2019年5月20日 (月)

日本神経学会のワナ

 令和元年5月も後半に入り,いよいよ春の学会シーズンに突入である.今週は私がメインにしている学会のひとつ日本神経学会の学術大会が行われる.こうした学会は事前登録をしておくと参加費が安くなるので,行くことが決定している場合はそちらの方がお得である.

 そんな学会を直前にしたある日,1枚のハガキが届いた.

Img_4861  当日参加登録葉書と書いてある.バーコードも印刷されているなど,当日これを持参していけば大丈夫なように見える.

 が,しか~し! これは事前登録をしていない人用のハガキなのである.事前登録をしている人は,あらかじめ学会HPから自分専用のものをダウンロードして持参しなければならない.これを怠って、このハガキだけ持ってのこのこ会場に行くと… 最悪参加費を二重取りされる恐れもある.

 自分的にはこのハガキ,会員をミスリードして儲けようという学会側の陰謀ではないかと思っている(笑).

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

Img013  毎年余韻を長く引きずるのが特徴のひの新選組まつり,今年も一週間近くが経過したもののいまだ抜けきれておりません(笑).とはいっても現実は確実に自分に迫ってくるので,その辺の折り合いをどうつけていくかというのが問題になります.

 で,現実とはちょっと違うのですが,この金曜日に新国立劇場にオペラ観劇に繰り出していました.演目はW. A. モーツァルトのドン・ジョヴァンニです.俗にダ・ポンテ三部作と呼ばれるモーツァルト後期のイタリア語オペラ3作品の2作目になります.知名度は抜群な作品なんですが,フィガロやコジ・ファン・トゥッテ,あるいは最晩年の魔笛に比べると意外に上演頻度は多くないような気がします.これはどうしてだろうと思ってたんですが,フィガロやコジは基本的にアンサンブルオが多いオペラなので,歌手一人ひとりの技能が飛びぬけていなくてもよいステージとなりうるのに対して,このドン・ジョヴァンニは何と言っても主役であるドン・ジョヴァンニの出来で舞台の質が大きく左右されてしまうからなのかなと思います.

 騎士にして稀代の好色家,ドン・ジョヴァンニが放蕩の限りを尽くして最後は地獄に落ちる話ですが,単純な勧善懲悪モノではないのは,タイトルロールのドン・ジョヴァンが悪人でありながら,非常に魅力的な人物だからです.彼は極めて多面性を持った人物で,悪魔と天使がその中に同居しています.役柄としてはバリトンですが,時には強く,時には甘くというように様々な歌い方が望まれる役です.

Img_1957  今回の公演でそんなドン・ジョヴァンニを歌ったのがイタリア出身の二コラ・ウリヴィエーリさん.プログラムによると得意役がフィガロの結婚のフィガロや,セビリアの理髪師のドン・バジーリオとのことなので,様々な表現ができる歌手のようです.この日も色気のある素晴らしいい声を聞かせてくださいました.オペラの場合,その人物の存在で舞台が決まってしまうような役って,一般には女性役が多いんですが,ドン・ジョヴァンニは数少ないこの手の男性役だなと思いました(ドン・ジョヴァンニと対峙する騎士長役の妻屋さんも身長は欧米人に負けないし,声量もあるので二人の対決は迫力がありました.演出は新国立のレパートリーになっているグリシャ・アサガロフによるもの.チェスの駒が印象深い舞台ですが,今回もあの巨大人形の意味がよくわかりませんでした(ちょくちょく観てる印象なんですが,前回は2014年らしいのでもう5年経ってるのね).そういえば2幕の途中で人の出入りがあってちょっと気になったのですが,どうやら体調を崩したお客さんがいたらしくその対応だったようです.

 終演後は劇場のレストランへ.この日は都内に宿泊予定だったので,久しぶりにがっつりしたコースをいただきました.

Img_1958 Img_1959 (写真左)生パスタ「フェットチーネ」,(同右)ノルウェーサーモンのポワレ
Img_1960 Img_1961

 (左写真)熟成牛のグリエ,(右同)デザート(ダージリンティーのセミフレッド)

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

第22回ひの新選組まつりに参加しました

Img020

 毎年この時期の恒例イベント,ひの新選組まつりに今年も参加してきました.

 隊士コンテストは去年で卒業したので今年はパレードのみ,2年ぶりに”新選組と同時代の人々”での参加となりました(自分の役は幕臣 勝海舟).同じ隊の方々が本当に素晴らしくて,とても楽しい一日でした.この模様はホームページ本編の方にレポの形でアップする予定です(旅行記録と違ってこちらは確実にアップする予感 笑).

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

今年のGWの休日(2)

 万座温泉の夜は明けて5月6日の朝を迎えました.この日は昨日とは違って曇り模様です.チェックアウトが11時ということでギリギリまでゆっくりすることにしました.朝食も遅い方が空いているだろうという計算で9時過ぎに行きました(予想通り空いていて快適 (^^)v).その後も露天風呂に浸かったりしながらまったりして,本当に11時にホテルをでました.

 昨夜と同じコースで戻るのは芸がないので,この日はホテルから万座ハイウェイを南下するルートを選択しました.この道は展望的には前日走った志賀草津道路には劣りますが,年中通行可能という特徴があり,万座が冬季も営業できるのはこの道があるからなのです.約30分ほど下っていき,途中の料金所をすぎると嬬恋村の中心部に出ます.ここを抜けてさらに南下,浅間山を右手に見ながら進んでいくとまもなく長野県境で,そこは軽井沢です.ここも観光地ですがこの日は通過するだけ,そのまま碓氷軽井沢ICから高速に入ります.連休最終日ということで夕方には大渋滞になることが予想されるところですが,お昼前のこの時間はまだ空いていました.そのまま再び群馬県に入ってしばらく進み,富岡ICで降ります.近くには世界遺産の富岡製糸場もあるんですが,この日の目的地はそこではなく,群馬サファリパークでした(うちのKが動物好きということで).

P5060004 P5060024

(左写真1)雨の園内,(右同2)鹿です

P5060059 P5060048

(左写真3)ホワイトタイガー,(右同4)オオカミです

P5060066 P5060075

(左写真5)ライオン,(右同6)ライオン奥様劇場(笑)

 このパークは専用バスに乗っての観光,自家用車での観光等選択できるのですが,この頃になると雨が降ってきたため,自家用車(とはいってもレンタカーだけど)での観光を選択.様々な動物を間近に眺めながらのドライブですが,途中に徒歩で散策するコースもあり,雨がやんだ瞬間を使って観光しました.昼食は園内に併設されているカフェで昭和感満天の醤油ラーメンをいただきました.

P5060080 (写真7)最近珍しいあっさり醤油ラーメン

 こういうところはのんびり観光していると時間が過ぎるのはあっという間です.気が付いたら4時近くになっていました.パークを後にして,高崎に戻りレンタカーを返却します.往路は新幹線でしたが帰りは上野東京ライン直通電車のグリーン車利用です.在来線のグリーン車って50キロ以上は料金が一緒なので,高崎-小田原間を乗るとすごくお得感を感じるのでした.

 小田原に戻った後で夕食,そのまま帰宅となりました.こうしてGWつかの間の休日は終わってしまったのでした.

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

今年のGWの休日(1)

 GWが終わりました.今年は新旧天皇陛下の退位,即位およびそれに関連する改元等があり,最大10連休だった人もいた模様です.

 一方で自分はというと,最初の3日間(4月27~29日)は業務なしだったものの,4月30日~5月2日は通常業務(しかも5月1,2日は宿直も)で,5月3,4日はさらに各地で宿日直となっていました.このため改元後(すなわち令和になってから)の休日は5月5&6日の2日間だけでした.

 この貴重な休日をどう過ごすか考えたんですが,せっかくだから温泉に行こうということになりました.そしてどうせ行くなら今までに行ったことがない場所がいいということで,熟慮(約30分 笑)した結果群馬県の万座温泉に決定しました.万座温泉は群馬県の北西端,草津白根山の麓に位置する温泉です.その標高は1800メートルと高く,通年訪れることができる温泉としては日本最高所にあるのだそうです(下呂の濁河温泉も同高度らしい).

Img_4842  5月5日宿直明けでそのまま最寄り駅へ.ウチのKと合流して電車に乗ります.東海道線の快速で東京駅に出て,そこから上越新幹線に乗り換えて約1時間の高崎駅で下車しました.駅前でレンタカーを借りてさっそく出発します.まず向かったのは,伊香保にほど近いところにある水沢観音周辺,そう一部で日本3大うどんとの呼び声も高い水沢うどんの里です.この日訪れたのは老舗の田丸屋さん,創業はなんと!天正10年だそうです(本能寺の変が起こった年だ).

 お店に入ったのは12時40分頃だったんですが,ものすごく混んでいました(さすがGW!).この日選んだのは私が定番のざるうどん(出汁は醤油と胡麻の二色),Kはばらのりうどんでした.過去何度か来ているお店ですが美味しかったです(!(^^)!)

Img_4841 Paranori(写真左)定番のざるうどん,(同右)ばらのりうどん

 昼食のあとは伊香保温泉街を抜けて(ここが渋滞していた)国道353号から145号,ちょうどJR吾妻線沿いのルートで西に向かいます.長野原から右折して北上,草津温泉街から再び西に折れて,ここからは俗にいう志賀草津道路になります.火山噴火が警戒されている地域ですが,日中に限り自動車の通行が認められています.さすがに標高が高い(2000メートル)のであちこちに雪が残っていました.

Img_4852 Img_4851(写真)志賀草津道路からの展望(写真左の下界に見えるのが草津温泉街)

 その後いわゆる万座三差路から左に折れて,ここからは一気に下っていきます.そしてまもなく本日の宿泊先,万座プリンスホテルが見えてきました.

Img_1893  駐車場に行くとたくさんの自動車が止っています.GWとはいえ最終盤なので,案外空いているかもという期待は見事に裏切られました(笑).チェックインを済ませて夕食ブッフェの予約をします.希望していた19時枠はすでにいっぱいということで19時30分になりました.この段階でまだ16時半なので夕食まで3時間あります.少し部屋で休んだあとさっそく温泉に繰り出しました.ここの温泉はマグネシウム硫酸塩泉(含硫黄)です.見事に白濁したいかにもな温泉でした(浸かると自分の足も全く見えなくなるくらい白濁している).うーん,やっぱり温泉は素晴らしい(^^)v

Nanakamado1thumb570x4305932 Img_1898(写真左)公式HPからいただきました,(同右)斜面に建つホテルなので,実はフロントが最上階!

 その後ゆったりして時間となったので夕食会場に向かいますが… すごく混んでいます.本来のレストランには席がなく,隣接した別なレストランに案内されました(和風っぽいところ).ただ食事は共通なのでブッフェコーナーまで行かなくてはならないのでした(笑).料理は和洋中ブッフェで(カレーもある),ステーキと天ぷらのカウンターもありました.ものすごい山奥なんですが,さすがはプリンスホテル系列と感心しながらいただきました(食事のお供はもちろんワイン).少しずついろんなものを食べたのでおなか一杯,結局ホテルカレーにはたどり着けませんでした.

 こうして万座温泉の夜は更けていくのです(続く).

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

端午の節句

 今年は改元もあり,世間では10連休という人も多いかと思いますが,自分はというと仕事で職場籠りが多く,半分以上は仕事に出ている状態です(夜も昼も 笑).

 さて今日5月5日は端午の節句です.またの名を菖蒲の節句といい,江戸時代には菖蒲の発音が尚武につながることから武家では家の男の子の出世と武運長久を願う日となりました(この日に子供が兜を被って記念写真を撮るのはこの習慣).一方で武具とは縁のない町人の間でこの日に鯉の絵柄が描かれた吹き流しを揚げる風習が生まれ,こちらが鯉のぼりとして今に伝わっています.

 江戸時代には黒い真鯉のみだったようですが,明治以降より華やかなものが好まれるようになり,赤い緋鯉や近年では青や緑の小型の鯉も一緒に揚げられるようになっています.

 自分の職場は何かというと,こうした季節ものの飾りを出す傾向があり,お正月の門松・お供えはもちろん,3月ひな人形,7月の七夕飾り,秋のハロウィン,年末のクリスマスなどと並んで,5月の飾りももちろん登場します.

 で,数日前にちょっとその飾りを見に行ったんですが,なんかインパクトのある構図になってました.

59649002_2253990294698323_69782712769346

 なんか目つきの悪い真鯉がにらみを利かせていて,緋鯉がビビっているように見えます.

 実はこれは支えのひもが切れて,真鯉の頭の一部と尾の一部が折れ曲がったことで偶然出来上がった構図だったんですが,もしこれ誰かが考えてやったんだったらすごいなと思ったのでした.

57431181_2256793991084620_41233627839264

 今朝再び見に行ったら係の人に直されたらしく,元に戻っていました.

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

休日おでかけパス

 旅行好きの私にとって鉄道の乗り放題切符は非常にありがたい存在です.この手の切符としてかつての国鉄時代には周遊券という地域限定の乗り放題切符がありました.普通列車のみならず,急行や特急の自由席にも乗れる優れもので,特に範囲が広く,夜行列車を利用することで宿泊費を浮かせることもできた北海道ワイド周遊券は学生時代の愛用品で,販売価格の10倍は乗り潰すほど使ったものです(だから国鉄が赤字化してJRになったかは不明).

 一方で普通列車に限定されますが,全国のJR乗り放題の青春18きっぷは今でも発売されている代表的な乗り放題切符で,これも私が学生時代から存在するものです.当時は1日2000円だったのが現在では2370円となっていますが,30年以上経過して370円しか値上がりしていないというのは消費税を考慮するとほとんど上がってないのと一緒なのですごい切符です.

Img_4833  ただ青春18きっぷは学校の休み時期しか使えないのが欠点となります.そこで,そうした時期以外に活躍する切符がJR東日本が出している「休日おでかけパス」です.これは東京およびその周辺のJR東日本の普通電車が2670円で1日乗り放題になる切符です.青春18きっぷと違って特急券を買えば新幹線(東海道新幹線除く)や特急にも乗れるのが特徴です.自分にとってこの切符の利便性が高いのは小田原駅が適応地域の西端になっていて,JR利用の場合東京に往復するだけで元が取れてしまうからです(小田急利用の場合はもっと安い手段はある).

 このGWは東京や千葉方面に出かけたこともあり,この切符が活躍したのでした.

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

令和になりました

 今日5月1日新しい天皇陛下が即位され,元号が令和と改まりました.

 飛鳥時代の大化以来1300年以上の歴史がある日本の元号ですが,明治以降は一世一元となり天皇の代替わりにのみ改元が行われるため,明治→大正,大正→昭和,昭和→平成はすべて天皇崩御に伴う改元であり,祝賀という雰囲気には程遠いものでした.しかし今回憲政史上初の譲位による改元ということで,国中が祝賀ムードに包まれている印象です.

 この改元に併せて今年のGWは暦の上では10連休となっているわけですが,基本的にGWはどこに行っても混んでいるのと,値段も高い時期に当たるため,自分は逆に仕事を入れるかき入れ時(笑)にしています.今年も4月27日から5月6日までの10日間で当直が4日も入っています.

 ただ平成から令和に切り替わる4月30日の夜は家でゆっくり夕食を摂ることができました.食事のお供はもちろんお酒ということで,ちょっとフライングなこちらをいただきました (^^)v

59691268_2250622615035091_19923247761562  菊正宗の限定品のようです.美味しくいただいたのは言うまでもありません.

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

この週末は

 いよいよ平成もお終いとなったこの週末,世間はGW10連休という人もいるようですが,自分は4月30日,5月1日,5月2日は通常勤務なので,実際の休日は4月の3連休と5月の4連休に分かれる形となります.しかも後半の4連休は半分当直に当たっているので,休みらしい休みは前半の3連休の方となりました.

Img_4835  そんな4月の3連休ですが,27日の日中は合唱団関係の打ち合わせで東京に出ていました.そして28日は小田原でウチのKが登場する発表会,第57回木の実会&KONOMIKAI Part Ⅱ 16thがあったため,その応援に行ってきました.これはウチのKをはじめ医師会合唱団の何人かが師事している合唱&声楽指導者,桑原妙子先生の門下生が日ごろの鍛錬の成果を発表する会です(毎年この時期に行われている).

Img_1883  そして最後の29日は知人が出演するコンサートの鑑賞のために千葉県の鎌ヶ谷へ繰り出しました.演目はブラームスのドイツレクイエムでした.全7楽章からなる大曲なんですが,実はこの曲の第1楽章はヴァイオリンがまったく出てきません.とはいえ2楽章以降は普通に登場するので,別に1楽章のみ袖に引っ込んでいるわけではありません.したがって1楽章中はステージ前方下手側約半分を占めるヴァイオリンの方々が所在なさげに佇んでいる光景を観察するのが好きだったりするのでした (^^)v

Img_1884 Img_1888 この週末は外食にも繰り出しました.生牡蠣もお造りも最高でした.

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

新しいバッグ

 以前書いたのですが,普段使いしていたバッグがとうとう壊れました.

 7~8年使っていたものが,(機能的には問題ないものの)皮が剥げたりして傷んできたため,半年くらい前にネット通販で購入したものです.安くて軽くいい感じだなと思って使ってたんですが,ファスナーが壊れてしまい,一方向からしか閉まらなくなってしまったのです.ただそれでも反対方向からなら閉められたので,頑張って使っていました.

 しかし…

 とうとう反対方向も壊れてしまいました ( ̄▽ ̄)

Img_4827 Img_4825  購入してからたった半年で,安物買いの銭失いを地で行くような話です.しばらくは海外旅行の際に持ち込むややカジュアルなもので代用していたんですが,今回思い切って新しいのを購入しました.前回の反省を生かして無名メーカーではなく,ちゃんとしたメーカー品です(以前7~8年使ってたのと同じPathfinder製).今度は10年くらい使えたらいいなと期待しています.

Img_4828 Img_4829

 

 

 

 

| | コメント (0)

«ノートルダム大聖堂