« イタリアの聴衆 | トップページ | レオポルド・ブログ3 »

2006年12月17日 (日)

ノロウイルス

 この冬はノロウイルスによる感染性腸炎がはやっているらしい.我が岩手県でも関西方面に修学旅行に行った高校生が集団感染したなどという事例も報告されている.ノロウイルスは主に冬季に発熱,下痢,嘔吐を主症状として起こる感染性腸炎(俗にお腹に来る風邪といわれるもの)の原因ウイルスのひとつである.ウイルスによる腸炎としては他にロタウイルスが有名である(特に小児科領域では有名なウイルスで,私が医学生だったころは,「冬」,「小児」,「白色の下痢」とくれば,何とかの一つ覚えで即,ロタウイルスと覚えたものである.ちなみに白色の下痢とは,下痢が頻回過ぎて胆汁の分泌(便のあの色は胆汁由来なのです)が追いつかず,米のとぎ汁のようになった下痢のことです.

 ノロウイルス感染は,何らかの経路でウイルスが経口から侵入し,腸管で増殖して発症する.潜伏期間1~2日で発症するが,中には感染しても無症状の人もいる.感染した人の便や吐物にはウイルスが含まれているため,その処理が不適切な場合,感染源になりうる.特に無症状の人であっても,便にはウイルスがいるため,感染源が特定できない理由になっている.

Norovirus ノロウイルスの写真です(International Committee on Taxonomy of Virusesのデータベースより引用).

 治療であるが,2006年12月現在,ノロウイルスに有効な抗ウイルス薬は存在しないため,基本的には自分の免疫力で治すしかない.ただ,疾患としては軽症の部類に入り,通常2~3日で治るので,過度に恐れる必要はないが,乳児や高齢者など体力が弱い人の場合は脱水などを起こすこともあり,注意が必要である.尚,ノロウイルス感染かどうかを調べる検査については,電子顕微鏡で観察する方法やRT-PCRというウイルス遺伝子を検出する方法があるが,たとえウイルスを突き止めても特異的な治療があるわけではないため,一般には行われていない(勿論集団感染などの場合は原因特定のため行われると思うが).

 対策としては,怪しい人の便や吐物を素手で扱わない(必ず手袋をする).きちんと手洗いをする(とは言っても普通の石鹸では不活化は困難)などであろうか.

 さて今夜は当直で,今仕事が一段落してこのブログをアップしている.もしかしたらノロウイルスの感染性腸炎の患者さんが来るかと思っていたが,幸い今のところはお目にかかっていないのであった.

|

« イタリアの聴衆 | トップページ | レオポルド・ブログ3 »

コメント

ノロウィルスの事で教えてほしいのですが…
実は自分が現在、感染してます。もぅ三週間たちます水分をまめにとったり、ヨーグルトをたくさん食べたりしています。こんなに長期間にもなると、体調などに影響はないのでしょうか…今インフルエンザにかかり体力が低下していますが、また増えたりという事はないのでしょうか…

投稿: ASA | 2009年1月29日 (木) 21:19

<ASAさん>
 おはようございます.このブログは病院ではないので,私のコメントは病院での診察に代わるものではありません.以下のお話はあくまで一般論です.
 感染して3週間ということですが,ノロウイルス感染症は通常数日で治癒しますので,3週間もの間症状が遷延しているとすれば,他の疾患を考える必要があるのではないかと思います.
 下痢症状が長期にわたって続くと,脱水や電解質(血液中のナトリウム,カリウムなど)異常を起こすことはあります(それを予防するためにスポーツドリンクなどの摂取が推奨されるわけですが).
 ノロウイルスは一度感染すると免疫ができますが,数カ月しか効果が持続しないと言われますので、またかかる可能性はあります.
 いずれにせよ心配であれば医療機関の受診をお勧めしますよ.

投稿: ビザ皇帝 | 2009年1月30日 (金) 09:44

(ビザ皇帝さん)
早速の返答有難うございます。参考になりました。

投稿: ASA | 2009年1月31日 (土) 21:17

<ASAさん>
 わざわざありがとうございます.お大事になさってくださいね.

投稿: ビザ皇帝 | 2009年2月 1日 (日) 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノロウイルス:

» ノロウイルス 潜伏期間 [感染予防]
ノロウイルスの潜伏期間。家族にノロウイルス感染した人がいた場合の二次感染を食い止める方法。 [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 23:05

» ノロウイルスの対策 [アンチエイジング@若返りの秘訣 あなたの加齢対策は何?]
ノロウイルスで多数の死者がでていますが、その対策はいろいろあります。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 09:21

« イタリアの聴衆 | トップページ | レオポルド・ブログ3 »