゆく」

 

・グルック作曲 歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」第3幕より

 

 こうして聞き比べると、たしかにそうだよなと思ったのでした.

| | コメント (0)

2021年10月21日 (木)

第62回日本寮歌祭

 今日ポストを覗いたら日本寮歌祭の実行委員会からの連絡が来ていました.それによるとどうやら事務局の方では第62回日本寮歌祭を開催する方向で準備に入ったようです.

Img_6702  日本寮歌祭は戦後の学制改革以前に存在した旧制高等学校の寮歌を懐かしむことを目的に日本寮歌振興会の主催で,1961年に第1回が開催され,形を変えながら毎年行われていましたが,現役で旧制高校を知る人たちの減少,高齢化が進んだことから2010年の第50回を持っていったん終了となりました.しかし寮歌文化を後世に伝えたいと願う方々の努力により,2019年に第59回として復活したものです(2011年から2018年までは中央寮歌祭として活動).しかしながら2020年初めからのコロナ禍により同年8月に予定されていた第60回,2021年8月の第61回はいずれも中止になってしまいました.コロナ禍に入って3密の回避などと言われてきましたが,寮歌祭は「大勢の(400人規模)」「高齢者が(90歳以上もザラ)」「閉鎖された会場に」「密集して」「長時間に渡って(約半日)」「大声で歌い飲む」という少なくとも呼吸器感染症に関しては専門家からやってはいけないとされていることを全てやってしまう(笑)イベントです.おそらく世界中探してもこれ以上の高リスクイベントはないだろうと思われます.それだけに今後開催のハードルは他のイベント以上に高いと思われますが,まずは準備しないことには始まらないということで取り掛かるようです.日程は2022年8月28日(日),場所は第59回の会場だった日暮里のホテルラングウッドとのことです.今から10か月後ですが,無事に開催できる環境になっていることを願っています(正直言って寮歌祭ができる社会状況ならほかのイベントはすべてやれると思う).

| | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

第61回日本寮歌祭中止

 昨日帰宅してポストを覗いたら一通のハガキが入っていました。見てみると日本寮歌祭実行委員会からのもの,どうやら今年8月14日に予定されていた第61回日本寮歌祭の中止が決まったようです.

Img_7172  日本寮歌祭は戦後の学制改革以前に存在した旧制高等学校の寮歌を懐かしむことを目的に日本寮歌振興会の主催で,1961年第1回が文京公会堂で開催されました.以来形を変えながら毎年行われていましたが,現役で旧制高校を知る人たちの減少,高齢化が進んだことから2010年の第50回を持っていったん終了となりました.しかし寮歌文化を後世に伝えたいと願う方々の努力により,2019年に第59回として復活しました(2011年から2018年までは中央寮歌祭として活動).

 予定では2020年8月に第60回が行われるはずでしたが,新型コロナのパンデミックを受けて中止,2021年に改めて第61回として開催される予定だったものです.

 しかしながらその後いわゆる感染第3波と呼ばれる状況に入りそのまま年を越えて今に至っています.最近になってようやく新規感染者の発生が減少傾向になり,日本でもワクチン接種が始まろうとしています.そうしたなか日本寮歌祭の2年連続での中止が決まりました.

 以前もここで述べたことですが,寮歌祭って「大勢の(400人規模)」「高齢者が(90歳以上もザラ)」「閉鎖された会場に」「密集して」「長時間に渡って(約半日)」「大声で歌い飲む」という今回の感染症に関して専門家からやってはいけないとされていることを全てやってしまうイベントです.おそらく世界中探してもこれ以上のリスクの高いイベントはないだろうというほど,リスクの塊です.開催してクラスターなど発生したら世間から非難されることは必須であり,今回の判断はやむを得ないと思います.

Img_0990  この写真は過去の寮歌祭の様子ですが,高齢者が密集して歌っている様子がわかります.

 実行委員会ではワクチンが普及した後、来年以降改めての開催を模索するとのことですが,果たしてどうなるか注視していきたいと思います(個人的には楽しみなイベントなのでいつか再開してほしいです).

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

日本寮歌祭のはずだった日

 今日,令和2年8月2日は第60回日本寮歌祭が開催されるハズだった日です.

 自分の趣味の一部である寮歌イベントは,それをリアルで知っている世代が高齢化するに従い全国でその数を減らしています.10年くらい前には能代や大宮,群馬等各地で行われていて自分も参加させていただいていましたが,ついに今年はこの日本寮歌祭を残すのみになっていました.

 しかし新型コロナの感染拡大の中で,今年は中止することが決まりました.まあ寮歌祭は(一応広いとはいえ)ホテルの宴会場にリスクの高い超高齢者を中心として400人もの人間が密集し,歌い,踊ります.世界的に見ても極めて感染リスクの高そうなイベントであり,まあ仕方ないでしょう.

 検討の結果,来年8月14日(土)に今年予定されていた日暮里のホテルラングウッドで第61回として開催する予定となっています.また歌い踊れる日がくることを願っています.

Img_5163_20200805002801  写真は昨年行われた第59回の様子です.

| | コメント (0)

2020年6月 2日 (火)

日本寮歌祭が中止

 昨夜帰宅したところ日本寮歌祭の事務局から書類が来ていました.

 もしかして,と思って開封したところ,予想通り今年の8月2日に予定されていた第60回日本寮歌祭を中止するという案内でした.もちろん理由は感染症関連です.

Img_6422  以前にも書いたかと思いますが,寮歌祭はホテルの密閉された部屋に大勢の人が集まり(昨年実績では約400人!),歌い踊るイベントです.密と飛沫の飛び具合はクラスターの発生で問題となったライブハウスに引けを取りません.しかも参加者が若いライブハウスと違ってこちらは旧制高校を現役で経験しているような超高齢者メインです.今回の新型コロナウイルスが高齢者ほど致死率が高いという点に注目しても,リスクの高さとしては世界最悪レベルのイベントでしょう.

Img_5163_20200603144701 (写真)昨年の日本寮歌祭の様子

 開催は難しいだろうとは思っていたので,こうして正式に中止が決まっても,「ああ,やっぱり」としか思えないのですが,これで今年自分が参加する予定だったイベントがすべて消えてしまったことになるため,非常に感慨深いものがあります.

 案内によると,今年の第60回は延期ではなく全面中止という扱いになり,来年予定するこの会は改めて第61回となる模様です.世間でも今年予定されていたイベントが軒並み来年にずれ込んでいるため,ホテルの予約を抑えるのが大変とのこと.そうしたなかで来年の会場を確保できたとのことでした(第61回日本寮歌祭は2021年8月14日土曜日,日暮里のホテルラングウッドで開催予定).関係者に感謝です.

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

能代寮歌の写真

 先月の24日に能代で行われた第62回能代寮歌を愛する会の写真が,会を主宰されている先生から届きました.

Noshiro0
全体集合写真

 先日の記事に載せた写真は基本的に自分が写したものなので,自分自身が歌っている場面が写っているものはありません.今回自分が歌っている場面の写真をいただき,楽しかった寮歌祭の様子が思い出されました.

Noshiro6 Noshiro3(左)北溟寮寮歌「都も遠し」高唱,(右)七高造士館の「北辰斜めに」の音頭を取らせていただきました.

 ありがとうございました.

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

能代寮歌を愛する会最終回

Img023  またまた久しぶりの更新になってしまいました.10月に入ってからは旅行,その後の台風云々で慌ただしい日々を過ごしておりました.そのあたりの話題もぼちぼち挙げていきたいとは思っていますが,先週の木曜日(10月24日)に毎年恒例になっている能代寮歌を愛する会に今年も参加してきました.

 音楽というと普段はクラシック音楽(特にオペラや教会音楽など声の入っているもの)を愛好している私ですが,深層心理には寮歌が潜んでおり、時に無性に歌いたくなることがあります.寮歌についてはこのブログのカテゴリーにも分類しているほど時々取り上げるテーマになっているわけですが,元来それは明治から戦後まもなく(昭和24年ごろまで)存在した高等教育機関である旧制高等学校の寄宿舎の歌です.明治期に設立された官立の第一高等学校から第八高等学校(いわゆるナンバースクール)から,大正期に設置された新潟高等学校,松本高等学校以下のネームスクール,私立高校,さらには主として外地の帝国大学予科等を含め寮歌の総数は約3000曲にも上ると言われています.こうした寮歌を愛好するイベントが寮歌祭というわけで,かつては全国に数多くの寮歌祭が存在していました.その主体となっていたのはもちろん,寮歌の時代を肌で知っている当時の学生たちでしたが,時代が下るにつれてそうした人々は減少の一途をたどっています.一方で現役での経験はないものの,そうした時代に憧れを感じる戦後世代もいるわけで(私のように 笑),こうした人々も徐々にこうした寮歌祭に参加するようになってきました.

 昔から深層心理で寮歌を愛好していた私がこうした寮歌祭に顔を出すきっかけになったのが,表題の能代寮歌を愛する会です.参加のきっかけは2006年夏のある晩,当時勤務していた病院宿舎の駐車場で開催されたバーベキュー大会でした.当然のようにアルコールが入って気持ちよくなった自分(とK)が勢いで旧制弘前高等学校北溟寮の寮歌「都も遠し」を歌ったところ,同じ宿舎の某ドクターが反応されたのです.なんでも,そのドクターのご尊父が大変な寮歌愛好家で,地元の能代市で毎年寮歌イベントを開催しているとのこと,よろしければ紹介したいがいいかというのです.私に異論などあろうはずもなく,トントン拍子に話が進んでその年の10月24日に開催された第36回能代寮歌を愛する会にゲストとして参加させていただいたのでした(関連記事).その会が自分にとってとても感慨深いもので,以来何度も参加させていただいていました.さらには会で知り合った方々からのお誘いで,他の寮歌イベントにも参加するようになりました.言ってみれば自分が寮歌祭に参加するきっかけとなったのがこの能代の会なわけです.

 能代寮歌は春と秋の年に2回開催され,そのうちの1回がゲストを招いての会となります(残り1回は能代会員のみで開催).それは春だったり秋だったり様々なんですが,今年は秋の会になりました.この日は午前中外来を終わらせてから職場を出発,東海道新幹線と京急線を乗り継いで羽田空港へ,そこから飛行機で秋田空港に飛び,レンタカーを借りて能代に直行するという行程でした(13時過ぎに職場を出て18時に着いたのでほぼ5時間ということになる).

 会場となるキャッスルホテル能代にチェックインし,会場へ.いつもは2階のホールが会場になるのですが,今年は工事中とのことで3階にある別なホールでした.やや手狭でしたが派手な感じで,おめでたいイベントの会場になるんだろうなと思われました.今年の参加者は地元ゲスト併せて50人弱と例年よりも少なめでした(これはここに限らず各地の寮歌祭全体がそういう傾向).プログラムを見て我々の席を探すと,なんと!真ん中の一番前です.こんな一等席でいいんだろうかとビビりました(後から考えたら参加回数の多い人がそこに集められていた感じ,考えてみたら通算12回参加はかなり多い部類だなと感慨に浸ったのでした).

Img_5733 Img_5741(写真)食事は和洋中折衷です

 会は18時30分定刻に開始されました.開会の言葉に続いてこの1年間で新たに物故者となられた方々への黙とう,その後歓迎のあいさつへと進みます.このあいさつと一緒に注意事項の伝達がなされるのが能代流,会のスムーズな運営に協力してほしい旨のお話があります.ただかつては会が長引く最大の要因だった,長挨拶については,参加者の高齢化により,みんな長挨拶をする元気がなくなってきたのか,ここ数年はほとんど問題になっていないように感じられます.その後檄文朗読,追悼&歓迎寮歌,ゲスト代表挨拶を経て乾杯!と進みます.

Img_5739 Img_5752

 私やKは当然ビールから入り,その後日本酒へと流れていくわけですが,周囲を見渡すと大先輩は非アルコールの方が結構多いです.まあ確かに超高齢者の方が多いのでドクターストップがかかってるんだろうなと思いました.寮歌放吟の時間では北から順番に各地の寮歌が歌われます.日本寮歌祭だとほぼほぼ全部の学校が参加しているので,各校1曲が原則ですが,この能代の会では西国を中心に参加者のいない学校もあるので,そうした学校は一部の超メジャーな寮歌以外は省略され,その分参加者のいる学校に振り分けられます(例えば北大は「都ぞ弥生」と「瓔珞磨く」の2曲,弘前は「都も遠し」,「霞の影に」,「虚空に羽ばたき」の3曲,二高が「空は東北」,「山紫に水清き」の2曲など.省略されない名曲としては五高の「武夫原頭」,七高造士館の「北辰斜め」などがあり,後者に関しては私が音頭を取らせていただきました.会はきわめてスムーズに進み,予定時間である午後10時には終宴となりました.ここ数年はこの後の2次会にも参加させていただいているんですが,今年は翌朝早めに退散するためご遠慮させていただきました.

Img_5755  こうして過去12回参加させていただいた能代寮歌を愛する会ですが,諸事情からゲストを招いての会は今回が最終回とのことです.日本各地の寮歌祭も終了しているところが多いご時世ですので仕方のないところですが,非常に寂しい気持ちになるのでした.

| | コメント (0)