« 珍しい血液型 | トップページ | 十和田バラ焼き風焼きそば »

2014年12月 2日 (火)

菅原文太さん逝く

 すでにテレビ等で取り上げられていますが,俳優の菅原文太さんが亡くなられました.

Anbarisenji (写真1) 獅子の時代の序盤,パリのアンヴァリッドにて大砲にまたがる平沼銑次

 「トラック野郎」や「仁義なき戦い」などの映画シリーズで知られた役者さんでしたが,自分的にはなんといっても昭和55年の大河ドラマ,「獅子の時代」が印象的でした.この作品は幕末,慶応3年のパリ万国博覧会から明治17年の秩父事件までの激動の時代を取り扱った大河で,主人公の会津藩士・平沼銑次を演じたのが菅原文太さんでした.曲がったことが大嫌いで頑固な反面,思想は意外に合理的で茶目っ気も多いという役どころがまさにハマリっていたのを憶えています(会津戦争のさなか,彼の親兄弟は「藩のために死ぬのが武士だ」みたいなことをいうのだが,銑次は「そんなのは犬死だ,死んじゃだめだ」と反論する).

P4020095 (写真2) 2008年春,セーヌ川の中州シテ島のノートルダム大聖堂前でたそがれる新選組隊士

 このドラマの序盤の舞台が万国博覧会に湧くパリで,侍装束でパリの街を闊歩する銑次がカッコよくて,自分も新選組装束でシャンゼリゼ通りを闊歩したのを思い出します.

 先日の高倉健さんといい,実力派の大物の役者さんの訃報が相次いでいます.本当に惜しまれてなりません.

|

« 珍しい血液型 | トップページ | 十和田バラ焼き風焼きそば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184391/60750777

この記事へのトラックバック一覧です: 菅原文太さん逝く:

« 珍しい血液型 | トップページ | 十和田バラ焼き風焼きそば »