« 忘年会の季節 | トップページ | コンスタンチヌス(BlogPet) »

2007年12月 5日 (水)

復活とクリスマスオラトリオ

 今年の12月はイベントが多い.忘年会ももちろんだが,音楽関係のビッグイベントが2つもある.ひとつは12月21日に盛岡市民文化ホールで行われるマーラーの交響曲第2番「復活」の演奏会,もうひとつがその2日後に台湾で行われるバッハのクリスマス・オラトリオの演奏会(第1部~第3部)だ.

Img282 マーラー交響曲第2番「復活」演奏会のチラシです.

 マーラーの「復活」は指揮者が飯森範親氏,オケが東京交響楽団である.ワーグナー以降の作品であり,オケの規模もすこぶるでかい(なんとホルン,トランペットが10本も出てくる! ステージにオケ・合唱団が全員乗るのか心配).演奏時間80分,全5楽章からなり第5楽章に合唱が登場する.普段バッハやヘンデルなど18世紀くらいの作品を中心にやっている者にとっては,ドイツ後期ロマン派の重厚な雰囲気に感動を覚える.曲も次の音が想像できないなど(バロックの作品の場合歌っていると,次の音は大体想像がつく),当初戸惑うことが多かったが,練習しているうちになじんできた感じだ.この感動的な大曲,当日どんな演奏になるか楽しみである.

 そしてもうひとつの企画,12月23日に本番のクリスマス・オラトリオは指揮がG. シュマルフス氏,オケは台湾のエバーグリーン交響楽団だ.会場は台湾の台北である.昨夜(12月4日)盛岡で本番の指揮をするG. シュマルフス先生を迎えての練習があり,私も行ってきた.練習できる時間は少ないが,悔いが残らないように頑張りたいものだ.

Pc040004
盛岡での練習終了後帰り道にて.冬型の気圧配置に覆われた平庭峠は雪で,気温はなんとマイナス6℃でした(寒).

|

« 忘年会の季節 | トップページ | コンスタンチヌス(BlogPet) »

コメント

豪気ってなに?

投稿: BlogPetのアロイジア | 2007年12月 5日 (水) 10:11

永井豪の気配ってことじゃないかい(笑).

投稿: ビザ皇帝 | 2007年12月 6日 (木) 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184391/17277600

この記事へのトラックバック一覧です: 復活とクリスマスオラトリオ:

» マーラーとその名演 [クラシック音楽ぶった斬り]
入門としてはワルターの「巨人」(コロンビア交響楽団のがベスト)。極め付きはワルターの「大地の歌」(デッカの52年盤)。全集ならバーンスタインの新盤。 [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 18:15

» 私にとっての西洋音楽史上最高傑作 [クラシック音楽ぶった斬り]
西洋音楽史全体を見渡しても、これほどの高みに達した音楽を、少なくとも私は他に知らない。 [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 20:29

« 忘年会の季節 | トップページ | コンスタンチヌス(BlogPet) »