2020年9月22日 (火)

近況報告

 久しぶりの更新になります.

 世間では今日まで4連休です.各地の行楽地は結構な賑わいになっているとのことで,各自感染症の広がりに注意しつつ日常が戻りつつあるのかなと感じます.

Dsc_0895

(写真)小笠原諸島南島の扇池

 前回の記事で触れましたが,自分はというと9月13日から18日まで5泊6日で小笠原諸島の父島に行ってきました.5泊といっても最初と最後の2泊は船中泊なので実質現地には3泊しかしていませんが💦.幸い天候にも恵まれて,久しぶりのビートリゾートを満喫することができました(泳げるリゾートとしては2012年のパラオ以来).この模様はこちらにアップしたいと思います.

 こちらに戻ったあとの20日&21日は7か月ぶりの開催となった東京21合唱団の練習に参加してきました.オンラインでの練習はやっていたんですが,リアルは半年以上ぶり、非常に感慨深いものがありました.

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

小笠原に行ってきます

119200426_3340319252732083_1166680964712  みなさんこんにちは。本日から休暇をとって小笠原諸島に行って来ます。

 例年なら海外に繰り出すところですが、今年は仮に渡航した場合、帰国後2週間の自宅待機を強いられてしまうため、実質3週間程度の休暇を取らなければならないため現実的ではありません。このため、こんな時だからこそ行ける小笠原にした次第です。

 他の乗客を疑うわけではないのですが、なるべく他人との接触が起こらないよう個室を確保しています(本来旅の醍醐味は他人との接触なハズなので、それはそれで嫌な世の中です)。

 現地からも報告できると思います。

| | コメント (0)

2020年9月 8日 (火)

夏の夜の夢チケット

 先日記事にした,コロナ時代の新演出(?)による,新国立劇場の歌劇「夏の夜の夢」公演のチケットが届きました\(^o^)/

Img_6553  これまで新国立の公式チケットの色は基本えんじ色だったんですが,今回は緑色に変更になっています.これは間違って廃止になった旧チケットで来てしまう人を見つけるためかと想像しました(チケットの一般発売は行われていなかったものの,シーズンチケットは一度発券されてしまったので,それと紛らわしいチケットだと混乱を招く).AMEX払いの特典として会場で使えるドリンク券も付いてきましたが,今回の「夏の夜の夢」公演では幕間のドリンク販売はなしとのことで,せっかくの特典が使える機会はないようです(泣).

 本公演は当初指揮者のマーティン・ブラビンスが降板し,飯森範親氏が代役に立ったのを始め,海外招聘歌手がすべて来日困難となったため,いずれも邦人歌手に変更して行われます.震災直後の「ばらの騎士」公演を思い出しますが,こうした純国産ともいうべき舞台は非常に期待されるものがあります.出演のみなさんの素晴らしいパフォーマンスを強く期待しているビザンチン皇帝なのでした.

 

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

シュノーケルセット

 旅行好きの私です.夏季休暇になれば必ず旅行に出かけていて,特に21世紀に入ってからは年に最低1回は海外に繰り出していました.

 しかし新型コロナウイルスの影響で,海外旅行が厳しい世の中になってしまいました.現実にはヨーロッパなど行ける場所もあるんですが,日本政府の方針として帰国後2週間の待機が要請されるため,1週間から10日の休暇で行ってくることは事実上不可能な状況です.

 そんななか,今年は普段なら行けない場所にしようということで,小笠原諸島への旅行を計画しています.で,先日それ用のアイテムを購入しました.

Dsc_0779  シュノーケルとマスク,そしてベストです.こうしたアイテムは現地でも借りられるんですが,こんなご時世ですから口周りのアイテムのレンタルはちょっと引っかかるので,自分用のを購入した次第です.足につけるフィンは現地で借りようと思っています.

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

ぶっかけふるいち

Dsc_0764  おととい学会で岡山に行った帰りの夕方,駅新幹線上りホームにあるうどん店”ぶっかけふるいち”さんに立ち寄りました.駅のホームにあるうどん店ということで,一般的な立ち食いうどん店がイメージされますが,ここは一般のそうした店とは明らかに違ったレベルのお店です.私も当地に寄った際には時々お邪魔しています(かつてケンミンショーでも紹介されたことがあるらしい).

Dsc_0760  メニューはその名の通り「ぶっかけうどん」で,やや甘めのタレが特徴です.基本のぶっかけは天かすと刻みのり,ネギ,ウズラのたまごですが,この日注文したのは梅と大根おろしがのった梅おろしぶっかけ,夏はやっぱりこれだろうという一品です.美味しくいただきました.

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

第61回日本神経学会学術大会

 私がメインにしている学会である日本神経学会の学術大会は毎年5月に行われています.場所はその年の大会長の拠点(あるいはその近く)で,今年の大会長が岡山大学の先生だったことから会場は岡山市が予定されていました.

 しかし,新型コロナウイルスの感染拡大を受けて5月の開催は延期となり,8月末から9月初めにかけて,その時期の感染状況に応じた代替の大会が開催されることになりました.これは感染状況が重度な場合は100%オンラインの大会,軽度の場合はオンラインと実参加の併用というものです.結局その後の状況から,感染状況は軽度と判断され,8月31日から9月2日の日程で当初予定の岡山市で開催されることとなりました.自分も何らかの形で参加することは確実でしたが,せっかくなので実参加で申し込みました(単に出かけたいだけともいう 笑).

118532593_3300617486702260_6533970486208  とはいえ,3日間丸々職場を空けることもできないので,中日の9月1日のみ参加としました.理由はこの日に生涯教育セミナーが開催され,専門医の単位がもらえるからです.8月31日夕方仕事を終えてから東海道新幹線と山陽新幹線を乗り継いで岡山に向かいます.新幹線はガラガラに空いていました(道中浜松-豊橋間で停電が発生したとのことで,掛川駅で10分ほど停車した).結局予定よりも20分遅れで岡山駅に到着,そのまま駅前のホテルにチェックインしました(この時同時にチェックインしていた人たち,あきらかに自分と同じ目的の人だと感じた.これが同業者の勘というヤツだろう).

Dsc_0755 Dsc_0751 Dsc_0753  翌朝はさっそく会場へ,宿泊したホテルから徒歩数なので楽です.周辺には学会の飾りがたくさん出ていました.

 まずは総合受付のあるNHK会館2階へ,ここで健康状態申告書(最近風邪症状がないかとか,海外に行ったかなど)を提出し,それと引き換えで参加証を受け取ります.その後に生涯教育セミナーが行われるANAホテルに移動(隣の建物),そこで受講票を提出して会場に入ります.

Dsc_0769 Dsc_0771  会場はソーシャルディスタンスを取っても100人は収容できるところでしたが,この日の実参加者は2,30人程度でした(その他オンライン視聴は結構いたらしい).セミナーは1コマ1時間で午前午後併せて計5コマ行われました.講師も計5人いるはずなんですが,会場に来ていたのは3人だけで,残りの2人はリモート参加でした(さすがに座長は全員いた💦).

 終了後は他のシンポジウムにちょっと顔を出して夕方の新幹線でとんぼ返りとなりました.

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

松本良順ゆかりの医療機関

 先日所用があって,小田原市内の丹羽病院さんに行ってきました.

 廊下を歩いていたら,ふと松本良順の名を見つけたためガン見してしまいました.

Dsc_0747

 松本良順は幕末,新選組愛好者の間では非常に有名な人物です.天保三年(1832年)江戸に生まれ,父であり蘭方医の佐藤泰然の助手を務める傍ら,安政四年(1857年)には長崎の海軍伝習所に赴き,当地に来ていたオランダ軍医ポンぺに学びます.その後文久年間には幕府の奥医師となり,将軍家茂の主治医を務めたほか,新選組局長の近藤勇とも親交があったことから上洛の際には屯所を訪れ,隊士の診察や衛生環境整備の指導などを行ったとされています(案内文には「近藤勇,土方歳三、沖田総司の主治医」と書かれていて,愛好にとってはたまりません 笑).

 戊辰戦争時には幕府陸軍の軍医,ついで奥羽越列藩同盟の軍医として傷病兵の手当てに当たりました.会津藩降伏後に一時投獄されたものの許され,明治四年(1871年)に山県有朋の勧めによって兵部省に出仕し,陸軍の初代軍医総監となりました.

Dsc_0748  件の病院は創始者がこの松本良順の教え子だった縁で,開業に際し贈られた書を後に医療法人名としたのだそうです.

 ここには何度も来ているハズなんですが,こんなゆかりがあったとは!と感慨深く思ったのでした.

 同業ということで,2012年の第15回ひのパレではこの松本良順役をやらせていただきました.

P_mryoujun P5130023  (左)松本良順,(右)第15回ひのパレにて

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

ポケットベル

 片付け物をしていたら,こんなものが出てきました.

Dsc_0731  若い人はなんだかわからないと思いますが,これがポケットベル(略してポケベル)です.まだ携帯電話が普及していなかった20世紀の末,人を呼び出すツールとして勤務医必携のアイテムでした.

 自分がこれを購入したのは,まさに医師になった直後,使い方は普通の電話機からポケベルの番号にかけ,「メッセージを入力してください!」というガイドが流れたら,電話機の数字などのボタンを押してメッセージを送るというものです.電話機からですから,基本的に数字しか入力できませんが,数字を文字化する機能もあるので,文字メッセージを送ることもできました(実際当時の高校生はそういう使い方をしていた.かなり面倒ですが💦).

 ただ,勤務医が持つ分には文字なんて必要なく,使われるのはもっぱら病院の内線番号を示す数字のみでした.つまり医師はポケベルが鳴ったら,近くの電話機から表示された内線番号にかけるという仕組みでした.院内はもちろん,自宅など院外にいるときでも当たり前のように鳴って対応を迫られるので,正直あまりいい思い出のないアイテムです(携帯電話と違って鳴れば100%病院なので…).

 2000年前後からは院内PHSが使用され始めたために院内での需要は激減し,その後携帯電話の普及で院外での需要もなくなり2000年代後半には完全に周囲から消えてしまいました.

 回線契約はとっくに終了していますが,久しぶりに本体を発見しあの時代を思い出した次第です.

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

Go To トラベルキャンペーン

 7月22日から始まったGo To トラベルキャンペーン,新型コロナ騒動で冷え込んだ観光需要を喚起しようという企画です.直前に東京が除外されるなど混乱があり,一部では色々と言われていますが,まあ行われているものは活用しなければと思っています(東京が除外されたことを不公平という人もいますが,東京からそれほど遠くない田舎に住んでいる人間からすると,普段都心で開催されるコンサートに行く場合,東京の人は大した交通費がかからないですが,自分の場合は往復結構なお金がかかるので,普段のそういうものを勘案すると差し引きゼロなんじゃないかと思っています).

 開始直後の7月の4連休には隣町の温泉宿に繰り出しましたが(参考記事),8月の3連休には実家の母親を連れて青森県西海岸にある鯵ヶ沢に行ってきました.

 どうして鯵ヶ沢なのかという疑問がわくのですが,理由はズバリ!近くにある日本の滝100選のひとつ,くろくまの滝に行くためです.日本の滝100選は私のライフワークですが,実はこのくろくまの滝,2015年2月の土砂崩れでアクセスの林道が通行止めになってしまい,行けない100選滝となっていたのです(同じように現在行けない100選滝として群馬の常布の滝がある).しかし2019年8月にようやく復旧がなり行けるようになったことから,そのうち行こうと思っていたのです.

 喜び勇んで出かけたのですが…

 なんと!直前の大雨(7月20日頃北東北で大雨が降った)で,林道が閉鎖になってしまっていました😖.

Dsc_0741  日頃の行いは良いはずなのに,おかしいなと思いながら宿泊先へ,この日は鯵ヶ沢温泉水軍の宿さんです.きちんと感染対策がされていました.

 自慢の化石海水温泉に浸かった後夕食会場へ.漁港が近い温泉宿ですから,食事はもちろん海鮮類です.お造りには幻の魚イトウが付き,炭火焼の魚も絶品でした.地酒の飲み比べセットも付けたことは言うまでもありません.

Dsc_0733 Dsc_0737

(左)お造り,(右)トビウオの炭火焼

 夕食後は再び温泉に入ったりしながら過ごしました.翌朝の朝食も品数が多く,特に津軽名物の貝焼き味噌は素晴らしいです.

Dsc_0739 Dsc_0740 (左)朝食,(右)感染予防してます

 帰路はくろくまの滝の無念を晴らすため,岩手県唯一の100選滝,不動の滝を訪問しました.こちらは特に通行止めもなく,観瀑ができました.

Img_6502  (写真)滝のマイナスイオンで癒されます.

 充実したGo To キャンペーンでした(まだまだ続くのか?).

 

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

新国立劇場の新シーズン

Img038  オペラ好きの我が家,だいたい年に10回以上は生観劇するのが定番になっています.しかし,新型コロナの感染拡大を受けて,状況が大きく変化してしまいました.特に新国立劇場は2月中旬のロッシーニの「セビリアの理髪師」公演を最後に(参考記事)、以後の本公演,研修所公演すべてが中止になってしまいました.特に4月に予定されていたヘンデルの「ジュリアス・シーザー」、6月のワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は楽しみにしていただけに残念でした.

 一方で秋から始まる次年度のシーズンに関してはすでに年明けに演目が発表され,3月下旬にはシーズンチケットも届いていました.しかしながら感染症の影響が長引いていること持って,6月にはそのシーズンチケットはいったんキャンセルとされることが発表されました(関連記事).

 はたして新シーズンはどうなるのか心配されていましたが,このほどシーズン最初の演目,ブリテンの「夏の夜の夢」公演が行われることが発表されました.今回は”感染症対策を講じた"ニューノーマル時代の新演出版"公演として,当初予定に手を加えた演出版で行われるようです.また指揮者は当初予定されていたマーティン・ブラビンスが降板したとのことで,飯森範親氏が代わって担当するとのことです.

 国の指導により,使用できる客席数が約半分になったなか,チケットの一般販売,会員販売に先立ち,常連さん先行販売(笑)があるとのことでさっそく申し込みをしました.DVD等でも鑑賞はできますが,オペラ好きとしてはやっぱり生で鑑賞したかっただけに,とても楽しみにしています.

| | コメント (0)

«第117回日本内科学会講演会