« 日常の再開 | トップページ | 横っ飛びベローシファカ »

2007年6月19日 (火)

びっくりドンキー発祥の地

 今日は所用で盛岡へ.それにしても暑かった.30℃くらいあったんじゃないかと感じる暑さだった.

 さて,本日の話題はハンバーグレストランとして全国展開している「びっくりドンキー」という外食チェーンです.実はその発祥の地は盛岡なのでした.市内の繁華街から少し横道に入ったところにある店,「ハンバーグの店ベル」がそうです.「びっくりドンキー」は,当初「ハンバーガーとサラダの店ベル」としてこの地に誕生し(昭和43年),その後主力商品をハンバーグに変更し,盛岡市内に数店舗展開,その後本社を札幌に移して現在の「びっくりドンキー」の名前で全国展開し,現在に至っているのでした.

 同系列でパスタなどを扱う「ペペサーレ」などのレストランもありますが,ハンバーグレストランは1つの例外を除き「びっくりドンキー」で統一されています.唯一の例外がこの,発祥の地に残る「ハンバーグの店ベル」なのでした.やはり発祥の地だからこそ,昔の名前「ベル」を遺そうということなのでしょうか.

P6190003

 写真で見るとおり,このお店外観はこじんまりとしていますが,中は意外に広く,普通のテーブル席のほかにお座敷もあります.しかも,よくあるレストランの小上がりなどではなく,縁側や庭(夜間はライトアップもされます)を有し,部屋には掛け軸もかかっているなど,それなりに本格的なお座敷でした(ハンバーグより,うなぎや懐石料理が出てきそうな感じ.ここで女子高生がパフェを食べている光景はなかなか笑えます).一般の「びっくりドンキー」はテーブルまで商品を台車で運びますが,このお座敷では,店員さんが岡持ちに商品を入れて持ってきます.

 ちなみにメニューは「びっくりドンキー」と全く同じで,値段も全く変わりません(以前はこの店特有のメニューがあったというウワサですが…).

 マダガスカル写真シリーズその2 ネタ写編パートⅠ

Neta2 ダチョウに襲われる~!

Neta3 保護区で観光客相手に疲れ,ヤンキー座りするワオキツネザル.

 まだまだ続きます(笑).

|

« 日常の再開 | トップページ | 横っ飛びベローシファカ »

コメント

ひゃははははは。
やってますね、やっちゃいましたね!!
ネタ写!はるばるマダガスカルまで行っての
ハジケ写真、すばらしいです!
さすが全ネ連の組頭です。
とくにダチョウネタ。いいですね、迫真の絵演技ですね。この写真、トリミングして
人物&ダチョウだけを拡大して皇帝さまの
職場にお飾りになってはいかがですか?
患者さまの気もかなりほぐれるものと思います。病は気から、お笑いは気の薬(^^)~

投稿: フミヲ | 2007年6月20日 (水) 11:59

ネタ写が世界に広がってるーっ!!
いいっすねー、ダチョウネタ。 皇帝ったら、逃げる逃げる(笑)
ワオ君にタバコを持たせた小ネタも好きだわ♪

・・・・びっくりドンキー、盛岡が発祥の地だったんですねー。 
知りませんでした。 なので・・・ホームページ見に行っちゃいましたわ(^^) 
東北地方のリストの一番下に「ハンバーグのベル」が載ってます。「小さな店を恥じることはない」と店内に掲げられた言葉を出発点として、全国300店に迫っているんですね。すごいなー。

投稿: 風雅 | 2007年6月20日 (水) 18:48

<フミヲさま> お気に召していただけて嬉しいです.このダチョウ,マダガスカル西部のモロンダバにあるメナベ公園内に放し飼いにされていたものです.他の作品もありますのでご期待ください(笑).

<風雅さま> いよいよ全ネ連も世界規模になったというわけでしょうか(笑).それにしてもワオキツネザルの日向ぼっこは,リラックスしまくりというか,なんかかったるそうに見えて愉快です.
 その昔,びっくりドンキーのハンバーグはミミズの肉を使っているという都市伝説があったのですが,冷静に考えると牛肉を使うよりミミズ肉を使ってハンバーグを作る方がはるかにコストがかかるそうです(同じパターンはマクドナルドにもあった).

投稿: ビザ皇帝 | 2007年6月21日 (木) 15:05

ビザ隊長!(←いろいろ混ぜ過ぎ?)こんばんは!

「ベル」、私の職場から近いっすよ!
歩いて5分くらいでしょうか。
わき道入るんですよね。
以前は違うお店だったんですよー!
うん、ミミズのお話ありましたよね。
それで一時期行かなくなっちゃいました。

さてさてネタ写真…
ぎゃはははは!いいっすねー!
満喫してる感出てます。
追いかけられてる顔がイキイキしてますね!

投稿: まーうさ | 2007年6月21日 (木) 23:03

 まーうささんこんばんは.そうですか,職場はベルから徒歩圏内ですか.ということは昼食時にお互いそれとは知らず,すれ違ったことがあるかもしれませんね(ちなみに最近はたまにしか盛岡に行かないため,行くといつも「白龍」のじゃじゃ麺です).いつかお昼をご一緒したいです.
 さて,ネタ写のダチョウ,実はよく見るとダチョウの足元にひな鳥がいるんです.そういうわけで,ダチョウもおいそれと私を踏み潰すワケにはいかないようです.ちなみに奥に小さく見える青いジャンバーの人物が,今回の旅行のガイドです(日本語を話すマダガスカル人).
 

投稿: ビザ皇帝 | 2007年6月22日 (金) 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184391/15491174

この記事へのトラックバック一覧です: びっくりドンキー発祥の地:

» びっくり ドンキー [びっくり ドンキー]
びっくり ドンキーファンが びっくり ドンキーについての情報集めました [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 01:31

« 日常の再開 | トップページ | 横っ飛びベローシファカ »