2017年11月16日 (木)

ボジョレー・ヌーヴォー解禁

Dowddw6uiaay7ajpg_large  今日は11月第3木曜日,世間的にはボジョレー・ヌーヴォー解禁の日です.

 ボジョレー・ヌーヴォーはフランス南東部のボジョレー地方で,その年に採れたガメイ種というブドウを使って短期醸造された赤ワインです.一説によれば,その年のブドウの出来を見るために造られたのが始まりだそうです(昔はそうだったのかもしれないが,近年ではそれ自体が目的化した感がある).

 初ガツオなど初物が好きな日本人の感性にマッチしたのか,日本では非常に人気の高いワインになっています(解禁日の盛り上がりは本国フランスをはるかに上回る他,このボジョレー・ヌーヴォーの輸出先としても日本がダントツなのだそう,はっきりいって業界の陰謀臭がプンプンします(笑).

 バレンタインデーとかホワイトデーといった業界の陰謀には決して嵌るまいと頑張る私ですが,このボジョレー・ヌーヴォーには毎年嵌っています.まあ単純に酒好きだということですが (^^)v

 たたこのお酒,ワインの醍醐味である熟成とかコクとか渋さとかとは無縁で,簡単に言えばあっさりした浅漬けワインです.ムチャクチャ美味しいかといわれると,そこまでのシロモノでもないんですが,あっさり系なので脂っこい料理との相性はいいようです.この日は粗挽きソーセージをお供にいただきました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

10月29日の出来事

 今日は10月29日,先週に引き続き(?)日本列島には台風が近づいていて,各地で強い雨が降っているようです.こんな日は行楽に出かけようという気分にもならないので,逆に絶好の当直日和と言えます(笑).そんな雨降りの日曜日は隣県の病院に出張当直に来ています.

 こうした応援当直は朝から翌朝までの丸一日です.まあ救急外来がない病院なので忙しくはありませんが,一日院内に監禁(笑)されるので,飲み物やおやつなどは事前に用意しなければなりません(小さな病院なので売店はない).というわけで途中セブンイレブンに寄ったんですが,レジで会計をしたらくじを引けといわれました.いわれるままに箱に手を入れ,適当にくじらしきカードをひいて店員に見せたところ,何やら当たったようです (^^)v

Dnri2uvvqaa8okjpg_large

 当たったのはこちら,エッセンシャルシャンプーです(笑).能書きによると,ハネ寝ぐせを抑えるシャンプーだそうです.自分にピッタリじゃないかと感動しました(このシャンプーの定価がわからないんですが,結構上の方の当たりじゃないかと思った).

 そんな10月29日は歴史的に何があったんだろうと調べてみたんですが,モーツァルトの歌劇「ドン・ジョバンニ」がプラハのスタヴォフスケー劇場で初演されたのが今から230年前のこの日だそうです.

 モーツァルトはそれこそ交響曲から協奏曲,歌曲から宗教曲等すべてのジャンルの作品を残していますが,そんな彼が最も力を入れていたのがオペラだと言われています.特にウィーンに移ってから作られた諸作品は人気が高く,今での世界中のオペラハウスで定番のレパートリーとなっています.

 1786年に初演されたフィガロの結婚は,ウィーンではあまりヒットしませんでしたが,当時ハプスブルク帝国の一部だったプラハでは大ヒットとなり,モーツァルトもこの街に呼ばれて大歓迎を受けました.そして,新たに新作オペラをという依頼を受けて作曲されたのがこのドン・ジョバンニです.プラハでの初演は成功を収めたものの,その後各地での評判はイマひとつだったようです.ただその後時代が移るにつれて作品の評価も上がり,現在ではフィガロやコジ・ファン・トゥッテ,魔笛と並ぶ人気作品となっています.

 ついでに,その他の10月29日としては第一次世界大戦によるオスマン帝国の崩壊による混乱のなか,アンカラに成立したケマル・アタチュルクに指導された政権がトルコ共和国の建国を宣言した日ともなっています.

 そんな歴史にも思いを馳せている2017年10月29日でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

近況報告

 10月に入って更新が滞っていたこともあり,頑張って連日更新していた日々もありましたが,気が付いたらまた1週間近く空いてしまいました(汗).衆議院選挙と台風21号があった週末を経て,今週は日常業務や当直などが副業(笑)が頻繁に入り忙しくしていました.

 この間10月25日は沼津市の病院の応援当直に行ってたんですが,明けた26日窓からは冠雪した富士山の姿が!

22814091_1505418559555504_310444556  前日は曇りで気づかなかったんですが,この日の夜のうちに冠雪した模様です.実はこれが初冠雪だったらしいと知ったのは,自分の職場に戻った後のことでした(笑).

 この出張先の病院では,月末に迫ったハロウィーン飾りも出ていたんですが,一連の飾りの中で自分のハートを鷲掴みしたのがこちら!

Dnlrpqcuqaabswkjpg_large Dnlrv72u8aasonyjpg_large  ジャック・オー・ランタンを意識しているんだとは思いますが,どう見ても「なめこ栽培キット」の”まさる”にしか見えませんでした ( ;∀;).

 そんな活動をしている10月末でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

選挙と台風

 今日2017年10月22日は衆議院総選挙の日,直接民主制を採用していないわが国では国民が国政に関与する極めて貴重な機会です.今後の我が国のかじ取りをどのような人たちに任せるべきなのか,一人一人が判断し悔いのない投票行動を取ってもらいたいものです.

 一方で今日は台風21号接近のニュースも流れています.

 関東上陸「史上最強クラス」23日未明から明け方に 300ミリは都心の1カ月分超

 超大型で非常に強い台風が日本列島の南岸を北上中で,予報によれば明日の未明に関東地方に上陸する可能性があるのだそうです.今現在(夕方5時)当地は風もなく朝から降り続いていた雨も一段落していますが,今夜からまた雨脚が強まる可能性があるようです.今夜は選挙速報もありますが,台風関係のニュースにも注意する必要があるようです.

 そんな10月22日は自分は朝から当直です.台風で行楽とは縁遠い今日はまさに当直日和,なんたって台風の影響が一番出そうな明日朝の出勤の必要がないんですから(笑).業務の合間に来月の学会の準備もしようと思ったのでした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

金銭入試

 世に裏口入学という言葉がある.これは正規の試験では合格がおぼつかない生徒(とその保護者)が,学校関係者とのコネやお金の力などを使って入学することを指す用語である.

 一般には裏口入学という言葉はネガティブな意味で使われる.それは,学校側が公表している入学者選抜方法とは異なるやり方,すなわち不正な方法による入学であるということと,こうした際に動くお金が大学の正規の会計には乗らず,あっせん者や学校関係者の闇マネーとなるからだと思われる.最近ではどうなのかはわからないが,特に保護者が自分の子弟を何としても入学させたいという動機が強い,私立医学部などではかつてこの手の入学はあったとされている.

 ちなみに自分が現役だった頃の医学部入試はほぼペーパー試験がすべてだった(面接や小論文を課する大学もあったがウエイトは大きくない).しかし近年では,AO入試とか地域枠の推薦入試学士入学制度など学力試験絶対ではない入試枠も存在している.であるならば,多額の寄付金の納付を前提とした入試枠があってもいいんじゃないだろうか.すなわち金銭枠入試である.

 先に出した裏口入学が問題なのは,大学が公表している選抜方法と異なることが理由だ.であるならば,あらかじめ定員の一部を規定の金額を納付することを条件に選抜すると公表していれば,そうした入試があっても良いことになる.

 こういうことを言うと,「金持ち優遇だ!,不公平だ!」という声が聞こえてきそうだ.だが,待ってほしい,不公平というなら地域枠だって不公平だ.これは特に地方の医師定着率の悪さが背景にあるのだが,特定地域出身の生徒を特別枠で優遇することは,他の生徒にとっては不公平そのものである(おまけに地域枠で入学した生徒が100%その地域で働いてくれる保証はない).地域枠がありなら,金銭枠があったっていいだろう.特に近年は国立大学でも独法化されて財政が厳しいのである.お金をたくさん払ってくれる保護者は有難い存在だ(裏口入学と違って,この金銭枠で得られた収入はすべて大学の会計に組み込まれる).

 もちろんこの金銭枠,「お金を払う=合格」という意味ではない.いくらお金を積んだとしても,大学の授業についていける基礎学力のない生徒は入学させるべきではない.特に医学部は修業年限6年と長い上に,最後は国家試験という学力以外に頼ることができない関門が待っている.入学段階で,明らかにそれにパスできそうもない生徒を入学させることは,その生徒や保護者にとっても不幸なことである(医学部は順調に進級しても卒業段階で24歳になる.途中で留年などをすると30歳近くになってしまうこともあり,その段階で進路変更というのも酷である).

 すなわち金銭枠とは言っても当然学科試験は行われるのであり,枠以上の応募があった場合の選考は学科試験の成績で決まることは言うまでもない(仮に応募者が定数以下の場合でも大学の設定した最低点をクリアしていないと入学は許可しない).この制度のメリットは一般枠に比べると合格最低点が低くなることにあり,大学の授業についていけるだけの学力はあるものの,一般枠での合格最低点に届かない生徒を金銭で救済するのが主眼である.もちろん入学後は一般枠・地域枠・金銭枠といった区別は全くなく,授業や試験によって進級・留年が決まっていくことになる.

 そんな入試制度もあっていいんじゃないかと思ってみた.もっとも自分が高校生の頃にこの制度があったとしても,当時の実家の経済状況から金銭枠での入学など夢のまた夢だったのは言うまでもない(それどころか私立の医学部自体が考えられなかったからなぁ 笑).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

10月になりました

 みなさんこんにちは,ものすごく久しぶりの更新になってしまいました.最後の投稿が9月30日でしたから,ほぼ半月ぶりということになります.この間いろんなことがあって走り回っていたというのが実際のところです.これから少しずつ最近の出来事をアップしていきたいと思います.

 10月に入って最初の頃はまだ温かく,残暑が続いていましたが今週に入ったころから急に冷えてきました.秋を通り越して初冬のイメージです.この気温の変動で周囲には風邪をひいてしまった人もいるようです.

Img_3271  そんな寒い時期には鍋だろう (^^♪ ということで,今シーズン初のきりたんぽ鍋になりました.もちろんお酒も一緒なのはいうまでもありません(笑).

 ちなみに10月最初のイベントは1日(日曜日)に市内で開催された「認知症をにんちしようイベント」でした.これは行政が主催して行われたもので,高齢化に伴い大きな問題となっている認知症について,様々な方面から取り組んでいる市民への啓蒙イベントです.自分にとっても専門領域の話題なんですが,今回はそうした医学的側面からの参加ではなく,所属している医師会合唱団としての参加でした.演奏曲は先月の定演でやった作品の一部で,特に歌謡曲は大ウケでした (^^)v

Img_3266 Img_3268  諸事情で夏季休暇の旅行は延期になってしまいましたが(笑),元気に活動している10月でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

9月が終わります

 昨日あたりから朝夕めっきり冷え込んできた感のある当地ですが,気が付いたら今日は9月30日,月末になってしまいました.

22007650_1474482679315759_657019525 (写真1) 通勤途中にある栗の木.いい感じになってきています.

 毎年8月は大きな活動がなく,9月に本格的な活動に入る年の多い自分です.しかし今年は当初9月24日~30日の日程で予定していたアイスランド旅行が催行中止となってしまいそこがぽっかりと空いた形に.さらには毎年9月の定番イベントだったしながわ宿場まつりは,旅行と日程が被っていたために申し込みをせず,さらには旅行の中止が判明した時点ですでに申し込み期限が過ぎていたことから参加できませんでした(結局悔しいのでこの日は当直にした 笑).気が付けば9月の大きな楽しいイベントって医師会合唱団の定期演奏会くらいしかなかったなぁと思ったのでした(8月は中央寮歌祭しかなかったし…).何はともあれ,10月以降は活発に活動していこうと思います.

Img_0 (写真2) 2010年秋に二期会オペラのプログラム

 ちなみに9月30日というのはモーツァルトの歌劇「魔笛」が初演された日なのだそうです.モーツァルト最後のオペラ作品となった魔笛は1791年9月30日にウィーンのヴィーデン劇場で初演され大成功を収めました(モーツァルトのライバル?とされるサリエリもこの初演に駆けつけ大いに賞賛したとされています).現在でも世界中の歌劇場で上演される重要なレパートリーですが,個人的にはウルトラマンで知られる故・実相寺昭雄さんの演出が好きだったりします(ウルトラマン世代だからというのもある).2010年に二期会で再演されて以来,見ないんですがぜひどこかでやって欲しいものです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

お久しぶりです

 久しぶりの投稿となりました.最後が9月6日の肉の記事でしたからまさに10日ぶりということになります.実はこの間,当直やら出張やらその他会議やらなにやらで夜家にいないという生活が続いていたためです.昨夜は本当に久しぶりに家での夕食となりました(笑).

 その間いろんなことがあったんですが,まずは10月に予定していた南アフリカ旅行が延期になりました… (泣).今年の夏季休暇旅行は最初の9月予定のアイスランドが中止になったことで味噌が付いてしまってるんですが,再びのご破算ということで,もうどうにでもなれという感じです.ただ,どこにも行かないというのは悔しすぎるので,時期をずらしてでも出かけようと決意を新たにしているのでした.

Jaka (写真1) ジャカランダの並木,本当はこういう景色を見るはずだった… 

 その他九州方面衣出張に行っていたため,現地でラーメンや魚介類を食べたりしていたので食的には充実していたとも言えます.

 あとは,来月に行われる小田原市合唱祭の打ち合わせ会がありました.先月に引き続いての会合ですが,今回も人間模様が観察できて面白かったです(プログラム作製にかかる経費を,各団体登録団員1名あたり200円負担する決まりになっているのですが,ある団体が「ウチの団では1名の休団者が出たのでその分負担金を減らしてもらえるのでしょうか」という質問が出たときには笑ってしまいました.メンバーの微妙な増減はどこの団でもあるだろうに…).

 そんな感じで9月の中旬を迎えております.明日は14時から小田原市民会館で,第9回小田原医師会合唱団定期演奏会に参加します.台風の接近が気がかりですが,なんとか頑張っていきたいと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

9月になりました

 一昨日から急に気温が下がって来た当地,もう秋だなぁと感慨にふけっていたら,9月に入っていました.例年8月はあまり活動しない反動でやたら活動的になる9月ですが,今年は休暇が10月になってしまった関係もあり,9月もイベントとしては医師会合唱団の定期演奏会くらいしかありません.

 そんな9月初めですが,長年使っていた札入れがいよいよダメになってきました.

P9020013_2  自分の場合,札入れと小銭入れの両持ちを基本にしていて,小銭入れに小銭とメインのクレジットカード1枚を,札入れにお札とその他のカード類を入れて持ち歩いています.長財布にしないのは上着の内ポケットにスムーズに収納できるからです.

 で,この札入れ,10年位前にクレジットカードのポイントで入手したものです(腕時計といいカードのポイントばっかりじゃないかというウワサ 笑).外観上は特に問題なさそうに見えますが,

P9020012  収納部分の皮の劣化が著しく,皮が剥がれて入れておいたカード類にこびりついて酷い状態になってしまうのです.

 さすがに限界だろうと諦めて処分することにしました.新しい札入れを入手するまでは,別に所有していた長財布で代用することにします.

 昨夜は沼津の泊り出張だったんですが,朝雲の上に頭を出した富士山が見えました.まさに歌の通りだなと思ったのでした.

Img_3237

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

富士総合火力演習

Img169  お盆を過ぎて,そろそろ秋の気配かな,なんて思っていたら逆に暑くなってきた印象のある当地です.そんな暑かった昨日,陸上自衛隊の富士総合火力演習(総火演)に行ってきました.

 もっとも総火演の本番はあさって,8月27日(日)になります.この日に行われたのは総火演の予行,いわばリハーサルということです.ただ予行とはいえ,行われるプログラムは本番と同じです.今回は縁あってチケットが手に入ったので知人らといってきました.

Dsc_0053(写真2) チケットと駐車券

 ただこのイベント,観覧するブロックは決まっているものの,基本的に自由席なので,良い席はお早めにということで自宅発はなんと!朝3時(笑). 県境を越えて,静岡県に入り駐車場として指定されている海苔川駐車場に向かいます.4時過ぎに到着しましたが,すでに20台くらいの車列ができていました(ナンバーも全国様々).

P8240004 (写真3) 駐車場開場待ちの車列

 待つこと2時間近く,6時になりようやく開門,駐車場に車を置いてシャトルバスで会場に向かいます.会場にはすでにたくさんの人が来ていて長蛇の列でしたが,我々もなんとかEブロックのスタンド席を確保できました(総火演にはスタンド席と地べたにシートが敷かれたシート席があって,高い位置から観覧できるスタンド席の方が人気がある).

P8240183 (写真4) 富士山がきれいです

 この段階で朝8時,駐車場に到着から4時間経っています(汗).演習は10時からですが,この時間帯はその演習の演習が行われていました.各種自走砲やヘリなども登場していて早くもテンションが上がります.

 その後演習が行われる広場の整備を行いつつ,9時頃からは音楽隊による演奏と続きます.そして10時いよいよ演習の開始です.演習は陸上自衛隊の装備品を紹介する前段演習と,日本の島嶼部に侵入し上陸した敵を撃破することを想定した後段演習とで構成されます.この演習の肝は普段は見ることのない実弾射撃が見られることにあります.

P8240266_2 P8240287 (左写真5) 各種榴弾砲の射撃,(右同6) 弾着

 各種榴弾砲や迫撃砲もすごかったんですが,なんといっても初速の速い戦車砲の迫力は別格で,予告されてから発射するのでイイんですが,不意に撃たれたらショックで倒れる人が出るんじゃないかと思いました(今回実感したのは,砲身から炎が見えた直後に衝撃波を感じ,少し遅れてドーンという爆発音が聞こえること.昔物理で習った,速度は光>衝撃波>音であることを実体験できた).

Sensha3 (写真7) 90式戦車

Sensha4 (写真8) 10式戦車の射撃

Sensha6_2 (写真9) 74式戦車の射撃

 また今年は総火演初登場の機動戦闘車(MCV)と水陸両用車(AAV)の機動展示もありました.

P8240615P8240620(左写真10) 機動戦闘車,(右同11) 水陸両用車

 今回はウユニ塩湖に行く際に購入したミラーレス一眼を使って撮ったんですが,あとで写真を確認したところ気が付いたポイントがありました.それは,迫撃砲だと砲身から出た火焔が納まるくらいの段階でようやく砲弾が飛び出してくるのに対して,初速が圧倒的に速い戦車砲だと火焔が出た段階ですでに砲弾はかなりの距離を飛んでいるということでした.

P8240340P8240341 P8240342 (写真12,13,14) 迫撃砲弾は火焔が収束したのち飛び出す.

Sensha2 (写真15) 10式戦車の砲弾は火焔が出た段階でもうこんなに飛んでいる(方角から見て左の戦車の砲弾です)

 後段演習ではF2戦闘機も登場したんですが,かなり低い位置を飛行していて爆音が凄かったです(毎年来ている方が,「こんなに低空飛ぶのは見たことない」とおっしゃってました).

 演習終了後は装備品の展示です.どの装備品もたくさんの人だかりができていました(笑).

P8240740 P8240756 (左写真16) 74式戦車と記念撮影,(右同17) 87式偵察警戒車の砲塔って昔の九七式中戦車改の砲塔になんか似てる

 演習中オートバイに乗った偵察隊が飛ぶジャンプ台があるんですが,その下に並ぶのがこちら

P8240780  これは隊員の安全を祈願するお守りのようなものなんだそうです.

 装備品展示も14時には終了,シャトルバスと車を乗り換えて帰宅の途に就いたのでした(充実した一日だった).

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧