« 出張です | トップページ | 高幡不動尊再び »

2007年6月30日 (土)

日本トンデモ本大賞

 現在出張で小田原に来ている私が今週末江戸に出向いた最大の目的は,今日イイノホールで行われた”日本トンデモ本大賞2007”に参加することであった.

P6300001 これがチケットです

 トンデモ本とは「著者の意図とは異なる視点から読んで楽しめる本」のことで,1999年に人類が滅亡するとか,相対性理論は間違っていたという著者の無知や勘違いから内容がとんでもなくなってしまった本のことである.したがって,はじめからギャグとして書かれた本や読んで不快になるような本は該当しないことになる.一般には予言ネタ,UFOネタなどのオカルト・疑似科学ものに多いが,時には参考書や広告などにもあるという.

P6300005 会場入口にて

 こうした”トンデモ本”を研究しているのがと学会であり,と学会が毎年企画しているのが”日本トンデモ本大賞”である.言ってみればトンデモ本のレコード大賞というわけで,前年に発売されたトンデモ本のなかから最も”とんでもない”本を投票で決めようというコンセプトである.元々こういったオカルトもの大好き少年だった私(信じるかどうかは別にして)にとっても,たまらない企画である.

 12時半頃に会場に着くと,すでに多くの人たちでごった返していた(入場券は前売りで全て完売という盛況ぶりだった).若い男性が多かったが,中には中年の人や女性,更にはカップルで来ている人もいた.元々こううネタはいわゆるオタク文化に属し,昔はカップルとは無縁のものだったが,最近はオタク文化も市民権を得るようになり,こういう人たちの参加も珍しくなくなったようである.場内では関連書籍(もちろんトンデモ本やオタクものなど)の販売も行われており,学会の雰囲気をかもし出していた(笑).

P6300008_1 会場は大勢の参加者で盛況です.

 定刻になり会が始まる.まずはスタッフによるトンデモ物件の紹介である.これは本のみでなく,トンデモお祭りやトンデモ施設なども紹介されていた.特に今回は長野県の自作花火大会の様子(これが本当に凄い.狭い境内でまるで爆発事故が起こったかのような激しい花火が炸裂していた)や大正時代の高等女学校の卒業写真などが興味を引いた.その後は今年のトンデモ本大賞ノミネート作品の紹介やトンデモ・クラシックコンサート(いわゆる冗談音楽)と続き,最後に投票で選ばれた2007年トンデモ本大賞の発表となった.本年度の大賞には,人々の圧倒的な支持で(有効投票数の6割以上,ちなみに私もこれに投票した),枡谷猛 著 「人類の黙示録」 文芸社が選ばれた.

P6300018 壇上に並ぶスタッフの人たち

 「人類の黙示録」は日本列島が世界の縮図である(北海道が北米大陸,本州がユーラシア大陸,九州がアフリカ大陸など)という前提で,日本の武家社会(鎌倉時代から江戸時代まで)は約666年で,これは黙示録の獣の数字であるということから,将来日本の武家社会で起こったことが,世界規模で起こると予言した凄い本である.その内容はとても簡単にまとめることはできず,私も是非購入して読んでみたいと思った次第である(残念ながら会場では売っていなかったが,出版社の人が会場に来ていたらしく,持ってくれば売れたのにと悔やんでいたらしい).

 久しぶりに大笑いして魂の洗濯をした皇帝でした.

P6300010 私もと学会特製バッグを購入してしまいました(笑).

|

« 出張です | トップページ | 高幡不動尊再び »

コメント

ちょちょちょっと!
皇帝さま!
なんなんですか
その私好みのB級・へなちょこ風味
ぷんぷんの会は!

あたいも行きたいぜよ
行きたいぜよ、行きたいぜよー。
んでもってジュンイチ・ヤオーイ&
トシヤ・ナカオーカについて
語り合いたいぜよーう。

投稿: フミヲ | 2007年7月 1日 (日) 15:18

 ふっ,ふっ,ふっ,ついに知ってしまいましたね,トンデモの世界を.さも普通の本のふりをして書店の棚に並んでいるトンデモ本の数々,ナチスがUFOを造っていたとか,1999年に人類が滅亡するとか,右回りは健康にいいとか,様々なアンダーワールドがトンデモの世界です.今年の大賞は終わってしまいましたが,来年も江戸で行われるようです.フミヲ様も是非ご参加くだされ.
 http://www.togakkai.com/
  ↑
 と学会のHPです.どうでもいいのですが,と学会のシンボルマークも私と同じ双頭の鷲なんですよねぇ(深い意味はありません).

投稿: ビザ皇帝 | 2007年7月 2日 (月) 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184391/15610132

この記事へのトラックバック一覧です: 日本トンデモ本大賞:

« 出張です | トップページ | 高幡不動尊再び »