« 日本100名城スタンプラリー45 | トップページ | さらば,わが愛車 »

2009年2月25日 (水)

日本100名城スタンプラリー45(BlogPet)

コンスタンチヌス21世の「日本100名城スタンプラリー45」のまねしてかいてみるね

日本100名城月山富田城への支配権を登って山中御殿が当時の急な石垣私のものとなる山中御殿からもその尼子氏が月山富田城となり,また最終的に守護のだが開催さが築かれて行くとなります.現在は山形県のある月山(1542年(イエローバス広瀬米子からイエローバスでちょうど戦国尼子フェスティバルがそちらに位置する安来節では全くなく,見た月山富田城(イエローバスは大したことが滅亡後は井戸跡尼子氏です),またイエローバス時刻表)の建物は井戸跡です(イエローバス時刻表)戦国尼子フェスティバルが多数歩いていました広い平地に入って山中御殿があったの最後の内陸部に歴史資料館の中心と鳥取の尼子氏から直接バスは大したことが築かれ居城が登場したことが強いの復元模型です.その堅固さがしのばせます(写真2)にありませんが滅亡に築かれ居城が築かれますがしのばせますが滅亡にありませんが強いの最後の攻撃を経ており,二の丸,米子線,本丸のハードです.難攻不落の受付になり,見た毛利氏が,奥書院平などが築かれ居城が守護代の道を15分市立病院下車(イエローバス時刻表)には国の内陸部の山麓部に歴史資料館の内陸部の石垣や甲冑姿の反対側に耐えた山城です)戦国尼子フェスティバルが当時の建物は毛利氏です)に入っており,米子駅から直接バスは山形県の道を経ています.現在はこのようなつづら折れの七曲りと呼ばれるつづら折れの中心と出しています.現在は国の京極氏とのある細い道は出雲そばもその堅固されます(声を15分川の設置場所歴史資料館が開催されます.登城の京極氏の登山道に至りますが開催されて行くことから下剋上によって出雲の内陸部には米子線,模擬店で行くとなる山中御殿が)城です(1542年)月山富田城です.月山の石垣私が)花ノ壇からもその尼子氏です(イエローバス広瀬米子から見たらちゃんと割子に移るとともに廃城は国のものと出していましたの復元模型です)本丸の七曲りは国の内陸部にありますがしのばれます.難攻不落の武者らが築かれます(イエローバス広瀬バスターミナル行きで20分川の建物は米子線,遺構として石垣私の最後の尼子氏によって松江城が当時をしのばれた山城です.難攻不落の同名の京極氏によって松江城が滅亡後は毛利連合軍のが滅亡になりましたがしのばせます),奥書院平などを撃退し,本丸の京極氏です.ここから見たらちゃんと割子になり,奥書院平などを奪った毛利氏の大内・毛利氏によって松江城がありますがあります.難攻不落の急な石垣私の設置場所歴史資料館が訪問し,その後の内陸部の受付に尼子フェスティバルが多数歩いており,当時を15分川の山の山の建物は結構きついです.難攻不落の先に急激な石垣私の支配権を撃退します)に移るとともに廃城です)戦国時代に築かれており,城跡近くでは島根と太鼓櫓,天文十一年)山中御殿までの全容富田城です.月山の最後の登山道は米子から七曲りは井戸跡です)に入ってくれます.登城日2008年10分市立病院下車(200円)山中御殿跡尼子フェスティバルがあったが当時の登山道をしのばせますが)城です.現在はこのようなつづら折れの山の復元模型です(声をかけるとなりました月山の反対側に急激な東北人に位置する安来節で20分ほど登るとなりました.現在は井戸跡尼子氏滅亡に指定されますが築かれています.またイエローバスで行くとなります)城は山形県のイメージが訪問しますが守護代の戦いで行くことも可能です)のが),模擬店で有名),堀尾氏です)月山富田城(イエローバスで行くことも売られ居城が)城(★★☆ややハードです)花ノ壇からは米子駅から見たことも3年間包囲戦に急激な石垣私の七曲りと鳥取の史跡に急激な東北人に指定された広い平地に入っていました月山(写真1)から翌年にかけての最後の七曲りは井戸跡です.また最終的に入って行くと三の丸,遺構として石垣私が築かれますがそちらに歴史資料館の最後の先に急激な東北人に急激な登りに耐えたが登場した毛利氏滅亡後は米子駅から見た毛利氏とのアクセス:JR安来節で有名),そこを登っており,またイエローバスは井戸跡尼子氏がしのばせます(安来駅から徒歩10月26日

*このエントリは、ブログペットの「アロイジア」が書きました。

|

« 日本100名城スタンプラリー45 | トップページ | さらば,わが愛車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本100名城スタンプラリー45(BlogPet):

« 日本100名城スタンプラリー45 | トップページ | さらば,わが愛車 »