« プラハ国立歌劇場の「ノルマ」公演 | トップページ | 沖縄に行ってきました »

2016年11月 9日 (水)

アメリカ大統領選挙2016

 2016年11月8日(日本時間同9日),4年に一度のアメリカ大統領選挙が行われ,共和党のトランプ候補の当選が確実になったらしい.日本のテレビなど各種メディアでも盛んに取り上げられているようだ.

 下馬評では民主党のクリントン候補が優勢と伝えられていただけに,この結果を受けて為替や株では結構動きがあるらしい.

 選挙結果云々はこのブログの管轄外なので深くは触れないが,自分の率直な印象としては,「クリントンさんって本当に嫌われてたんだなぁ」の一言に尽きる.

 選挙期間中を通してメディアの多くはトランプ氏に批判的だった.過去のあまり上品とは言えない発言や直前に飛び出したセクハラ騒動など,普通ここまで叩かれたら立ち直れないだろう(日本で言えば兵庫県の号泣県議なみのいじられ方だ)という状況にありながら,結局ふたを開けてみたら当選しちゃったんだから.アメリカの有権者にしてみたら,そんなボロボロのトランプ氏でもクリントン氏よりもマシということなのだから,いかにクリントン氏がアメリカ国民に不人気だったかがわかるようである.

 選挙期間中いろいろと過激な発言で騒がれたトランプ氏だが,アメリカ大統領というのはロシアの大統領や中国の指導者とは違って,議会の同意が得られないと勝手なことはできないようになっているので,これから突然トンデモナイ事態になるとは思えないが,注目していきたいと思う.

 日本に対する影響だが,仮にクリントンさんが当選した方が風当たりが強くなりそうだと思っていたので(1990年代の夫クリントン大統領時代に日米関係はかなりギクシャクした),案外トランプさんの方がうまくやっていけるかもしれない(基本的には共和党政権の方が日米関係は安定するが,今回はかなり特異なキャラなので,これから選ばれるだろうホワイトハウスの大統領補佐官や閣僚人事と議会共和党の動きに注目である).

 ただ正確を期すと,今日を持ってトランプ氏が大統領に当選したというわけではない.アメリカ大統領選挙というのはかなり変わったシステムを取っており,国民が選ぶのは大統領ではなく,大統領候補に投票する選挙人だからである.今回の選挙の結果明らかになったのは,今後行われる(本番の)大統領選挙において,トランプ候補に投票する予定の選挙人の人数がクリントン候補のそれを上回ったということにすぎない.なので本当の結果は来月の大統領選挙本番になるまで確定しない.あくまでも可能性とすれば,トランプ氏に投票する予定の選挙人が裏切ってクリントン氏に投票するなんてこともあり得るからである.過去の大統領選挙において,選挙人の裏切りで当選者がひっくり返った例はないのだが,選挙人裏切り自体は例があるらしい.なにかと発言や行動が話題なトランプ氏だけに,これからの1か月間に決定的なスーパー・ウルトラ・大スキャンダルが発生すれば,選挙人が大挙して裏切るなんてこともあるかもしれない.そんな意味ではまだまだ油断ができないアメリカ大統領選挙である.

|

« プラハ国立歌劇場の「ノルマ」公演 | トップページ | 沖縄に行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ大統領選挙2016:

« プラハ国立歌劇場の「ノルマ」公演 | トップページ | 沖縄に行ってきました »