« 2024年1月 | トップページ

2024年2月 6日 (火)

羽虫?

 1月下旬から当地は雨が降ることが多くなりました。雨季が本気を出してきた感じですが、特に先週末の2月2日夜はほぼ夜通し強い雨が降り続きました。私の家は高台にあるので特に被害はありませんでしたが、後から聞いたらところでは、低い土地は結構水浸しだったようです。

 そんな大雨が明けた朝、外に出てみたら共用部分の床になにやら茶色っぽい物体が大量にばらまかれていました。

Img_1043  よく見たら大量の羽虫のようです。すべてお亡くなりになっていましたが、いったいこれだけ大量の虫がどこから湧いてきたんだろうと不思議に思ったのでした(水によって死んだのは確実と思いますが、どこからやってきたのかが不明)。

 そして週明けの朝には、これら大量の虫の死骸は係員によってきれいに片付けられていました。

Img_1050

| | コメント (0)

2024年2月 5日 (月)

第13回ひの新選組まつりレポが完成しました

 私のホームページ「ビザンチン皇帝の部屋」は2001年に誕生しました。その後徐々に発展し(?)今に至るわけですが、実は未完成部分が多々あります。メインの一つである海外旅行記録でも、2011年のボツワナ、2013年のカンボジア、2015年のオーストラリア等が未完成です。国内旅行も書きたいけれどまだという場所がたくさんありますし、日本の道100選も訪問済場所の半分もできていません(100名城、100選滝は訪問済みはすべて完成している)。

 そんな未完の中でも扮装イベント、特にひの新選組まつりの未完成部分は早く完成させたい分野でした。2006年の第9回に初参加以来、2023年の第26回までの実際にパレードが行われたすべてに参加しているのですが、2010年の第13回、2012年の第15回、2016年の第19回、2023年の第26回の4回分が未完となっているのです。ただこの4回が印象に薄い回なのかといえば、さにあらず、むしろ印象深い回ばかりです。特に2010年の第13回は私がこれまで経験したひのパレのある意味頂点ともいえる回でした。理由としてはこの年が唯一、コンテストの日程が前倒しされ、パレード前日にはこれまた唯一の試みであった市村鉄之助コンテストが行われるなど充実していたこと、パレードに参加(隊士・沿道組含め)していた知り合いの数が最多になったことからです。もちろん当時はそんな感慨はなかったのですが、翌年に発生した東日本大震災の影響もあって、卒業していった人も多かったことと、自分自身の心境の変化等もあって振り返るとこの第13回が、ある意味ピークだったことに気づくわけです(その他の2012年の第15回は幕末の医師松本良順として沖田総司に点滴ネタをやった年だし、2016年の第19回は浪士組の清河八郎として近藤勇と歴史的な和解をした回、2023年の第26回はコロナ禍で4年ぶり開催の回でした)。

 しかしながら充実していればこそ、内容が盛りだくさん過ぎてなかなか手が付かず、気が付いたら… となっていました。今回ナミビアに引っ越して、日本時代よりも空き時間ができたことから少しずつ取り組んでいたのですが、このほどついに完成しました。

 第13回ひの新選組まつりレポ

0hino13  14年目にして完成したレポです。もっとも14年の年月によって記憶(特にパレード当日)があやふやになっていることから、内容は従来のものに比べるとかなりプアーなものになっています。その辺はお許しください。

| | コメント (0)

2024年2月 4日 (日)

ナミビア大統領逝去

 今朝、私の滞在しているナミビア共和国の大統領Hage Geingob氏が亡くなったという政府発表がありました。

 

 以前から持病があり、入退院したりなど健康不安がささやかれていたこと、先月にはがんに罹患していることが発表され、治療のためにアメリカに渡ったりしたなどの情報があったため、全くの驚きというわけではありませんでしたが、渡米の際にはそれほど重篤な感じを受けなかったため、予想以上に急な出来事だったと感じています。

 ただ元々今年大統領選挙が予定されており、憲法上現大統領は今期で勇退が決まっていたため国内には大きな動揺はないようです。元々の任期は来年の3月までなので、そこまでは副大統領が代行として任務を全うし、秋に行われる選挙で決まる新大統領に引き継がれるものと思われます。

 Geingob氏のご逝去を悼み、謹んで哀悼の意を表します

| | コメント (0)

2024年2月 3日 (土)

週末ステーキ

 今日2月3日は日本では節分です。ただ当地にはそのような習慣はないため、この日に何かが行われるというのはありません。ただそんなことにかかわりなく土曜日なので恒例の外食に繰り出しました。行先は先月も行った Bucher Block Namibia というステーキ屋さんです。

Img_1046  この日はスターターとしてサーモンサラダとエビフライを、メインはサーロインステーキを選択しました。ステーキももちろん美味しかったんですが、前菜のエビフライがとても美味しくて、これに中濃ソースをかけたら完璧じゃないかと思ったのでした。

Img_1044 Img_1045(写真左)サーモンサラダ、(同右)エビフライ

| | コメント (0)

2024年2月 1日 (木)

2月になりました

 今日から2月、日本は真冬ですが南半球のこちらは夏、そして雨季です。ただ雨季とはいっても一日中しとしとと雨が降るなんてことはなく、午前ちゅは晴れていて午後から曇り、夕方にざざっと降るというのがパターンです。ただ最近は徐々に雨量が増えてきた印象があり、雨季が本気を出してきたな(笑)と感じます。

 そんな2月1日ですが、先日公式アナウンスがあった第27回ひの新選組まつりの募集が開始されました。本日更新された日野市観光協会のウェブサイトによると、

① 開催日時 5月11日、12日 例年5月第2週末に開催されるパターンですからいつも通りです。

② 会場 甲州街道、日野宿 どうやら昨年と同じくパレードは日野地区のみのようです(高幡地区は前日のコンテストでのみ使用)

③ 募集人員 86名 これも昨年と同じです。内訳は隊士70名(各隊10名×7隊)、コンテストで選ばれる幹部隊士9名、同じくコンテスト選出の従者7名です。応募者多数の場合は抽選になるようです。コロナ以前にあった新選組と同時隊の人々(通称ゆかり隊)は今年も募集がないようです。

④ 参加費 衣装持ち込み5,500円、衣装貸し出し9,000円(日野市民はそれぞれ500円引き) 昨年に比べてそれぞれ1,000円値上がりしました。スポンサー企業の関係、昨年以来の各種物価高騰の影響が出ているものと思われます。

 規模的にはやや縮小された昨年の路線を踏襲した感じです。お昼のお弁当に関しては案内にはありませんが、諸状況から考えて今年も持参(もしくは現地調達)の印象です。ただ昨年は屯所におにぎりや飲み物が多数置かれたため(参加者1人当たりおにぎりが2個くらいわたる数だった)、結果として昼食を持ってこなくても特に困らなかったんですが、ことしはどうなるかわかりません(個人的にはこちらも縮小はありうると思います)。

 以上、不参加確定者からの情報でした(笑)。

| | コメント (0)

« 2024年1月 | トップページ