2021年5月24日 (月)

第86回日本温泉気候物理医学会

Image2  私の専門は神経内科なんですが、一方でサブ分野として勉強しているのが旅行医学と温泉医学です。それぞれ専門の学会に所属して活動しており、メインの神経内科については日本神経学会がそれです.そして旅行医学については日本旅行医学会,温泉医学については日本温泉気候物理医学会となります.どの学会も基本的に年に1回大きな大会が開催されており、日本神経学会に関しては5月19~22日まで京都で開催されたことはすでに記事にした通りです(緊急事態宣言下の京都でリアル参加をメインにするという強気な設定).

 一方でその神経学会と入れ違いのようにこの週末に第86回温泉気候物理医学会大会が開催されました.こちらは完全web開催です.第86回という数字からもわかるようにこの学会,実はかなり歴のある学会です.設立されたのが昭和9年(1934年)で日本の医学の元締めともいえる日本医学会の加盟団体としてもかなり古い組織です.元々日本には温泉が多く、古くから健康のための湯治文化があったことと,戦前の日本の医学に深い影響を与えたドイツ医学において温泉医学が盛んだった影響と思われます.そんな古い学会が完全webで,歴史が新しくよりアカデミックに思える神経学会がリアルメインというのがなんか興味深いなと思いました.

P5120195 Img_3110 ちなみに日本温泉気候物理医学会の大会は例年温泉地で開かれることが多く,学会に参加するだけで温泉に行けるというのも大きな魅力です.今はコロナ禍で仕方ないですが,落ち着いたらぜひまた温泉地で開催してほしいものです.

Bep2これは別府温泉で開催された際についでに観光に行ったワンショット(もう10年くらい前かな)

| | コメント (0)

2021年5月19日 (水)

第62回日本神経学会学術大会

Shinkei62  表題の第62回日本神経学会学術大会が,今日5月19日から京都市の国立京都国際会館を会場にして始まりました.この学会は私がメインにしている学会なんですが,毎年この時期に行われるのが恒例となっています.

 ただ2020年初め以来のコロナ禍の中で,同年5月に岡山市で予定されていた第61回大会は延期となり,状況がやや好転した同年8月末~9月初頭にリアル参加とWeb参加のハイブリッド形式で開催されました.当時職場付近に引きこもっていた私は,久しぶりに遠方の空気が吸いたくてリアル参加を選択し岡山に行ってきました(当該記事).

 そして年が明けて今年の第62回大会,当初から主催側はやる気満々で,現地開催を基本とし諸事情でやむを得ない場合のみオンラインも認めるというスタンスでした.それは4月に入って世間でいわゆる感染の第4波に入ったとされる時期になっても変わりませんでした.4月25日に会場となる京都府に緊急事態宣言が出される事態になっても,「府に確認したところ今回のような学術大会は不要不急には当たらないことが確認できたため当初の方法で行います」という強気なスタンスは変わらず,結局現地参加メインWeb参加サブという形式のまま始まりました.

 私も当初は京都に出向く形での参加を予定していましたが(久しぶりに京都に行きたかったというのもある),京都に緊急事態宣言が出ている状況から職場からもリアル参加は控えるようにというお達しが出てしまい,泣く泣くWeb参加に変更しました.

 そんな神経学会学術大会,内容が豊富な大会なので複数の会場で各種シンポジウムが同時進行で開催されます.リアル参加ならば移動してそれらのシンポジウムの美味しいところをつまみ食いなんてことができます.webならその特性上,もっとそれができそうに思うんですが,なんと!今回Webで聴講できるのはごく少数の会場のみという,改めて現地参加がメインであるというスタンスを強く感じさせる内容になっています(聴講したければ現地に来い!みたいな感じ).このため興味深いシンポジウムがさっぱり聴講できないという残念な状況になっています.

 そして極めつけが全員懇親会です.学術大会では毎年全員懇親会という名の宴会が行われます.コロナ禍の中さすがに宴会は開催できないため,今年はホールでの着席によるイベントに変更になりました.ただ会費として3000円徴収されるとのことで,アルコールはないとしてもサンドイッチ程度の軽食は出るのではないかと思われます(まあアルコール付きの宴会なら最低でも参加費1万円はとるだろう).で,サイトを見ていて気が付いたのですが,この全員懇親会Web参加もできるらしいのです.しかもその場合でも参加費が3000円かかるらしい…

 Webですから当然懇親と言ってもできることは限られます.しかも仮に出されるかもしれない軽食はなし… こんな懇親会にWebで参加する人がいるんだろうかと不思議に思った次第です(さすが学会上層部は浮世離れしている 笑).

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

第19回日本旅行医学会大会

Img_7379  この週末(4月10~11日)第19回日本旅行医学会大会が行われていました.ただしリアル会場ではなくWeb上での開催です.

 本大会は元々2020年4月11日,12日に東京代々木のオリンピック記念青少年総合センターでの開催が予定されていたものですが,新型コロナ感染症の蔓延に伴い延期になっていたものです.1年後もリアルでの開催は断念しWeb上での開催となりました.テーマは「海外留学と最新コロナ事情」,これは元々2020年に予定されていたテーマが海外留学だったため,それに現在のコロナの話題を併せた大会にするという事情からです.

 旅行医学の定義は「人の移動の安全性と快適性を高める医学」ということになっています.内科・外科といった縦割りの医学体系ではなく,横断的な医学体系,しかも旅行に関わるという,旅行大好き人間である自分のためにあるような学会だと思っています.

 不要不急の外出が憚られるご時世,2日間家にいながらゆっくりと最新の知見を学ぶことができました(こうした学会では必ずあるランチョンセミナーがなかったのが残念 笑).

 

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

ワールドスクエア

 那須温泉を堪能した翌日は同じ栃木県内にある東武ワールドスクエアに繰り出しました.

Dsc_1593 (写真1)この日の朝食

 ワールドスクエアは日本を始め世界各地の著名な建造物を25分の1で再現したテーマパークです.実は20年ほど前に一度訪問したことがあった場所ですが,その間に自分自身がリアルに見に行ったところも増えてきたので,今回改めて行ってみようと考えた次第です.

 もっともこの日の天気予報は雨☔,ただかつて降水確率100%を20%に下げた実績があるほどの晴れ男の自分が行くんだから雨なんて降るはずはない!と強く念じて行った結果,時間帯によって小雨はあったものの,観光中は決定的な雨に遭遇することはありませんでした(帰り道で強い雨の時間帯はあった).

P4040621 (写真2)東京のそれにあるのより2年早く完成したスカイツリー

 ワールドスクエアは7.65平方キロと東京ドーム約160個分の敷地内に世界の100以上の建物や遺跡が実物の25分の1スケールで展示されています.入場口から反時計回りに「現代日本ゾーン」,「アメリカゾーン」,「エジプトゾーン」,「ヨーロッパゾーン」,「アジアゾーン」,「日本ゾーン」に分かれており順番に見学していきます.現代日本ゾーンでは東京駅や成田空港,東京タワーに東京スカイツリーなどもあります(東京スカイツリーは実物の完成に先駆けて2年前の2010年から展示が始まっており,世の中には「ここのスカイツリーこそがオリジナルで,東京にあるそれは25倍のレプリカである」と主張している人もいます(笑).

P4040610 P4040617 (左写真3)東京駅,(右同4)ガード下も再現されています

P4040641 P4040644 (左写真5)成田空港,(右同6)団体が到着しています

P4040668 (写真7)世界貿易センタービル

 続くアメリカゾーンには自由の女神やホワイトハウス,ニューヨークのダウンタウンに加え,2001年の同時多発テロで破壊された世界貿易センタービルの姿もあります.ワールドスクエアは建物だけではなく,そこで活動している人々の姿も25分の1で表現されているのも魅力なんですが(これは望遠レンズなどで見ないとわからないものも),ホワイトハウスの前に立っている人物をよく見ると,どうやらバイデン大統領夫妻とハリス副大統領のようです.もしかして大統領が変わるごとに人形の交換も行われているようです.

P4040702 P4040701 (左写真8)ホワイトハウス,(右同9)バイデン夫妻とハリスさんですね

P4040678 P4040677 (左写真10)マンハッタンのダウンタウン,(右同11)有名なミュージカルが!

 エジプトゾーンは定番のクフ王のピラミッドやスフィンクスなどの古代遺跡です.こちらも観光客や学者の様子が楽しめましたが,折からの桜吹雪が地面に舞っていて,ちょっと不思議な光景になっていました.

P4040704 P4040719 (左写真12)ピラミッド,(右同13)スフィンクス

P4040726 P4040723 (左写真14)アブ・シンベル大神殿,(右同15)ミイラが登場?

P4040827 (写真16)ノートルダム大聖堂

 ヨーロッパゾーンはさすがに観光名所ばかり,フランスのベルサイユ宮殿やエッフェル塔,凱旋門やシャンボール城を始め,イギリスのウエストミンスター寺院やバッキンガム宮殿,イタリアのピサの斜塔,サン・マルコ寺院,バチカンのサン・ピエトロ寺院等々世界遺産のオンパレードです.ここでも隠しキャラを探す楽しみがありました.

P4040863 P4040862 (左写真17)アルハンブラ宮殿,(右同18)ライオンの噴水も再現されています

P4040773 P4040879 (左写真19)サン・ピエトロ大聖堂,(右同20)英国国会議事堂

P4040875 P4040877 (左写真21)議事堂前ではホームズとワトソンが調査中です.(右同22)群衆の中にルパンが!

 アジアゾーンは近年充実が図られているところで,自分も行ったカンボジアのアンコールワットやミャンマーの古都バガンにあるアーナンダ寺院が印象的です.

P4040909 P4040901 (左写真23)アンコールワット,(右同24)観光客の様子も再現されています

P4040890 P4040896 (左写真25)アーナンダ寺院,(右同26)僧がいます

P4040936 P4040937 (左写真27)万里の長城,(右同28)三蔵法師御一行の姿が

 最後の日本ゾーンは日本の古い建築物で奈良の東大寺,京都の鹿苑寺金閣,慈照寺銀閣等の定番に加え,村祭りや昭和の農村風景,地方都市の駅前などの再現は心が癒されるものでした.

P4041016 P4040987 (左写真29)清水寺,(右同30)薬師寺

P4041022 P4041029 (左写真31)東大寺,(右同32)国宝の金銅八角灯篭も再現されています

P4041096 P4041060 (左写真33)札幌の時計台,(右同34)昭和の駅前

P4041069 P4041068 (左写真35)昭和の農村,(右同36)カールおじさん御一行!

 一通り見終わったあとはちょっと遅いランチとばかりにレストランで湯波と蕎麦のセットをいただき,日曜日の渋滞が始まる前に家路についたのでした(それでも故障車等で渋滞が発生した).

P4041102 (写真37)湯波蕎麦セット

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

昔の地図帳

 実家に眠っていた地図帳を取り寄せました.

Img_7186  高等地図帳と書いてあります.名前のイメージからもわかるように高校生向けの地図帳です.ただこれは私の高校時代のものではなく,自分の父親が社会人になってから購入して使っていたものになります.

 発行日は昭和39年,東京オリンピックが開催された年です.今から57年前なので私はまだ生まれていません(笑).

 中をめくっていくと,今とは違った世界が広がっています.まず冷戦時代,アメリカと並ぶ一方の超大国だったソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)が存在しています.

Img_7353  そしてバルカン半島北東部には冷戦後の内戦で細かく分裂になってしまったユーゴスラビアが大きな領域を持って存在しています.

 ユーゴは元々他民族・他宗教の混在した地域ですが,第1次世界大戦後一つの国家として独立しました.第2次世界大戦後は指導者だったチトー大統領のカリスマで,社会主義でありながらソ連とは一線を画した外交をするなど国際的にもインパクトのある国でした.しかし彼の死去と冷戦の終結によって構成民族の対立・自立が激しくなり,今では見る影もなく分裂してしまったものです(今はスロベニア,マケドニア,クロアチア,セルビア,モンテネグロ,ボスニア・ヘルツェゴビナ,コソボの7共和国になっている).

Img_7352  一方でアジアに目を向けると,ベトナムは北部のベトナム民主共和国(北ベトナム)と南部のベトナム共和国(南ベトナム)に分かれています.北の首都はハノイですが,南の首都はサイゴン!,今のホーチミンになります.

 また先日クーデターが発生したミャンマーは旧国名のビルマで首都はラングーン,その北西にある現バングラディシュはパキスタンの一部になっています.

Img_7190  次にアフリカを見てみます.南部アフリカ地域はまだ独立国が少なく,ポルトガル領アンゴラ(現アンゴラ),南アフリカに占領されていた南西アフリカ(現ナミビア),英領ローデシア・ニヤサランド連邦(現ジンバブエとザンビア),ポルトガル領モザンビーク(現モザンビーク),英領ベチュアナランド(現ボツワナ)などの懐かしい名前が並んでいます.写真には入っていませんがギニア湾沿いの国にはオートボルタ(現ブルキナファソ),象牙海岸(現コートジボアール)などの名前もあります.

Img_7351  地図帳の後半には各種資料が載っていますが,日本の都市の人口がとても時代を感じます.札幌市の人口が52万3千人と現在の4分の1強(現在はほぼ200万人),夕張市の人口が10万8千人と現在の15倍(現在は7400人)になっているのは歴史を感じます.人口順位も①札幌,②函館,③小樽,④旭川と現在とは異なっています(現在は札幌,旭川,函館,苫小牧の順).

Img_7191 

| | コメント (0)

2021年1月22日 (金)

フランシス・ベーコン

 今日は1月22日、この日は何の日なのか調べてみたらまず「カレーの日」というのがヒットしました.

 【今日は何の日?】

Indocarry (写真)懐かしの東北大学教養部第2食堂のインドカレー

 記事によると,学校給食35周年を期に1982年に制定されたようで,その記念すべき1982年1月22日に全国の小中学校の給食で一斉にカレーライスが出されたのだそう.自分の世代の学校給食の主食はほぼ100%パンだったので,カレーといえばカレーシチューのみで,カレーライスはお目にかかったことがありませんでした.1982年といえば自分は高校生,この頃には米飯給食が一般的になっていたのでしょう.

Bacon  さて,カレーの日とは別に今日1月22日のゆかりはというと,16世紀から17世紀にかけてイギリスで活躍した哲学者フランシス・ベーコンの誕生日です.デカルトに代表される大陸の合理論に対してイギリス経験論の祖と言われています.ホームページの学問の記事にも書いているんですが,大陸合理論では真理への探求法として,数学に代表されるように論理的な考察による演繹法を重視しますが,イギリス経験論は経験の積み重ねから真理を見つけ出す帰納法を重視するのが特徴です.演繹法の代表例が三段論法で,

「ソクラテスは人間である」→「人間は死ぬ」→「ゆえに,ソクラテスは死ぬ」

という命題は有名です.

 一方の帰納法は個々の経験から法則を見出そうとする考え方です.先ほどの人間は死ぬという命題でいえば,ソクラテスは死んだ,プラトンも死んだ,アリストテレスも死んだ.歴史上の人間はみんな死んでいる.だから人間はみな死ぬ.という風に真理に至る考え方です.

 一見すると演繹法の方が科学的な感じますが,実際には帰納法の方が活躍の場は多いです.たとえば,未知の法則の発見は個々の現象の観察から帰納法的に法則が予想され(仮説),それが実験等で事実であると確認されて法則となるからです.また医学の診断法は表面にあらわれている症候(症状)から病気の種類を推定するというやり方ですから完璧に帰納法的です.

 こうしたイギリスの経験論の代表者とされるベーコンですが,当時の哲学者の多くがそうだったように,多彩な分野で活躍したことでも知られています.イギリス史上最大の文学者であるシェークスピアと同時代の人物であり,実はシェークスピアの中の人はベーコンだったという説を唱える人もいるほどです.

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

イグノーベル賞

 日本時間の10月5日から今年のノーベル賞の発表が行われています.同賞はダイナマイトの発明で巨万の富を得たスウェーデンのアルフレッド・ノーベルの遺言により設立されたものです.物理学,化学,医学・生理学,文学,平和,経済学の6つの分野で著名な功績を挙げた人物にノーベル財団から授与されます.ただし経済学賞はノーベルの遺言に基づくものではなく,ノーベル財団ではノーベル賞ではないとしているそうです.1901年から現在まで続く非常に歴史が長く権威のある賞であり,日本人の受賞例も数多くあります.

 他の学術賞を知らない人でもその名を知らない人はないだろうと思われるほど有名な賞なので,様々なところでパロディのネタとして使われることもあります.私が幼少期に愛読していた雑誌「テレビマガジン」(講談社)でも,天才バカボンのノーベル賞みたいな企画が組まれ,そこではノーベル賞の新しい部門として残念賞なんてのもありました(授与されるのはメダルの付いていない紐だけという残念ぶり💦).これは子供心に面白い企画だなと思っていたのですが,1991年に微妙に趣旨は違いますが,イグノーベル賞が創設されたので,やはり先見の明があったんだなと感じます.

 イグノーベル賞というのはもちろんノーベル賞のパロディで,毎年世界で「笑えて考えさせる」研究に対して贈られる賞です.例えば今年のイグノーベル音響学賞(ノーベル賞と違いイグノーベル賞は毎年部門が微妙に変わる)は,「ヘリウムガスを使うとワニのうなり声も高くなることを発見した」京都大学霊長類研究所の西村剛博士が受賞しています.ヘリウムガスの中で喋ると声が高くなることは知られていますが,ワニの鳴き声がどうなるかを研究したわけです.イグノーベル賞は決してふざけているわけではなく,大真面目に笑える研究をしていることが評価されるようです.実はイグノーベル賞分野では日本人は14年連続で受賞者を出しており,こうした真面目に変わった研究をする学者が多いお国柄だというのがよくわかるのでした(そういえば「チコちゃん」でも,変わったことを研究する専門家が毎回出てくる).

 そんなことを思った10月第1週でした.

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

第61回日本神経学会学術大会

 私がメインにしている学会である日本神経学会の学術大会は毎年5月に行われています.場所はその年の大会長の拠点(あるいはその近く)で,今年の大会長が岡山大学の先生だったことから会場は岡山市が予定されていました.

 しかし,新型コロナウイルスの感染拡大を受けて5月の開催は延期となり,8月末から9月初めにかけて,その時期の感染状況に応じた代替の大会が開催されることになりました.これは感染状況が重度な場合は100%オンラインの大会,軽度の場合はオンラインと実参加の併用というものです.結局その後の状況から,感染状況は軽度と判断され,8月31日から9月2日の日程で当初予定の岡山市で開催されることとなりました.自分も何らかの形で参加することは確実でしたが,せっかくなので実参加で申し込みました(単に出かけたいだけともいう 笑).

118532593_3300617486702260_6533970486208  とはいえ,3日間丸々職場を空けることもできないので,中日の9月1日のみ参加としました.理由はこの日に生涯教育セミナーが開催され,専門医の単位がもらえるからです.8月31日夕方仕事を終えてから東海道新幹線と山陽新幹線を乗り継いで岡山に向かいます.新幹線はガラガラに空いていました(道中浜松-豊橋間で停電が発生したとのことで,掛川駅で10分ほど停車した).結局予定よりも20分遅れで岡山駅に到着,そのまま駅前のホテルにチェックインしました(この時同時にチェックインしていた人たち,あきらかに自分と同じ目的の人だと感じた.これが同業者の勘というヤツだろう).

Dsc_0755 Dsc_0751 Dsc_0753  翌朝はさっそく会場へ,宿泊したホテルから徒歩数なので楽です.周辺には学会の飾りがたくさん出ていました.

 まずは総合受付のあるNHK会館2階へ,ここで健康状態申告書(最近風邪症状がないかとか,海外に行ったかなど)を提出し,それと引き換えで参加証を受け取ります.その後に生涯教育セミナーが行われるANAホテルに移動(隣の建物),そこで受講票を提出して会場に入ります.

Dsc_0769 Dsc_0771  会場はソーシャルディスタンスを取っても100人は収容できるところでしたが,この日の実参加者は2,30人程度でした(その他オンライン視聴は結構いたらしい).セミナーは1コマ1時間で午前午後併せて計5コマ行われました.講師も計5人いるはずなんですが,会場に来ていたのは3人だけで,残りの2人はリモート参加でした(さすがに座長は全員いた💦).

 終了後は他のシンポジウムにちょっと顔を出して夕方の新幹線でとんぼ返りとなりました.

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

第117回日本内科学会講演会

 私も会員になっている日本内科学会の講演会は例年4月上旬に開催される.今年の第117回講演会も当初は2020年4月10日(金)~12日(日)の日程で開催される予定だった.しかし新型コロナウイルスの感染拡大の中で延期となり,今日8月7日から3日間の日程でweb配信を中心とした形式での開催となった.学会というと認定医や専門医の単位が絡んでくるのだが,特に今年は普段ならお手軽に単位が取れる地方会や生涯教育講演会がすべて中止になってしまったために,単位を稼ぐ場は今回の講演会がほぼ唯一である.参加形式は実際に講演会が行われている東京国際フォーラムに出向くか,web配信を視聴するかのどちらかとなる.とはいえ,こんなご時世,都心まで出向く人は少なくおそらく多くの会員はweb参加を選択しただろうと想像された.

 学会によると,web参加に当たっては

① 会員番号に紐づけされたアカウントを作成する.

② 参加費を払う

③ 会期中に最低5時間以上講演を視聴する

④ 学会側がログを確認し後日単位を認定する

という仕組みになっていた.ポイントは最低5時間視聴しなければ単位を認定しないと言うところであり、そのためにわざわざ会員にアカウントを作らせるという徹底ぶりだった(まあ、そうしないと登録だけして視聴せずに単位だけ貰おうとする人が出てくるから 笑)。

 そして本日、いよいよ第117回内科学会講演会が始まった。

Img_6490Img_6491

 私も5時間の視聴を始めるべくPCの前に待機、さあログインだとIDとパスワードを入力する・・・

 が、しかし・・・

Img_6492

 

 まったく繋がらない 😆。

 思うにさっさと視聴を済ませてしまおうという私のような人が大勢いてアクセスが殺到したためサーバーがダウンした模様(内科学会は会員数11万人の巨大学会)。さっそくTwitterでもネタにされていて、「内科学会CPA(心肺停止)」、「これは正直者にしか見えない講演なんだろう」などとツイートが出ていた。

 結局お昼過ぎにが学会から一斉メールが流され、事前登録者全員に無条件で単位を認定するということで事態の収拾を図ることになった。

 これだけの規模の学会なのだから、大量のアクセスがあったらどうなるか、運営側は考えていなかったのだろうなと思ってしまった(そう考えると毎回ラピュタの放送のたびに起こる“バルス“祭りでも落ちないTwitterは偉大だなと改めて感心したのだった。

| | コメント (0)