« 雌伏の時 | トップページ | エレベーター »

2008年1月30日 (水)

大山トチロー

 昨年末の忘年会で職場の新人を巻き込んで銀河鉄道999扮装にチャレンジした私だが,実は究極の目標があった.それは,大山トチロー扮装をすること.

 トチローは伝説的な技術者であるとともに,ハーロックの親友,エメラルダスの最愛の人である.「宇宙海賊キャプテンハーロック」には名前しか登場しないが,映画版の銀河鉄道999には実際に出てくる.ちなみにテレビ版のハーロックにまゆという名の青い髪の女の子が出てくるが,彼女こそトチローとエメラルダスの一粒種である.私もトチローが好きである.優秀な理系人間で,決して二枚目ではないにもかかわらず,あのエメラルダスのハートを射止めているところなんかが素晴らしい(笑).

 実は星野鉄郎の扮装とトチローの扮装は良く似ている.背格好も似たような感じだし(もちろん年齢はトチローのほうが上),服装も類似している.それもそのはず,鉄郎の帽子は元々トチローが被っていた物だったのだ(TVアニメ版999の設定.映画版ではトチローの母親から貰う).マントも非常に類似している.いうなればトチローは鉄郎のバージョンアップ版という感じで,鉄郎に牛乳瓶の底のようなメガネをかけさせ,頭に”トリさん”を載せるとトチローになるという寸法である.

 先日の企画で鉄郎衣装はそろっている.あとは眼鏡とトリさんだ.眼鏡のほうは適当に作れるが,問題はトリさんの方.探せばフィギュアも売っていそうだが,値段が高そう.というわけで紙粘土で作ることにした.うーん,紙粘土なんて小学校以来だ(笑).太い針金を骨格にして,かる~い紙粘土を塗りつけていく.美術センスゼロの手で苦闘すること1時間やっと完成した.これを乾燥させて細部に手を加え,色を塗ってトリさんの完成である.

 よし,これで扮装ができる,と思ったのだが…,何かが足りない.そう,戦士の銃「コスモドラグーン」である.実も星野鉄郎もこの銃を所持しているのだが,彼はひよっこゆえ,鉄郎扮装の際には省略させてもらった.しか~し,トチローとなれば話は別,これをはずすことは許されない.というわけで,昨年末以来このコスモドラグーンを入手しようと走り回っていたのですが,ないない.販売はされているようなのだが,マニアックなファンに人気があるのか,品切れ状態なのである.ネットオークションではいくつか見かけたが,できれば購入したいと探し回って…,ついに見つけました.しかもシリアルナンバー1番のトチローバージョンを!

P1300036 (写真1) コスモドラグーンを構えるトチロー

 かくして松本零士ワールドでもっとも松本的キャラであるトチローの誕生と相成ったのでした.

P1300003 (写真2) トリさんと酒盛りをするトチロー

|

« 雌伏の時 | トップページ | エレベーター »

コメント

やばい。若者流に言えば「やばい」です。
良すぎます。今までわたしはメーテルや鉄郎の扮装をした人を見たことありますが
トチローはありません。すばらしいです。
あの、もし高幡不動までこのカッコでいらしてくれたらわたしが専属カメラマンになって写真おとりいたしますね。
ぎゃはは。

投稿: フミヲ | 2008年2月 1日 (金) 15:36

 フミヲ様,やっとできました,トチロー扮装を(こうして改めて見ると,FFシリーズの黒魔導師にも見えますが…).
 確かにネットなどで探してみても,メーテルや鉄郎扮装は見かけますが,トチローはないですよね,コアなファンは多いような気がしますが(あっ,そういえば昔,松本零士自身がトチローに扮していたことがあった気が).
 この格好で高幡不動に行ってもいいんですが,視界がほぼゼロになってしまうという欠点があるので,途中の新宿駅あたりで機械化人に襲われそうな気がします(爆).

投稿: ビザ皇帝 | 2008年2月 1日 (金) 22:38

ビザ皇帝隊長 こんにちは!

あはははは!扮装と背景とテーブルのギャップに絵心すら感じます!
トリさん上手いじゃないですか!そして…ソックリではないですか!!
幼い頃だったので全く区別つかなかった…というかテツロウとトチローは名前訛ったか何かで同一人物だと思っていたんですよ(爆笑)

投稿: まーうさ | 2008年2月 3日 (日) 16:02

 まーうささん,こちらにもありがとうございます.そうですね,たしかに扮装と背景にギャップが…,少なくとも西暦2970年代には見えませんね.こんど外惑星っぽいところでのロケを計画します(笑).
 たしかにテツローとトチローは似ています.岩手ではトチローが訛ると”トツロー”でしょうか.
 紙粘土製のトリさん,とっても軽いです.もっと大きいのを作りたかったんですが,あまり大きいと,乾燥する前に自身の重さで歪んでしまうんです.

投稿: ビザ皇帝 | 2008年2月 3日 (日) 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大山トチロー:

« 雌伏の時 | トップページ | エレベーター »