« 皆既月食 | トップページ | パレストリーナの命日 »

2018年2月 2日 (金)

南部アフリカ旅行記②

 南部アフリカ旅行記録,出国編です.

P1190006

(写真1) 今回も旅の手帳の記載開始 (^^)v

 今回の旅行,出発は1月19日金曜日である.前述のとおりANA-香港-ヨハネスブルグという予定が変更になり,エチオピア航空-アジスアベバ-ケープタウンという流れになった.これに伴い成田出発が1時間くらい遅くなったため,この日職場を出たのは15時過ぎである.東海道新幹線と成田エクスプレスを乗り継いで成田空港第1ターミナルに到着したのは17時30分ごろだった.

P1190001 P1190004 (左写真2) 品川駅から乗り換え,(右同3) 今回は成田エクスプレス

 地下のホームからエスカレーターを何度も乗り換えて出発ロビーへ(どうでもいいけどエスカレーターを乗り換える際にいちいち反対側に回り込まなければならないのはどうにかならないだろうか),まず向かったのは両替屋である.日本円を米ドルに換えようとしたら,係員に「南アフリカに行くのならランドもありますよ」といわれた.ただこの時点では「いいです」と答えて立ち去る(理由は現地で帰ればいいやくらいに思ってた).続いて向かうのはWiFiルーターレンタルのカウンターだ.今回訪問するケープタウンやヨハネスブルグはホテルのネット環境も充実しているため不要かなとも思ったのだが,過去にそういうホテルでもWiFi環境が不安定で苦労したこともあり,最近は念のための意味合いもかねてレンタルすることが多い.

P1190007

(写真4) 成田空港第ターミナル南ウイング

 この後スーツケースの受け取りに宅配カウンターへ(スーツケースが最後になるのはもちろんなるべく荷物を持って歩く時間を減らすため).ここであらかじめ送っていたスーツケースを受け取り,コートを預ける.その後柱の陰で最後の荷物詰め替えをして,いよいよルックJTBの団体カウンターに行った.ここで名前を名乗ってeチケットの控えや各種クーポンをもらって受付完了である.ここで初めて今回の旅行の添乗員さんと顔を合わせる.今回は久々に女性だった.

 カウンターでこれからの流れ等の説明を受ける.参加者は8人であること,最終日のライオンパークは全員が参加することになったために代金が半額になった(笑)などが知らされた.ここで両替の有無を聞かれたのでドル両替を済ませたと答えたら,南アフリカランドも1万円分くらいは替えた方がいいといわれた.

 その後は航空会社のカウンターでチェックインとなる.行列はさほどでもないのだが,これが結構時間がかかる.ふと自分の隣りを見たら日本語がペラペラな黒人男性が手続きをしていた.なんでもラゴスまで行くらしい.ラ,ラゴス!ナイジェリアの首都じゃないか!すごいなと感心する自分だった.

 チェックインを済ませた後,近くにあった両替屋でランドに交換しようとしたらここにはないと言われ,結局さっきの両替屋を勧められることになる.「さっき断ったばかりだからちょっと恥ずかしいな」と思ったが,幸いさっきとは違うカウンターだったので大丈夫だった.

P1190011 (写真5) すごい数の国際線です

 その後は特にすることもないので,さっさとセキュリティを抜けることにする.不要な荷物はすべてバックパックに詰めて機械に通す.ゲートの方は昨年2月にラオスに行った際はまだ従来のゲートだったが,今回はいつの間にか全身スキャン型になっていた.

 セキュリティに続いては出国審査の番,一番短い列に並んだはずだが,2~3人前の外国人(と思われる)が手間取っていて,気が付いたら周辺の列にどんどん抜かされてしまった(笑).出国審査を抜けるとそこは免税店エリアである.直行便利用の場合はここで緊急用ウィスキー(海外旅行先のホテルで夜間に急に酒が飲みたくなった場合用,ミニバーは高いし,さらにはホテルによってはミニバーがない場合も多いので)を購入するのだが,今回は経由便のため事前購入してすでにスーツケースに入っている.ほかに用事もないので,ラウンジで時間をつぶすことにした.今回利用するのはプライオリティパスやクレジットカードのラウンジではなく,JTBのラウンジである(そういえばラオス旅行の際も利用した).ここはワインやビールなどの飲み物はもちろん,パンやカレーライス,ラーメンやうどんもすべて無料という素晴らしいところだ.ここでこの日初めてのワインをいただき,パンも食べた.ラーメンやカレーも惹かれたが,これからすぐ機内食が出るはずなのでやめた.

26804908_1598388390258520_168817315 P1190012 (左写真6) 空港ラウンジ,(右同7) この日最初のワイン

26805187_1598420310255328_621590216 (写真8) 42番ゲートから出発します

 17時25分に搭乗口である42番ゲートへ,見渡したところあんまり人がいない.これは空いているのではと思って搭乗したら予想通りガラガラだった.エチオピア航空のこの便は最新型,ボーイング787である.20時20分少し遅れて飛行機は動き出し,離陸した.安定飛行に入るとさっそく飲み物のサービスが開始された.ワインを注文したのはいうまでもない(笑).向こう側の席を見るとさっきの日本語ペラペラ黒人が他の日本人客としゃべっている.話を総合するとどうやら宮崎のサッカーチームの選手らしい.

P1190018 P1190019 (左写真9) エビ料理,(右同10) こちらはパスタ

 そんなこんなしているうちに1回目の食事サービスの開始,この回はエビとパスタの選択である.自分はエビ,Kはパスタを選択,味は異国風中華丼といった感じでまあまあだった(付け合わせの白菜が懐かしいい風味).その後も空いている機内でゆったりと寛いでいるうちに徐々に降下開始,まもなく香港に着陸である.この便は一応成田-アジスアベバ便となっているが,途中香港に着陸して乗客の乗り降りがあるからだ(通しの客かは降機しない).機内では何となくエチオピアっぽい音楽が流れ始め,香港時間の1月20日0時20分香港に着陸した.

P1200020

(写真11) 香港からはたくさんの人が乗り込んできた

 飛行機が止まるとまずは香港で降機する人たちが去っていく.それと入れ替わるように係員が乗り込んできて清掃を始め,その後香港からの乗客が乗り込んでくるのだが,先ほどまでとは打って変わって大賑わい,ほぼ満席の大盛況である.乗客が乗り終わると飛行機は動き始め,1時30分アジスアベバに向けて離陸した.

P1200022 P1200021 (左写真12) 香港からアジスアベバに向かう,(右同13) 非常設備等案内の映像,映ってる人もエチオピア風

 安定飛行に入るとまずは時計をエチオピア時間に合わせる.国際線に乗るときは離陸してベルト着用サインが消えた瞬間に到着地の時間に合わせるのが自分流である.現地は香港より5時間遅れ,日本から見ると6時間遅れだ.ここからアジスアベバまでは約10時間,到着は現地の朝になる.深夜便だし,そろそろ気合を入れて(笑)寝ることにする.眠剤を内服しようかと思った瞬間に… 機内食がやって来た ( ;∀;).今度は魚とチキンの選択,断るという選択肢もあったのだが,何となく魚を選択してしまった(Kはその瞬間トイレに行っていたため,結局貰いそこなった 笑).

P1200024 (写真14) 機内食その2は魚の揚げ物,付け合わせの白菜はさっきと一緒(笑)

 食事が終わって一段落した後,今度こそ寝ようと眠剤を服用し,そのまま眠りに入った.国際線に乗る際はトイレに行きやすいように通路側の席を取るのだが,これは便利な一方寝ている最中に隣の人に起こされる可能性がある.今回も隣の人のトイレで何度か起こされ,寝たり起きたり状態だった.それでも数時間は眠ったんじゃないかと思っているうちにモニター画面にはソマリアが映っている.最初に寝てから6時間経っていた.

P1200027 P1200030 (左写真15) 機内食その3は中華粥,(右同16) まもなく着陸

 現地時間の4時30分過ぎに機内の照明が明るくなった.朝食サービスの開始である.この日の朝食は中華粥っぽいのが登場,結構おいしかった.飲み物は寝起きでボーっとしていることもありアルコールはやめた(笑).その後徐々に高度を下げていき,現地時間6時30分アジスアベバのバレ国際空港に着陸した.

|

« 皆既月食 | トップページ | パレストリーナの命日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184391/66340794

この記事へのトラックバック一覧です: 南部アフリカ旅行記②:

« 皆既月食 | トップページ | パレストリーナの命日 »