2017年4月23日 (日)

この週末は

 先日の九州の記事で温かくなり冷房が欲しいと書いたんですが,その舌の根も乾かぬうちに暖房が欲しい寒い日々に逆戻りした当地です(笑). そんな4月中旬の週末は,ウチのKが活躍するイベントが2つあったので応援がてら出かけていました.

Dsc_1467  その1は4月22日(土)午後に開催された「マーラマポノ フラショー&講演会」,これは市内で循環器科の開業医をされているドクターがやっているフラスタジオが主催して行われたショー&講演会,縁あってウチのKも参加しています.ちなみにマーラマポノ(malama pono)とはハワイの言葉で「お元気で」とか「お大事に」とかいう意味だそうです.

 前半はフラダンスのショー,ハワイ各島のイメージカラーを身に着けて様々な踊りと歌が披露されました(途中で花がばらけるというアクシデントも…).一転して後半はヒプノセラピー(催眠療法)に関する講演,講師はヒプノセラピストの中野日出美さんです.こっち方面の話題に自分は明るくないんですが,講演の中で出てきた前世療法という言葉を聞いて,昔の怪獣番組ダイアモンドアイの前世魔人を思い出してしまいました.

Img_2983  そして昨日4月23日(日)の午後はその2,「第55回木の実会&14th KONOMIKAI PartⅡ 声楽演奏会」です.こちらは合唱&声楽指導者の桑原妙子先生の門下生が日ごろの鍛錬の成果を発表する場としての演奏会です.昨年の今頃も記事にしたんですが,元々は学生の部である木の実会と大人の部であるKONOMIKAIという2つの発表会が別々にあったのが,数年前から合同で開催されるようになったという経緯があるそうです.

 私も所属している小田原医師会合唱団の指揮者の先生やウチのKを始め,団内にも師事している人がいるという縁から私も聴きに行っています.今回は学生・大人合わせて21人の方々(プラスプロの方)の発表でした.ウチのKも緊張しながらも頑張っていたと思います.

 で夜はお疲れさん会とばかりに食事に繰り出しました.この日は魚介系,岩手県産の生牡蠣や地物の活アジのお刺身が美味でした (^.^).

Dsc_1469 Dsc_1470

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

ミンナミンC再び

 ウチのKが見つけてきました.

Img_2969  ミンナミンC,世に数あるオロナミンCの類似品の中でも一部で最も有名な商品です.一般のスーパーで見かけることはまずないんですが,ドラッグストアなどでオロナミンCの隣りにひっそりと並んでいることがあります(自分もこのブログ開設当初に記事にしたことがあります ジェネリック医薬品).

 製造しているのはタムラ活性,HPによると資本金1千万円の大阪に本社のある会社のようです.製品としては前述のミンナミンCの他に栄養ドリンクのイソビタンAや医薬部外品のイソビタンAⅡなどがあります.

 とはいえもっとも有名なのがミンナミンCであることは間違いなく,キャッチフレーズは「みんみんみんなのミンナミン」だそうです.

Dsc_1436  自分が以前勤務していた職場近くのドラッグストアで売っていて愛飲していたんですが,今回久しぶりにお目にかかって感動した次第です(味の方はオロナミンCよりも若干酸味が強い印象,これはオロナミンCには入っていないリンゴ酢やガラナエキスのためだそうです).オロナミンCに酷似したデザインも昔のままなんですが,よく見るとミンナミンの左上にの文字が…

 昔からこんな文字あったかな?と思い,古い記事の写真を引っ張って来たんですが,2006年当時は新ではなくNの文字になっていました

P1010009  Nって,もしかしてNEWのこと? だとしたら今の新と同じニュアンス,微妙な違いと言えなんか気になるのでした.

 ちなみにタムラ活性の本社はオロナミンCで有名な大塚製薬の大阪本部からほど近い場所にあるのでした.

Tamura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

4月になって

Dsc_1433  新年度になって1週間が経過しました.この間気温が下がったりして桜前線はやや停滞気味のようです(職場の桜もほとんど咲いていない).

 一方で自分はというと,3月末から当直やらなにやら用事が立て込んでおり,気が付いたら夜家でゆっくり過ごす日がまったくない状態に置かれていました.とはいえ仕事で連日長時間残業をしていたというわけでもなく,宴会や練習もだいぶ入っていましたからそれほどストレスはありません.

 昨夜は職場の幹部職員の歓迎会でした.立食形式でしたが,自分が好きなワインや日本酒がたくさん出たので満足の宴でありました.

Dsc_1430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

原生花園

 寒い週末が明け,久しぶりに陽気が戻ってきました.

Dsc_1419  自分の職場は自然豊かな(笑)ところなんですが,この温かさでいろんな花が一斉に咲き始めました.もちろん花壇として整備されているわけではないので,いうなれば原生花園でしょうか.

 春といえばタンポポです.日本で見られるものとしては在来種である二ホンタンポポと外来種のセイヨウタンポポがありますが,職場付近で見られるのはもっぱら二ホンタンポポです.

Img_2958_2 Img_2960_2  両者を見分ける方法は,花を裏返したときに見える緑色の部分(総苞外片)を見ることです.ここが真っすぐなのが二ホンタンポポ,反りかえっているのがセイヨウタンポポとなります.ここに咲いているの総苞外片が真っすぐですから二ホンタンポポということになります.

 その他職場には桜の木もあります.数年前までは桜並木と称することができるほどたくさんあったんですが,数年前の工事の影響か樹勢が大きく後退してしまいました.それでも残った樹ももちろんあり,こちらはまだ大半がつぼみ状態でした.が,よく見たらわずかに花開いたのもあります.

Dsc_1423 Dsc_1428  そんな爽やかな春の日でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

4月2日

 今日は4月2日,新年度は昨日から始まっているんですが,週末にぶつかっているために実質的に動き始めるのは明日の3日からとなります.

 そんな4月2日は,実は学年が切り替わる日でもあります.すなわち4月2日生まれの子から,次の学年に所属することになるからです(以前の記事でも書いたいわゆる早生まれの最後が4月1日生まれ).普通に考えたら4月1日生まれから次の学年にしてもよさそうなものですが,いったいどういうことでしょうか.

 実はこれには学校教育法と民法の付属法である年齢計算保護者ニ関スル法律という2つの法律が関わっています.すなわち,学校教育法第17条によると,

「保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。」

とあります.一方で後者の年齢計算ニ関スル法律によると,

年齢は出生の日より之を起算す

となっています.この出生の日から起算というのがミソで,これに従うと満一歳になるのは生まれた日から数えて365日目(うるう年だと366日目)ということになり,それは誕生日の前日になります.例えば1966年3月28日生まれの人が満一歳になるのは,翌年の誕生日である1967年3月28日ではなく,その前日1967年3月27日ということになるわけです.同様の理屈で〇年4月1日生まれの子が満六歳になるのは〇+6年3月31日であり,これを学校教育法の規定に当てはめると,この子供が小学校に入学すべきなのは〇+6年3月31日の翌日以降の最初の学年,すなわち翌日から始まる学年(〇+6年度)ということになるわけです.一方で〇年4月2日生まれの子の場合は,満六歳になるのは〇+6年4月1日であり,小学校入学はその翌日以降に始まる学年ですから,ほぼ1年後の〇+7年度ということになる理屈です.

 いうなれば,歳をとる基準が世間の認識(誕生日)と法律の規定とがで違っているために起こる現象というわけです.ちなみに4月1日生まれの著名人に俳優の三船敏郎さん,元プロ野球選手の桑田真澄さんが,4月2日生まれにはミュージシャンの忌野清志郎さんがいます.

 そんなことを考えた4月2日でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

水星が見られる?

 今日は4月1日,日本では年度初めの日ですが,エイプリルフールの日としても知られています.エイプリルフールネタはあちこちで出ているでしょうからこのブログでは取り上げません(笑).

 一方で科学大好き人間の身としては,2017年4月1日は天文学的に興味深い日でした.それは水星の東方最大離角の日に当たっていたことです.

Pixta_22478141_l  水金地火木… で知られるように水星は太陽系の惑星のひとつ,しかも太陽に最も近い星です.大きさ(直径)は地球の3分の1強ですから,月よりもちょっと大きい程度,太陽系の惑星の中では最小です(かつて最小の惑星は冥王星だったんですが,準惑星に降格したため水星が最小になった).

 ただ小さいとはいえ,地球からの距離は木星や土星といった巨大惑星とは桁違いに近く,その明るさは最大で-0.4等星になります.とはいえ,水星の観察は容易ではありません.それは太陽に近すぎるためで,普段は太陽のそばにあるため,その明るさにかき消されて見えないのです(同じ内惑星でも明けの明星,宵の明星として太陽,月に次ぐ明るさの金星とは対照的).水星が観察できるのは太陽から最も離れた頃で,これを最大離角と呼んでいます.この最大離角には太陽の西側に位置していて,地球からだと夜明け前に見える西方最大離角と太陽の東に位置し日没直後に見える東方最大離角があります.このうちの東方最大離角が今日だったわけです.

 西方最大離角と違って夕方に見えるので,早起きしなくてもすむという自分にとっては非常にありがたい日です.以前から楽しみにしていたんですが… 今日は朝から雨,水星はおろか太陽の姿すら拝めませんでした(泣).

 次の水星の最大離角は5月下旬(西方最大離角),早起きして探してみようかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

ビザンチン皇帝の誕生日

Img_360b19ba2cfaf407d02ca95086e37_2  今日3月28日はブログ主ビザンチン皇帝コンスタンチヌス21世の誕生日です.何歳になったのかはさておき,ひとつの区切りの日であることはたしかです(だいぶ昔の同日の記事に天才バカボンのパパと同い年になったと記したのでそこを基準に計算するとわかります 笑).

 誕生日というと,小学校あたりだとクラスでお誕生会みたいなのを開くこともあるんですが,3月は年度末の慌ただしさに春休みもあって,自分のお誕生会が開かれた記憶は全くありません.現代社会なら「差別だ!」と騒がれそうな気がしますが,当時はおおらかだったのか,「まあそんなものか」という程度の認識だったように思います.

 3月下旬生まれといえば,早生まれ中の早生まれです.4月生まれの子とはほぼ1年違います.この時期の1年といえば発育の観点から大違いなため,特に幼稚園から小学校低学年時代は朝礼の並びは前の方で,運動会の徒競走はほぼ確実に最下位でした.早生まれの科学的な不利を知ったのはもっと後のことですから,小学校当時は「どうして自分は他の子より遅いのだろう」と漠然と思っていた記憶があります(なので自然に体育嫌いになり,その反動から読書に走り始めた).

 3月末生まれが不利な点をもう一つ挙げると,高校時代に車の免許が取れないことが挙げられます.大学等に進学する人には関係ないかもしれませんが,高卒で就職する人にとっては卒業時点で免許があるのと無いのとでは就活に影響するんじゃないかと思います.

 一方で有利なんじゃないかと思える点もあります.それは大学受験を17歳で迎えること.ぶっちゃけいうとほかの子よりも1年早く大学受験を経験できるわけで,「たとえ1浪しても4月生まれの現役生と同じになるだけじゃないか」といった精神的な余裕が生まれることが挙げられます.この余裕が功を奏したのか,自分は現役で合格できました(合格発表の日はもちろん,新居を決めた日もまだ17歳でした).

 そんな3月28日生まれ,自分の他にどんな人がいるのかと調べてみると,大相撲解説で有名な北の富士,女優の神田うの,歌手のレディ・ガガがヒットしました.どれも強烈な個性の持ち主です(強烈さでは自分も負けていないか 笑).

 そんなことを考えた皇帝誕生日でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

きっぷ

 先週の演奏会の反動で日常業務に走り回っています.昨日は沼津市への出張当直に出かけていました.

 朝向こうを出てバスと電車を乗り継いで小田原駅に到着,改札を抜けようと思ったら…

 切符を紛失したことに気が付きました ( ゚Д゚).

 駅員さんのいる改札に行ったんですが誰もいません,見たら自動改札のところでトラブルになっている乗客に対応中でした.そのまますり抜けることもできそうなシチュエーションでしたが,善良な市民である私がそんなことをするはずもなく(^^;),そのまま待っていました.

 しばらくして駅員さんがやってきました.で,沼津から乗ったこと,切符を紛失したことを話すと,「今回はいいですから,次から気を付けてください」とあっさり通してくれました.

 切符紛失の場合始発からの運賃を取られることもあるんですが(私鉄の場合は大抵そう,JRの場合は始発とか言い始めるときりがないので不明),無人の改札でおとなしく待っているほど善良な人だと(笑)認識されたようです.ただこの待ち時間のために接続の電車に乗り遅れてしまったというオチが付いたのでした ( ̄▽ ̄).

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

迷惑電話

 近年はメールやLINEなどインターネットを利用したコミュニケーションツールを利用する割合が高くなっているとはいえ,即応性という点において電話に勝るものはありません.ネットだと数分かかるやり取りも電話なら一瞬で終わることが多いからです.

 一方で即応性が高いが故の欠点もあります.それは着信があったときに即座に対応しなければならないこと(まあ,だから即応性が高いわけだが).極端に言えばトイレで用を足している最中に着信が鳴ることもあり得るわけです.かつて病院内で医師の呼び出しにはポケベルが使われていたんですが,それが院内PHSに変わった時には便利になったと思う反面,この即座に対応しなければならないという点をストレスに感じたのを覚えています.

 そんな日常生活に欠かせない電話ですが,時にまったく不要であるばかりか,フラストレーションがたまるだけという電話もあります.それが表題の迷惑電話,その大半はいわゆる勧誘電話です.ほとんどは節税対策としてマンションなどの不動産を売りつけようという内容です.この手の電話は日中の業務中はもちろん,出張先の当直中にもかかってきます.もっとも,最初から不動産関係と名乗れば受付の段階で拒否されるのがわかっているためか,あの手この手で医師のところに繋がせようとしてきます.よくあるのが●△メディカルなどと,いかにも医療機器メーカーっぽい名を騙るパターンですが,さらに悪質なのになると〇■病院☆科の誰々などと,医師の名を騙ることもあります.このパターンになると,こちらとしても患者紹介かなとうっかり電話に出てしまうこともあります.ところが電話に出た瞬間から営業話が始まるため,こちらが「〇■病院の誰々さんじゃないんですか?」というと,「そんなことは言ってない」と開き直ることがほとんどです.ウソの名前を名乗って来る段階でまともな業者ではないので,こちらも問答無用で電話を切るんですが,はっきりいって嫌~な気分になります.

 そんな悪質電話の中でも最悪なのが,自分の携帯にかかって来るパターンです.重要な個人情報である携帯の番号がどこからか漏洩してこの手の業者に渡って起こるわけですが,過去に自分のところにも来たことがあります.この時はうっかりと出てしまったものの,

悪質業者 「ビザンチン先生の携帯ですか?」

私 「違います.スルタンです.」

悪質業者 「えっ,ビザンチン先生の携帯じゃないんですか?」

私 「違います,昨日も同じ間違い電話が来たんですが,どういうことですか!

と言ってやったらガチャ切りされ,以後かかってこなくなったことがあります(おそらくはこの電話番号は違うと認識され名簿から抹消されたんでしょう).

 最近ウチの職場にこの手の電話が来るとこぼしている同僚がいます.どこで漏れたか(学会か,クレジット会社か)はわからないそうですが,怪しい番号は片っ端から着信拒否にしているそうです.近年では電話番号をネットで検索すると,悪質業者だとほぼ確実にヒットするので便利なんですが,相手も次々に番号を変えてくるので,一種のいたちごっこの状況です.

 一般にこの手の勧誘電話は0120や050などで始まる番号が多いので,この手の番号には出ない(稀に存在する勧誘でない電話の場合はメッセージを残していくのでかけなおせばいい)のが鉄則かなと思っています(ウチの実家の固定電話もナンバーディスプレイにしていて,親には0120の電話には出るなと言ってあります).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

ヨハネ受難曲演奏会に参加しました!

Img148  この週末盛岡に行って,当地で開催されたヨハネ受難曲演奏会に参加しました.この公演は盛岡バッハ・カンタータ・フェライン40周年記念演奏会として行われるものです.演奏本番は20日なんですが,オーケストラとの合わせは18日(土)からというわけでこの日に盛岡入りです.前日は静岡県内での出張当直だったので朝早めに帰宅,荷造りは事前に終わらせておいたため,そのまま出発となります.在来線と東北新幹線を乗り継いで15時ごろに盛岡駅に到着,待っていた母親と合流して盛岡市内お墓参りツアーへ繰り出します.そう,世間ではお彼岸なのでした.その後夕方からの練習に参加,終了後は久しぶりの実家入りでした.

 翌19日は本番会場となる盛岡市民文化ホールでの練習になりますが,この日の集合はお昼の12時半ということで久しぶりの朝寝坊,食事は朝昼兼用のブランチになりました(笑).

P3200720  集合時間ちょっと前に会場入り,いよいよステージでのリハーサルが始まります.自分にとってのヨハネ受難曲は2007年以来10年ぶり,オケの音が鳴り始めた瞬間から背筋がぞくぞくしてきます.この日はソロの楽曲も入るのでソリストの皆さんもフル参加となります.今回は40周年記念演奏会ということで,ソリストも合唱団ゆかりの方々(かつて合唱団に参加,あるいは現在も在籍している方々)です.みなさん各地で活躍されている人たちばかりなんですが,こんな人たちとド素人の自分が同じステージに立てるという合唱団の懐の深さに感謝です.

 スケジュール表だとリハーサルは夜の9時までだったんですが,順調に行ったのか5時過ぎに終了,指揮者の先生からは「明日に備えて英気を養ってください」とのお言葉が (^.^).英気を養うということは栄養を摂って気合を入れろということだろうと解釈し,市内のお肉の店に繰り出しました.

P3190713 P3190716  岩手といえば前沢牛が有名ですが,短角牛も魅力です.さしの多い前沢牛は時に胃もたれする恐れがあるので,演奏会前には赤身の短角牛の方が向いています.さらに英気を養うためにワインもいただいたことはいうまでもありません(笑).

P3200721_2  一夜明けて20日はいよいよ演奏会本番,この日は9時半に会場入りしました.ホワイエで発声練習後,ホールでのゲネプロに臨みます.本番直前ということもあり,先生からは無理をしないようにという指示を受けました.約2時間ほどでゲネは終了,昼食&休憩時間となります.朝にコンビニでサンドイッチを購入していたんですが,急に汁物が恋しくなったため駅の立ち食いそば屋に出て山菜そばをいただきました(同じパートの他の方もいた 笑).

 昼食後会場に戻って着替え,いよいよ開演時間となります.演奏の中身に関しては聴いてくださった方々にお聞きするしかないんですが,東京から駆けつけてくださった方々からもよかったと言ってもらえました(個人的には第1部の終曲,ペテロ懺悔のコラールの後,指揮者やソリストが退場する際に拍手無しというのが感動しました.音楽の中身的には拍手する雰囲気じゃないので,お客さんも雰囲気を感じたのでしょうか).

P3200724  終演後は近くのホテルでレセプション,お酒をいただきながらオケやソリストの方々のお話を伺いました.宴はまだまだ続きますが自分は翌日から通常業務のため,19時半過ぎに退出,新幹線に乗り込んだのでした(駅で偶然にも東京の合唱団の人達と再遭遇 笑).はやぶさ号に接続するこまち号の遅れで東京着が10分遅れ,さらに接続の東海道線が人身事故でストップするなど自分に責任のないアクシデントはあったものの,なんとか帰宅できました.こうして2017年自分にとっての10大ニュースの上位に来るだろう演奏会は終了したのでした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧