« 5月になりました | トップページ | 第16回ひの新選組まつりに参加しました(1) »

2013年5月 7日 (火)

GW最後の休日

 今年のGWも終了し,今日から再び日常が始まっています.世の中には最大10連休なんていう羨ましい方々もいたようですが,私は基本的に暦通り,しかも途中に出張やら当直やらが入っていたため,泊りがけで出かけるなんていうことはありませんでした(笑).まあ,もっともGWはどこへ行っても人混みで宿泊費もムチャクチャ高いので泊まろうという気になりにくいのですが…

 そんな今年のGW,最終日の昨日6日は一日フリーだったこともあり,日帰りできる場所に行ってきました.隣県の静岡市郊外にあるアベノミクスならぬアベノオオタキ(安倍大滝)です.JR静岡駅で電車を降りて,駅前のバス停から梅ヶ島温泉行きのバスに乗り込みます.

P5060006(写真1) 梅ヶ島温泉行きのバスです

 このバスでほぼ終点近くまで,実に1時間45分も乗っていくことになります.これだけ長距離だと事前に乗車券を購入した方がいいのかと思い,案内所で聞いたんですが,IC乗車券が使えるのでその必要はないとのこと.ここにもIC乗車券の波が押し寄せているのかと感激したのでした.

P5060007(写真2) IC乗車券が使えます

 バスは定刻に出発,結構それなりにお客さんが乗っていました.しばらくは市街地を走っていきますが,そうこうしているうちに一人降り二人降りしているうちに,周辺はどんどん自然豊かになっていきました.

P5060018(写真3) 安倍川です

 この路線は安倍川に沿って北に向かって走る路線です.途中何度か安倍川を渡りましたが,結構大きな川でした(水量は少なめでしたが).

P5060015(写真4) こんな道を大型バスが走ります

 周辺はどんどんローカルになっていき,それとともに道路もどんどん狭くなっていきました.途中には,バス2台はおろか乗用車同士のすれ違いも無理じゃないかというようなところを走っていました(それなりに交通量があるので,結構退避→すれ違い,という光景があった).

P5060032P5060033(左写真5) 滝の入り口です.(右同6) 第1の吊り橋

 揺られること1時間45分,ほぼ定刻にバスは「安倍大滝入口」バス停に到着,降車したのは私一人でした(この段階でバスに乗っていたのは私を含めて2人だけ).バス停そばに滝への入り口を発見,そのまま歩いていきます.すると間もなく,比較的大きな吊り橋に遭遇しました.安倍大滝までは途中何箇所か吊り橋を渡ります.吊り橋というとちょっと怖いイメージがありますが,この橋はそれほど怖くはありません.問題はその次の橋です.

P5060044(写真7) 第2の吊り橋

 最初の吊り橋から歩いて数分,第2の橋に着きました.この橋,細いワイヤーを渡して,その上に細い板を乗せただけの吊り橋です.バランスを取りながら歩いても結構揺れてスリルは満点,しかも足元には深い谷が広がっています(高所恐怖症の人にはきついかも).橋の出発点に「1人ずつゆっくりと」なんていう看板がありましたが,この橋を全力疾走する人があるとは思えないのでした.

P5060110P5060047(左写真8) 注意の看板,(右同9) 細い板を踏み外したら恐怖です

 ギシギシゆれる橋を渡り終えると,道は急に登りになります.喘ぎながらしばらく登っていきます.10分ほど登ると,そこからは比較的緩い勾配となります.木陰の遊歩道は結構快適に感じられました.

P5060062P5060055(左写真10) この位の橋なら怖くないんですが,(右同11) 案内標識

 結局最初の入り口からゆっくり歩いて40分ほどで,目指す安倍大滝に到着しました.

P5060069(写真12) 安倍大滝です.

 この滝はその落差80メートルにも達する結構豪快な滝で,日本の滝100選にも入っています.この日の水量は少なめだったらしいのですが,それでも近くに行くと水しぶきが凄いのでした.

P5060116(写真13) 梅ヶ島温泉街

 しばらく滝を堪能した後,来た道を引き返します.バス道路に出た後は,そのまま約1キロ上流にある梅ヶ島温泉の温泉街に行きました(ここがバスの終点になります).この付近にも滝があるとのことで歩いて見に行きました(三段の滝という名前でした.さきほど見た安倍大滝に比べると子供のような滝でしたが (+o+)).

P5060124(写真14) 三段の滝です

 その後は温泉街に戻り,日帰り入浴施設のある湯元屋さんに入って温泉を堪能(硫黄泉でしたがpHはアルカリ性で,いわゆるぬるぬるの湯でした),湯上りに地元のおでんと冷酒をいただいたのは言うまでもありません(爆).

P5060129(写真15) おでんとお酒

 しばらく寛いでいるうちに帰りのバスの時間がきました.帰りは渋滞があるのかと思いましたが,結局今度もほぼ定刻に静岡駅に戻ってきたのでした.

 というわけで,久しぶりにネイチャーウォークを堪能した休日でした.

|

« 5月になりました | トップページ | 第16回ひの新選組まつりに参加しました(1) »

コメント

習い事の合宿で、毎年GWに梅ヶ島に行くのが恒例となっています。
私たちがお世話になっているところは、終点ではなく、もうちょっと手前のところにある宿(ペンション?)なのですが、なかなか散策ができません。
安倍の大滝のチラシをみんなで見て、行ってみたいな~なんて思いましたが、先日は下流の滝だけ見物しました(笑)

それにしても、第2のつり橋はやばいです(^^;
板をもう少し増やしてくれてもいいのに・・・
下が見える(泣)
けど、その分、滝のところにたどりついたら、感動できそうですね!!

梅ヶ島の温泉はぬるぬるしているのが好きです♪お肌にも良い感じです(^^)

投稿: みゆみゆ | 2013年5月 8日 (水) 20:26

みゆみゆさん

こんばんは,コメントありがとうございます.
毎年梅ヶ島温泉で合宿ですか! 確かに静かでお稽古には最適な環境のように思います.
下流の滝=赤水の滝ですね,途中バスから見えました.そこも結構大きな滝ですね.

安倍の大滝,片道40分ですが,それほどきつくはないですよ.もちろん話題の第2のつり橋はスリル満点で,ここで引き返してしまう人がいるというのもうなずけます.
とはいえ,この橋で事故が起こったというウワサは聞かないので,案ずるより産むが安しというのが実際のところかと思います.

梅ヶ島温泉はアルカリ性で角質の乳化作用があるので,いわゆる美肌の湯ですね.
今度は宿泊で来たいと思いました.

投稿: ビザ皇帝 | 2013年5月10日 (金) 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184391/57334870

この記事へのトラックバック一覧です: GW最後の休日:

« 5月になりました | トップページ | 第16回ひの新選組まつりに参加しました(1) »