2020年7月 7日 (火)

七夕

 今夜は七夕です.天帝によって天の川の東西に引き離された織姫と彦星(牽牛)が年に一度,この日にだけ会うことを許されたという伝説に由来するお祭りです.星祭りの代表的な存在であり,有名な童謡「七夕さま」でも”お星さまキラキラ”とあるくらい星空が重要なモチーフになっている.

 ただ,本来の7月7日=七夕はあくまでも旧暦によるものです.太陰暦の7日は月齢7すなわち上弦の月の晩ということになり,夕方には頭上高くにあった半月が,夜が深まるにつれて西の空に沈んでいき,どんどん星空がよく見えるようになるため,星祭りとしては盛り上がりやすいシチュエーションなのです.また旧暦の7月7日は盂蘭盆の一週間くらい前になるため,晩夏から初秋の天気が良い時期でもあります.一方で新暦の7月7日は本州以南はほぼ梅雨時期で正直星空は期待できません.学生時代にやった合唱組曲「おかあさんのばか」の中に「七夕」という曲があって,その歌詞に”今夜は七夕 また雨空 七夕ってどうしていつもはれないのかしら”というのがあるんですが,「新暦だからだろう」と突っ込むのはヤボなのかもしれません.

Img_0003(写真)職場の七夕飾り

 俗に日本3大七夕祭りのうち,平塚市の七夕祭りは新暦で行われています.また残り二つ仙台市と安城市の七夕まつりは月遅れの盂蘭盆の1週間から10日ほど前に行われています.旧暦の7月7日が新暦でいつになるかは太陽暦と太陰暦の違いもあってこれといった規則性がないため,こうした月遅れ日程を採用する理由となっています(ちなみに2020年の旧暦7月7日は8月25日になります).

 そんな2020年新暦の七夕はやっぱり雨空,しかも処によっては記録的な豪雨となっています.被災された方々に心からお見舞い申し上げます.

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

7月になりました

 今日から7月,2020年も後半に入ることになりました.感染症関連であまり活動できない日々が続いていますが,時間は平等に過ぎ去っています.今日は一日中雨降りと梅雨らしい1日でした.

Img_6456 Img_6458

 予報では明日は晴れでその後また雨模様,そして来週からは暑くなってくるらしいです.みなさま健康にご留意を.

 

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

合唱練習再開ガイドライン

 気が付けば6月も下旬,今年も間もなく半分が終わろうとしています.

 思えば趣味のひとつである合唱練習が無くなって4か月がたちました.全国に出されていた緊急事態宣言も解除されたのが1か月前,その後東京アラートなんてのが出ていた時期もありましたが,社会活動に課されていた自粛要請も縮小され,先週末からは原則都道府県をまたぐ移動も制限はなくなりました.カラオケ店や夜のお店も再開され街には人々の姿が戻ってきているようです(東京を中心に最近でも数十人単位で感染者が判明していますが,ワクチンが開発されたわけでもないこの時期,自粛を解除してこの程度の感染者が出るのは想定内だろうと思います).

 が,合唱練習が再開される雰囲気にはなっていません.理由は合唱がいわゆる3密の全てに該当する活動であり,一歩間違うとクラスターを発生させる場になりうることをみんなが感じているからだろうと思います.今日NHKのローカルニュースで千葉県内の中学校の合唱部が外で傘を差しながらの練習を始めたみたいな話題が出ていましたが,こうまでしないと練習ができない世の中なのかと悲しくなりました.

 合唱部が活動再開 傘で感染対策

 一方で,東京都合唱連盟が昨日付で,「新型コロナウイルス感染症影響下での合唱練習再開ガイドライン」というのを発表していました.全国で感染者が最も多い東京都の連盟が出したというところがミソです(まあ,感染者が極端に少ない鳥取県や徳島県,あるいはいまだに感染者が出ていない岩手県なら普通に練習再開もありだと思うので).

 新型コロナウイルス感染症影響下での合唱練習再開ガイドライン

 その内容はというと,事前の検温や消毒の徹底,こまめな休憩や換気といった合唱以外でも推奨されることが中心で正直あまり目新しいものはありません.ただ,身体的距離の確保という項目があり,そこには「できれば2m,最低1mの確保」と書かれており,仮に一人一人の間を2m開けるとすると,40人の合唱練習でも単純計算で160㎡の会場が必要ということになります(その他懇親会は自粛,連絡事項はwebなど練習後の懇親会もセットで合唱練習と思っている人間には辛いことも書かれています 笑).

 なかなか先は遠いようです.

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

マリアナ沖海戦

 今日は夏至,北半球では1年でもっとも昼の長い1日である.逆に言えば明日以降冬に向かってどんどん日が短くなっていくことになる.

 そんな夏至は昼が長いこともあり,世界史的には大軍を動かす大きな戦いが起こる時期である.振り返れば古代ローマ末期にアジアから西進してきたフン族と西ローマ・ゲルマン連合軍が戦ったカタラウヌムの戦いが451年の6月20日に起こった.また有名なナポレオンのロシア遠征が1812年6月23日,ナポレオンの敗退が確定したワーテルローの戦いが1915年6月18日,第二次世界大戦の独ソ戦の開始であるバルバロッサ作戦が1941年6月22日,同大戦のソ連側の大規模な反撃であるバグラチオン作戦が1944年6月22日に開始されている.日本史方面では明智光秀が織田信長を討った本能寺の変が1582年6月21日(天正10年6月2日)だし,応仁の乱も本格的な戦いが始まったのは1467年(応仁元年)のこの時期である.

 一方この時期に海上で発生した大きな戦いといえば,今から76年前の1944年(昭和19年)の6月19日,西太平洋において日米の機動部隊がぶつかった,いわゆるマリアナ沖海戦(アメリカ側呼称はフィリピン海海戦)がある.海戦に先立つ4日前の6月15日にアメリカ軍がサイパン島に上陸したのを受けて,上陸軍の護衛として進出しているであろうアメリカの機動部隊(第58任務部隊)に対して日本の機動部隊(第1機動艦隊)が決戦を挑んだものである.

 実は日米の機動部隊同士が直接ぶつかるのは1942年10月の南太平洋海戦以来1年8か月ぶりのことだった.1942年中は5月の珊瑚海海戦をはじめとして,合計4度にわたって空母同士による海戦が起こるなどしのぎを削った日米両海軍だったが,一連の戦いにおいて双方とも消耗が激しく,1943年1月にガダルカナル島の戦いが終結して以降はその再建に取り組むことになった(もちろん残る少数の空母も各地での作戦には従事はしていた).アメリカ側は1943年後半以降エセックス級空母が続々と就航し戦力の充実が著しかった.一方の日本側は新造された空母は大鳳のみだったが,他艦種を改装した空母を多数取り揃えていた.

 こうして1944年6月19日にマリアナ沖に集結した機動部隊はアメリカ側が空母15隻,艦載機891機に対して日本側は空母9隻,艦載機498機だった.数的に日本はアメリカの半分強だったが,一方でサイパン島やテニアン島といった陸上基地にも航空部隊を有しており,これらと連携することで十分に対抗できると考えられていた.さらにこの戦いで日本側は俗にアウトレンジ作戦と呼ばれる戦術を採用した.これはアメリカ機に比べて航続距離の長い日本機の特徴を生かした戦法で,アメリカ側がこちらを攻撃できない距離から先に攻撃を仕掛けるというものだった.アウトレンジを成功させるためにはともかく,敵を先に発見しなければならない.日本の機動部隊は6月18日から盛んに索敵機を飛ばしてアメリカ艦隊の居場所を探した.結果,6月19日早朝ついにアメリカの機動部隊の発見に成功した.一方のアメリカ側はまだ日本艦隊の居場所は発見できていない.日本側はただちに攻撃隊を発進させ,アメリカ機動部隊の攻撃に向かった.この時司令部では勝利を確信した幕僚が多かったらしい.

P1010071 P1010026

(写真左)海戦時の旗艦空母大鳳.(同右)空母瑞鶴,マリアナ沖海戦を生き延び,4か月後のレイテ沖海戦で沈んだ.この2枚はともに我が押し入れに収納されていた連合艦隊

 しかしながら作戦は日本の思惑通りには進まなかった.この時アメリカ側はレーダーによって,日本の攻撃隊の接近を察知していた.また彼らは未だ日本艦隊を発見できていなかったことから,手持ちの戦闘機をすべて迎撃に当てることができた.この時のアメリカの戦闘機は新鋭機のF6Fヘルキャットであり,総合力で日本の零戦を凌駕していた.彼らは日本の攻撃隊がやってくる方向に,より高い高度で戦闘機を待機させていた.結果待ち伏せされた形となった日本の攻撃隊は大きな被害を受ける.なんとかこの攻撃をしのいだ一部の攻撃隊がアメリカ機動部隊に殺到したが,今度はすさまじい対空砲火に晒され,次々と撃墜されていった.この頃からアメリカの高射砲にはVT信管と呼ばれる新型の信管が使われており,砲弾が飛行機に直接命中しなくても,付近を通過した時点で爆発し被害を与えられるようになっていたのである.

 一方,アメリカ機動部隊は日本艦隊を発見できていなかったが,彼らの潜水艦は日本空母の動向を探っていた.6月19日日本側が攻撃隊を発進させた直後,アメリカの潜水艦が日本艦隊に接近,魚雷攻撃を仕掛けた.この攻撃により空母翔鶴は4本の魚雷を受けて轟沈,同じく空母大鳳が受けた魚雷は1本だけで損傷は軽微だったが,気化したガソリンが爆発するという悲運に見舞われて同じく沈没してしまった.こうして6月19日の戦闘は日本側が先に敵艦隊を発見しアウトレンジ攻撃をかけたものの,迎撃によって航空部隊は大損害を受け,逆に自らの空母は潜水艦によって死角から攻撃され撃沈されるという結果になった.

 翌6月20日も先にアメリカ艦隊を発見した日本の残りの空母部隊が攻撃を仕掛けるも,やはり前日と同様の結果に終わる.そしてこの日の16時近くになってようやくアメリカ側も日本艦隊を発見,反撃を開始する.この攻撃によってさらに空母1隻(飛鷹)とタンカー2隻が撃沈された.一方これが夕方の攻撃になったため,アメリカ側の航空部隊も空母への帰還ができずかなりの損害を出している.

 かくして連合艦隊が乾坤一擲の決戦を企図して臨んだマリアナ沖海戦は日本の大敗に終わる.沈没した空母の数だけでいえばミッドウェー海戦よりも少なかったが(ミッドウェーが4隻,マリアナは3隻),敵の空母を1隻も沈めることができなかったことや,約1年半かけてようやく再建した母艦航空隊を一気に喪失したことは非常に厳しく,これ以降連合艦隊は機動部隊を運用する作戦を行うことが不可能になってしまう.この海戦は日本の作戦通りに始まり,敵の発見も早いなど大きな齟齬はなかった.にもかかわらずこのような敗戦に終わったのは,この時期のアメリカ軍はレーダーを用いた防空システムやVT信管などの新型機器・システムが運用されており,旧態依然としていた連合艦隊とはハード・ソフト両面で大きな差がついてしまっていたからである.仮にマリアナ沖海戦が1942年秋に起こっていたら日本側が勝利する可能性もあったろうが,1年8か月という時間はを隔てるて、連合艦隊にとってアメリカの機動部隊は全く別物になっていたのである.

 私はマリアナ沖海戦は「高校受験に失敗した生徒が2年間宅浪して必死に勉強し,中学の教科書を完璧にマスターして試験に臨んだら,まわりはすでに大学受験になっていた」という比喩がふさわしいのではないかと思っている.

 そんなことを想像した2020年の夏至の日だった.

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

時計のバンド

 自分が普段使いしている時計,十数年前にクレジットカードのポイントで交換した一品です.有名ブランドものなどではなく,何の変哲もないソーラー電池の電波時計です.ただ,日常の手入れがほとんどいらないため,ものぐさな自分にはありがたいアイテムです.

 そんなソーラー電波時計,唯一の欠点がバンドの交換です.金属バンドなら交換頻度はかなり少なくなりますが,金属バンドを使用すると痒くなる体質のため,革製のバンドにせざるを得ません.革バンドは時間の経過とともに劣化するため,だいたい1年から1年半のサイクルで交換をしています.今日は夕方に時間があったため,そのバンドの交換を行いました.

P6180010 P6180011

(左写真1)こうしてみるとだいぶバンドがヘタレています.(右同2)新しいバンドとバネ棒

 古いバンド外し,新しいのと取り替えます.時計本隊とバンドを接続させているバネ棒の着脱を行うのですが,これがシンプルながらも部品が細かいので,老眼が入っている身には非常に辛い作業なのでした(十数年前に最初の交換をしたころはサクサクでしたが 💦).

P6180012

(写真3)取付完了

 この日も10分ほどで作業は完了,まだまだ頑張ってもらわないと困る時計なのでした.

 

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

梅雨の晴れ間

Img_6453  6月11日に梅雨入りが発表された当地は終末から今週明けにかけて曇りから雨のいかにも梅雨らしい天気が続いていました.

 しかし,一転して今日は朝から晴れの良いお天気,まさに梅雨の晴れ間といった感じです.予報によると明日一杯は晴れが続くものの,その後は再び梅雨らしい(笑)雨雲が広がるとのことです.

 梅雨の晴れ間といえば,北原白秋作詞・多田武彦作曲の合唱組曲「柳河風俗詩」にある同名の終曲が有名です.白秋が幼少時を過ごした福岡県柳川にやって来た旅芸人の様子を描いた作品です.男声合唱の珠玉の名曲で,この業界では歌ったことが無い人はいないだろうほど有名な1曲です.せっかくなのでyoutubeの演奏を貼っておきます.

 

ところで,晴れといえば五月の晴れのことを五月晴れといいます.現代ではGW明けのスカッとした青空を想像するんですが,オリジナルの五月晴れは旧暦の五月,そう梅雨時で鵜¥す.本来の五月晴れって今日のような梅雨の晴れ間のことをいうのでした.

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

機種変更

 2020年6月12日現在私が使っているスマホはソニーのXperia Z2 SO-03Fです.2014年春に購入したものなので,ほぼ6年使用してきたことになります.私は基本タブレット使いでスマホは通話とメール,モバイルSUICAくらいにしか使わないので,機能的には現状でもさほど困っていないのですが,さすがに6年も使っているとバッテリーがヘタってきました.最近ではフル充電しても,あっというまに60%くらいまで下がってしまう状況に… おまけにあちこちこカバーも機能しなくなっていました.

P6130003 P6130004

(写真)さすがに6年使っていたら蓋が取れかかっています

 さすがにいつ充電切れになっているかわからないスマホじゃ限界だな,と観念し今回新しいのを購入しました.新機種は同じソニーのXperia Ace,これを選択した理由はあまり大型でないのと,そんなに高級でもないからです.キャリアであるドコモのポイントが山のように溜まっていたので,今回はポイントだけで購入できてしまいました.

P6130002  本日製品が届き,開通手続きとデータ移行を完了しました(自分の場合ショップに出向くと店員にそそのかされて余計なものまで買わされるんで,基本オンライン購入です).さすがに6年も経ってるとSIMカードは新しいものになりました.

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

梅雨入り

 今日,九州北部・関東甲信・北陸・東北南部の梅雨入りが発表されました.関東地方に関しては昨年よりも4日,平年よりも3日遅いとのことです.

 九州北部・関東甲信・北陸・東北南部 続々と梅雨入り

 日本の多くの気候区分はケッペン気候区分でいうところの温帯湿潤気候(Cfa)です.これは夏に気温が高く,比較的雨の多い気候となっています.この雨の大きな要因となっているのが6~7月の梅雨で,同時期に晴天が多い西ヨーロッパの西岸海洋性気候(Cfb)との違いになっています.

 湿気も多くてあまり楽しい季節ではありませんが,この梅雨の長雨があるからこそ,大量の水が必要な日本の稲作が成立しているわけですから嘆いてばかりもいられないことになります.

Fb92 (写真)梅雨時といえばアジサイとカタツムリが似合います

 梅雨入り・梅雨明けといえば,かつては「梅雨入り宣言」、「梅雨明け宣言」といった感じで気象庁から大々的に発表されていたんですが,時に間違う年があったりして世間から突っ込まれたためか,近年は「〇△地方が梅雨入りしたとみられる」とやや弱気な発表になっています(後日気象庁のサイトに正式な日にちが発表されますが,世間では気にする人は少ないようです)。

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

看板が撤去

 6月第1週の週末です.

 5月25日に全国の緊急事態宣言が解除されてから10日が過ぎました.この間東京ではまたチラホラ感染者が出ていたり,北九州市でクラスターが発生していたりと不安定な要素はあるものの,徐々に社会が動き始めています(個人的にはウイルスを完全に報じ込めることは不可能なので,社会を回しながら数十人の感染者が生じる程度なら御の字だろうと思います).

 で,先週の記事で神奈川-静岡県境の静岡側に掲げられていた看板の話題を出しました.あれから一週間,また用事があって同じルートを通ってみたところ・・・

Img_6427 Img_6376

(写真左)昨日の様子、(同右)先週の様子

 撤去されていました\(^o^)/

 電光板の文字も先週は「県をまたぐ移動は自粛」だったのが,「県をまたぐ移動はなるべく自粛」と少し表現がゆるくなっていました.こうして世の中の動きを感じたのでした.

 

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

満州某重大事件

 今日は6月4日,今から31年前に北京で天安門事件が起こった日として知られます.当時民主化を求めて集まっていたデモ隊に中国人民解放軍が武力介入し,多数の犠牲者を出した事件です.世界中に衝撃が走り,中国は国際社会から強い非難を浴びました.

 この事件が起こった日,私はたまたま仙台の友人の家に滞在していたんですが,この時ニュースに度々登場したのが北京飯店です.市内にある高級ホテルで,当時日本からの特派員や駐在員の多くがここに滞在していたからです.ただ当時は(今もかもしれませんが)飯店という用語が中華圏でホテルの意味であることが知られていなかったこともあって,テレビを見ていた友人が「北京飯店って中華料理屋じゃないのか?」と言っていたのが強烈に印象に残っています(笑).

 そんな6月4日ですが,今から98年前の1928年(昭和3年)のこの日に同じ中国大陸で地味に大きな事件が起こっています.それが表題の満州某重大事件です.これは当時の日本政府内で使用されていた用語で,世間的には張作霖爆殺事件の名で知られています.

Zhang_zuolin (写真)軍閥張作霖

 1911年の辛亥革命後,清は国民党政府による中華民国として生まれ変わったとされていますが,実際には国民党政府の力が全土に及んでいたわけではなく,地方には軍閥が割拠するという混乱の中にありました(三国志や唐末期みたいな感じ).こうした地方軍閥の中でも有力だったのが満州の奉天(現瀋陽)を拠点にしていた張作霖で,1920年代にはしばしば軍を南下させ北京や揚子江付近まで進出していました.この張作霖を支援していたのが日本の関東軍です.1904~1905年の日露戦争に勝利し満州の権益を手に入れた日本でしたが,続く第1次世界大戦後の民族自決の国際世論の中では,なかなか表立ってそれを強化することができませんでした(特に当時中国大陸に足がかりがなかったアメリカの警戒が強かった).そのため日本としては満州の有力軍閥である張作霖を支援して,彼を利用することにより間接的に満州の利権を独占しようと考えていたのです.

 しかし張作霖は次第に日本の思惑通りに動かなくなり,逆に当時日本との対立が芽生え始めていたアメリカやイギリスに接近し始め,逆に日本の権益を脅かすようになったため,日本の関係者は彼を見限ります.そして1928年に入り,ほかの軍閥を支配下におさめて力を付けた国民党の蒋介石による北伐が本格化すると,国民党軍との戦いを避けて北京から満州に帰還することになりました.この帰還途中だった張作霖の乗った列車が奉天郊外で爆破され,暗殺されたのが事件の概要です.

Zhang_zuolin_20200605100001 (写真)事件現場の様子

 当初は敵対していた国民党軍による犯行とされていましたが,その後関東軍の高級参謀河本大作大佐による謀略であったことが判明しており,後に頻発する関東軍独走の端緒的な事件となりました.この事件によって当時の田中義一内閣が倒れるなど日本の政治にも大きな影響を与えました.しかしながら首謀者とされる河本大佐は軍法会議にかけられることもなく予備役となって軍を離れたのみで,その後は満鉄(南満州鉄道)関連の役員として大陸で活動し続けたと言われています.

 そんな事件もあった6月4日でした.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧