« 2022年7月 | トップページ

2022年8月10日 (水)

医局中法度

 今日は8月10日、語呂合わせ記念日としては帽子の日(帽子=ハット(8+10)が有名ですが、そのものズバリの法度の日があってもいいでしょう。

 試みに調べてみると法度とは、中世から近世にかけて作られたおきて、法とされています。江戸時代の武家諸法度や禁中並公家諸法度が有名です。一方で法度には禁じられていること、してはならないことという意味もあります。「◯△はウチの会社ではご法度だよ」なんていうのは後者の例です。

 今に知られる法度の一つである新選組の局中法度は法というよりも後者の禁令の意味が強いものとなっています。一般には

一、士道ニ背キ間敷事
一、局ヲ脱スルヲ不許
一、勝手ニ金策致不可
一、勝手ニ訴訟取扱不可

 の4章からなっています。基本的に全て「◯△してはならない」という禁令です。上記項目に違反した者は切腹となっていますが、第一章の「士道ニ背キ間敷事」はいかようにも解釈可能であるため、一般隊士にとってはかなり恐ろしい項目です。新撰組は内部粛清によって多くの隊士を失ったという歴史があり、この法度がそれに影響を与えたことは間違い無いでしょう。

 で、この局中法度にヒントを得て思いついたのが医局中法度です。新選組のトップは組長ではなく局長と呼ばれます。これは元々会津藩預かりの組織だったため自らを会津藩の一部局と位置付けたからとも言われています。一方で大学病院などである専門領域の医師の集団を医局といいそのまとめ役を担当する人物を医局長と呼びます(こちらはあくまでもまとめ役であって、組織のトップではない)。新選組の局中法度をアレンジして医局中法度を作ってしまおうという企画です。実はこれ2007年の第10回ひの新選組まつりの隊士コンテストのネタとして作った者です。当時結構ウケて私は無事にコンテストに合格、この年5番組長武田観柳斎役を頂いたのでした。

Ikyokuhatto  そんな医局中法度は

一、医道ニ背キ間敷事(医の心を忘れるなということ)
一、医局ヲ脱スルヲ不許(つらくても勝手に病院をやめるなという意味)
一、勝手ニ副業致不可(お金が欲しいからと,勝手に他所の病院でアルバイトをするなということ)
一、勝手ニ診断書取扱不可(自分ひとりの判断で診断書を書くなということ)

 という内容になりました。昭和から平成前半ならともかく、今の大学医局には医師を縛る力はないので若い先生は嫌ならいつでも医局を辞めてしまうと知り合いの教授が言っていました(笑)。そんなことを考えた2022年8月10日でした。

| | コメント (0)

2022年8月 7日 (日)

立秋

 今日は二十四節気のひとつ立秋です.暦の上では秋などと呼ばれる日です.「もう秋だ」などと言われても現実には夏真っ盛りであり、まだまだ暑い日が続くこともあって,「全然名が体を表してないじゃないか」と怒られる向きもあるのですが,別に立秋の日からスイッチが切り代わって急に秋になるという意味ではありません.6月頃から徐々に気温が上がって夏になってきたものが,この立秋の頃をピークに次第に暑さの勢いを失い秋に向かっていく,いわゆる変曲点的な日ということです(この辺は真冬の一番寒い時期に当たる立春と同じ).

 実際に北国に行くと,立秋を過ぎると日中の暑さはさほど変わらないものの,朝夕は冷え込むようになりたしかに夏の終わりを意識します.またスズムシなど秋の虫が鳴き始めるのも立秋が過ぎてからになります.

 一方で生活面で言えば,夏の暑いい時期に知人などに出している”暑中見舞い”が立秋を過ぎると”残暑見舞い”に代わります.また長梅雨の年などで立秋までに梅雨が明けないと,その年の梅雨明けは無しという扱いになるそうです.

Img_8608  そんなことを考えた2022年の立春ですが,この日は日曜日,特に出かける予定もなかったので家で一日過ごしていました(せっかくなので宅配でお寿司をいただきました 笑).

| | コメント (0)

2022年8月 5日 (金)

静岡醤油ラーメン

 隣県の沼津市に時々出張に出かけています.コロナ禍になってからは感染対策も考慮して自家用車での移動がメインになりました.ルートは箱根新道から国道1号線で所要時間は大体1時間弱といったところです.このルート沿い,箱根峠を越えて10キロくらい下ったところに一番亭三島塚原店というラーメン屋さんがあります.以前ここに書いた冷やしレモンらーめんを出しているお店です(関連記事).

 で、この日寄ってみたところまた新しいメニューが登場していました.その名も静岡醤油ラーメン,曰く「3種類の醤油の極上ブレンドとこだわりの手造りレアチャーシュー」とのことです.夏の盛りではありますが,この日は気温が低く過ごしやすい1日だったので(最高気温26℃)思い切って挑戦することにしました.

 待つこと数分,ラーメンの登場です.

Img_8606  まずはスープを飲んでみます.3種類のどんな醤油がどうブレンドされているのか,醤油に造詣が深いわけでもない私はよくわかりませんでしたが,醤油そのものの味が前面に出ている印象(出汁が効きすぎていない)でした.麺はこのお店独特の細麺です.レアチャーシューもトロッとして美味しかったです.結論として通常の醤油ラーメンに比べて醤油が前面に出ている(決してしょっぱいわけではない)イメージでした.

 リピートしてもいいかなと思いました.

| | コメント (0)

2022年8月 3日 (水)

危険な暑さ

 いよいよ8月に入りました.学校では完全な夏休みシーズンです.

 夏だから暑いのは当たり前ではありますが,21世紀に入ってから,特にここ数年の暑さは尋常でないものがあります.かつては暑い日を指す気象用語として最高気温25℃以上の「夏日」,同じく30℃以上の「真夏日」,夜間の最低気温が25℃を下回らない「熱帯夜」がありました.しかし21世紀に入って夏の30℃以上が当たり前になったことから,2007年に最高気温35℃以上の「猛暑日」が追加されています.

 それでも追加当初は真夏日が続く合間に猛暑日の日があるという感じでしたが,最近では猛暑日が連続していて,お天気コーナーでも真夏日だと「暑さが和らぎました」,夏日だと「過ごしやすい一日でしょう」なんて言われるレベルになっています.

 そんな暑い日々ですが,最近耳にすることの多い言葉が表題の「危険な暑さ」です.名前のイメージからは油断すると命にかかわるような暑さなんだろうと思いますが,具体的な定義はあるんだろうかと思って調べたらちゃんとあるようです.一言で暑いといっても気温だけで決まるものではありません.たとえば北海道や西ヨーロッパの夏は気温は高くてもカラッとしていて過ごしやすいなどと言われるように,同じ気温ならば湿度が高い方が不快です.実際の暑さを評価するには,「気温」,「湿度」,「放射熱(地面からの照り返しなど)」,「気流」の要素を総合する必要があり,それが「暑さ指数」(WBGT: 湿球黒球温度)と呼ばれるものです.この暑さ指数が31℃以上の状態を危険な暑さと呼ぶようです.

 ちなみに暑さ指数の算出方法は屋内と屋外で異なり,

 屋外 WBGT = 0.7×湿球温度+0.2×黒球温度+0.1×乾球温度
 屋内 WBGT = 0.7×湿球温度+0.3×黒球温度

 で計算されます.ここから先は物理の範囲ですが,乾球温度とは通常の温度計で測定した気温,湿球温度とは温度計の球部を湿ったガーゼで覆った温度計で測定した気温(湿度が低い場合は気化熱が増えるので乾球温度に比べて低くなる),黒球温度は黒いグローブのようなもので覆われた温度計で測定される気温で放射熱の影響を受けるものです.

 その日の状況によって異なるものの,日本においてはWBGT 31℃以上とは概ね気温35℃以上のことで,これは猛暑日に一致します.すなわち危険な暑さ≒猛暑日ということのようです.

 そんなことを勉強した真夏の一日でした.

| | コメント (0)

2022年8月 1日 (月)

掲示板閉鎖

 以前ここでもお知らせしていたように,teacup.が運営していたネット掲示板サービスが本日13時で終了になりました.このため私のホームページ「ビザンチン皇帝の部屋」に設置されていた掲示板も閉鎖されました.16年間という長いのか短いのか微妙な期間でしたがありがとうございました(とはいっても活気があったのは最初の5年くらいで,後半10年は完全秘境化していましたが 笑).

 本日最後の瞬間を見届けようと12時59分過ぎからリロードをしていたのですが,13時5分くらいになってもちゃんと表示されています.「あれっ?13時ぴったりに閉鎖じゃないんだ」と思い書き込みをしたところ,まだ大丈夫でした.その後teacip.のサイトに行ってみたところ,「まだ書き込みができる!」といった同社の他掲示板の新着記事が並んでいました(自分と同じようなことをしている人が多いんだなと感心).そして13時10分過ぎに最後の書き込みをしてリロードしたら,

 teacup. byGMOのサービス終了のお知らせ

の表示が出てジ・エンド,本当に終了してしまいました.SNSが発達した時代にあって一つのツールが歴史的な役割を終えたんだなと感慨に浸った瞬間です.

Img_8605 終了直前最後の様子です.

Endサービス終了のお知らせ

 掲示板サービス終了に伴いすべてのデータが消去されます.ただ末期は秘境だったとはいえ,かつてはそれなりに賑わっていた時代もある思い出の掲示板です.それが完全に消えてしまうのは残念という思いもあり,魚拓という形で残しておくことにしました(もちろん新規の書き込みはできませんが).

 ビザンチン帝国の掲示板(魚拓)

 今回改めて思ったのですが,アナログな紙媒体ならば例えば雑誌が休刊,廃刊になったとしても自分が処分しなければそれは残ります.仮に残しておいたことを忘れてしまっても将来誰かに発見されることもあるでしょう(最近になっても時々新発見がある戦国時代や江戸時代の古文書などはまさにそう).しかしweb掲示板やブログなどデジタルものの場合,所詮は人様のサーバーを借りて運用しているにすぎません.今回のように運営元が閉鎖した場合は自ら残そうと努力しないと問答無用で消えてしまうのです.

 今回も運営元の情報をチェックしていたからこそ,魚拓を取ることができましたが,もしも失念していたら知らないうちに消去されていたでしょう.これはブログもそうで,かつては多くの会社がブログサービスをやっていましたが,どんどん無くなり今は数えるほどしかありません(このココログもその数少ない一つ).各社閉鎖に当たって他社ブログへの移行サービスをやっていますが,これも自分でやらなければそのまま消えてしまうことに変わりはありません.デジタル時代は便利なように見えて,自分で努力をしないと情報が簡単に消え去ってしまう時代でもあります(Web魚拓にしてもいつ消えるかわからないのは実は一緒です).ブログに関しては掲示板どころではない大量の思い出が詰まっています.これもどこかの段階で書籍化などアナログな保存方法を考えてもいいのかも… などと思ったのでした.

| | コメント (0)

« 2022年7月 | トップページ