« コスプレ忘年会 | トップページ | あ,当たった! »

2006年12月13日 (水)

レオポルド・ブログ2

 レオポルド・ブログの第2弾をお届けします.

レオポルド・ブログ

1781年12月19日

息子が結婚?

Leopord2  こんにちは,モーツァルトです.いやー,困ったことになりました.ウィーンに住んでいる息子,ヴォルフガングのことです.今年の5月にザルツブルグの大司教と大喧嘩をして,ウィーンに行ってしまい,今はクラヴィーアの教師をして暮らしているらしいんですが,その息子からなんと!結婚したいという手紙が来たんです.

 考えてみればあの子も来月で26ですから,結婚しても全然おかしくはないんですが,問題はその相手です.ウィーンに行った当初,あの子はヴェーバー家に下宿していたんですが,どうやらコンスタンツェとかいう,そこの娘とデキてしまったらしいんです.ヴェーバー家には年頃の娘が何人もいて,息子が生活する環境としてふさわしくないと思い,強引に引っ越させたんですが…….

 もちろん私はこの結婚には反対です.息子にはしっかりとした家柄の娘と結婚して欲しいと思っているからです.あの子には音楽の才能があります.でも音楽の才能だけで食べていけるほど世の中は甘くありません.しっかりとした経済的,社会的バックグラウンドがあってこそ,あの子の才能は花開くのです.そのためにも,社会的にしっかりした家の娘と結婚する必要があります.だからこそ,私はあの子が小さい頃から貴族の家に出入りさせたり,人前に出しても恥ずかしくないように礼儀作法を教えてきたんです.それなのに,下宿屋の娘と結婚だなんて…….しかも息子は以前,ヴェーバー家の娘にひどい目にあわされているんですよ(あの子が私の家内と就職活動でパリに滞在中,家内が亡くなった後,失意のどん底にあったあの子を袖にしたのが,アロイージアという,やはりヴェーバー家の娘でした).私は息子をひどい目にあわせたヴェーバー家を許しません.

 そういえば,ヴェーバーの女主人はかなりやり手だという噂を聞いたことがあります.もしかしたらその女主人が,金づるとして私の息子に目を付け,コンスタンツェとかいう娘とくっつけるよう,何か仕組んだのかもしれません.それも大いに考えられることです.

 とにかく,この結婚話,誰が何と言おうとも,私は絶対に許しません.もし,私の許可なく結婚するようなら,もう親子の縁を切ります.

|

« コスプレ忘年会 | トップページ | あ,当たった! »

コメント

こんにちは、!
レオポルト・ブログの第二弾読ませて戴きました。今回もとても面白いです!
モーツァルト・イヤーももうすぐ終わってしまいますね・・・・・・でも、やっぱりモーツァルトは永遠!だと思ってます。本家のアマデウス・ブログでもいよいよ、運命の日が近付いている様でドキドキしています・・・・・・
レオポルト・ブログも楽しみにしていますね。

投稿: かすが みぅ | 2006年12月14日 (木) 11:54

 かすが みぅ さん,再度のご訪問ありがとうございます.今回のレオポルド・ブログは,モーツァルトの結婚をテーマにしてみました.レオポルドがモーツァルトを貴族の娘と結婚させたがっていたのは事実らしく,実際コンスタンツェと結婚したことは彼にとってはショックだったのでしょう.
 モーツァルトイヤーも残りわずかとなり,来週はいよいよモーツァルトの死を迎えるわけですが,レオポルド・ブログの方もあと1本か2本位アップしたいと思ってますので,またのぞきに来て下さい.

投稿: コンスタンチヌス21世 | 2006年12月14日 (木) 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レオポルド・ブログ2:

« コスプレ忘年会 | トップページ | あ,当たった! »