2017年7月21日 (金)

ブログ開設記念日

Byzantine2neo  今日7月21日は当ブログ,ビザンチン皇帝の日常の開設記念日です.このブログは自分のホームページ「ビザンチン皇帝の部屋」の一部として主に日常の出来事を語る場として2006年7月21日に開設しました.

 当初の目論見とは異なり,日常よりも小旅行やイベント参加などのネタがメインになっていて,名が体を表していないような気もしますが,今日で丸11年,飽きっぽい自分がよくここまで続けてきたものだと感心しています(笑).ここ数年はツイッター(このブログの右に張り付けてあります)の利用頻度が挙がっていることもあって,以前に比べると更新頻度が下がっているのが残念なんですが,それでも今日現在で総記事数1747,総アクセス数484240,なんといっても訪問して下さる方々のおかげと考えています.これからもよろしくお願いいたします.

 ちなみに当ブログの特徴として,開設以来11年間テンプレートを一度も変えたことがないというのがあります(単にめんどくさいからというウワサも).これはココログのKimonoラブリングというテンプレートで,決して派手ではないんですが,なんとなく落ちつくので使い続けているのでした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

二つの訃報

 今年は梅雨入りした後,ちょっと雨の日もありましたが,その後特に7月に入ってからは基本的に晴れベースの日々が続いている当地です.

Img_3160  日中はかなり気温が上がり,夕方にはヒグラシの鳴き声が聞こえるなど,すっかり夏模様となっています.ただ今日7月18日は朝はいつも通り晴れだったんですが,お昼過ぎから急に曇りはじめ,やがて激しい雨と共に雷も鳴り出しました.都心では雹も降っていたそうですが,いわゆる梅雨のしとしと雨ではない,真夏のスコールのような雨,もう夏本番だなと感心する一方,そういえばまだ梅雨明けの発表はなかったなと不思議な気分になりました.

 そんな7月18日二つの訃報が飛び込んできました.ひとつは医師の日野原重明先生,聖路加国際病院名誉院長で100歳を優に超えた最近まで現役の医師として活動なされていた方です.自分と同じ職業なんですが,本当にカッコいい生き方だなぁといつも見ていた方でした.

 もう一人は俳優の砂川啓介さん.世間では大山のぶ代さんの旦那さんとしての方が有名かもしれませんが,自分の世代では超人バロムワンに登場する主人公の少年の伯父さん(松五郎,劇中では松おじと呼ばれていた)のイメージです.こちらも違う意味でカッコいい方でした.

 そんなお二人のご冥福を心からお祈りいたします.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

シスマ

 連日本当に梅雨なのかという暑く晴れ渡る日が続いていましたが,今日はやや曇った一日になっています(とはいえ暑いことに変わりはないですが 💦).職場のあじさいも連日の暑さですべて干からびてしまったかと思ってたんですが,まだ元気に咲いている株もありました.

Img_3156  さて今日は7月16日,10年前のちょうどこの日新潟県中越沖地震があった日です.このブログのバックナンバーを探したら当日の記事もありました(地震と雷 こうしてあらためて昔の記事を見ると今よりもよっぽど充実しているな).

 先日は九州の方で豪雨による水害がありましたが,日本は昔から災害の多い国です.2007年の中越沖地震後だけでも,2011年の東日本大震災,2014年の御岳山の噴火,昨年春の熊本の地震のほか,2015年&2016年夏には東日本を中心に台風による水害があったのは記憶に新しところです.こうした災害多発地帯に住んでいるがゆえに,たとえ災害があっても助け合い,落ち着いて行動する国民性が形成されたとも言えます(日本で大きな災害が起こるたびに,外国ではよくある略奪や暴動系の事件がほとんど起こらないことは海外メディアが驚くところです).災害は忘れた頃にやって来るというのはまさにその通りです.この機会に自宅の防災用品等のチェックを行いたいと思いました.

 で,本日のブログのタイトルであるシスマ,これはラテン語で分裂という意味です.一般名詞ではあるんですが,特に日本の学術の世界ではキリスト教会の分裂の意味で使われます.キリスト教の歴史はまさに分裂の歴史であるわけですが,その中でももっとも大きいのが中世におけるローマカトリック教会と東方正教会の分裂です.この分裂劇そのものは数百年かけて徐々に進行したわけですが,それを象徴するような事件が1054年7月6日に起こりました.

Istanbul1_233  当時のキリスト教会の中心地は西方のローマと東方のコンスタンティノープルでした.ローマはもちろんローマ教皇庁のあるところですが,一方のコンスタンティノープルは東ローマ帝国(ビザンチン帝国)の都です.一応聖職者としての格ではローマ教皇の方がコンスタンティノープル総主教よりも上なんですが,ローマ皇帝とい大君主をバックに持つコンスタンティノープル総主教の権勢も大きく,特に7世以降教義などの点から両者の対立は大きなものとなっていました.

 こうした状況を打開するためにローマ教皇から使節として枢機卿フンベルトがコンスタンティノープルに派遣されていました.しかしながら政治的な思惑もあってコンスタンティノープル総主教のミハイル1世はなかなか使節に会おうとはしませんでした.1054年7月16日こうした総主教側の対応に怒ったフンベルトは,ミハイル1世の破門状を当時総主教座が置かれていた聖ソフィア大聖堂の宝座に叩きつけて立ち去ったのです.これに対して総主教側も相手を破門し両者の対立は決定的になりました.

 これが世界史上シスマと呼ばれる事件です.書籍によってはローマ教皇とコンスタンティノープル総主教が相互に破門し合ったと書かれているものもありますが,前述のようにローマカトリック側の当事者は枢機卿フンベルトです.しかもこの時彼を使節として派遣した教皇レオ9世はすでに亡くなっていたので,総主教の破門が教皇の意志だったのかは不透明です(激怒した枢機卿の個人的な行動ともとれます).また総主教側が破門した相手はあくまでもフンベルト枢機卿(とその従者)であり,ローマ教皇は含まれていません.

Isutanbul2_156  というわけで,この日をもって東西教会が正式に分裂したというわけではなく,あくまでも象徴的な事件の日として記憶されているのでした.ちなみにフンベルトが破門状を叩きつけた宝座は大聖堂の至聖所という本来は聖職者しか立ち入ることのできない場所にあるわけですが,聖ソフィア大聖堂は現在無宗教施設であるアヤソフィア博物館となっているため,今は誰でも立ち入ることができます(ドームの一番奥,今はミフラーブがあるあたりです).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

巴里祭

 久しぶりの更新となりました.7月に入ってから先週は恒例の家族旅行に出かけていたりいろいろ活動していました(旅行の話題は後日こちらにアップします).

 さて,暑い日が続いています.九州北部では豪雨で大きな被害がでているところもあるわけですが,当地はまだ梅雨が明けていないというのが信じられないような夏本番の日が続いています.

Degpesuqaabiljpg_large  (写真1) 職場のアサガオもお疲れモードです(笑)

 さて今日は7月14日はフランスの革命記念日です.1789年のこの日,折からの不景気等による生活苦から不満を募らせた民衆がパリのバスチーユ牢獄を襲撃,この暴動が全国に波及することでフランス革命が始まったとされています.このため同国ではこの日は祝日とされ,市内では様々な行事が行われています.

Paris59 (写真2) パリの目抜き通りシャンゼリゼ通り(2008年3月訪問時)

 フランスという国は独特の文化や風土のある国です.日本から見ると欧米諸国,西ヨーロッパ諸国と一緒くたにされたイメージがありますが,政治的には現代のグローバリゼーションの中心にある米英とは常に一線を画した行動をとっています.文化的にも禁欲的なプロテスタントのイメージがある(特にアメリカ)とちがい,たとえば以前話題になった風刺画文化など,時にはちょっと??なことも平気で行ったりします.食事関しても,お世辞にも質素&ジャンクなイメージでお世辞にも美味といいにくい(笑)米英とはきわめて対照的にフランスの食は洗練されています.

 このような現代に続くフランス人のアイデンティティの原点となったのがフランス革命なのです.

Img_0  この革命記念日をテーマにしたフランス映画がQuatorze Juillet で意味はそのまま7月14日です.これはルネ・クレール監督によって1933年に作られた作品で,特に革命をテーマにしているわけではなく,1930年代のこの日に繰り広げられた庶民の恋愛劇です.,日本では巴里祭という題で公開され人気を博しました.



 自分も学生時代ある年の7月14日にレンタルビデオ店でこの作品を借りてきて,観たのを覚えています.

 そんなことを思い出した2017年7月14日でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

7月になりました

Img150  気が付いたら7月になっていました.2017年も半分が終わってしまったわけで,本当に月日が経つのは早いです(年々早くなっていく感じだ).そんな7月初めの昨夜,現在公開中の”宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章”を鑑賞してきました.

 自分は宇宙戦艦ヤマトのヒットをリアルに体験した世代です.最初のテレビ版ヤマトが放映された時はまだ8歳でしたが,小学校高学年時の再放送時に人気が出て映画化,そして自分が中学1年時の昭和53年に続編の”さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”が公開されました.思春期の多感な時代にあの作品はインパクトが強すぎて劇場で涙ボロボロ状態になったのを覚えています(そのためか,今でも沢田研二のあの歌を聞くと斎藤や真田さんの殉職の場面が浮かんできてそれだけで泣けます).

 そんなヤマトの初期作品をリメイクした宇宙戦艦ヤマト2199が制作公開されたのが2012年,自分も全作品劇場で鑑賞しました.そして今度はいよいよその続編のリメイクとなったわけです.

Img_3129  今回公開されたのは第二章発進編,テレサからの謎のメッセージを受け取った旧ヤマトクルーが再びヤマトに乗り込んで地球を後にする場面です.2199もそうだったんですが今回のリメイクで面白いなと思ったのが,旧作で多くの視聴者がツッコんだであろう疑問にきちんと答えを用意しているところです.たとえば2199なら,宇宙各地に侵略の手を広げられるほどの強大な軍事力を持っているはずのガミラスが,七色星団の決戦になぜ空母4隻しか投入しなかったばかりか,その後は艦隊決戦すらなく,あっさりと母星への侵入を許したのはなぜかと言った疑問です(2199ではそれに対する明確な回答が用意されていた).今回もヤマトの帰還からわずか3年で地球があれほど復興し,しかもアンドロメダなどの最新鋭戦艦がぞくぞく就航できているのはなぜかという疑問がありましたが,今回それへの回答がきちんと用意されていたのはさすがでした.

 まだまだ上演は続くのでネタバレはしませんが,ヤマトファンは必見だと思います.

Dsc_1606  終演後はカキの夕食,美味でした !(^^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

江ノ島海岸

 江ノ島海岸はどこにあるでしょうか?

 と聞くと,「サザンオールスターズの曲なんかによく登場する,神奈川県藤沢市にある江の島周辺の海岸のこと?」という答えが返ってきそうです(少なくとも関東在住の人間なら90%以上の人はそう答えそう).

 が,残念ながらそれは不正解です.神奈川県には江ノ島(正確には江の島)はありますが,その周辺の海岸は湘南海岸であって江ノ島海岸という名称ではありません.おそらく周辺に江ノ島水族館とか江ノ島電鉄とか、「江ノ島~」を頭に着けたモノが多いことからくる誤解だと思われます.

 で,正解はというと北海道.札幌や小樽から積丹半島をはさんで反対側,渡島半島の付け根部分に位置する島牧村にそれはあります.

Img_3113

 その名もズバリ「江ノ島海岸」,実は日本の渚100選にも選ばれている,その筋では有名な海岸なのです.

P6251039  今回学会でわざわざ北海道まで来たんですから,終わってすぐ帰るなんてもったいないことはしません.最終日の帰りの飛行機は夜9時発を購入したこともあり,半日は十分に北海道を堪能できます.ということでかねてから行ってみたかった江ノ島海岸にやってきました.

 ここの海岸はいわゆる南国系の白砂ではなく,玉砂利で構成された北方系の海岸です.残念ながら時おり小雨の降る曇り空ということで,絶景の海岸という雰囲気ではありませんでしたが,晴れていたらきっと素晴らしいんだろうなと想像を膨らませてみました(笑).この日はほとんど人影がありませんでしたが,真夏には海水浴やキャンプ,さらには釣りを楽しむ人で賑わうんだそうです.

P6251044  江ノ島海岸の近くには「よってけ!島牧」という名の道の駅があります.地元の物産品の販売のほか,レストランでは生簀にいる魚介類をその場で焼いて食べるバーベキューが人気です.すごく惹かれたんですが,自分の場合魚介のバーベキューを食べてアルコールが無いのは逆に拷問のため(この日はレンタカー利用),諦めて地物のフノリ入り蕎麦にしました(こちらも美味しかったです).

P6251055 P6251056 (写真左) フノリ入り蕎麦,(同右) レストランから見える海辺の原生花園

 食事の後は,島牧村にやって来たもう一つの目的である賀老の滝へ.ここももちろん日本の滝100選に入っている滝です.道の駅近くから細い道を内陸に入っていきます.

P6251047  狭い道で一部すれ違いが難しそうなところもありますが,幸い対向車の姿はほとんどありませんでした.

 どんどん山奥に入っていくと,賀老の滝を示す案内板を発見,そのままさらに進んでいきます.

P6251049 P6251050  そのままさらに進んでいったんですが…

P6251051  き,霧が… ( ̄▽ ̄)

 しかも進むにつれてどんどん濃くなっていきます.なんとか滝に向かう駐車場にたどり着いたんですが(駐車場から滝の展望台までは徒歩10分程度らしい),先が見えないほどの霧です.ヒグマも生息しているらしいこんな山奥,周囲が見えないとクマに遭遇する確率も上がるでしょうし,仮に辿り着いても滝は見えそうにありません.残念ですがこの日は断念することにしました.

P6251052 P6251053 (写真左) 駐車場の案内板,(同右) 滝に向かう遊歩道ですが,ご覧のような霧です(泣).

 滝を見ることはできませんでしたが,「道の駅のバーベキューといい,またここに来る大義名分ができたのだからいいとするか」と例によってポジティブに考えることにしたのでした.その後は洞爺湖から支笏湖を抜けて空港に向かいます.洞爺湖ではちょうど自分の学会と同じ日程でマンガ・アニメフェスタが開催されていたようで,大勢のレイヤーさんが歩いていました.

 空港に帰着後は時間があったので空港内の居酒屋さんへ.北海道の食を堪能したのはいうまでもありません.

Img_3119 19399663_1361216290642399_229123151 こうして金曜日の演奏会から始まった怒涛の週末が終わったのでした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

6月になりました

 みなさんこんにちは,気が付いたら6月になっていました.

 5月はGW後のひのパレがあって,それ以降は日常業務に追い回される生活となっていました(このため5月後半の記事がほとんどない 泣).そうこうしているうちに6月に突入したわけです.

 6月はまず最初の週末に所属している医師会合唱団の合宿があり,中旬の14日には恒例の能代寮歌イベントが,後半の23日(金)には東京21合唱団のコンサートがあるなど趣味方面のイベントが目白押しです.これに学会や出張も加わるので,今月の移動距離は果たしてどれほどになるのやら… と想像しているのでした.

 そんな6月の直前,5月の末はウチのKの誕生日祝いということで横浜ベイシェラトンの28階のレストランでバースデーディナーと洒落こんできました(笑).

 この日のメニューは”港”というコース,アミューズ・前菜から始まってお魚,お肉と進んでいきます.ワインはブルゴーニュの赤ワインをいただきました.

Dsc_1557_2 (写真1) アミューズ,真ん中のがグ〇コカプリコみたいな感じでよかった

Dsc_1559_2 (写真2) 前菜「魚介と野菜のテリーヌキャビア添えサフラン風味のムースリーヌソース

Dsc_1561_2(写真3) 冷製スープ「雲丹のババロアとホワイトアスパラのクリーム」

Dsc_0278_2 (写真4) メインお魚「カマスのロールとスカンピのポワレ」

Dsc_1566_2 (写真5) メインの肉「黒毛和牛サーロインのコンフィ」

 途中にはもちろんパンも出てきます.これがまた美味しいんですが,調子に乗って食べているとメインの料理が入らなくなってしまう危険性があるのでセーブしながらいただきました.

Dsc_0275_2  せっかくなので記念撮影も (^.^).普段は寿司など和食メインが多いので,本格的なフレンチは久しぶりでした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

日常に戻って

 さて,GW~ひのパレという毎年の流れが一段落し,普通の日常が戻ってきました.自分的には今月はもう大きなイベントはありません(来月になれば能代寮歌や合唱団のコンサート,さらには学会など立て続けに入ってくるが).

 というわけでこれから先は通常業務がメインになってくるわけですが,気が付いたら11月に行われる学会の演題登録の締め切りが来週に迫っていました💦.ネタは用意できているのであとはそれを抄録にまとめるだけなんですが,この週末に一気にやりたいと思います.

 そんな週末の金曜日は隣県の沼津市に泊まり込みの出張で来ています.夕食も出るんですが,いつも健康的な(笑)食事だけだと飽きるので,駅前のモスに入りました.

Dsc_1546  注文したのは定番のモスチーズバーガー(とクラムチャウダー).他にも興味のあるメニューはあるんですが,吉野家に入ると牛丼を注文するのと同じで,結局はこれに落ち着いてしまいます.久しぶりでしたが美味しかったです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

記念の日

 今日は5月11日,実は当ブログにとっては非常に大切な日である.

 まずは,ブログ名にもなっているビザンチン帝国の都コンスタンティノープル(現イスタンブール)の開都記念日であることだ.古代ローマ帝国の都はもちろんローマ市だったわけだが,3世紀以降産業の衰退が激しく,街には無産市民や無能な元老院が跋扈しているありさまで,まともな政治が行える環境ではなくなっていた(それどころか下手にこの街にいると政争に巻き込まれて殺される恐れもあり,まともな皇帝はローマに寄り付こうとはしなくなった).一方でこの頃から東方に勃興してきた大国(パルチア王国,ササン朝ペルシャ帝国)に対応するためにも,ローマよりももっと東側に新しい都が望まれていた.

 この時に白羽の矢が立ったのが,ビザンチウム(ビザンチオン)と呼ばれるバルカン半島の南東部,ボスポラス海峡に面した港町である.この街は金角湾という良港を備えるほか,3方を海に囲まれた要害の地でもあり,東方ににらみを利かせる新首都として相応しいと考えられたのからある.折しもディオクレティアヌス帝亡き後の後継者争いに勝利したコンスタンティヌス1世が正式にこの街を新首都とし,その開都式を行ったのが330年5月11日なのである.

Isutanbul22_015 Istanbul1_233 (左写真1) 幼子と聖母マリアに捧げものをするコンスタンティヌス1世(右)とユスティニアヌス1世(左),(右同2) イスタンブールの象徴アヤ・ソフィア(聖ソフィア大聖堂) ともに2009年9月訪問

 続いては同じくビザンチン帝国の話題.ローマ帝国は395年のテオドシウス帝の死後完全に東西に分裂したが,西の帝国の衰退は激しく476年に滅亡する.その旧領はゲルマン人諸部族が群雄割拠する土地となったが,その失われた領土を回復したのが6世紀のビザンチン皇帝ユスティニアヌス1世である.彼の時代帝国は領土的な最盛期を現出した(ただし経済面を含めた全盛期は10世紀末~11世紀初頭のマケドニア朝といわれる).そんなユスティニアヌスが生まれたのが483年5月11日のことである.

 そして3つ目は新選組関係の話題,近藤勇や沖田総司とともに新選組でもっとも有名な人物の1人である土方歳三が函館で戦死した日である.慶応四年(1868年)正月の鳥羽伏見の戦いに始まる戊辰戦争は,その後の上野戦争や会津戦争等を経て,翌明治二年の箱館戦争に至る.この間新選組は佐幕派勢力として常に闘い続けてきたが,土方歳三もまた彼らとともに戦いこの箱館までやってきていた.しかしながら新政府軍の攻勢の前に形勢不利となり,5月11日一本木関門付近の戦いにて戦死したとされている(弁天台場に立てこもっていた新選組は5月14日に,五稜郭の本隊は5月18日に降伏した).

Hiji3 Hiji2 (左写真3) 現在の一本木関門,(右同4) 同地にある土方歳三の碑(ともに2007年4月訪問)

 このように5月11日はビザンチン帝国と新選組を愛好する当ブログにとって非常に重要な日なのである.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

5月になりました

18157862_1304618019635560_1816317_2  いよいよ今日から5月です.数日前までは涼しいというよりも寒いくらいの日もあったんですが,昨日あたりから一気に気温が上がり,30℃超えの真夏日だったところもあったようです.世間的にはゴールデンウィークの開幕で,人によっては9連休などという人もいるようですが,自分は基本的に暦通り,しかも途中に当直が挟まっているために長期の連休とはなりません.

 そんな5月は例年だと公私ともにイベントの多い月です.本業関係だとメインの神経学会の学術大会があるのが5月なんですが,こちらは今年国際学会とのタイアップとなっているために5月ではなく,9月開催のため今月はありません.その他温泉気候物理医学会の学術大会も今年は6月になっており,本業関係は地方会や小規模な学術講演会のみということになります.

 一方で趣味関係だと月末に他団体のコンサートへの賛助出演もあるんですが,なんといってもメインは13~14日に行われる,ひの新選組まつりでしょう.今年で第20回の節目を迎えるお祭りです.初参加の第9回(2006年)以来毎年参加し続けている春のビッグイベントです.その新選組まつりの参加要項が先週届いていました.

Img_2985  今年は昨年に引き続き,新選組と出会った人々枠で参加します.役は以前ここでふれたように長州藩士高杉晋作です.佐幕派で会津&新選組びいきの自分がよりによって討幕派の急先鋒的な高杉晋作なんて!自分でも信じられないんですが(笑),別にこれは希望してなったわけではなく,何の希望も書かずに申し込んだらこうなったというのが正解です(笑).

 今年のパレードの募集にあたっては,出会った人々枠には希望を書く欄に加えて,その役柄に対する思いを作文にする趣向も盛り込まれていました.サンナンさんとか鉄之助といった例年人気の役柄などでは,その思いも選考対象になるんだろうなと思ったんですが,基本めんどくさがりの自分は作文を書くようなガッツはなく,特に希望無しで申し込んだというわけです.ただ裏を返すと,仮に高杉晋作に関して熱い作文を書いて応募した人がいれば,そちらが選ばれていただろうことから,そこまで熱い高杉希望者はいなかったと思われます.その点はさすが新選組まつりという気がします.

Img_2984  その他昨年もそうだったんですが,パレード終了後はすみやかに着替えてくださいという記載も見られます.これも昨年書いたんですが,想像するにパレードで盛り上がってしまい時間が経つのも忘れて写真を撮ったりして過ごす方がいたんだろうと思われます.それだけ盛り上がれるお祭りだということですが,今年も楽しみであります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧