« 週末総括2 | トップページ | 日本100名城スタンプラリー67 »

2009年12月14日 (月)

大石内蔵助とアムンゼン

 今日12月14日はいわゆる忠臣蔵,赤穂浪士の討ち入りがメチャクチャ有名ですが,実は人類が初めて南極点に到達したノルウェーの探検家アムンセンの快挙がこの同じ12月14日(1911年)なんだそうです.

 12月14日というと日本では真冬で日も短いんですが,南半球は反対に夏で日が長い時期です.それも南の果ての南極とくれば,夏も夏,白夜の季節です.実際にアムンセンらはほとんど日が沈まない南極大陸を犬ぞりを駆使して移動し,今から98年前の今日,南極点に到達したのです.

Scottgroup (写真1) アムンセンに遅れること1カ月後に南極点に到達したスコット隊

 しかし,栄光の陰には挫折があり,当時アムンゼンと競うように南極点を目指していたイギリスのスコット隊は移動中のトラブル(アムンセンの犬ぞりに対して,スコットはモーターそりや馬を用意したものの,機械は故障し,馬は凍死してしまうなどして,結局人力でそりを挽くことになってしまった)もあって,南極点到達はアムンセンより1カ月遅れの1912年1月17日になってしまい,しかも悪天候に見舞われ帰路全員が遭難死するという悲劇的な結末になったのでした.

Yamato_snowfield (写真2) 白瀬らは南緯80度5分の地点に立ち,ここを大和雪原と名付けました

 ちなみにほぼ同じ時期に日本の白瀬矗中尉も南極探検をおこなっており,1912年1月に南緯80度を越える地点まで到達しています.

|

« 週末総括2 | トップページ | 日本100名城スタンプラリー67 »

コメント

コンスタンチヌス21世が用意したの?

投稿: BlogPetのアロイジア | 2009年12月15日 (火) 14:35

ビザ皇帝様 こんばんは!

むーん、またしてもアロイジアちゃんがコメント早かったのねん。

昨夜はTVで忠臣蔵にちなんだニュースを見ました。どうしても年末ギリギリのイメージがあるのは、きっとTVドラマの影響なんでしょうね。ゴールデンタイムに2~3時間ぶっ続けで放送されてましたもんね。

今年の夏に、堺さんが主演で「南極料理人」という映画が放映されてたのですが、きっとスコット隊や白瀬矗中尉達の歴史があっての作品なんだろうな、と思います。
岩手でも十分寒いと思うのに、もっとずっと寒いところに行くんですもんね・・・。
私だったら南極点がどこなのか彷徨ってる間に命落としそうです(間違いないな)

投稿: まーうさ | 2009年12月15日 (火) 21:47

<アロイジアへ>
 さすがに1911年にイギリス隊のために物品を用意するだけの気合はなかったな.

投稿: ビザ皇帝 | 2009年12月15日 (火) 23:36

<まーうささん>
 こんばんは.やっぱり年末といえば忠臣蔵ですよね.300年以上も昔のことなのに今でも絶大な人気を誇ってますから,よっぽど日本人のハートに訴える事件だったのでしょうね.

 南極は地球上で一番寒いところですから(北極よりも30℃くらいは寒いらしい),いくら夏とはいえ,彼らの苦労は半端じゃなかったはずですね.
 私も絶対に行けそうにありません(泣).

投稿: ビザ皇帝 | 2009年12月15日 (火) 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184391/47025173

この記事へのトラックバック一覧です: 大石内蔵助とアムンゼン:

« 週末総括2 | トップページ | 日本100名城スタンプラリー67 »