« 第57回日本神経学会学術大会 | トップページ | ミャンマー旅行記が完成しました »

2016年5月20日 (金)

ハチ&サル騒動

 今日職場でちょっとした騒動があった.

 最初のテーマはハチ,用があって病棟に行ったらとある病室に事務のオジサンたちが集まっている.何があったのかと訊いたら,病室の窓の外にハチが巣を作っていたので今から業者がその除去をするらしい.

Img_2348 (写真1) 徳利型の蜂の巣

 見るとたしかに図鑑等で見たことのある徳利型の巣がある.5月なのでまだそれほど大きくはなっていない.

 業者の人はアポロ計画の宇宙飛行士のような防護服を着て作業を始めた.まずは殺虫剤(のようなもの)を巣に吹き付ける.するとボタッと大きなハチが落下,それを網でとらえていた.

Img_2350_2 Img_2352 (左写真2) 網で女王蜂を捕えます,(右同3) 巣を除去する瞬間

 その後は巣を巨大なはさみで切断,内部を確認して終了となる.

 最後に巣の内部と女王蜂を見せてもらった.どうやらコガタスズメバチらしい.

Img_2353 (写真4) 女王蜂と巣の内部

 こうしてハチ騒動は一段落.その後別用を済ませて事務室に行ったら,さっきのオジサンたちがこんどは病院の外に出ていくところだった.今度は何があったのかと訊いたら,サルが出たとのこと.

Img_2355 (写真5) サルが出現

 サル自体は時々見かけるので珍しくはないのだが,今日は子ザルが高い木に登ったまま降りられなくなったようで,親猿が周辺で騒いでいる模様.気が立っていて通行人に危害が及ぶのをさけるための出動らしい.

 幸い親猿が無事に子ザルを救出し,そのまま山の方へ向かっていったため,このサル騒動もすぐに終息した.

 自分のところが野生の王国であることを再確認した週末だった.

|

« 第57回日本神経学会学術大会 | トップページ | ミャンマー旅行記が完成しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184391/63662641

この記事へのトラックバック一覧です: ハチ&サル騒動:

« 第57回日本神経学会学術大会 | トップページ | ミャンマー旅行記が完成しました »