« 龍馬が望まなかった戊辰戦争 | トップページ | 龍馬と寮歌 »

2009年11月13日 (金)

またまた激動の週末

 わたしビザンチン皇帝の例年の行動パターンとして,夏働いて秋遊ぶという法則があります.周囲が遊び休んでいる夏には留守番などしてひたすら資金と英気を蓄え,周囲が働き始めた秋に一気に爆発させるというものです(笑).

 今年も9月頭のイスタンブールに始まり,鹿児島遠征,しながわ宿場まつり,合宿,山陰遠征,宇都宮遠征とイベントが目白押しでした.

 そんな秋イベントの最後を飾るのがこの週末です.まず明日14日は京都で坂本龍馬提灯行列,これは扮装仲間のフミヲさんのお誘いによるもので,イベントの後は今年居酒屋としてオープンした池田屋(はなの舞)での宴会もやろうという企画です.そして翌15日は群馬の前橋での群馬寮歌祭に参加します.寮歌イベントは6月の能代,10月の東京に続き3回目となります.

 というわけで,今上洛の途に就いているのでした.

200911132220000

|

« 龍馬が望まなかった戊辰戦争 | トップページ | 龍馬と寮歌 »

コメント

楽しんできて下さい~☆
本日は地元千葉より応援しております!!
自分は今夜から京都へ出発です。
龍馬提灯行列は是非ぜひ写真UPを楽しみに
しておりますよ~^q^
今回はビザさん扮装されるんですか?>龍馬

投稿: ヒロ | 2009年11月14日 (土) 11:34

ビザ皇帝様 こんばんは!

そういえば夏は職場のお写真若干多めだった気がします。
秋の涼しい頃に活動が多くなるんですね!
今回の土日はどちらもお祭りですか。
紅葉に扮装、似合いそうですね!
寮歌・・・私も学生時代に寮生でしたが、歌はなかったと思います。
しかも最初3ヶ月だけ住んでた寮はもう壊されて無くなってます。
歌があったならば永遠に残ってたんですけどね~・・・

投稿: まーうさ | 2009年11月14日 (土) 22:09

<ヒロさん>
 こんばんは.今頃は京都の秋を堪能されているんでしょうか.

 昨日の提灯行列,
慰霊のイベントですから
華やかなものではありませんが,
夕闇に列をなす提灯はとても良い雰囲気でしたよ.

 私も一応龍馬扮装で参加しました.

投稿: ビザ皇帝 | 2009年11月15日 (日) 18:39

<まーうささん>
 こんばんは.
夏働いて秋遊ぶのが私のパターンです(笑).

 この週末はお天気が心配されましたが,
「晴れ男の自分が行くイベントに雨が降るはずない!」と叫んだら,ちゃんと晴れてくれました(笑).

 お祭りとはいえ、あくまでも慰霊ですから静々とした行進でしたが,提灯の明かりとあいまっていい雰囲気でしたよ.

 今日のイベントは一転して寮歌祭,
平均年齢がムチャクチャ高いので
(私が最年少に近い感じ 笑)
それはそれで,面白い体験でした.

投稿: ビザ皇帝 | 2009年11月15日 (日) 18:56

陛下のアルトハイデルベルヒは明善寮ですか
私の父も明善寮→尚志です
今日こちらはボーイスカウトGolden Jubree(発団50周年)でした
マドリガル仲間K山君の名幹事で老若男女0才から80才まで楽しい時間を過ごしました
二高弘高二つも体験した陛下羨ましいです

投稿: Gustus | 2009年11月15日 (日) 21:56

<Gustusさん>
 二高時代は寮生ではありませんでしたが,
明善寮の友人はいました.
当時すでに新規格寮に建て替えられていましたが,
昔風の自治会スタイルでやっていましたね.

 弘高時代は北溟寮でしたので,
寮生活を満喫(笑)しました.

 個人的には非常に面白かった時代です.

投稿: ビザ皇帝 | 2009年11月16日 (月) 13:32

池田屋が期待してたわりに
「フツーの居酒屋」だったことが悔やまれる・・・(^^;;
来年は関西地方で展開されてる
居酒屋「ももじろう・酢屋前店」で二次会
決定してますから!(爆笑)

投稿: フミゾ | 2009年11月22日 (日) 15:34

<フミゾさん>
 こんばんは.こちらにもありがとうございます.
 池田屋… 階段の演出はありましたが,やっぱりはなの舞ははなの舞ですからhappy01
 居酒屋ももじろう! 東国にはないですから期待できますかね.

投稿: ビザ皇帝 | 2009年11月23日 (月) 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184391/46754409

この記事へのトラックバック一覧です: またまた激動の週末:

« 龍馬が望まなかった戊辰戦争 | トップページ | 龍馬と寮歌 »