« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

行ってきます!

 今日8月30日は第45回衆議院選挙の投票日です.

 わざとそれにぶつけたわけじゃないんですが,これからトルコのイスタンブールに旅立ちます.

 イスタンブールは西暦330年5月11日から1453年5月29日までの約1100年間,ビザンチン帝国(東ローマ帝国)の都として,その後は1923年にトルコ共和国が成立するまでの500年弱,オスマン帝国の都として大いに栄えた街です.

 歴史の古さ,長さという点では京都・北京・パリよりも上です.それこそ古代ローマの遺跡から近代の宮殿まで史跡の宝庫というわけで,今回は一週間かけてそれらの史跡を見てきます.

 大都市ゆえ,ネット環境も整備されている(ハズ)なので,現地レポを書く予定ですので,覗きに来ていただけると幸いです.

 それでは行ってきます(あっ,国民の権利である選挙はちゃんと期日前投票を済ませています).

200908301321000 空港にて

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

活動の季節到来!

 ここ数日当地は連日の晴天です.とはいってもちょっと前までのような暑さと湿気は影をひそめ,朝夕は結構涼しく風もさわやかです.もう秋の気配を感じます.

 毎年秋はビザンチン皇帝が一年でもっとも活動的になる季節です.暑い夏が過ぎて,旅行日和になるのに加えて,コンサートシーズンも秋から始まりますし,研究会や講演会といった副業関係のイベントもこの季節に集中するからです.激しい年になると,月のうち家で寝るのが三分の一程度なんて時もあります(もちろん当直はいつも通りにあります).

 今年も夏の間に蓄えた英気と資金を投入しての活動がいよいよ始まります(笑).

 まずは今週末からのイスタンブール旅行に行ってきます.そして今年は9月に五連休がありますが,そのうち三日間を使っての南九州城めぐり旅行も予定しています(日本100名城は夏の間封印していましたが,この旅行から再開します).その後9月末には恒例のしながわ宿場まつり,10月に入ってからは全国の寮歌祭の殿堂(?)日本寮歌祭が10月12日に行われます.その後第3週末には合唱関係の合宿が仙台であり,10月最終日曜には,これまた恒例の境港妖怪検定が待っています.それに各種講演会やらオペラやら今年も激しい秋になりそうです.

 学術と芸術,そして扮装の秋を謳歌しましょう(笑).

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

日本100名城スタンプラリー60

日本100名城 大洲城(82番)

 この日本100名城シリーズもついに60まできました.飽きっぽい私にしては上出来です.

 さて,そんな60番目の訪問先は愛媛県中部に位置する大洲城です.ここは松山からの大洲街道と宇和島からの宇和島街道が出会う交通の要衝で,江戸時代には大洲藩が置かれていました.

Ozu1 (写真1) 肱川の対岸から見た大洲城

 そんな大洲に初めて城郭を築いたのは鎌倉時代末期の伊予国守護,宇都宮豊房と言われています.その後宇都宮氏が200年以上にわたってこの地を支配していましたが,戦国時代末期に土佐の長宗我部氏と結んだ家臣の大野直之によって乗っ取られます.しかし,天正十三年(1585年)に四国平定に乗り出した豊臣秀吉の先鋒小早川隆景に攻められ落城となります.

Ozu3 (写真2) 中央の再建天守を挟んで左が高欄櫓,右が台所櫓(櫓はいずれも重文).

 豊臣政権下の大洲は当初の小早川隆景から戸田勝隆,藤堂高虎と城主が交代しました.特に築城の名手といわれた藤堂高虎の時代に天守や櫓等の建造物が造られたといわれます.関ヶ原の戦いを経て,高虎が伊勢に移封されると大洲藩が立藩され,脇坂安治,次いで加藤貞泰が城主となり,以後幕末まで加藤氏の支配が続くのです.

Ozu7 Ozu4 (左 写真3) 内部の様子手前の現存部分と向こうの再建部分の違いがよくわかります.(右 写真4) 本丸の石垣です.ここも築城の名手藤堂高虎の城なのです.

 明治維新後は廃城となり,天守を含めた多くの建物が解体されましたが,櫓の一部などが保存され,さらには平成十六年に明治初期の写真等から天守が木造で再建され,現在は城郭一帯が県の史跡に指定されています.

Ozu5mina Ozu8

(左 写真5) 市街地に現存している南隅櫓.(右 写真6) 堤防の上に現存している苧綿櫓.

 規模としては決して大きいとはいえませんが,特に現存の二つの櫓(台所櫓・高欄櫓)の間に再建された天守が立つ光景は,再建の違和感が全く無く,城郭の保存整備はこうすべきというお手本のようでした.

大洲城へのアクセス: JR伊予大洲駅から徒歩20分または循環バスにて13分市民会館前下車徒歩(循環バス時刻表 本数が少ないので注意)

スタンプの設置場所 天守の隣,台所櫓の受付にあります

登城のハード指数(★☆☆ ハードではありません) 普通の公園感覚です.周辺の櫓を回ってもさほど苦労しません.

82ozujo 登城日 2009年1月12日

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

写真で遊ぼう

 お仲間のフミヲさんトコで紹介されていたサイトです.

 PhotoFunia

 自分の写真を加工して遊ぼうという企画です.面白そうなのでさっそくやって見ました.

Photofunia2e37edd_2 

Photofunia2e35372 Photofunia2e51d93 Photofunia2e52afc Photofunia2e53b73 Photofunia2e336fd Photofunia2e516b8 Photofunia2e520dd Photofunia2e3332d Photofunia2e3789a Photofunia2e35662 Photofunia2e34405 Photofunia2e36681 Photofunia2e53638 Photofunia2f8fc55

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

50周年記念演奏会

 昨日東北大学混声合唱団50周年記念演奏会が行われ,私も出かけてきました.晴れ男の私を歓迎するかのように仙台は快晴のよいお天気でした.ただ首都圏に比べるとだいぶ涼しく,もう秋の気配が感じられます.

Tohokukonsei_002 (写真1) 外観は川内記念講堂時代と変わりません

 会場となったのは大学川内キャンパス内にある萩ホール,旧川内記念講堂です.そのネーミングから一瞬建設にあたって長州藩の援助があったのか(笑)と思いましたが,実は仙台市の花が萩で,そこから来た名前のようです.

Tohokukonsei_004 (写真2) 開演前から行列でした

 旧川内記念講堂は昭和60年当時キャパシティでは仙台一を誇っていましたが,いかんせん施設が古く本格的なコンサートを開催するにはちょっとという感じでした.今回云年ぶりに中に入ったのですが,基本構造は以前と変わっていないものの,内装は見違えるほど立派になり面目を一新していました.

Tohokukonsei_005 Tohokukonsei_008

(写真3,4) 内装は見違えるように立派になってます

 今回の演奏会は4ステ構成,1ステと4ステが現役団員のステージ,2ステと3ステがOB・OGのステージです.第1ステージは委嘱作品で混声合唱組曲「生命の進化の物語」,作曲は合唱団OBの長谷部雅彦氏,実は彼は私の一学年下でしたが,本作では作曲の他,作詞や本番の指揮も自らやるというワーグナーばりの活躍を見せていました.曲は壮大な時の流れをテーマに,人類の進歩と更なる繁栄を願うものでした.

 第2ステージは昭和40年代に現役だった古いOB・OGの方々のステージ,当時の愛称歌の他,大中恩氏の私の動物園や高田三郎氏の水のいのちといった邦人作品の古典を演奏しました.指揮はOBの板橋憲一郎氏でした.

 第3ステージは比較的新しい世代のOB・OGを中心としたステージ,曲は東北大混声のメインジャンルともいうべき宗教曲の小品で,モーツァルトのAve verum CorpsやJ.S.バッハのカンタータ147番の最終コラール,フォーレのラシーヌの雅歌などでした.指揮は合唱団常任指揮者の佐々木正利先生です.

 そして第4ステージは再び現役団員のステージでした.曲はこちらも委嘱作品で,仙台市出身でドイツ在住の作曲家江村玲子先生による「きらめく世紀」という作品です.これも壮大な時の流れをテーマにした作品でした.指揮は3ステと同様常任指揮者の佐々木先生で,作曲者の江村先生がピアノを担当されていました.

 会場ほぼ一杯の聴衆を前に2時間半にわたった演奏会は感動のうちに終了しました.

 終演後は会場を移して交流会となります.既に還暦を過ぎた大OBから二十歳前の現役団員まで混ざっての交流となりました.合間には当然のように愛唱歌の合唱が入ります.数十年にわたって合唱団として歌い継がれている愛唱歌をともに歌うことによって,世代を越えた一体感を感じるのでした.他の機会にちょくちょく顔を合わせる仲間もいますが,云年ぶりの仲間との再開もあって感激もひとしおでした.

Tohokukonsei_025 Tohokukonsei_023

(写真5.6) 交流会の様子,私が抱えている酒は一の蔵という宮城県北の地酒です.この酒蔵が合唱団ゆかりの方で,現役時代花見やコンパで滅茶苦茶お世話になったお酒です.

 考えてみれば,この合唱団には音楽を専門にやっている学生はほとんどいません(東北大学自身に音楽科が存在しない).にも関わらず,毎年オーケストラ伴奏付きの宗教曲を取り上げて演奏していました.この背景には先生から学生にというより,上級生から下級生に連綿と受け継がれるこの種の音楽の伝統というものがありました.私自身,大学入学までクラシックのしかも宗教音楽なんて聴いたこともなかったはずですが,諸先輩の薫陶を受け,また仲間内で集まっては,やれバッハのカンタータがどうしたとか,モーツァルトのこの作品はどうだとか,酒を飲みながら語り合い教養を身につけていったのです.

Tohokukonsei_031 (写真7) 当時の仲間たちと.こうしてみてもみんなあんまり変わってません.

 こんな仲間たちとの生活が,今に続く私の音楽生活の礎となっているのです.

 我が素晴らしき仲間たちよ,本当にありがとう.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

青春の思い出

 先週末は中学時代のクラス会に参加したんですが,今日は現在に至る私の趣味や生活スタイル等に決定的な影響を与えた大学サークルの会合に出席してきました.

 18歳から22歳というもっとも多感な(?)時期を過ごした大学合唱団が今年で創部50周年を迎え,その記念演奏会が行われたのです.演奏会終了後には交流会も行われ,よく会っている面々の他,20年近くぶりの人などもいて非常に懐かしかったです.

 今帰路の新幹線で,詳細は明日アップしますが,本当に楽しいひと時でした.

200908231816000 (写真) 交流会にて,ワインを傾ける私

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

休肝日でした

 C2H5OHCH3CHO の毒素もすっかり抜けた昨日の夕方,いきなり電話が掛かってきた.誰だろうと思ったら市内の某病院の事務の人,なんでも今夜当直予定のドクターが急用で泊まれなくなったので代わりを探しているとのこと.以前似たようなシチュエーションでお手伝いをしたことがあったので私のところに電話が来たようだ.声の感じから相当困っているらしい(医師法で夜間当直医が不在ということは許されない).

 時計を見たら4時近く,たしかに今から他を探すのは大変そうだ.最悪見つからない場合は高齢の院長が泊まることになるらしく,それはあんまりだ.

 というわけで緊急当直と相成りました.仕事が終わってから急いで家に戻り着替え一式を抱えて件の病院に出張,一晩こなして先ほど帰宅した次第です.まあ救急センターとかではないのでそれほどハードではないんですが,やっぱり予定にない泊まりは緊張します.ただ,あのまま家に帰るとまた酒を飲んで,先日のダメージから回復しつつある我が肝臓を再び痛めつける可能性があったので(そこが酒の魅力ですな),いっそ当直を入れて休肝日にしてしまった方が結果として体にいいんじゃないかなどと思ったのでした.

 というわけで思いがけず2日間連続の休肝日となりました.肝臓の方もだいぶ調子が良いと思われます(笑).

 で,私ですが学生時代の合唱団の記念演奏会のため,今夜から仙台に行ってきます(間違いなく酒が入るな 笑).

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

ひと休み

 立秋は過ぎましたが,まだまだ暑い日が続いています.

 そんな暑さと疲労に加えて,昨夜職場の暑気払い(要するに宴会)での C2H5OH の影響もあってか,今日は午前中 nausea(悪心)& vomit(嘔吐)で辛かったです.

 困ったことに今日は外来日だったので,まさか人前でみっともない格好はできないと,さも何ともないふりをして診察し,合間に「ちょっと失礼」と席をはずしてトイレに直行 → vomit というパターンを繰り返していました(今日自分が診察したすべての患者さんより自分自身の方が具合が悪かったことは確実です).

 脱水になっては大変と必死にスポーツドリンク等摂取するんですが,すべて vomit してしまい受け付けず,結局点滴のお世話になってしまいました.補液の威力はさすがで,1リットル入れたらあっという間に復活しました.みなさん暑気払いでは暴飲に注意しましょう(笑).

200908201502000 (写真) 午後になっても,まだちょっとイマイチな自分(不精ひげが具合の悪さをそこはかとなく表しています).

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

宇宙戦争

 ブログ&扮装仲間のフミヲさんとこで紹介され,一部で激しく盛り上がっているネタ.

 ひねもすのたりまったりかな~

 新選組終焉の地として,はたまたウチのKの出身地として知られている(?)函館が今,侵略の危機にさらされているそうです.

 侵略者の名は イカール星人… 函館市民はイカばっかり喰ってるから,逆襲に来たんだそうですhappy01.ウェルズの宇宙戦争に出てきた宇宙人はタコ型でしたが,こっちはイカ… 素敵過ぎます.

 この侵略に立ち向かうのが,五稜郭タワーが変形するタワーロボと,空中城砦ゴリョウカク.そして謎の中空土偶妙に冷静な函館市役所happy01,設定は完璧です(新選組愛好家としては,宇宙戦艦弁天台場なんかが出てくると最高ですが 艦長はもちろん相馬主計で,司令官が土方歳三).

 いや~,函館山は火の海になるは,見覚えのある交差点に怪獣が出現するはで,久しぶりに大笑いさせてもらいました.

 これを見ていたら,函館に行きたくなりました.少なくとも観光PR動画としては100点満点じゃないかと思います.最近では関連グッズも発売されてるとか,こりゃ絶対年内に行くしかないと決意を新たにしたのでした.

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

二十云年ぶりのクラス会

 この週末,わずか2日間の帰省をしてきました.

 昨日の朝一に小田原から新幹線を乗り継いで盛岡へ.実家に行って少し休んでからお墓参りに出かけます.我が家に関係するお墓やお寺数か所を回って手を合わせました.

 その後夕方から,かねて予定の中学時代のクラス会に出席です.昨日の記事にも書いたとおり,私にとって中学時代は人生で一番印象が薄い時代です.そんなせいでもないんですが,クラス会の出席は初めてでした.

 会場の盛岡駅前の居酒屋に予定の5分前に入ります.指定された場所に行くと、既に数人の人が来ています.誰だったかなと思っていると,「○○(私の本名)くんじゃないか!」と言われました.その声を聞いて,「あ~,△▲くんか!」と思い出した私.そのうち順次他の人々についても思い出して行きました.

 結局集まったのは十数人ほど,卒業から二十云年経っていることを考えれば,まあまあかなと思いました.担任の先生も来られるのかと聞いてみましたが,残念ながら今回は不参加とのこと.中学時代,成績はともかく素行の方はイマイチで,結構担任の先生には迷惑をかけたので,会ってお礼(お詫び)ができなかったのは残念でした.

 久しぶりの再会で昔話や近況報告に花が咲きます.参加するまでは,二十云年経っており,しかもこのご時世,みんな生活感がにじみ出て人生に疲れたヤツも多いんじゃないかと思ってたんですが,どうしてどうして,みんな当時とさほど変わらない感じで元気でした.オッサン,オバハンという感じの人もおらず,男性陣も女性陣もみな歳より若く見えるのが多かったです.考えてみれば自分の世代は見事にアラフォー世代,バブル期に青春を謳歌した名残でみな元気,かつ仕事面でも社会の第一線で活躍する時期でもあり,まさに人生油が乗り切っているという感じでした.

 結局一次会から二次会と流れ,気が付いたら12時になっていました.明日朝から仕事の人もいて今夜はお開き,またの再会を約束しつつ家路につきました.

 ご一緒させていただいたみなさん,本当にありがとうございました.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

帰省します

 本日8月15日は終戦の日です.

 それとは直接関係ありませんが,この週末盛岡に帰省します.お墓参りもあるんですが,実は中学時代のクラス会があるんです.

 私の人生において中学時代は一番印象が薄くて,ビザンチン皇帝の暗黒時代なんて呼んでいるんですが(別に嫌な時代だったわけではありません.念のため),そんな時代の仲間たちに会ってくるわけです.

 考えてみれば,中学時代の同級生とはほぼ卒業以来会っていないような気が…

 みんな立派なオッサン,オバハンになってるんだろうななどと考えつつ,おそらくは一番変わっていないのは自分自身だろうなんて思いながら,クラス会を楽しみにしているのでした.

 盛岡に向かう新幹線の車内にて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

日本100名城スタンプラリー59

日本100名城 湯築城(80番)

 愛媛県松山市の城といえば,なんといっても現存天守のある松山城が圧倒的に有名です.しかしこの街には,実はもう一つの100名城が存在します.

Yuzuki1_2 (写真1) 湯築城です

 それが湯築城(ゆずきじょう)です.松山市内の有名な温泉地道後温泉そばにある道後公園がそこにあたります.ここは松山城が造られる前,南北朝時代から戦国時代末期にかけての伊予国の中心地でした.城を築いたのは鎌倉幕府の御家人だった河野通盛で建武三年(1336年)といわれています.彼 は南北朝の争乱で足利将軍家に味方して最終的に伊予の守護となりました.その後近隣の諸勢力や身内との争いもありましたが,戦国時代末期まで伊予の支配を続けました.

Yuzuki2 (写真2) 湯築城の堀と土塁

 しかし,天正十三年(1585年)に全国統一に乗り出した豊臣秀吉にはかなわず,遠征軍の将小早川隆景に降伏,河野氏による伊予支配は終焉を迎えました.開城後,湯築城には小早川隆景が入りましたが,間もなく移封されました.代わって天正十五年(1587年)に福島正則が入りましたが,彼はまもなく今の今治にあった国分山城に居城を移し,湯築城は廃城となったのです.

Yuzuki3 Yuzuki5 (左 写真3) 丘に登る道,(右 同4) 丘の上からは松山城が見えます

  かつて湯築城があったところは現在道後公園となっています.湯築城は小高い丘に三段の曲輪を置いた丘城でしたが,戦国時代になって丘の周囲に二重の堀と土塁が造営され平山城となりました.当時の建物は一切残っていませんが,堀や土塁から往時の姿をしのぶことができます.

 松山城の方は圧倒的に観光客が集まる城でしたが,こちらの湯築城(道後公園)は逆に地元の人たちの憩いの場になっているようでした.

Yuzuki6

湯築城へのアクセス: JR松山駅から伊予鉄道道後温泉行きで18分,道後公園下車すぐ

スタンプの設置場所 公園内の湯築城資料館にあります

登城のハード指数(★☆☆ ハードではありません) 普通の公園です.丘に登るのもさほどの労力を要しません.

80yuzukijo 登城日 2009年1月12日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

業務用

 今日は久しぶりに朝から晴天で気温も高くなり,夏だ!という感じでした.

 朝また地震がありましたが,今度は八丈島付近が震源だったようです.最近地震が多く,ちょっと心配ですが,ウチの院長は「たまったエネルギーが一気に噴出されて大地震が来るより,こうして小さい地震が多発してエネルギーを小出しにしてくれるほうがいい」と言っていました.たしかに正論かも.

 さて,そんな昼下がりに職場の栄養管理室の人と話をしていたら,納豆の話題になりました.自宅で食べる際には小分けされたパック詰めの納豆が重宝されるんですが,病院なんかの給食ではどうなのか? と聞いてみたら,袋にドカンと入ったのを買ってくるんだそうです.

Nt  というわけで,見せてもらいました.袋入り(1袋あたり1kg入り ちなみにホテルの朝食なんかに出てくるパックは30gなので,33人前です)の納豆です.さすがに凄い迫力でした.納豆大キライなウチのKが見たら卒倒すること間違いなしです(笑).

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

地震!

 今朝5時過ぎに,駿河湾を震源とするマグニチュード6.6の地震がおこり,東海地方を中心にかなりの揺れを観測した模様です.

 静岡県中部・西部に加えて伊豆や焼津で震度6弱,静岡県東部で震度5を記録したようです.

 当地でも震度4とそれなりの揺れだった(らしい)のですが,恥ずかしいことに私は当直明けの爆睡中,しかもノンレム睡眠の深い時間帯だったのか,まったく揺れに気付かず寝ていました.

 朝起きて家の中の様子にも特に変わったところはなく,あえて言えばいつも携帯電話を窓際のテレビの上に置いておくのですが(ここが我が家唯一の電波スポット),朝見たら下に落ちていたことだけでした.家や職場にも被害はありません(ただ電車が運行停止になったところもあって,出勤できない職員はいました).

 しかし揺れが強かった地域では,ここ連日の雨に加えての地震ですから,地盤が緩んでいるところもありそうです.今後の余震等が心配です.

 ちなみに自分が経験した地震でもっとも揺れが強かったのは震度5でしたが,さすがにその時は怖かったです.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

回天の門

 出張のお供は本,というわけでいつも本を持ち歩いています.最近は藤沢周平さんの蝉しぐれを読んでいましたが,このたび無事に読了しました.

Kaiten

 というわけで,次はどうしようと思って本屋で購入したのが表題の回天の門です.これは同じく藤沢作品で,幕末の志士清河八郎の生涯を扱った作品です.

 清河八郎といえば,特に文久三年の浪士組結成の経緯から一般には策士・山師のイメージがあります.しかし,バックに藩などの後ろ盾を持たない草莽の志士だった清河が己の思想を具現すべく生きていくには,生半可な決意ではできるはずはありません.結果として浪士組の一件は奇策に見えるものの,清河自身の思想は一貫としています(単に幕府側が気付いていなかっただけ).

 清河と作者の藤沢周平さんは共に出羽庄内の出身であり,そんな藤沢さんの清河像がどのようなものか,これから少しずつ読み進めていきたいと思います.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

昨年のフランス旅行記が完成

 留守番が多い8月,たまったレポ作成に取り組んでおります.

 というわけで,昨年3月末から4月初めに行ってきたフランス旅行記がようやく完成しました(1年半近く掛かったわけだ).

 転勤間際のフランス旅行

 今明かされる,新選組 IN パリ の舞台裏などなど(笑).ぜひのぞいて下さい.

 さあ,残るは新選組 IN アフリカナミビア旅行記だ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

今年の旅行シーズン

 ビザンチン皇帝,毎年恒例の夏季休暇を利用しての行幸が決定しました!行先は私にとって原点ともいえる場所です.

 それは京都! 

 じゃなくって(それは新選組の方 笑)

 ズバリ,コンスタンティノポリス(現 イスタンブール)です.ビザンチン帝国千年の都です.

 普段ビザンチン皇帝を名乗っている者にとっては故郷ともいえる街ですが,実は一度も行ったことがありませんでした.もちろん行きたいのは山々なんですが,地球上には魅力的な場所がたくさんあって,たとえば砂漠とかジャングルとか極地とか,歳をとってからだと行くのが辛くなる場所もあります.ですから若いうちにそういう体力が必要な場所に行っておこうということで,近年はナミビアのナミブ砂漠とかマダガスカル島など辺境に行く機会を作るようにしました.

 その流れで,今年は西アフリカのマリ共和国(ドゴン族や黄金の都トンブクツゥで知られる)や南米ベネズエラのギアナ高地を計画していました.

 しかし前者は現地の治安状況が悪化したため,また後者については計画段階で例の新型インフルエンザ騒動が発生しアメリカ大陸への渡航が自粛ムードになってしまったため,結局どちらも困難になってしまったのです.

 で,それではということでコンスタンティノポリスに決定した次第です.

Sophia  この街はビザンチン帝国1100年,オスマン帝国500年の都です.現在ではもちろんオスマン帝国時代のものも多いのですが(トプカプ宮殿やブルーモスクなど),6世紀に建造されたハギヤ・ソフィア大聖堂や5世紀に完成したテオドシウスの大城壁地下宮殿などビザンチン時代の建造物や遺跡なども数多く残っています.また東方正教会の総本山ともいえるコンスタンティノポリス総主教座は現在もこの街に存在します.今回はこれらをめぐってこようと考えています(それからもちろんトルコ料理やベリーダンスも).

 出発は今月の末から来月はじめにかけてです.これからじっくりと計画を練っていきたいです(この計画段階が旅行の楽しみの半分を占めるという噂がありますが 笑).

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

訃報 大原麗子さん逝去

 ついさっき久しぶりの100名城記事をアップして,ココログとYahooブログのコメ返しをした直後に,驚くべきニュースが出ていました.

 俳優の大原麗子さん死去

 大原麗子さんといえば,昭和55年放送で私の大好きな大河ドラマ獅子の時代に,薄幸の女おもん役で出演されていた方です.主人公の会津藩士平沼銑次(菅原文太さん),薩摩藩士苅谷嘉顕(加藤剛さん)との絡みが素晴らしく,私はこの作品で彼女の魅力を知りました.その後も大河では近代ものだった「山河燃ゆ」や主演だった「春日局」,幕末モノの「徳川慶喜」などでの姿が印象的でした.

 また超有名なテレビコマーシャルの

 すこし愛して,なが~く愛して

 も忘れられません.

 10年ほど前にギランバレー症候群に罹患され、以来活動を縮小したとは聞いていましたが,まさかこんなに突然亡くなってしまうとは,夢にも思いませんでした.詳しい死因等については不明のようですが,事件性はないとの報道です.

 大原麗子さんのご冥福を心からお祈りいたします.

 自分にはとってかなりショックなニュースでした(本記事は当ココログと別館Yahooブログの両方に載せました).

 そんな大原麗子さんの懐かしいCMです.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本100名城スタンプラリー58

日本100名城 松山城(81番)

 愛媛県の県庁所在地松山市は,夏目漱石の坊ちゃんゆかりの地として,また今秋から3年にわたって放送予定のNHKスペシャルドラマ坂の上の雲の主人公,秋山兄弟の出身地としてして,さらには新選組十番組長原田左之助の出身地としても知られています.

Matsuyama1 (写真1) 松山城の天守

 松山は江戸時代に伊予松山藩の城下町でした.藩主は当初,外様の加藤氏,蒲生氏(蒲生氏郷の子孫)でしたが,寛永十一年(1634年)に藩主忠知が無嗣子で没したため断絶となり,以後は親藩の松平氏が入りそのまま幕末に至りました.

Matsuyama2 (写真2) 天守から見た本丸の様子

 そんな松山の中心が松山城です.市内の標高132メートルの勝山山頂に本丸を置いた平山城です.本丸に残る天守は幕末に再建されたものですが,とりあえず江戸時代の建造物ということで現存12天守の一つに数えられています.

Matsuyama3 (写真3) 松山城古地図

 松山城の本丸は山頂に置かれているため,細長い形をしていますが,ここにはこの天守を含めて合計21もの国の重要文化財があります.それらを見て歩くだけでかなりの時間が必要になります.本丸へは徒歩で登ることも可能ですが,東雲口からロープウェイで行くのが一般的です.

Ichinomon Shichikumon

(写真4 左) 一の門,(同5 右) 竹紫門(いずれも重文です)

Noharayagura Kakuremon

(写真6 左) 野原櫓,(同7 右) 隠門(いずれも重文です)

松山城へのアクセス: JR松山駅から路面電車で大街道下車,徒歩5分で登り口です.

スタンプの設置場所 天守受付にあります

登城のハード指数(★☆☆ ハードではありません) ロープウェイを利用すれば楽に散策できますが,徒歩で登るならそれなりにハードになります(徒歩なら★★).

81matsuyamajo 登城日 2009年1月11日

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

刑事コロンボ

 我がビザンチン皇室はみんな刑事コロンボが好きです.

 亡き父(先代の皇帝コンスタンチヌス20世)は昭和50年代からビデオデッキを購入して,テレビ放送される際には必ず録画して楽しんでいましたし,その影響からか母親も好きなようでした.もちろん私も大好きで,テレビや父が録画したビデオはよく見ていました(そのビデオは今では擦り切れてそうですが 笑).

 最近一番凝っているらしいのは妹で,定期的に発売されている刑事コロンボDVDコレクションを集めているらしいです.

 刑事コロンボの魅力はもちろん主演俳優のピーター・フォークのキャラクターなんですが,日本では加えてコロンボの吹き替え担当だった,故・小池朝雄さんの存在が大きいと思います.彼の声によるコロンボの名セリフ

 「うちのカミサンがねぇ~」

 はあまりにも有名です.

 刑事コロンボはぼさぼさの頭,よれよれのレインコート,やぶにらみの目など一見さえない風貌ですが,一度怪しいと睨んだ人物にスッポンのように食いついて,ついには犯行を認めさせるなどなかなか敏腕な刑事です.ちなみに彼の愛車はプジョーで,どうやら購入以来15万マイル(240,000km)は走っているらしいです.

 テレビシリーズには1971年からの旧シリーズと,1989年からの新シリーズあわせて60本以上の作品があります.どれも魅力的な作品なんですが,とりわけ私が好きな作品が,第40作殺しの序曲です.これは知能指数が上位2%以内でないと入れない天才組織の中で起こった殺人事件にコロンボが挑む話です.犯人がコロンボの知能を試そうと問題を出したりするシーンも楽しいんですが,なんといってもラストにコロンボが犯人のプライドを刺激して罠にはめるところがいいんですよね.最後に犯人が「あなたは警察に置いとくには惜しい人物だ」と言うのに対して彼が,「とんでもない,上司に叱られる,無断で警察やめたら」と答えるやり取りもたまりません.

 以前妹に会った際に,この殺しの序曲が見たいという話をしていたんですが,今日家に帰ったら郵便が… なんと我が妹がこのDVDを送ってくれたのでした!

 というわけで本日は久しぶりにコロンボを堪能しています.

Koronbo_001 (写真) 送られてきた刑事コロンボです.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

ペスト

 今日8月4日は久しぶりに一日中晴れでした.朝から夏の青空と湿気,そして蝉の声とまさに夏の一日です(なぜにこんな日に仕事をという気分になります 笑).

 そんな今日,ニュースで興味深い記事を見つけました.

 中国・青海省で「肺ペスト」発生

 私と医学の出会いは,小学校時代に読んだ野口英世の伝記でした.そこから伝染病に興味を抱き,保健室に出入りして,置いてある資料を読んだりしたのですが,当時はコレラペスト黄熱病などの伝染病(感染症)に恐れおののいていたものです.

 しかし衛生状態が格段に良くなった現代日本では,上記に掲げた感染症を見ることはなく,私もこの3疾患の臨床経験はありません.

 しかしこれらは世界的に見れば,決して過去の感染症ではなく,今でも時々発生が報告されています.コレラは東南アジアなどから時々日本にも入ってきますし,黄熱はいまだにアフリカを中心に蔓延している疾患で,入国の際に黄熱の予防接種証明書(イエローカード)を求められます.ペストについてもインドを中心に時々報告があります.ちなみにペストという言い方はドイツ語(Pest)で英語ではPlagueと呼びます.

 さて,本日のニュースで特に私の関心を引いたのは,今回のペストが肺ペストらしいからです.

 ペストは本来ネズミなどのげっ歯類に感染する病気ですが,ノミを介して人間にも感染します.原因となるのはペスト菌です.6世紀のビザンチン帝国時代からヨーロッパをしばしば脅かし,特に14世紀の大流行ではヨーロッパ人口の三分の一が死亡したといわれています.感染パターンから

 ① 腺ペスト

 ② 敗血症ペスト

 ③ 肺ペスト

 の3つに分けられます.このうち圧倒的に多いのが①の腺ペストです.これはノミに咬まれた傷からペスト菌が侵入して近在のリンパ節を腫脹させ痛み,発熱を起こすタイプです.次に多いのが②の敗血症ペストで,同じく咬み口から入ったペスト菌が血管内に侵入して全身感染症を起こすタイプで,病状が進行すると血液凝固系の異常から皮膚に出血斑が生じるのが特徴です(ここから中世には黒死病と呼ばれました).初期には特徴的な症状がないため血液培養以外に診断法がなく治療が後手になる恐れがあるタイプです.そして一番少ないのが③の肺ペストで,これはペスト菌によって肺炎で発症するタイプです.本来ペスト菌は飛沫感染しないので,肺炎で発症することはないはずですが,腺ペスト患者が進行して二次的にペスト菌肺炎に至り,そこから飛沫に乗ってペスト菌が他の人の呼吸器系に侵入するのでは,といわれていますがはっきりしません.

 ちなみにこの3病型の頻度ですが,ハリソン内科学によると1950年~1996年までのアメリカ国内のデータで,腺ペストが86%,敗血症ペストが12%,肺ペストが2%とされており,肺ペストが極めて稀なタイプであることがわかります.

Pestis_002 (写真) 今回ペストについて勉強しようと,普段は本棚の飾りになっているハリソン内科学を引っ張り出しました.

 今回中国ではこのもっとも稀な肺ペストが発生し,しかも集団発生しているという点が特徴的です.先にも述べたようにペストの感染経路は基本的にノミ→ヒトであり,ヒト→ヒトの感染は稀だからです.現地では一帯を封鎖したとのことですが,今後どうなるのか注目していきたいと思います.

 ちなみにニュースやWikipediaでは肺ペストの致死率は100%近いと出ていますが,ハリソン内科学によると,(1950~1996年アメリカのデータでは)約40%とのことです.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

第4回境港妖怪検定

 最近ココログのアクセス解析で,妖怪検定というキーワードが目立って増えてきました.

 もしやと思って調べてみたところ,どうやら今年の境港妖怪検定の実施要項が発表されていたようです.

 境港妖怪検定

 鳥取県境港市は漫画家水木しげる氏の故郷であり,それにちなんで平成18年から始まったのが境港妖怪検定です.こういう世界が大好きな私は第1回に初級を受験して合格,翌第2回は仕事の都合で不参加,昨年の第3回は中級を受験して見事に粉砕されて現在浪人中です(笑).

 いわゆるご当地検定の一種ですが,なんと今年は初級に限り東京でも受験できるんだそうです.とはいえ自分が受験するのは中級なので,境港へ出向かねばならないのは変わりないのでした.昨年の中級は合格率が司法試験並みでした.出題される妖怪も悪路神の火とか,芝右衛門狸とか,アマビエとかマイナーなものばっかり,それこそテキストを暗記するくらいでないと合格は望めないと実感しました.

 それはともかく,今年の日程は10月25日(日)だそうです.行く気満々ですが,実は翌10月26日は盛岡で大学の講義があるんです.講義自体は午後からなんですが,できれば盛岡に前泊したい… そうなるとどうやって境港から盛岡に行くか… これをクリアしなければならないのでした(最悪の場合,米子発の最終の飛行機で羽田に戻って,夜行バスで盛岡入りかなぁ).

 まあ,参加するつもりで頑張って勉強しよう(笑).

 ちなみに昨年の中級の試験問題はこんな感じです.

 妖怪検定を振り返って(試験問題は持ち出せないので,必死に覚えたものですので,必ずしも正確ではありません).

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

銀座の南イタリア料理店

 昨日買い物のため銀座に繰り出しました.ちょうどお昼時に当たっていたため,昼食にしようと思いました.せっかくだからパスタにしようと考え,銀座でパスタならここだろうというお店に入りました.

 その店の名は…

 スケベニンゲン

 ほら,そこのあなた,笑わないで下さい!happy01 

Scheveningen_017(写真1) 銀座の一等地にある南イタリア料理店です

 ここはけっして妖しい風俗店ではありません.今年で創業30年になる南イタリア料理店なのです.場所は銀座の松屋のすぐ近くです.

 スケベニンゲン(Scheveningen)とはオランダのハーグ郊外にある海岸の町で,リゾート地として知られています.

Scheveningen_019 (写真2) ハーグ市から電車で30分程度だそうです

 なんでも店のオーナーが友人とこの地を訪れた際に,店の名前はこれだ!と決めたとの事です.オランダの地名なのになぜイタリア料理? と思いますが理由は不明です.

Scheveningen_011

 この店の名物はオムレツ風パスタのフリッタータなんですが,今回は魚介類たっぷりのペスカトーレを注文しました.美味しかったです.

 今回はランチでしたが,ワインもあるのでディナーもいいと思います.

Scheveningen_014  店の壁には総務省統計局長からの感謝状が貼られていました.笑っちゃいけないと思いつつ,笑ってしまいました(happy01).

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

去年のしながわ宿場まつり

 今日からいよいよ8月です.

 鬼が笑うという表現があります.来年のことをいうと鬼が笑う(未知のことをいくら言っても仕方がない)などといいますが,鬼が笑うどころか鬼が呆れる話なんです.

 昨年9月28日に行われたしながわ宿場まつりのレポが今頃完成しました.もう来月には今年のしながわ宿場まつりだというのに…

 とりあえず,見てやってくださいまし.

 2008年しながわ宿場まつりレポ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »