2021年6月14日 (月)

梅雨入り

Fb92  気象庁は14日,関東甲信が梅雨入りしたらしいと発表しました.

 関東甲信が梅雨入り 平年より7日遅く

 今年は西日本で梅雨入りが早く、東海以西ではすでに5月16日には梅雨入りとなっており,関東は約1か月遅れとなったわけです.先週の尾瀬旅行を計画したときに「梅雨入りに当たったらいやだな」と思っていたんですが,自分が旅行から帰ってきた直後に梅雨入りするとは,持ってるな自分、と思ったのでした.

 これからしばらく鬱陶しい天気が続くのでしょうか.

| | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

爽やかな気候

 6月に入ってはや一週間が経過しました.最近更新頻度が落ちているのは、要するに日常に変化がなさ過ぎて書くことがないからでもあります(笑).

 6月といえば梅雨時です.今年は沖縄や九州地方から近畿,東海など南や西の方は梅雨入りが早かったんですが(5月半ばには梅雨入りした)、関東や東北など東日本・北日本ではまだです.当初は西日本に引き続き5月中の梅雨入りも予想されていましたが、その後は雨が降っても長続きしない天気が続き,梅雨入りしそうでしない感じになっています.週間予報を見ても今日を含めて今週は良い天気が続く模様です(一方日曜日ごろからは雨模様が続くようなので,その辺で梅雨入りするのかもしれません).

 梅雨入り前の好天は大陸からの移動性高気圧によりもたらされます.この高気圧は程よい温度で乾燥した高気圧なので,夏の高気圧と異なり,いわゆる爽やかな陽気をもたらします.

 今日も当地は朝から爽やかな気候となっており,まさに新緑の春という言葉がぴったりします.

Dsc_1732 Dsc_1734

| | コメント (0)

2021年6月 2日 (水)

6月になりました

 気が付けば6月になりました.「祝日が1日もなく,夏休みや冬休みとも関係がない1年でもっとも嫌な月」と言ったのはドラえもんののび太君ですが,まあ梅雨時で天気もイマイチなので気持ち的には賛同できる部分もあります.一方で今月が終われば2021年も半分が過ぎた計算になりますから時間の流れの速さも実感します(今年はコロナ禍なので余計に時間の速さを感じる).

 そんな6月ですが,以前ここでも予告した通り私のホームページの掲示板が従来のプレミアム版から無料版にダウングレードしました.

Keiji

 無料版になると広告が掲載されてちょっと見づらくなるんですが,元々訪問者の少ない秘境掲示板なので全く問題にならないだろうと思います.

 今月は尾瀬への旅行のほか,ホームページ本編の作成に力を入れようと思っているのでした.

| | コメント (0)

2021年5月29日 (土)

緊急事態宣言の延長を受けて

 昨夜政府は東京,大阪など9都道府県に発出されていた緊急事態宣言を6月20日まで延長することを正式に決定しました.沖縄を除く8都道府県の期限が5月31日だったものを,一番最後に発出された沖縄県の期限である6月20日に合わせた形です.それらの自治体の状況を見るとまあ仕方ないなという気がします(沖縄に6月20日期限で出された時に,これは他もそこまで合わせて延長させる布石だろうと思っていた).

 で,この決定を受けて6月上旬に計画していた北海道離島旅行を中止することにしました.

 毎年夏季休暇に旅行に出かけている私です.2019年までは19年連続で海外に繰り出していましたが,昨年はコロナで海外が封印されたため小笠原諸島に行きました.今年も海外は無理なので,普段ならなかなか行く決意をしないところにしようと思い,北海道の礼文島にレブンアツモリソウを見に行こうと計画しました.しかし5月16日に北海道に緊急事態宣言が出たことを受け,礼文町からは宣言期間中の観光目的などの不要不急の来島を自粛するよう要請がありました.また期間中レブンアツモリソウ群生地も閉鎖する旨が告知されました.6月1日以降は未定となっていましたが,宣言の延長を受けこの措置が継続されることは明確です.仮に訪問してもレブンアツモリソウは見られないわけで,これは今回は辞めろという天の声と思った次第です.

 *6月1日追記 5月31日礼文町から、レブンアツモリソウ群生地を6月1日から一般開放するというアナウンスが出ました(不要不急の自粛要請は続くようですが、不要不急でないレブンアツモリソウ鑑賞はできるもよう…)

 ただ,休むことを前提にして準備してきたこともあり(私が外来を休診することで休める職員もいる),今更休暇を全部取り消すのも申し訳ないため,当初よりも短縮して休暇はとることにしました.そして北海道の離島に代わって候補地になっているのが尾瀬です.

5d3_40551012x674  尾瀬は群馬・福島・新潟の3県にまたがっている湿原地帯,歌曲「夏の思い出」に描かれるなど有名な場所です.とはいえ交通アクセスに難があるため,これまで真面目に訪問したことがありませんでした.せっかくだから,今回行ってみたいなと思った次第です.実は当地は今,水芭蕉の季節です(夏の思い出とはいうものの,水芭蕉は春の植物です).今回はせっかく行くので,山小屋に宿泊して湿原の水芭蕉のほかに日本の滝100選になっている三条の滝も訪問したいと考えています(尾瀬は土地には結構混むらしいですが,今回は人の少ない平日に行ってきます).

 *写真はフリー素材から持ってきました.

| | コメント (0)

2021年5月27日 (木)

ノートPCを買い換えました

 仕事や何やらで使うノートパソコン,近年はタブレットが進化していることもあり、webの閲覧やメール程度ならタブレットで十分なんですが,仕事上のプレゼンの作成なんかはマウス操作のPCの方が使い勝手がいい場面が多く,いまだに置き換わるには至っていません.そんなPCですが,特に自分の場合ポータビリティーが非常に重要なため,購入するのはいわゆるウルトラブックというジャンルのものになります.

 とはいえピカピカの新品を購入して喜んでいたのは昔の話、最近ではPCは消耗品であると割り切ったため、数年おきに中古品を買いつなぐ生活になっています.前回購入したのはNECのVersaPro VG-G,これは2018年4月にそれまで使っていた東芝のDynabook R632が突然死してしまったことを受けて急遽購入した中古品です.特に不具合もなく使い続けてきたんですが,粗雑な扱いが災いしたのか液晶画面にヒビが入ってしまいそれが広がってきました.視野がさえぎられるシーンも多くなってきたため,いよいよダメになる前に新しいのに乗り換えることを決意、今日新しいのが到着しました.

 今回購入したのは富士通のLIFEBOOK U938(中古),サイズは13.3型とこれまで使っていたものと変わりません.さっそくセットアップや必要なソフトのインストール等を行いました.かつては新品で買えば20万円くらいしたウルトラブックも今は中古なら数万円ですからいい時代です(どうでもいいですが,これまでの自分のノートPCって SONY → TOSHIBA → NEC → FUJITSU って全く脈絡がありません).

Img_7412 Img_7413 左がこれまで使っていたNEC(見事にヒビが入ってます),右が今回買ったFUJITSUです.

| | コメント (0)

2021年5月26日 (水)

皆既月食

 今日2021年5月26日は日本で皆既月食が見られるということで話題になっていました.皆既月食とはは月に地球の影がかかることにより,月が完全に欠けて見える現象です.太陽-地球-月が一直線上に来ないと起こりえないため,これが見られるのは必然的に満月の夜ということになります(逆に太陽の前面に月が入ることで起こる日食は新月の日に起こる).今回はさらに月が最も地球に近づくためサイズも大きい,スーパームーンと重なったことから注目されていました.

 が,しか~し

 当地は夕方から曇り空,まったく月は見えませんでした😢

 仕方がないので前回2018年1月31日に撮影した皆既月食の写真を載せておきます.ちなみに次回日本で見られるのは2022年11月とのことです.

P1311864 P1311962 写真左は欠けていく途中,右は皆既月食のものです(明るく見えるのは絞りの関係).

| | コメント (0)

2021年5月 4日 (火)

みどりの日

 今日5月4日は「みどりの日」です.日本の祝日に関する法律である祝日法(国民の祝日に関する法律)によると,「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」日であるとされています.

 ただ私の世代の人間ならわかると思うのですが,平成の前半「みどりの日」は4月29日でした.元々昭和時代の天皇誕生日だったこの日が,1989年の昭和天皇の崩御によって天皇誕生日では無くなる際に,新しい祝日として制定されたものです.どうしてわざわざ新祝日を制定したのかというと,4月29日がいわゆるゴールデンウィーク(GW)を構成する日だったため,この日を祝日として残したいという強い世論があったためです.

 これが5月4日に移動したのは,GWの連休を強化するために5月3日(憲法記念日)と5月5日(こどもの日)に挟まれた5月4日を祝日にしたいという思惑と関係があります.みどりの日が制定される少し前,昭和60年に祝日法が改正され祝日と祝日に挟まれた平日は休日(国民の休日)にするという規定ができました.当時は移動祝日がほとんどなかった(春分の日と秋分の日くらい)ため,5月4日を狙った法改正であることは明らかですが,これによってとりあえず5月3~5日の三連休は確定しました.

 しかし国民の休日は他の祝日と異なり仮に日曜日とぶつかっても振替休日にはならないという弱点(?)があり,これをどうにかしたいという声がありました.その結果2005年の法改正で4月29日が「昭和の日」という新しい祝日になり,代わりに5月4日が「みどりの日」となって正式な祝日に昇格したわけです(この法改正により,5月3,4,5日のいずれかが日曜日に当たれば自動的に6日が振替休日になる).

 この結果1985年の法改正で制定された国民の休日は意味をなさなくなったように思われましたが,敬老の日が移動祝日になったために敬老の日と秋分の日が中一日で出現する可能性が出現し,実際に2009年と2015年にそうした休日が発生しています.

Parau-057  みどりの日にちなんで,なにか緑色の写真をと思ったんですが,木々の緑では芸がないので,パラオのロックアイランドにあるロングビーチの空撮画像を挙げます(2012年2月撮影).

| | コメント (0)

2021年5月 2日 (日)

5月になりました

 気が付けば5月になりました.一部では5月病なんていうネガティブな言葉もありますが,五月晴れなんていう言葉もあるように春本番で気分が高揚する季節です.

 例年ならば5月第2週末にひの新選組まつりがあるわけですが,コロナ禍のために昨年に続き中止となっています.そして月の後半には自分がメインとしている学会の学術大会が京都で開催されるので,通常ならば学会参加しつつ空き時間に京都観光を目論んでいましたが,京都府が緊急事態宣言下になってしまったため,こちらもリアル参加は厳しい状況です(4月末段階では,大会本部は現地参加をメインにしつつwebとのハイブリッド開催というスタンスなんですが,果たしてどうなることやら・・・).

 閉塞感が漂う世相ですが,なにか楽しみがないと日々のモチベーションが保てないのも事実,そんな自分のモチベーションを高めるのが夏季休暇です.21世紀に入って以降は夏季休暇=海外旅行となっていましたが,昨年来海外との往来が非現実的になってしまったために2020年は,ある意味普通の海外旅行よりもハードルの高い小笠原諸島に出かけました(小笠原旅行記).その流れで今年はどこにしようかと考えていたんですが(実はこの旅行先を考えるのが,旅行の楽しみの半分を占めるというウワサ),いろいろ考えた結果昨年に続く離島シリーズというわけで,利尻島や礼文島といった北海道の離島に行こうと計画しています.

9784894539525  利尻島と礼文島は北海道最北部の稚内から西へ60キロの日本海に浮かぶ島です.細長く全体に標高の低い礼文島と円形で中央に高い山がある利尻島の組み合わせは,鹿児島県の種子島と屋久島の関係を彷彿させます.自分は過去,学生時代の1984年に礼文島には行ったことがありますが,利尻島は未訪です.どちらも自然景観が素晴らしく海産物に恵まれたところなので,その辺が楽しみです.

 5月といえば,16世紀イギリスの作曲家トーマス・モーリーによる "Now is the month of Maying" というマドリガルの名作があります.自分が活動している団体のひとつである東京マドリガル会でも5月の例会では必ず歌っていた一曲です.

| | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

禁酒法時代か⁈

 この週末,西の方(下関よりも先)に出張に出かけていたんですが,行きは飛行機,帰りは新幹線を利用しました.一人出張で誰とも会話をするわけでもないのでお供はやっぱりお酒です.あらかじめ新幹線に乗り込む博多駅の売店で必要量を買い込んでから乗車,出発しました.

 3時間20分ほどで名古屋駅に到着,ここでひかり号に乗り換えます(のぞみに乗り続けると次は新横浜なので).で,追加のお酒が欲しいなと思い駅ホームの売店を覗いてみたんですが,

 さ,酒類が売っていません・・

 ホームの売店はもちろん,コンコースにある弁当屋さんにもです(゜o゜)

Dsc_1642  よく見たら売店の入り口には「都合により当面の間酒類の販売を見合わせております」との張り紙があります.そういえば名古屋市にはまん延防止等重点措置(いわゆるマンボウ)が出ているのでした.もちろん改札外のコンビニ等には普通に売っているのでしょうが,複数で新幹線を利用する人たちが買って車内で酒盛りするのを防ぐ狙いなんだろうと思います.売ってないと知ると逆に欲しくなるのが人情ですが,そうするとホーム上などで「お兄さん,ビールありますよ.どうですか」などと高値で酒類の購入を進めてくる輩が現れるんじゃないかと心配になります.

 なんか1930年代アメリカの禁酒法時代みたいだなと思ったのでした.

Dsc_1640  ちなみに売店の背後には普通にビールの広告が掲げられています.

| | コメント (0)

2021年4月22日 (木)

新幹線回数券

 出張の際よく利用するのが電車などの公共交通機関です.ただコロナ禍に入った昨年春以降は少しでも感染リスクを軽減するために,近距離の出張には自家用車を利用することが多くなりました.時々出向く隣県の沼津市への出張の場合はちょうど箱根峠を越えていくことになりますが,昨年春の第1回緊急事態宣言の折には峠に「静岡県に来ないでください!」という趣旨の看板がたくさん出ていて,大変申し訳ない気分で通っていたものです.

Img_6376(写真1)昨年第1回の緊急事態宣言が出ていた頃の箱根峠

 一方同地に電車で行く場合は東海道線の普通電車を利用するのが一般的ですが,こちらを出るのが遅くなる場合や早く戻ってこなければならない場合などは新幹線利用になることもあります(新幹線の場合は三島で降りる).

 小田原-沼津の電車賃は770円ですが,新幹線利用の場合は小田原-三島の運賃680円に加えて自由席特急券1,760円の合計2,440円が必要になります(ぶっちゃけ3倍以上).少しでも出費を抑えたいと思うのが人情,そうした場合の強い味方が新幹線自由席回数券でした.これは6枚つづりの3か月間有効な切符で,これだと小田原-三島間が10,560円で1回分が1,760円となり割引率は約28%です.一般にJR東海の新幹線はお得な切符とされる商品でも割引率は低いことが多いので,割引率28%はかなりお得な部類になります.3か月間で6回はほぼ消化できるためこの回数券は重宝しておりました.

 で,先日久しぶりに同地出張の際新幹線を利用することになり,この回数券を買おうと券売機を操作したところ・・

 なんと,小田原-三島の設定が消えていました!

Img_5052_20210423134101 (写真2)今はなき小田原-三島の回数券

 どうやら3月31日に回数券の設定見直しが行われ,小田原駅発の下りは静岡,名古屋のみの設定になったようです(上りは新横浜,東京ともにあり).コロナ禍でJR東海も経営が厳しいのかもしれませんが,お得感の高い切符だっただけに残念です.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧