« 記念(BlogPet) | トップページ | 今年の妖怪検定 »

2007年11月26日 (月)

キハ52系引退

 岩手県内のJR山田線,岩泉線を走っていた気動車(ディーゼルカー),キハ52がこの3連休の中日11月24日で引退となりました.この連休私は当番のため出かけることはできませんでしたが,報道によると全国から1000人以上の鉄道ファンが詰め掛けたそうです.

Pa210113_2 P1010114 (左)引退する国鉄色のキハ52 (右)大志田駅を通過する盛岡色のキハ52

 キハ52系は非電化区間を走る気動車として昭和30年代から製作されたもので,エンジンを2基搭載されていることもあり,主として馬力を要求される山岳路線に配備されました.非電化路線のスピードアップに貢献しましたが(なにせこの列車の前は蒸気機関車時代),製造から50年近い歳月で老朽化が著しいのと,列車の高速走行が当たり前になった現代ではパワー不足が明らかなのとで,全国で順次引退となっているのでした.岩手県の山田線・岩泉線はこのキハ52が今でも走る路線として知る人には知られていましたが,今回ついにお役御免となった次第です.この日は「栄光のキハ52号」,「さようならキハ52号」という形で運行されたようです(特に「さよなら~」は普段の山田線ではありえない5両編成だったようです).

Pa300044 既に一足先に引退したキハ58です.

 一方で山田・岩泉線で運行されていたもうひとつの系統,キハ58系(主として非電化区間の急行列車用として製造されたもの)は,すでに先月20日をもって運行が終了しており,今後は同線内もキハ110系気動車による運用となります.110系は平成になってから運用された比較的新型の気動車で,馬力もあり,冷暖房完備の優れた車両です.山田・岩泉線も文明開化されたというわけでしょうか.

Pa300056 こちらはキハ110系での運行が始まった山田線午後の快速リアス号です.

|

« 記念(BlogPet) | トップページ | 今年の妖怪検定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184391/17196617

この記事へのトラックバック一覧です: キハ52系引退:

« 記念(BlogPet) | トップページ | 今年の妖怪検定 »