2020年8月10日 (月)

新国立劇場の新シーズン

Img038  オペラ好きの我が家,だいたい年に10回以上は生観劇するのが定番になっています.しかし,新型コロナの感染拡大を受けて,状況が大きく変化してしまいました.特に新国立劇場は2月中旬のロッシーニの「セビリアの理髪師」公演を最後に(参考記事)、以後の本公演,研修所公演すべてが中止になってしまいました.特に4月に予定されていたヘンデルの「ジュリアス・シーザー」、6月のワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は楽しみにしていただけに残念でした.

 一方で秋から始まる次年度のシーズンに関してはすでに年明けに演目が発表され,3月下旬にはシーズンチケットも届いていました.しかしながら感染症の影響が長引いていること持って,6月にはそのシーズンチケットはいったんキャンセルとされることが発表されました(関連記事).

 はたして新シーズンはどうなるのか心配されていましたが,このほどシーズン最初の演目,ブリテンの「夏の夜の夢」公演が行われることが発表されました.今回は”感染症対策を講じた"ニューノーマル時代の新演出版"公演として,当初予定に手を加えた演出版で行われるようです.また指揮者は当初予定されていたマーティン・ブラビンスが降板したとのことで,飯森範親氏が代わって担当するとのことです.

 国の指導により,使用できる客席数が約半分になったなか,チケットの一般販売,会員販売に先立ち,常連さん先行販売(笑)があるとのことでさっそく申し込みをしました.DVD等でも鑑賞はできますが,オペラ好きとしてはやっぱり生で鑑賞したかっただけに,とても楽しみにしています.

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

ゆっくり動画

 新型コロナウイルス関連で,出張や趣味のお出かけが激減しているビザンチン皇帝です.今年の2月までは東京行きの新幹線回数券,新宿行きの小田急の土日回数券,東京メトロの土日回数券が常に財布に入っていましたが,3月以降新規の購入はありません.

 外出の頻度が激減したということは,これまでに比べて自由に使える時間が増えたということでもあります.そんな時間を使ってホームページ本編の未完記事を仕上げたりしているわけですが,ふと思い立って動画を作ってみました.

 内容は自分の趣味っぽく,「J.S.バッハのマタイ受難曲について」.対象はあまりこういった作品に詳しくない人にもわかるよう易しい内容となっています.もっとも,ただの解説動画では芸がないので,インターネット上で有名なAAゆっくりしていってね!!!の方々にご登場いただきました(ゆっくりMovieMaker3を使用).ゆっくり解説はネット上では人気のジャンルですが,歴史系はそれこそ一生かかっても見きれないほどの作品がアップされていますが,こういうクラシック系,特に宗教曲系は寡聞にして見たことがないので,他作品と被る心配がないのが気楽です.

 シリーズ化がなされるのかは,はなはだ疑問ですが,まずは1本完成したので良しとしましょう.

 というわけで,ゆっくりしていってね!!!(笑)

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

オリビア・デ・ハヴィランドさん逝去

 今日ネットのニュースで女優のオリビア・デ・ハヴィランドさんの訃報が流れていました.

 『風と共に去りぬ』メラニー役、オリヴィア・デ・ハヴィランドが104歳で死去

 5月にドイツのオーボエ奏者で指揮者のヘルムート・ヴィンシャーマン氏が100歳で存命であることを知り,その記事を書いた際に(ヘルムート・ヴィンシャーマン),そういえばオリビア・デ・ハヴィランドがまだ健在だったなぁと思いだしたものでした.あれから2か月,そんな彼女の訃報です.

800pxolivia_dehavilland2(写真)今から75年くらい前の姿

 オリビア・デ・ハヴィランドは1916年7月1日にイギリス人の両親のもとに東京で生まれました.これは彼女の父親が当時日本で仕事をしていたからです.ただ1919年には両親とともに離日し,イギリスに戻ろうとしますがオリビアが病気になってしまったためにアメリカのカリフォルニアに滞在,結局そのままアメリカにとどまることになりました.

 高校生の頃から女優の道を志し,卒業後の1935年に「真夏の夜の夢」で映画デビュー,その後さまざまな作品に出演しスターへの道を駆けあがります.1939年に公開された「風と共に去りぬ」のメラニー役はとりわけ有名です.その後1946年の「遥かなる我が子」,1949年の「女相続人」にてアカデミー主演女優賞を受賞しています.1950年代以降は映画での出演は減少するものの,印象的な作品が残されています.

 キャリアの後半からはパリに在住し,2000年以降は公の場に姿を現すことはほとんどなくなりましたが,2008年アメリカの国家芸術メダルの受賞,2010年のフランスのレジオンドヌール勲章シュヴァリエ章受章などの際に元気な姿を見せていました.

De_havillandmelanie(写真)風と共に去りぬの宣材写真(この時23歳のハズですが,そうは見えない)

 オリビア・デ・ハヴィランドといえば妹で同じく女優であるジョーン・フォンテインとの不仲で知られています.幼少期からいろいろな葛藤があったと言われていますが,オリビアとジョーンは姉妹でアカデミー主演賞を受賞した唯一の例となっています(ジョーンは1941年の「断崖」で主演女優賞を受賞).結局この仲たがいは2013年にジョーンが死ぬまでそれは解消されませんでした(ジョーンの死を知らされた時オリビアは「衝撃をうけ、悲しみに襲われています」と談話したそうです).

 そんなオリビアの訃報に接して,最後の銀幕のスターが亡くなったんだなと感慨深く思ったのでした.

追記: 2013年に妹のジョーン・フォンテインが亡くなった際のブログ記事を貼っておきます(ジョン・フォンテーン死去).

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

巴里祭

_res_blogd445_constantinus21_folder_1796  今日7月14日はフランスの革命記念日です.1789年のこの日,政治に対する不満を募らせた民衆がパリ郊外のバスチーユ監獄を襲撃,この暴動が全国に波及してフランスは革命の激動期に入ったのです.以来この日はフランスでは祝日として祝われています.

 このフランスにとって特別な日である7月14日をテーマにした映画が,Quatorze Juillet で意味はそのまま”7月14日”です.これはルネ・クレール監督によって1933年に作られた庶民の恋愛劇で,日本では巴里祭という題で公開され人気を博しました.このため,革命記念日自体も日本では巴里祭といういい方をすることがありますが,フランス人に向かってこの日を "Festival de Paris" といってももちろん通用しません(笑).

 映画「巴里祭」,私が見たのは学生時代の名画座でしたが,その哀愁的な挿入歌が素敵だなと思ったのでした.夏のひと時にコーヒーを片手に見たい映画です.

 

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

合唱練習再開ガイドライン

 気が付けば6月も下旬,今年も間もなく半分が終わろうとしています.

 思えば趣味のひとつである合唱練習が無くなって4か月がたちました.全国に出されていた緊急事態宣言も解除されたのが1か月前,その後東京アラートなんてのが出ていた時期もありましたが,社会活動に課されていた自粛要請も縮小され,先週末からは原則都道府県をまたぐ移動も制限はなくなりました.カラオケ店や夜のお店も再開され街には人々の姿が戻ってきているようです(東京を中心に最近でも数十人単位で感染者が判明していますが,ワクチンが開発されたわけでもないこの時期,自粛を解除してこの程度の感染者が出るのは想定内だろうと思います).

 が,合唱練習が再開される雰囲気にはなっていません.理由は合唱がいわゆる3密の全てに該当する活動であり,一歩間違うとクラスターを発生させる場になりうることをみんなが感じているからだろうと思います.今日NHKのローカルニュースで千葉県内の中学校の合唱部が外で傘を差しながらの練習を始めたみたいな話題が出ていましたが,こうまでしないと練習ができない世の中なのかと悲しくなりました.

 合唱部が活動再開 傘で感染対策

 一方で,東京都合唱連盟が昨日付で,「新型コロナウイルス感染症影響下での合唱練習再開ガイドライン」というのを発表していました.全国で感染者が最も多い東京都の連盟が出したというところがミソです(まあ,感染者が極端に少ない鳥取県や徳島県,あるいはいまだに感染者が出ていない岩手県なら普通に練習再開もありだと思うので).

 新型コロナウイルス感染症影響下での合唱練習再開ガイドライン

 その内容はというと,事前の検温や消毒の徹底,こまめな休憩や換気といった合唱以外でも推奨されることが中心で正直あまり目新しいものはありません.ただ,身体的距離の確保という項目があり,そこには「できれば2m,最低1mの確保」と書かれており,仮に一人一人の間を2m開けるとすると,40人の合唱練習でも単純計算で160㎡の会場が必要ということになります(その他懇親会は自粛,連絡事項はwebなど練習後の懇親会もセットで合唱練習と思っている人間には辛いことも書かれています 笑).

 なかなか先は遠いようです.

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

ヘルムート・ヴィンシャーマン

 世界的なオーボエ奏者・指揮者,バッハ研究の第一人者であるヘルムート・ヴィンシャーマン氏が100歳でご健在であるとの情報がTwitter上に流れていました.

P5270137  ヴィンシャーマン氏は1920年3月22日にドイツのルール地方にあるミュールハイムに生まれ,エッセンとパリでオーボエを学び,以来様々な楽団でオーボエ奏者として活躍しました.1960年代にドイツ・バッハ・ゾリスデンを主催して指揮者としても活動を始め現在に至っています.何度も来日されており,縁あって盛岡で私の所属する合唱団とも何度も共演させていただきました(とりあえずバッハの四大宗教曲はすべてやった).巨匠ですが,とても懐の深い素晴らしい人格者です(手がゴールキーパーみたいに大きい).自分が最後にお見かけしたのは2012年に仙台萩ホールで,仙台宗教音楽合唱団のコンサート”ヘンデルのメサイア(モーツァルト編曲版)”の際,会場でだったと思います(関連記事 この時すでに92歳ですが,シャキッとしてお元気でした).

 今回ツイッターでご健在であることを知り嬉しかったです.

Olivia_dehavilland22  で,100歳といえば,1939年公開の映画「風と共に去りぬ」でメラニー役を演じた女優オリビア・デ・ハヴィランドが103歳でまだご存命だったと思います.2013年に96歳で亡くなった妹の女優ジョン・フォンテインとともに大正時代の東京に生まれ,姉妹でアカデミー主演女優賞を受賞した唯一の例でも知られています.たしかフランスに在住していたはずですが,現在のコロナ禍の中どうしているのでしょうか.

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

合唱界の置かれた状況

 私の趣味というと,旅行歴史,そして音楽になります.現在のウイルス騒動の影響で,このうち旅行に関しては今は自粛をしています.今後ですが,海外旅行は当分無理そうですが,国内については,県境をまたぐ移動が緩和されるようなら,ぼちぼち先行きが見えてくるように思います.歴史についてはゆかりの地に行けないという問題はありますが,本や映像等で楽しむことは可能ですから,まあ良い方でしょう.

 さて,残るのは音楽関係です.オペラなどの鑑賞系は,新国立劇場は6月予定の「ニュルンベルクのマイスタージンガー」の中止も発表されたことから,結局3月以降今シーズンの全ての公演が中止になってしまいました.また6月予定の藤原歌劇団のセビリアの理髪師が中止,7月予定の東京二期会のサムソンとデリラは来年1月に延期が決まっています.というわけで思い返すと最後のオペラ鑑賞は2月11日の新国立のセビリアの理髪師,それ以外のコンサートだと2月23日の東北大混声60周年記念演奏会ということになります(それにしても東北大60周年は絶妙な時期の開催だったように思う.もしもあと1週間遅かったら中止になっていただろう).

Img027_20200530102301(写真)医師会合唱団昨年の定演から

 一方で合唱関係ですが,ウイルス騒動が本格化した2月末から3月上旬に政府関係からいわゆる「3密」を避けるようにという要請が出されました.で,考えてみると合唱練習というのは,屋内でみんなが寄り添いながら声を出す行為ですから,見事に3密に該当してしまいます.ハーモニーを作るためには周りの声をよく聴いて合わせる必要がありますから,人と人との間隔を2メートル空けて… なんてのは無理な話です.屋外でというのも近所迷惑になるのでできません.もちろん声を出さない合唱練習はそれ自体が矛盾した表現です(笑).

 そんなわけですから世の中の大人の合唱団では早いところでは2月中旬から,遅いところでも3月下旬には練習休止に追い込まれています.学校関係の合唱団(合唱部)は微妙に状況が異なると思いますが,やはり3月以降全国的に休校に追い込まれた頃からは部活動自体が難しくなっているものと思われます.とりわけ4月7日の政府の緊急事態宣言を受けて4月10日付で全日本合唱連盟理事長名で「当面の間、合唱団の練習を取り止めていただくようお願いいたします」という声明が出てからは事実上練習は不可能になっていると思います(大人の合唱団と違って中学・高校の学校合唱団はほぼ全日本合唱連盟に加盟しているため).5月中旬に入り,県によっては緊急事態宣言が解除されたところもありますが,今後連盟がどのタイミングで新たな声明を出すのか注目されます.

 そんな中,学校合唱部の大きなイベントのひとつである,NHK全国学校音楽コンクールが今年は中止されることが発表されました.すでにインターハイなど運動部系の大会の中止も発表されているため驚きはありませんが,大人のグループなら「来年があるさ」と言えますが,学校とくに最終学年の児童生徒にとっては学校クラブ活動の総決算ともいえる大会を失ってしまうわけですから,心中察するに余りあります.

 自分の体そのものを楽器にする合唱は,人が集まればどこでもできる… ハズだったんですが,まさかそれができない世の中が来るとは,改めて感染症の恐ろしさを知った今日この頃です.

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

しながわ宿場まつり中止

 昨夜フェイスブック上に,毎年9月下旬に開催されているしながわ宿場まつりが,今年は中止になるという発表がされていました.

 

 私にとっては毎年秋恒例の扮装イベントです.パレードはありますが,それよりも江戸時代の人々に扮して,界隈を散策し当時の宿場の雰囲気を醸し出すというコンセプトが私にぴったりで,可能な限り参加しているお祭りです.昨年は医師会合唱団のイベントと被ったため不参加となっていましたが,今年は出たいと思っていただけに残念です.屋外パレードではありますが,たしかに着替え会場はは密だなぁ💦.今年は春の行事はもちろん,各地の夏祭りも軒並み中止,ついに秋のイベントまで中止の余波が広がってきています.

P9300544(写真)一昨年の様子(旅人に扮しました)

 かくしてまたひとつ,今年のイベントが消えてしまいました.残すは夏の日本寮歌祭ですが,まだ事務局からなにも来ていませんが,おそらくは無理だろうなと感じています.なにせあのイベント3密に加え,参加者がハイリスク者ばっかりですから.

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

東方正教の復活大祭

Istanbulk35  復活祭はキリスト教最大のイベントです.先週の日曜日はカトリックやプロテスタントなど西方教会の復活祭だったわけですが,今日はギリシャ正教などのいわゆる東方正教の復活祭(復活大祭)でした.東西で日付が異なるのは採用している暦の違いによるもので,西方教会が16世紀のローマ教皇グレゴリウス13世が制定したグレゴリオ暦を使用しているのに対し,東方正教はそれを教会暦として必ずしも採用していないことに由来します.このため双方の復活祭の日付は基本的に一致せず1週間から1か月程度ずれるのが一般的です(たまに同日になることもある).今年は1週間違いの4月19日となりました.

 日本の東方正教は明治以降入って来たロシア正教の流れをくむところが多いため,その影響を強く受けています.復活大祭当日には,「ハリストス復活!実に復活」とあいさつをするのですが,ハリストスとは”キリスト”のロシア語風の呼び方です.

 そんな東方正教の復活大祭シーズンには”パスハの讃詞”と呼ばれる聖歌が歌われます.自分が学生時代には取り寄せの外盤LPレコードでしか聴けませんでしたが,現在はyoutubeで気軽に聴くことができます.

 

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

メサイア初演

Img_0  今日4月13日はG. F. ヘンデルの代表作であるオラトリオ・メサイアが初演された日です(1842年4月13日アイルランドのダブリンにて初演).

 ヘンデルはバッハと同年代(ともに生年は1685年)の作曲家で,主に教会専属の作曲家として生涯をドイツで過ごしたバッハと違い,ヨーロッパじゅうを駆け巡り,後半生はイギリスに居を構えてオペラを作曲し,それを上演する劇場を経営するなど経済人としても活動しました.もっとも経営の方はうまくいかず,劇場は破産の憂き目にあってしまいます.そんな失意の時代に作曲され大評判となり,ヘンデルの名を再び有名にしたのが,このオラトリオ・メサイアです.新約旧約両聖書の言葉から,主イエス誕生の預言から受難,復活までを劇的に描いた音楽劇となっています(第2部終曲のハレルヤ・コーラスはあまりにも有名).

 この作品は当時から非常に人気が高く,J. S. バッハのマタイ受難曲が,19世紀にメンデルスゾーンによって再演されるまで,人知れず埋もれていたのと対照的に当時から現代まで途切れることなく演奏され続けている曲です.もっとも有名すぎたために,ヘンデルの生前から自身による多くの編曲版があって,いったいどれがオリジナル版なのかわからない状態になっています.当時メサイアの人気は凄く,ヘンデルは各地の演奏に引っ張りだこになっていたそうです.しかし演奏場所によってオーケストラの人数や編成,歌い手の力量が全く異なる(ロンドンのような大都市なら大規模なオーケストラで,楽員の技量も問題ないでしょうが,地方ではオケの規模も小さく,また管楽器がいない,歌手が難しい曲は歌えないなど多くの制約がある)ため,オケ編成や場合によっては曲そのものが全く違うなど,様々なバージョンがあるのです.後世の作曲家による編曲版も多く,特にモーツァルトによる編曲版はよく知られています.

 ちなみに私がこれまで経験したステージの中でもっともやった回数が多い作品がモーツァルトのレクイエムで,第2位がこのメサイアなのでした.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧