2020年8月 7日 (金)

第117回日本内科学会講演会

 私も会員になっている日本内科学会の講演会は例年4月上旬に開催される.今年の第117回講演会も当初は2020年4月10日(金)~12日(日)の日程で開催される予定だった.しかし新型コロナウイルスの感染拡大の中で延期となり,今日8月7日から3日間の日程でweb配信を中心とした形式での開催となった.学会というと認定医や専門医の単位が絡んでくるのだが,特に今年は普段ならお手軽に単位が取れる地方会や生涯教育講演会がすべて中止になってしまったために,単位を稼ぐ場は今回の講演会がほぼ唯一である.参加形式は実際に講演会が行われている東京国際フォーラムに出向くか,web配信を視聴するかのどちらかとなる.とはいえ,こんなご時世,都心まで出向く人は少なくおそらく多くの会員はweb参加を選択しただろうと想像された.

 学会によると,web参加に当たっては

① 会員番号に紐づけされたアカウントを作成する.

② 参加費を払う

③ 会期中に最低5時間以上講演を視聴する

④ 学会側がログを確認し後日単位を認定する

という仕組みになっていた.ポイントは最低5時間視聴しなければ単位を認定しないと言うところであり、そのためにわざわざ会員にアカウントを作らせるという徹底ぶりだった(まあ、そうしないと登録だけして視聴せずに単位だけ貰おうとする人が出てくるから 笑)。

 そして本日、いよいよ第117回内科学会講演会が始まった。

Img_6490Img_6491

 私も5時間の視聴を始めるべくPCの前に待機、さあログインだとIDとパスワードを入力する・・・

 が、しかし・・・

Img_6492

 

 まったく繋がらない 😆。

 思うにさっさと視聴を済ませてしまおうという私のような人が大勢いてアクセスが殺到したためサーバーがダウンした模様(内科学会は会員数11万人の巨大学会)。さっそくTwitterでもネタにされていて、「内科学会CPA(心肺停止)」、「これは正直者にしか見えない講演なんだろう」などとツイートが出ていた。

 結局お昼過ぎにが学会から一斉メールが流され、事前登録者全員に無条件で単位を認定するということで事態の収拾を図ることになった。

 これだけの規模の学会なのだから、大量のアクセスがあったらどうなるか、運営側は考えていなかったのだろうなと思ってしまった(そう考えると毎回ラピュタの放送のたびに起こる“バルス“祭りでも落ちないTwitterは偉大だなと改めて感心したのだった。

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

中部地方の天気予報

 仕事で時々静岡県沼津市に出かけている.以前は電車利用だったが,春ごろからは感染対策もあって自家用車を使うようになった.だいたい夕方当地を出発して現地入り,一晩過ごして朝こちらに戻ってくるパターンだ.朝戻る途中にラジオを流しているのだが,午前6時50分頃から天気予報の時間になる.静岡県は中部地方に含まれるので,東海・北陸とセットで放送される(厳密にいえば静岡県は東海地方に含まれないので,NHKのテレビなんかだと,「東海・北陸と静岡です」みたいな言い方をする.

 で,そんな東海・北陸地方の天気予報で気になる点が出てきた.県別の天気予報は一般に県をいくつかに分け,それぞれについて予報を出すのがパターンだ.例えば東北地方の青森県だと津軽・下北・三八上北に3分されるし,岩手県なら内陸・沿岸北部・沿岸南部と3分される.

 そうした中で東海地方の岐阜県は美濃地方飛騨地方に2分である.岐阜県は旧令制国で北部の飛騨国と南部の美濃国に分かれるからこれは納得だ.じゃあお隣の愛知県は尾張地方と三河地方なのかというと,さにあらず.実は東部と西部である…

 なんでだろう? 岐阜県は美濃と飛騨なのに,どうして愛知は東部と西部なのか… 謎である.織田信長の出身地尾張と徳川家康の出身地三河,ともに地域に対する愛着が強そうだから,その名を出すと視聴者のナショナリズムに火を付けてしまうからなのか? と思ってしまった.ちなみに北陸の石川県は令制国に従い加賀地方と能登地方を使用しているが,福井県は越前と若狭ではなく,ほぼ同じ領域を指す嶺北と嶺南を使っている.こちらは越前という言葉自体が福井県を指すイメージがあるからではないかと想像している.

 そんなことを考えながら運転する朝だった. 

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

ゆっくり動画

 新型コロナウイルス関連で,出張や趣味のお出かけが激減しているビザンチン皇帝です.今年の2月までは東京行きの新幹線回数券,新宿行きの小田急の土日回数券,東京メトロの土日回数券が常に財布に入っていましたが,3月以降新規の購入はありません.

 外出の頻度が激減したということは,これまでに比べて自由に使える時間が増えたということでもあります.そんな時間を使ってホームページ本編の未完記事を仕上げたりしているわけですが,ふと思い立って動画を作ってみました.

 内容は自分の趣味っぽく,「J.S.バッハのマタイ受難曲について」.対象はあまりこういった作品に詳しくない人にもわかるよう易しい内容となっています.もっとも,ただの解説動画では芸がないので,インターネット上で有名なAAゆっくりしていってね!!!の方々にご登場いただきました(ゆっくりMovieMaker3を使用).ゆっくり解説はネット上では人気のジャンルですが,歴史系はそれこそ一生かかっても見きれないほどの作品がアップされていますが,こういうクラシック系,特に宗教曲系は寡聞にして見たことがないので,他作品と被る心配がないのが気楽です.

 シリーズ化がなされるのかは,はなはだ疑問ですが,まずは1本完成したので良しとしましょう.

 というわけで,ゆっくりしていってね!!!(笑)

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

日本寮歌祭のはずだった日

 今日,令和2年8月2日は第60回日本寮歌祭が開催されるハズだった日です.

 自分の趣味の一部である寮歌イベントは,それをリアルで知っている世代が高齢化するに従い全国でその数を減らしています.10年くらい前には能代や大宮,群馬等各地で行われていて自分も参加させていただいていましたが,ついに今年はこの日本寮歌祭を残すのみになっていました.

 しかし新型コロナの感染拡大の中で,今年は中止することが決まりました.まあ寮歌祭は(一応広いとはいえ)ホテルの宴会場にリスクの高い超高齢者を中心として400人もの人間が密集し,歌い,踊ります.世界的に見ても極めて感染リスクの高そうなイベントであり,まあ仕方ないでしょう.

 検討の結果,来年8月14日(土)に今年予定されていた日暮里のホテルラングウッドで第61回として開催する予定となっています.また歌い踊れる日がくることを願っています.

Img_5163_20200805002801  写真は昨年行われた第59回の様子です.

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

梅雨明け!

 今日、気象庁は関東甲信地方が梅雨明けしたらしいと発表しました.

 関東甲信地方で梅雨明け 8月は13年ぶり

 平年より11日,昨年より8日遅いとのこと,関東地方で梅雨明けが8月にずれ込んだのは2007年以来,13年ぶりのことらしいです.かつては梅雨明け宣言と呼んでいたんですが,宣言後に再び梅雨空がぶり返して気象庁に苦情が殺到した(?)過去があったらしく,近年は「梅雨明けしたとみられる」とやや弱気な表現に変わっています(実際の梅雨明けは9月になってから振り返って決定されるらしいです).

Img_6486  そんな今日は早速の青空が広がっています.気温も所によってはかなり上がると言われていますが,当地はそこまでとはなっておらず,まあまあ快適な気候となっています.

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

オリビア・デ・ハヴィランドさん逝去

 今日ネットのニュースで女優のオリビア・デ・ハヴィランドさんの訃報が流れていました.

 『風と共に去りぬ』メラニー役、オリヴィア・デ・ハヴィランドが104歳で死去

 5月にドイツのオーボエ奏者で指揮者のヘルムート・ヴィンシャーマン氏が100歳で存命であることを知り,その記事を書いた際に(ヘルムート・ヴィンシャーマン),そういえばオリビア・デ・ハヴィランドがまだ健在だったなぁと思いだしたものでした.あれから2か月,そんな彼女の訃報です.

800pxolivia_dehavilland2(写真)今から75年くらい前の姿

 オリビア・デ・ハヴィランドは1916年7月1日にイギリス人の両親のもとに東京で生まれました.これは彼女の父親が当時日本で仕事をしていたからです.ただ1919年には両親とともに離日し,イギリスに戻ろうとしますがオリビアが病気になってしまったためにアメリカのカリフォルニアに滞在,結局そのままアメリカにとどまることになりました.

 高校生の頃から女優の道を志し,卒業後の1935年に「真夏の夜の夢」で映画デビュー,その後さまざまな作品に出演しスターへの道を駆けあがります.1939年に公開された「風と共に去りぬ」のメラニー役はとりわけ有名です.その後1946年の「遥かなる我が子」,1949年の「女相続人」にてアカデミー主演女優賞を受賞しています.1950年代以降は映画での出演は減少するものの,印象的な作品が残されています.

 キャリアの後半からはパリに在住し,2000年以降は公の場に姿を現すことはほとんどなくなりましたが,2008年アメリカの国家芸術メダルの受賞,2010年のフランスのレジオンドヌール勲章シュヴァリエ章受章などの際に元気な姿を見せていました.

De_havillandmelanie(写真)風と共に去りぬの宣材写真(この時23歳のハズですが,そうは見えない)

 オリビア・デ・ハヴィランドといえば妹で同じく女優であるジョーン・フォンテインとの不仲で知られています.幼少期からいろいろな葛藤があったと言われていますが,オリビアとジョーンは姉妹でアカデミー主演賞を受賞した唯一の例となっています(ジョーンは1941年の「断崖」で主演女優賞を受賞).結局この仲たがいは2013年にジョーンが死ぬまでそれは解消されませんでした(ジョーンの死を知らされた時オリビアは「衝撃をうけ、悲しみに襲われています」と談話したそうです).

 そんなオリビアの訃報に接して,最後の銀幕のスターが亡くなったんだなと感慨深く思ったのでした.

追記: 2013年に妹のジョーン・フォンテインが亡くなった際のブログ記事を貼っておきます(ジョン・フォンテーン死去).

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

隣町の温泉宿

 世間は4連休です.直前からは国のGo To トラベルキャンペーンも始まっていますが,東京都内の感染状況が…なこともあり,東京発着は除かれるなど一部に混乱も見られるほか,あんまり遠出すのが憚られる空気(笑)もあります.

 自分の場合,最終日の日曜日が仕事だったので遠出する予定はなかったのですが,せっかくの休日にどこにも行かないのはつまらないため,隣町(箱根ともいう)の温泉に行ってきました.

Edsmpinvoaa8lr1  場所は箱根の中でも奥の方の仙石原にある箱根風雅さん,「大人の時間を愉しむ」をコンセプトにしている静かな宿です.チェックイン時のウエルカムドリンクにスパークリングワインがあるのが嬉しいです.

 温泉に浸りしばらく部屋でのんびりしてから夕食へ.ソーシャルディスタンスを保つために食事は2部制となっていました(我々は後半の遅い部).前菜,お吸い物に続きお造り(この日は伊勢エビも)が登場,箱根は山のイメージがありますが,実は早川漁港から30分なので鮮魚も普通にあるんです.

Dsc_0692 Dsc_0695 Dsc_0697 Dsc_0699(左上)前菜盛り,(右上)お吸い物,(左下)お造り,(右下)伊勢エビ

 凌ぎの梅しそ麺を経て後半は温物(鰻と茄子が入ったスープ,これが旨い),フィレステーキと続きます.ステーキはライブキッチンで料理長さんが調理している姿が見られました.

Dsc_0705 Dsc_0706 Dsc_0711 Dsc_0712(左上)梅しそ麺,(右上)特製スープ,(左下)ライブキッチン,(右下)フィレステーキ

 ご飯と赤出汁,最後はデザートで締めです.ボトルワインを空けたのは言うまでもありません(笑).自分にはちょうど良い量で完食できました(学生とかだったら物足りないかもしれないが,ご飯はお替りし放題らしい).

 その後は部屋に帰って飲み直し(笑).翌朝は遅めに起床,温泉に浸って後で朝食になりました(朝食も充実していた).それにしても温泉に浸ったのは2月に網走湖畔の温泉宿に泊まって以来だなぁと感慨に浸ったのでした.

Dsc_0717 Img_6481(左)朝食,(右)客室

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

五島勉氏死去

 作家の五島勉氏が今年の6月に90歳で亡くなっていたという記事が出ていました.

 「ノストラダムスの大予言」、作家の五島勉さん死去…90歳

 五島勉氏といえば,なんといっても一連の「大予言」シリーズが有名です.日本人にノストラダムスの名を広めたのは間違いなくこのシリーズによるものです.第1作が発表されたのは1973年(昭和48年)のこと,当時はオイルショックによる物価高騰,大気汚染などの公害問題など日本社会全体が漠然とした不安に包まれていた時代です(小松左京氏の「日本沈没」も同じ昭和48年発表).「大予言」はこの世相に乗ってベストセラーとなり,次々と続編が発表されるほか,その2番煎じ,3番煎じを狙った類似作品も雨後のタケノコのように現れるなど,世は終末ブームともいえる状態になりました.子供向けのオカルト本にも大予言シリーズを元ネタとした記事がたくさん出てきて,あの時代に多感な少年だった私のような世代にとってはとりわけ強烈な印象として記憶されています(ちょうど私と同世代である故・さくらももこ氏の「ちびまる子ちゃん」にもノストラダムス話が取り上げられています).

 1990年代になると,予言とされるものの中に五島氏自身の創作が混じっているとか,原詩の解釈の間違いなどが指摘されはじめ(特にと学会による「トンデモ本の世界」が有名),また現実の1999年が特に何事もなく過ぎてしまったことから予言作家としては賞味期限切れとなり,21世紀に入ってからはすっかり存在感が無くなってしまいました.人類滅亡ネタとしてはその後も聖マラキの予言とかマヤ暦なども出ましたが,やはり社会的なインパクトとしてはノストラダムスには到底及びません.五島氏の著作については賛否いろいろありますが,少年時代の自分に強烈な印象を与えた作家のひとりであり,今回の訃報に接して感慨深く思ったのでした.

| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

ブログ開設記念日

Imagehtml_20200721215101  今日7月21日は当ブログ「ビザンチン皇帝の日常」が開設された記念の日です.2001年に開設された私のホームページ「ビザンチン皇帝の部屋」を補完する存在として2006年のこの日に始まりました.ココログをプラットホームにしたのは,当時契約していたプロバイダーがniftyだったからです.ブログのデザインも”Kimono ラブリング”というもので,実はこれも2006年の開設以来一度も変えていません(笑).

 それから14年,総記事数2100弱,基本的に飽きっぽい自分がよくまあ続けてこられたものだと感心しています.世の中の趨勢がSNSになってブログというコンテンツ自身がマイナー化している現状ではありますが,文字数にとらわれることなく,また後から当時の自分を振り返る時など,SNSにはない良さはまだまだあります.これからも続けていきたいと決意しているのでした.

Pa060066_20200721220301 Pa101485 (写真)ウズベキスタン料理

 そんな2020年7月21日は実は土用の丑の日です.この日は「う」の付くものを食べればいいということで,梅干しでもウイロウでも,はたまたウズベキスタン料理でも何でもいいのですが,職場の検食は土用の丑の日といえば,世間で一番イメージされる食品でした.ウチの栄養科の気合を感じます(笑).

109352032_3182576548506355_8271684477359

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

2週間ぶりの外食

 金曜日は翌日が休みであることが多いせいか,昔から外食する機会が多い曜日です(世間でも花金というし).緊急事態宣言下のStay Homeの頃はさすがに出かけませんでしたが,5月下旬以降は時々外食に出るようになっています.そして最近では2週間おきの金曜日に出かけていることに気が付きました(先々週は銀座ライオン,その2週間前は天史朗寿司).

 そして昨夜は小田原駅前にある鳥ぎんというお店に行ってきました.このお店は焼き鳥と釜飯が売りで,駅前に本店と駅前店があります(本店も駅前なんですが,駅前店の方がさらに駅に近い).この日は駅前店さんにしました.店内のカウンターは基本お二人様で,10人用のカウンターがソーシャルディスタンスの仕切りによって2人×3に区分されていました.

 この日注文したのはカニサラダ,串数本,川海老の唐揚げ,釜飯(私は葱あさり)でした.日本酒もいただいたのは言うまでもありません(この日は神奈川県内のお酒).さあ,この週末は特に予定のない週末,引き続きホームページの作成でもしようかと思ったのでした.

Edl6wxzuwaavbyl Edl6wxbueaaeakl Edl6wa2u8aara2a Edl6wbcuwaezjwq 

| | コメント (0)

« イスラエル旅行記が完成!