2020年9月 2日 (水)

第61回日本神経学会学術大会

 私がメインにしている学会である日本神経学会の学術大会は毎年5月に行われています.場所はその年の大会長の拠点(あるいはその近く)で,今年の大会長が岡山大学の先生だったことから会場は岡山市が予定されていました.

 しかし,新型コロナウイルスの感染拡大を受けて5月の開催は延期となり,8月末から9月初めにかけて,その時期の感染状況に応じた代替の大会が開催されることになりました.これは感染状況が重度な場合は100%オンラインの大会,軽度の場合はオンラインと実参加の併用というものです.結局その後の状況から,感染状況は軽度と判断され,8月31日から9月2日の日程で当初予定の岡山市で開催されることとなりました.自分も何らかの形で参加することは確実でしたが,せっかくなので実参加で申し込みました(単に出かけたいだけともいう 笑).

118532593_3300617486702260_6533970486208  とはいえ,3日間丸々職場を空けることもできないので,中日の9月1日のみ参加としました.理由はこの日に生涯教育セミナーが開催され,専門医の単位がもらえるからです.8月31日夕方仕事を終えてから東海道新幹線と山陽新幹線を乗り継いで岡山に向かいます.新幹線はガラガラに空いていました(道中浜松-豊橋間で停電が発生したとのことで,掛川駅で10分ほど停車した).結局予定よりも20分遅れで岡山駅に到着,そのまま駅前のホテルにチェックインしました(この時同時にチェックインしていた人たち,あきらかに自分と同じ目的の人だと感じた.これが同業者の勘というヤツだろう).

Dsc_0755 Dsc_0751 Dsc_0753  翌朝はさっそく会場へ,宿泊したホテルから徒歩数なので楽です.周辺には学会の飾りがたくさん出ていました.

 まずは総合受付のあるNHK会館2階へ,ここで健康状態申告書(最近風邪症状がないかとか,海外に行ったかなど)を提出し,それと引き換えで参加証を受け取ります.その後に生涯教育セミナーが行われるANAホテルに移動(隣の建物),そこで受講票を提出して会場に入ります.

Dsc_0769 Dsc_0771  会場はソーシャルディスタンスを取っても100人は収容できるところでしたが,この日の実参加者は2,30人程度でした(その他オンライン視聴は結構いたらしい).セミナーは1コマ1時間で午前午後併せて計5コマ行われました.講師も計5人いるはずなんですが,会場に来ていたのは3人だけで,残りの2人はリモート参加でした(さすがに座長は全員いた💦).

 終了後は他のシンポジウムにちょっと顔を出して夕方の新幹線でとんぼ返りとなりました.

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

第117回日本内科学会講演会

 私も会員になっている日本内科学会の講演会は例年4月上旬に開催される.今年の第117回講演会も当初は2020年4月10日(金)~12日(日)の日程で開催される予定だった.しかし新型コロナウイルスの感染拡大の中で延期となり,今日8月7日から3日間の日程でweb配信を中心とした形式での開催となった.学会というと認定医や専門医の単位が絡んでくるのだが,特に今年は普段ならお手軽に単位が取れる地方会や生涯教育講演会がすべて中止になってしまったために,単位を稼ぐ場は今回の講演会がほぼ唯一である.参加形式は実際に講演会が行われている東京国際フォーラムに出向くか,web配信を視聴するかのどちらかとなる.とはいえ,こんなご時世,都心まで出向く人は少なくおそらく多くの会員はweb参加を選択しただろうと想像された.

 学会によると,web参加に当たっては

① 会員番号に紐づけされたアカウントを作成する.

② 参加費を払う

③ 会期中に最低5時間以上講演を視聴する

④ 学会側がログを確認し後日単位を認定する

という仕組みになっていた.ポイントは最低5時間視聴しなければ単位を認定しないと言うところであり、そのためにわざわざ会員にアカウントを作らせるという徹底ぶりだった(まあ、そうしないと登録だけして視聴せずに単位だけ貰おうとする人が出てくるから 笑)。

 そして本日、いよいよ第117回内科学会講演会が始まった。

Img_6490Img_6491

 私も5時間の視聴を始めるべくPCの前に待機、さあログインだとIDとパスワードを入力する・・・

 が、しかし・・・

Img_6492

 

 まったく繋がらない 😆。

 思うにさっさと視聴を済ませてしまおうという私のような人が大勢いてアクセスが殺到したためサーバーがダウンした模様(内科学会は会員数11万人の巨大学会)。さっそくTwitterでもネタにされていて、「内科学会CPA(心肺停止)」、「これは正直者にしか見えない講演なんだろう」などとツイートが出ていた。

 結局お昼過ぎにが学会から一斉メールが流され、事前登録者全員に無条件で単位を認定するということで事態の収拾を図ることになった。

 これだけの規模の学会なのだから、大量のアクセスがあったらどうなるか、運営側は考えていなかったのだろうなと思ってしまった(そう考えると毎回ラピュタの放送のたびに起こる“バルス“祭りでも落ちないTwitterは偉大だなと改めて感心したのだった。

| | コメント (0)